区分所有のマンションの敷地ですが、教えてください。
私が所有する割合は敷地権で定められていますが、マンションの敷地は規約敷地となっていますが、マンションと土地を分離して処分できません(規約に分離処分可の規定なし)。
だから、「敷地権と言うのは、マンションが建っている場合の所有権で、マンションがなくなれば、土地の所有権がどうなるかわからない」と言う人もいます。

例えば、数十年後、更地にした場合、敷地権に応じた面積の土地を私は所有できるのですか?
もし良ければ、根拠法令も教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

かなり範囲の広い問題で関係法令も多岐にまたがると思いますので、手短かに考え方の面から説明します。


敷地権は共有の概念から派生しておりますので、建物がなくなれば当然共有地に戻る(変わる)ものと考えられます(手続きの詳細は不明です)。したがってまったく権利がなくなるものではありません。
管理規約での規約敷地および分離処分禁止は法令(たぶん区分所有法)に規定されたものをあらためて確認しているにすぎません。
数十年後の事態としてはほとんどが建て替えとなると予想されますが、それについてはきちんと法律が用意されており、権利関係(敷地権を含む区分所有権)はそのまま継承されます。
まれに建物を取り壊して敷地を処分するというお話もあり得ますが、それは共有地処分の手法で実施されます。しかしこの場合には全員の合意が必要となりますので、かなりの困難が予想されます。
マンション関係法令は試行錯誤の面がありますが、永い歴史を持つ不動産関連法令の一つとしてかなり綿密に作成されております。よく読み解いていただければこのような不安は解消すると思います。
    • good
    • 0

>数十年後、更地にした場合、敷地権に応じた面積の土地を私は所有できるのですか?



区分所有者の全員の同意(民法)で建物を取り壊した場合、敷地は区分所有者だった人全員の共有地で登記上の持分を所有する事になります。

その土地を処分するのも全員の同意が必要です。

建替えの為に解体するのは区分所有法なのに建替えしない解体や売却は民法になります。
    • good
    • 0

土地の持ち分は管理規約の規定によります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日影規制・既存不適格建物の敷地分割について

日影規制・既存不適格建物の敷地分割について

既存建物がある敷地において、空地部分を分割し、
既存建物とは別用途の建物の新築を検討しています。

【状況】
・敷地は近隣商業地域にあり現行法規では日影規制が掛かります。
・既存建物は、日影規制が建基法に組み込まれる前に竣工した建物です。
・現在の日影規制でチェックをするとアウトとなります。(既存不適格)

【教えて頂きたい事】
・既存建物には一切手を付けず、分割した敷地の中に建物を新築する場合、
 既存建物が日影規制に関して既存不適格となっている点については、
 対処が必須となる事はあるのでしょうか?

・建基法8条により現行法規に適法となる様に維持する努力義務があるのは
 分かりますが、しておかなければならない点、があるか知りたく思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建築基準法第1条の内容を良く解釈している物としてアドバイスします。
敷地分割して、分割した空地に建築行為を行う場合
何もありません。
日影規制は、新たに建てられる計画建物に課せられる規制です。
敷地分割での注意事項としては、現地の都市計画用途地域の建蔽率・容積率規制を順守するように分割する必要があります。

計画建物と既存建物を渡り廊下などで接続すると、既存建物は現法の規制に適するように改修が必要となりますので、渡り廊下などの計画は、行わない様にしましょう。

以上

Q土地・マンションを処分し新たに新築マンション購入するには

土地・マンションを処分し新たに新築マンション購入するには

H23年8月竣工・10月入居開始の新築マンション(東海地方)購入を検討しています。
資金としては、約2000万円相当の土地(更地・関東地方)を売却し、
今居住しているマンション(約1500万円くらい・関東地方)もいずれ売却し、
ローンは組まないで購入できればと考えています。

新築マンション購入まで、あと1年ほどですが、
今後一体どのように動くのがいいのか、アドバイス戴けないでしょうか?

まず一番最初にすべきことは、土地の売却と考えていますが、
購入予定の新築マンションは全国展開の大手の不動産会社が販売を手掛けるのですが、
土地およびマンションの売却は、その不動産会社に依頼するのが、
資金相談や手数料などの面から有利なことがあるのでしょうか?

購入まで約1年ありますが、土地売却はそろそろ始めてもいいでしょうか?
また、今居住中のマンションについても、来年の10月頃の引き渡しとして、
不動産会社に相談を持ちかけるのに、早すぎるということはないでしょうか?

ちなみに、不動産を処分して、新築マンションを購入する予定ではありますが、
それが期日までに上手くいかない場合は、株・投資信託などを売却し、
現金で購入するつもりで、ローンは組む予定はありません。(実際組めません)

スムーズな住み替えをするために、お知恵を拝借できれば有難いと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

土地・マンションを処分し新たに新築マンション購入するには

H23年8月竣工・10月入居開始の新築マンション(東海地方)購入を検討しています。
資金としては、約2000万円相当の土地(更地・関東地方)を売却し、
今居住しているマンション(約1500万円くらい・関東地方)もいずれ売却し、
ローンは組まないで購入できればと考えています。

新築マンション購入まで、あと1年ほどですが、
今後一体どのように動くのがいいのか、アドバイス戴けないでしょうか?

まず一番最初にすべきことは、土地の売却と考えてい...続きを読む

Aベストアンサー

不動産会社勤務のものです。
新築マンションが大手デベでしたら、関連会社に仲介部門があるので、ここに依頼することが条件になる場合あります。
注意点ですが、所有物件を売却できることを条件にするような特約を利用する場合、親会社のリスクを軽減するために関連会社の査定価格は少し厳しめになる可能性があります。一番良いのは、今回の購入を不動産の売却と絡めずに行えば、自身の信頼できる不動産会社に依頼することができます。
たとえ依頼する可能性が低くても、出来るだけ複数の会社に査定を依頼したほうが良いです。会社というより営業マンによって結果に差が出ますので、良い営業マンと出会ってください。

次に売却の時期ですが、
土地は直ぐに売却を開始しても問題ないと思います。リーマンショックの傷跡は大分癒えてきましたので、底値での売却とはならないと思いますが、エリアによってはまだ厳しい状況ですので、不動産屋の見解を何社か聞いてみてはいかがでしょうか?

居住中のマンションについて、売却開始は少し早すぎるような気がします。引き渡し希望日の6か月前の4月くらいが良いのではないでしょうか?(売却期間はお試し価格で2カ月・本気で2か月・契約後引き渡しまで2カ月くらいあれば十分です。早く結果が出ても買主は5か月くらいは待ってくれるでしょう。)

早めに相場は把握されたほうが良いので、不動産屋は相談しておくべきです。ちなみに都内はマンションが非常に堅調で、少し高すぎるので売り時なんですが、エリアによって地域差がありますので、その特性をつかむ必要があると思います。

ちなみに手数料はそのまま関連会社に依頼すると有利になることはありません。逆に難しい可能性のほうが高くなります。何れにしても初めから減額で約束してしまうと、営業マンのモチベーションが下がってしまいますので、手数料分得したと思えるくらい高く売ってもらうようにしたほうが良いと思います。思い通りの結果にならなさそうなときに、物件の値下げと痛み分けになるように提案すれば、目先の契約のために手数料減額を勝ち取れる場合があります。

不動産会社勤務のものです。
新築マンションが大手デベでしたら、関連会社に仲介部門があるので、ここに依頼することが条件になる場合あります。
注意点ですが、所有物件を売却できることを条件にするような特約を利用する場合、親会社のリスクを軽減するために関連会社の査定価格は少し厳しめになる可能性があります。一番良いのは、今回の購入を不動産の売却と絡めずに行えば、自身の信頼できる不動産会社に依頼することができます。
たとえ依頼する可能性が低くても、出来るだけ複数の会社に査定を依頼したほう...続きを読む

Q定期建物賃貸借の敷地に借家権者が建築

定期建物賃貸借で借りてる建物の敷地の一角に、借家権者が小さな建物を建築しようとした場合、双方合意があれば特に問題ないとは思いますが、借地権無しで借家権者が小さな建物を自らの費用で建築することは法的になにかしばりございますでしょうか?ご教授の程宜しくお願い致します。

簡単に言うと 敷地の一部にテントと廃棄物庫を建てたいのです。(50m2程度)

Aベストアンサー

50m2の廃棄物庫を立てるのは、借家人が敷地を通常の用法で使う範囲の行為とは言いがたいです。テントについては規模がわかりませんが

ただ屋根のみがテント構造で基礎は堅固な構造であれば建築物になります。イベント用に使う程度の仮設物なら問題なさそうです。
借家権に付随する敷地の利用は、通常の用法(通行、駐車場、簡単な庭に花壇をつくるなど)に限られており建築行為は含まれない
ものと解されます。
賃貸借契約に特段の規定が無く無断で建築行為を行った場合、撤去を求められる可能性があります。
50m2が小さいかどうかは借家建物の規模にもよります。3000平米の貸しビルや倉庫なら50m2は小さいですが、150平米の住宅なら
50m2はでかいです。
いずれにしろ、賃貸人に断らずに建てると建てた建物の収去を求められたら従わざるをえないでしょう。
この規模でも他人の土地に建物を無償で建てるには、「使用貸借契約」が必要です。つまり相手が建てていいよといわなければ建てては
いけません。

さて、借地権がある場合でも一定規模以上の建物を建てることは「増築」にあたりますから地主の許可が必要になります。

50m2の廃棄物庫を立てるのは、借家人が敷地を通常の用法で使う範囲の行為とは言いがたいです。テントについては規模がわかりませんが

ただ屋根のみがテント構造で基礎は堅固な構造であれば建築物になります。イベント用に使う程度の仮設物なら問題なさそうです。
借家権に付随する敷地の利用は、通常の用法(通行、駐車場、簡単な庭に花壇をつくるなど)に限られており建築行為は含まれない
ものと解されます。
賃貸借契約に特段の規定が無く無断で建築行為を行った場合、撤去を求められる可能性があります。
5...続きを読む

Q持ち家=区分所有者?

「持ち家」と、分譲マンションなどで「区分所有者」
これは、同じ意味ですか?

Aベストアンサー

「持ち家」というのは「自分で所有している”自宅”」のことか、あるいは「自宅を自己所有している”人”」のことを差す場合もあるよね。
「あの人は持ち家だよ」という使い方もある。
「持ち家」という表現では戸建てかマンションかという区別をしていないけれど、イメージ的には戸建ての方を想像する人が多めかもね。
自己所有の持ち家に住んでいるかそれとも賃貸住まいなのかを区別するときに使うことが多い言葉。

分譲マンションに代表される区分所有建物の所有者を「区分所有者」という。
これは法律でも定められている呼称。
人に貸す目的で所有している人(=大家)も含まれるから、「持ち家」=「区分所有者」とは言い切れないよ。

厳密に言えば同じ意味ではないかな。
使うタイミングや用途によって違ってくると思うよ。

Q隣地建物が越境している場合の敷地面積算定方法を教えて下さい。

こんにちは。
先日土地を取得して、家を建てようと思っているものです。

現状の敷地は、隣の建物が越境して(30cm程)建っている状況で、建て替える際には敷地内に建てる様に確約はいただいております。

不動産会社から受け取った敷地図を元に、地元の建設会社に案の作成をお願いしたのですが、敷地図の敷地面積と建設会社が持ってきた案の敷地面積が異なるので、質問したところ、隣地の越境した建物分の面積を差し引いた面積だそうです。

面積としては小さいのですが、敷地自体が大変狭いため少しでも広くしたい(建てられる面積等に関わる??)のです。それに加え、越境した部分の面積を差し引いてしまうと、今後のもめごとにもならないかと心配です。

なので、家を建てる際の敷地面積として、越境した面積を差し引いた敷地面積が正しいのか、敷地図のままの敷地面積が正しいのか、どなたか詳しい方がいらっしゃしましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

なんとなく安に越境を認める方向のように聞こえますね。

確かに、1つの敷地を分割する時などは既存の建物を建築敷地のなかに含めてはいけないのです。

そう考えると建築敷地分購入すればいいことであって越境した時は買わないつまり、越境している人に買ってもらえばいいんじゃないでしょうか。

敷地を広く欲しいならその建物は削ってもらいましょう。

所有面積で敷地面積とする権利はあると思いますが、それを検査機関が認めるかどうかは別問題です。状況によっては完了検査が通らない可能性もあると思います。(検査機関に直接確認しましょう)
おそらく検査を通すためにはこの敷地で設定しないといけないだろうという判断だと思います。

隣がすぐ引っ込めますというならいいですが、ひと悶着あったら建築業者は手も足もでませんからね。

Q過半数以下の区分所有者の権利

都市部で中古マンションの購入(1部屋)を考えております。

そこで、とある物件に出会いました。その物件の場所や広さは私の理想にピッタリなのですが、管理費2万超+修繕費2万超という条件が同程度の物件の相場からすると2倍近く高額です。小規模のマンションなので、多少割高な事は納得できますが、高級設備やエントランスなどは一切なく、お世辞にも清潔とは言い難い物件であり、率直に言えば金額に違和感を感じます。また確認したところ長期修繕計画が無く、それにもかかわらず修繕積立金が不足しており値上げの可能性があるとの説明が(管理会社から不動産屋に対して)あったそうで、その事に不安を感じ、この時点で購入の意思はほとんど無くなりました。

そのような経緯でしたが、購入後に管理会社に対して要望を出せば解決するのかなという思いもあり、軽い気持ちで登記を調べたところ意外な事が分かりました。

このマンションは、もともと2人の地主(仮にA氏,B氏)が保有していた土地に建っていました。マンションが建った直後、A氏とB氏からそれぞれいくつかの部屋の権利を工務店Cが買い上げており、その合計は50%を若干超える程度に及んでいます。名前から、この工務店Cがマンションを建てた施工業者と分かりました。確認はしていませんが、修繕工事もこの会社が独占的に行っていると予想されます。

そこで、所有権について質問です。このような場合、おそらく工務店Cは希望通りの価格と内容で修繕工事を行っていることが想像できます。この金額や内容が他の区分所有者にとって納得できないものであった場合、何かしらの措置を取ることができるでしょうか。例えば、過半数以下の住人の意向であっても、他の業者の相見積を取ることができるのか、また、見積が出た場合に業者の決定に対して過半数以下でも何かしらの権利を持つことはできるのでしょうか?

できないとすれば、このようなマンションの所有権はその工務店にあり、その他の区分所有は賃貸以下の権利しかないということになります。つまり、妥当ではない高額な工事請求を工務店Cが行い、そのために積立金の月額が10万円になったとしても他の区分所有者は拒否できないでしょう。もしそうなれば、各区分の所有者はマンションを維持できなくなりますし、他に買い手がつくとも思えません。ということは、月額の出費を抑えるため区分所有の権利をタダ同然で工務店に売り渡すしか選択肢は残されていように思います。このような場合、犯罪性の立証も難しいと思います。

だとすれば、逆に私が部屋数の少ないマンションの50%を買い上げれば、工事業者や管理会社と結託してマンションを100%保有できるということになります。ものすごいリターンですが、本当にそんなことが可能なのでしょうか?それとも、区分所有者には過半数の決議のほかに何か特別な権利で守られているのでしょうか?

都市部で中古マンションの購入(1部屋)を考えております。

そこで、とある物件に出会いました。その物件の場所や広さは私の理想にピッタリなのですが、管理費2万超+修繕費2万超という条件が同程度の物件の相場からすると2倍近く高額です。小規模のマンションなので、多少割高な事は納得できますが、高級設備やエントランスなどは一切なく、お世辞にも清潔とは言い難い物件であり、率直に言えば金額に違和感を感じます。また確認したところ長期修繕計画が無く、それにもかかわらず修繕積立金が不足しており値上げ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方がおっしゃる通り、そのマンションの未来はその様な経過をたどる道しか無さそうに思います。

区分所有法は、1の区分所有者が半数以上の権利を持つ事を想定していません。
わずかに議決権の他に組合員総数の4分の3又は5分の4という決議を求めている重要事項が有るだけです。
管理費等の金額の定めが規約に有れば、阻止する事はできるかもしれません。

半数以下の組合員が戦う道は、裁判においてその工務店の権利の濫用を認めてもらい、適正な管理を求める位でしょうか。

貴方は懸命にもご自分で調べ、考えて決して買ってはいけないマンションに手を出さなかった。
登記まで調べる人はそう居ません。

Q敷地内に既存建物がある場合の確認申請

敷地内に既存建物がある場合の確認申請する場合、既存建物の確認済証が
あれば出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

既出の通り分筆登記不要の「机上の分割」でまず考えるのが多いでしょう。
敷地分割した場合、問題となりそうなのは任意の境界からあまり離れがとれず「延焼の恐れ」に掛かった場合ですね。(質問者さんはこの辺、分かっていますね?)

22条地域でも外壁に準防火性能要求されますし防火系地域であれば窓から軒裏から直さなければならなくなりますよね。
まず、ご質問から反れますので置いておきます。

確認済証がどの程度の効力を持つか、と言う事ですよね。?
あくまで乏しい経験上の話ですが済証があり、延焼ラインや容積、ケンペイに絡まない限り既存建物に対してとやかく言われた事はありません。
検査済証の方が確実でしょう。
繰り返しますがこれが延焼ラインにかかれば全く別ですが。

だからと言って実際の既存建物が増築などでおよそ形態の違うものになっていればまともな審査員であれば完了検査時に気付くでしょう、説明を求められ、果ては虚偽申請?などと言われ何らかの措置、処罰を受けるのでは?。

独断的結論;既存竣工当時の法規を満足している、且つ今敷地分割で規制を受けなければちょっと前までは難しい事は言われなかった、と言う事ですね。
良く言えば二世帯住宅への配慮、緩和、悪く言えばこの御時勢民間審査機関も家が建ってもらわなきゃやってられない?。

ただ大法改正後、私はこの手の申請経験がありません、厳しくなっているかな?。
また行政庁や確認機関により見解も違うでしょう。
所轄への確認は必要でしょうね。

都計法絡みの確認や、土地の所有権なんかもしっかり確認されるべき事ですね、お忘れなきよう。

既出の通り分筆登記不要の「机上の分割」でまず考えるのが多いでしょう。
敷地分割した場合、問題となりそうなのは任意の境界からあまり離れがとれず「延焼の恐れ」に掛かった場合ですね。(質問者さんはこの辺、分かっていますね?)

22条地域でも外壁に準防火性能要求されますし防火系地域であれば窓から軒裏から直さなければならなくなりますよね。
まず、ご質問から反れますので置いておきます。

確認済証がどの程度の効力を持つか、と言う事ですよね。?
あくまで乏しい経験上の話ですが済証があ...続きを読む

Q共有名義?区分所有? 購入、登記手続きについて。

マンションを購入します。

購入金額(諸費用含む)の2/3は自分の貯金から出します。
あとは親が出して、区分所有とする予定です。

最初は親に借りて返済する予定でしたが、お金の流れが、結局、親→(貸付)→私→(返済)→親→(相続)→私と繁雑になるため、区分所有とすることになりました。
親自体は一緒には住みません。
親は、このことがあろうがなかろうが、相続税を支払うことになる資産を持っているため、相続税軽減の目的もあります。
実際の相続時には、建物の時価評価となり、現金そのままの相続より有利というのも利点と聞きました。

贈与の非課税の特例にはマンションの広さの関係で当てはまらないです。相続時精算課税も、区分所有による相続よりは不利なので、選びませんでした。

借りて返済するつもりだったので、親からの借金、返済については調べたのですが、区分所有にする時の、購入時の流れがよくわかりません。

区分所有とは、夫婦でマンション購入の話で聞く、共有名義とは別物ですか?

購入後の固定資産税や、管理費はもちろん私が払いますが、自然にそうなるわけではなく、一本化するためには、届け出が必要ともききました。

全体を把握するためには、どうやって調べたらいいのでしょうか?探してもマンションの区分所有(一部屋所有)についての情報ばかり出てきます。

マンションを購入します。

購入金額(諸費用含む)の2/3は自分の貯金から出します。
あとは親が出して、区分所有とする予定です。

最初は親に借りて返済する予定でしたが、お金の流れが、結局、親→(貸付)→私→(返済)→親→(相続)→私と繁雑になるため、区分所有とすることになりました。
親自体は一緒には住みません。
親は、このことがあろうがなかろうが、相続税を支払うことになる資産を持っているため、相続税軽減の目的もあります。
実際の相続時には、建物の時価評価となり、現金そのままの相続より...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど、了解しました。

 であれば、マンションの1室を、夫婦で買って共有し、共有登記をする場合とまったく同じです。

 質問者さんの場合、資金が2:1だから、1つの区分所有権を、質問者さん2:親1で共有し、共有登記することになるわけです。

 まあ、ふつうと違うのは現金で買うのでローンを組まなくてもよい、という点だけです。

さて
 全体の流れは、よい物件を探して、購入を申し込む。代金と交換に登記書類を受け取る。そして登記する、ということになります。(具体的な手続きは、そんなに難しくないので自分でもできますが、司法書士に任せるのが安全です)

 質問者さんの場合、ローンを組むために銀行の審査を受けたり、抵当権を設定したりしなくてもよいぶん、手続きは非常に簡単ですね。

 もう一度(インターネットなどで集められた)資料などを読まれる場合に備えて、念のために申し添えますと、「所有権」は一棟全体を所有する場合の権利、「区分所有権」はマンションなど、一棟のうちの一部を所有する場合の権利です。

 違うのは名前だけ。権利の内容は同じだと思って読んでいけば理解できるはずです。

 もちろん、一棟まるまるの権利ではなくて、マンションの一部ですので、壁に勝手に穴をあけてはならないなど、当然の制約は受けますが、それはしかたないですね。

 共同住宅ですから、常識で考えていただければわかると思います。

・・・・・・・

 税金の件、狙いはわかりました。が、どうなんでしょうね、あてにはならないと思うのですが。

 というのは、今も昔も、時価(売買価格が基本)で評価して相続税を課税しました。

 とはいえそれは建前で、実際には、昔はかなり建物の価格は安くみてもらえたらしいのですが、いまはせいぜい2割くらいしか安く見てもらえなくなっているそうです。

 それだって、そういうケースが多いと「言われている」というだけで、2割引きを裏付ける資料があるわけでもなく、2割引くと保証されているわけではありません。

 うちの税理士は「財政不足のせいか、かなり厳しく認定されるようになってきている」と言っています。

 それと、昔は、不動産は値上がり基調だったのです。

 時差があって値上がりがすぐ評価額に反映されるわけではないので、1000万円で買ったものが価格は1500万円になっているのに、評価額は600万円のままなどということもあったらしいのです。

 だから、600万円の財産に相当する相続税を納めて、1500万円の財産を得ることができたわけです。

 ところが今はガンガン下がっている状況です。


 つまりですね、まず今相続が発生したとしても親御さんの出す資金が1000万円なら200万円しか安くならないわけです。(まったく安くならない可能性もある)

 ○○年後に実際に相続のときにそのマンションがいくらになっているかというと、500万円になってるかもしれません。課税評価に時差が生じるのはいまも同じなので、その時の評価額は800万円のままということもありえます。

 会社でパッと回答しているので、うまく説明できませんが、800万円分の相続税を払って500万円のマンション持分を相続する(損する)、ということもありうるのです。

 可能性の話ですので、どっちに転ぶかわかりませんが、昔のように「現金を建物に換えれば相続時に必ず儲かる」とは言えないのは間違いありません。

 そういうときは、それは当てにしないことです。安くなれば「ラッキー」で済みますが、安くなるものとあてにして行動すると、そうならなかったとき、破たんしますから。


 しかしもし、敢えて「安くなる」の目に賭けるなら、質問者さんは資金を出さず、親御さんが全部資金を出して買うほうがいいでしょうね。

 1000万円しか出さなければ2割の200万円しか安くなりませんが、3000万円出せば同じ2割でも600万円が安くなる計算ですから。

なるほど、了解しました。

 であれば、マンションの1室を、夫婦で買って共有し、共有登記をする場合とまったく同じです。

 質問者さんの場合、資金が2:1だから、1つの区分所有権を、質問者さん2:親1で共有し、共有登記することになるわけです。

 まあ、ふつうと違うのは現金で買うのでローンを組まなくてもよい、という点だけです。

さて
 全体の流れは、よい物件を探して、購入を申し込む。代金と交換に登記書類を受け取る。そして登記する、ということになります。(具体的な手続きは、そんなに...続きを読む

Q抵当権が付着している土地に、区分建物を建て、敷地権の登記がされた場合に

抵当権が付着している土地に、区分建物を建て、敷地権の登記がされた場合に、区分建物表題登記をし、74条2項による保存登記をし、その区分建物に係る敷地権についてのみ、抵当権を及ばないようにするには、抵当権をA持分の抵当権とする変更登記をするとテキストに書いてあるのですが、

具体的な登記の目的、原因はどのようになるのでしょうか?
ソースがあればうれしいです。

Aベストアンサー

 Aというのは、区分建物(所有権敷地権付)及び敷地権の対象となる土地の所有者ですね。その土地について、AはXのために抵当権を設定して(乙区1番にて登記済)、Bがその区分建物のある専有部分につき、2項保存の登記をした後に(通常は、保存登記と連件で)、その土地につき次のような登記を申請することになります。

登記の目的 1番抵当権をA持分の抵当権とする変更
原   因 平成22年4月1日B持分の放棄(又は解除)
権 利 者 B
義 務 者 X
以下省略

Q中古マンションの所有権移転登記

いつもお世話になっております。
中古マンション(800万、キャッシュ)を都内にて購入を申し込み、
所有権移転登記の見積もりをお願いしたところ、
売主さんの知り合いの司法書士さんみたいなんですが、
報酬5万+立会料2万+登録免許税
と出てきましたが、この金額は妥当なものでしょうか。
ちなみに、報酬というのは、物件価格とは無関係に一律なものなのでしょうか。
ふと、疑問に思いましたので、ご回答いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

過去の経験上では

「報酬=手間賃」と同じですから600万円の時も1.5億円の物件の時も同じでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報