現在第二種電気工事士資格を目指して勉強中の22歳です。
さて、電気工事士の仕事について質問させてください。

特定のケースではこの太さのケーブルが使える、特定の配電遮断機が使えるといった条件が非常に細かくなっていますね。
私はお世辞にも頭が良いとはいえない者なのですが、仕事中に「えっと、これこれこのケースだから・・・」と慎重に考えながらやっているうちに、「早くやれ」なんて具合に怒られそうだなと心配しています。
実際の現場では、このあたりの仕事勘はどういった感じなのでしょうか?
だいたい汎用的に使えるケーブルや機器が決まっていて、実際の現場ではあまり細かいケースを想定することはないのでしょうか?
それともやはりその場その場で緻密に計算してやっていくものなのでしょうか?
後者だとちょっと自信がないのですが……(汗
このあたりの感覚を教えていただけたらなと思います。
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般的にその場で工事屋さんが考えてやる、ということはあまり無いと思います。



現場では基本的に図面に沿って工事をします。それを書くのは専門の設計屋さん。
その図面通りに作業するのが工事屋さんです。
まず図面がきちんと読めること、が基本ですね。

だって、最初から一人で仕事なんかできるわけないでしょう。
最初は、先輩なり設計者さんの言うとおりにやれ、と言われるのが落ち、
余計なことは考えなくていいです。

ご心配なく・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
心配していた点は問題ないようなので、安心しています。
ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 06:48

通常電気工事の実務に就いてすぐの人間に施工設計を任せる事はありえません。


日常の工事業務で自分が扱う資材を見ていれば、自然と勘が付き理解できるようになるでしょう。
長年現場工事一筋の職人さんなどは、若手の設計責任者よりも詳しかったりします。

屋内か屋外か。防水性・耐熱性・耐火性・防爆施工が必要か。
最初は何にも解らず見てるだけでしょう。
みんなそうなんですから。
この施工状態だと10年以内にどんなトラブルが起こるか。
20年も電気工事してれば現場を見ただけで想像が出来たりしますよ。
先ずは「よく見る」観察する事が大切ですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
とりあえず設計者の指示があるとのことで、安心しています。
最初は勉強した記憶をたどりながらでも、やがて感覚になっていくよう、がんばりたいと思います。
ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 06:50

電気工事屋は施工する事が本業なので、電線の許容電流などいちいち考えていたら仕事になりません。


その辺りは、事前に頭の良い人が考えてくれています。
基本的には図面に記載されているので、その通りにすれば良いです。
まあ今までの経験や、内線規程に記載されている許容電流の主要な部分だけを覚えていて利用している人は居ます。

熟練という言葉がある通り、施工も計算も繰り返して積み重ねていけば、いつの間にか普通になっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
心配していた点は問題ないとのことで、安心しています。
ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 06:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可燃性ガス漏洩検知器を防爆仕様にする意味は?

水素の漏洩検知器を導入しようと思っています。
水素の選択性が高いので隔膜ガルバニ電池方式の製品を考えているのですが、調べた範囲では非防爆仕様のものしか見つかりませんでした。
他の方式はほとんど防爆仕様なので、防爆仕様のものが安心な気がします。
ここで疑問なのですが、そもそも防爆仕様とはどんなものでしょうか。
また可燃性ガス漏洩検知器を防爆仕様にする意味は何なのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

防爆構造には、耐圧防爆・本質防爆・安全増防爆等の種類があります。
使用する場所やガスの種類、目的によって使い分けられています。

私がへたな説明をするよりも、参考URLを参照してください。
いずれにしても、可燃性ガスの検知器を防爆とするのは、検知器が漏れたガスの着火源とならないためです。

参考URL:http://www.tokyokeiso.co.jp/techinfo/general/g-0008/g-0008_0.htm

Q【第2種電気工事士の資格で電柱の配電工事の仕事に従事出来るのか教えてください】 第2種電気工事士は

【第2種電気工事士の資格で電柱の配電工事の仕事に従事出来るのか教えてください】

第2種電気工事士は600V以下の受電工事で、第1種電気工事士で5000W以下の最大電力工事に従事出来るとあります。

電線の幹線って6600Vとかですよね?

電線の幹線を扱える家の近所でスイングアーム式バケットリフト型の高所作業者のスカイワークに乗って作業している人たちって第2種電気工事士でも出来るのでしょうか?

どの資格で扱える仕事なのか教えてください。

Aベストアンサー

電柱などの電線は、事業認定を受けた電力会社が管理しています。
したがって、通常の電気工作物や一般電気工作物と違い、電力会社が管理基準を定めています。
したがって、その管理基準により、工事従事者の基準を定めています。(通常は、工事委託先の選定基準を定めています)
この場合は、請負業者が発注元の電力会社が求める管理基準で施工するので、電気工事士の免許などは特に必要無い事になりますが、各施工会社では、施工従事者に電気工事士の資格を求めているのが普通でしょう。
それが、第2種か第1種か、また、社内講習や、その他の団体の講習の修了、社内検定を必要とするかは、施工業者によります。
法的には、電力会社が定めて基準に合っていれば、施工業者の資格については特に必要とはされません。

Q簡易防爆について

客先に「簡易防爆対応の制御盤」を納めるのですが、「簡易」ということは「完全には対応していなくて良い」との解釈で良いのかと思います。ということは、何に対応できている物が「防爆」で、何に対応できていないものが「簡易防爆」となるのでしょうか?(「簡易」がつくものとつかないものの区別がわかりません。)

Aベストアンサー

簡易防爆とは、機器そのものが置かれる環境に対しての言葉です。

環境は”危険場所”として3つに分類されています。

0種危険場所-危険雰囲気が通常の状態において連続または長時間持続して存在する場所
1種危険場所-危険雰囲気が通常の状態において生成する恐れのある場所
2種危険場所-危険雰囲気が異常な状態において生成する恐れのある場所

日本においては2種危険場所でも簡易防爆仕様では使用してはならないとされています。

つまり、簡易防爆というのは2種危険場所よりも安全な場所で使われる簡易的な防爆仕様のことです。

なお、より安全な防爆仕様の機器を使うことは何の問題もありません。

こちらが詳しいので参照にしてください。(PDFファイル)

防爆機器の紹介
http://www.idec.com/jpja/productsupport/safety/pdfs/P1108-0_115-119.pdf

もちろんISOやJISにも規程されています
基本安全規格 ISO12100(JIS B9700)

Q【第2種電気工事士・技能試験の謎】第2種電気工事士の技能試験でVVFジョイントボックスやアウトレット

【第2種電気工事士・技能試験の謎】第2種電気工事士の技能試験でVVFジョイントボックスやアウトレットボックスまでの長さが記載されていますが、、、

ケーブルは固定されていないので引っ張れば幾らでもボックスから出て来ますよね?

試験で150mmって記載されているとして、長かったらボックス内に突っ込めば150mmになるし、引っ張り出せば150mm以上に簡単になってしまう。

で、提出したときに、たまたまボックスから出てきて200mmとかになってたら失格ですか?

長さって決められてるけど固定していないので幾らでも動かせると思うんですがどうなっているんでしょうか?

ボックス内のケーブルの長さに規定ってありませんよね?

中に100mmで結線するっていうのは規定がないはず。

でも中で結線するには余裕が必要。

余裕が必要ということは外に出てるケーブルの長さは150mmという試験内容であっても中に100mmの余裕を持って結線しているのでズレる。

これってどういうことですか?

どうやって150mmを守ったと判断するのでしょう?

Aベストアンサー

試験ですか、試験で支給されるケーブル長は決まっているので質問のような余裕を持った結線方法は出来ません。

Q防爆ってどういう意味なのでしょうか?

防爆ってどういう意味なのでしょうか?

防爆無線LANアンテナという表示を見ました。この場合の防爆って何を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンやアルコールなど燃えやすい薬品を扱っている
工場などで、その装置が火花を出して爆発を起こすたりしないような
構造のことを防爆といいます。
http://www.miyaki-elec.co.jp/hp/hp/products_knowledge.html

Q第三種電気主任技術者 と第二種電気工事士の違い!!

皆様、はじめまして。第三種電気主任技術者と第二種電気工事士に興味があるのですが、どちらをめざすべきなのでしょうか?

おのおのの資格保有者数はどれくらいでしょうか?
求人数がおおいのはどちらでしょうか?

なにとぞ、おねがいいたします!!

Aベストアンサー

両者を比べる意味があるかどうかわかりませんが、

>おのおのの資格保有者数はどれくらいでしょうか?

参考URLで過去の合格者数を見ればわかりますが、第二種電気工事士の方が圧倒的に多いです。(10倍くらい?)

No.3の方もおっしゃっていますが、試験の難易度がまるで違います。
第三種電気主任技術者(電験3種)は一年では合格できない人も多く、3年かかってやっと4科目合格を達成する人もいます。


>求人数がおおいのはどちらでしょうか?

数だけで比較すれば当然第二種電気工事士の方が多いです。
いわば監督する人間と作業する人間の違いということです。


なお、参考URLに仕事の区分なども説明されています。
(受験するときにお世話になる試験の主催者のHPです。)

参考URL:http://www.shiken.or.jp/

Q防爆エリアの電線管工事について

お世話になります
なにぶん未熟なため教えていただけると幸いです

プロパンガス庫内のセンサー、計測器の電線管工事について
教えてください。

 ・センサー、計測器までの電線管はねじ無し継手ではだめなのか?
 ・建屋内でまず防爆中継端子箱で受けた後は、一般電線管工事仕様で  良いのか?(ネジなし継手、一般フレキ)
 ・防爆中継端子箱出口ではシッチング処理は不要なのか?
 ・センサー・計測器接続を防爆継手にすれば他一般でいいのか?
 
漠然すみませんがご意見又は資料、検索先等わかれば教えてください。

Aベストアンサー

工場電気設備防爆指針はお持ちですか?

以下が現在有効と認識していますが・・・
ちょっと自信がないので「独立行政法人 労働安全衛生総合研究所」で確認ください。
(1)工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆1979)
(2)工場電気設備防爆指針(粉じん防爆1982)

http://www.ankyo.or.jp/books/NIIS_TR.pdf

Q第二種電気工事士と認定電気工事従事者の特徴

第二種電気工事士と認定電気工事従事者の資格をもってます。

ただ、この二つの資格の特徴(差異)がイマイチ分かりません。

第二種は、600V以下の受電設備での工事が可能だったと思います。
認定は、同じく600vと書いてありますが・・・。

この2つの違いが分かるサイト等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

電気工事士の資格には、免状の種類により第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。
第一種電気工事士は一般用電気工作物(家庭や小規模商店)及び自家用(会社や工場など)電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の作業に従事することができます。
第二種電気工事士は一般用電気工作物の作業に従事することができます。
自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備における600ボルト以下で使用する設備の電気工事(簡易電気工事)は、第一種電気工事士の資格がなくても、認定電気工事従事者認定証の交付を受ければ従事することができます。
500キロワット以上の自家用設備や事業用電気設備の電気工事作業者には法的には資格は不要です。これらの大規模設備は電気主任技術者が選任されて、その監督、指示にしたがって作業や試験をするためです。(実務上は2種電工が無いと無理でしょうが、法律上は無資格でもできることになっています)たとえば高圧ケーブルの端末処理はメーカーから特殊技能をもった技術者が来ますが、電工の資格があってもこの作業はできません。

なお、ネオン用の設備及び非常用予備発電装置の電気工事などはさらに別の資格(特種電気工事資格者認定証)が必要です。

こちらにまとめがありますのでご覧ください。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/guide/guide.html

電気工事士の資格には、免状の種類により第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。
第一種電気工事士は一般用電気工作物(家庭や小規模商店)及び自家用(会社や工場など)電気工作物(最大電力500キロワット未満の需要設備に限る)の作業に従事することができます。
第二種電気工事士は一般用電気工作物の作業に従事することができます。
自家用電気工作物で最大電力500キロワット未満の需要設備における600ボルト以下で使用する設備の電気工事(簡易電気工事)は、第一種電気工事士の資格がなくても、...続きを読む

Q防爆の電気機器

工場を建設するにあたり、設置するエリアが防爆か非防爆かの特定はどのように行いますか。また行政等に届ける必要はありますか。教えてください

Aベストアンサー

工場を建設するには消防法以外にも届出は必要です。
工場立地法、安全衛生法など、その上に消防法の届出です。
有資格者も必要になってきます。

Q【電気工事士】「第2種電気工事士の技能試験の技能問題は試験日前に事前に発表されている」って本当ですか

【電気工事士】「第2種電気工事士の技能試験の技能問題は試験日前に事前に発表されている」って本当ですか?

自動車教習所の横に当日の試験内容のそのままを事前学習出来る自動車教習所の天下りがやってる寺子屋と同じ仕組み?

それとも公式に先に試験問題を載せちゃってる感じなのでしょうか?

技能試験前にその事前に掲載されている試験問題を解いておけば誰でも当日は考えることなく組み立てるだけで合格する気がする。

試験内容の意味が分からなくても分かる人に聞いて手取り足取り教えて貰って試験を受けた人と、事前に試験内容を知らずに当日初めて試験内容を見て受けた人では差がありすぎるのでは?

身内に優しくせこく無いですか?

身内に電気工事士いないのでどこで事前に試験内容が見れるのか教えてください。

Aベストアンサー

技能試験の公表問題です
http://www.shiken.or.jp/candidate/pdf/K_H28K.pdf
本屋さんで公表問題の合格回答を売っています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報