教えてください。
先日胃カメラの検査を受け異常なしでしたが、今度会社の健康診断だバリウム検査があります。
しかし、あまり放射線を浴びたくないので、ほかに検査する方法はないかと調べていいたら、MRIでも胃の検査ができるようですが、どうなんでしょうか?たしかにカメラ検査は微小ながんも発見」できいいと思うのですが、膜内にできたがんの固まりはなかなか発見できないと思います。バリウム検査がいいのでしょうけれど、放射線は色々考えがありうけたくありません。MRIでの胃癌検査とカメラの併用を年に1回で行いたいとおもいますがMRIの成果はいかがなものでしょうか?それおもエコーのほうでもいいのでしょうか?どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

MRIや超音波はあまり意味がないですね。


検診で癌を早期発見できるレベルではないですし、胃カメラ検査が苦手な部分を補う検査にはなりえないでしょう。
大部分の胃癌は胃カメラで発見できるでしょうけど、スキルス胃癌などは胃カメラよりもバリウム検査のほうが得意とする癌といえるでしょう。
胃カメラで発見できないリスクと放射線のリスクを天秤にかけて判断するしかないのでは?
検診ですから、医師がどうこう言う問題でもなく、本人がどこまでお金をかけるか、検査を受けるかできめるものですし。
萎縮性胃炎なんて、結局のところ、ピロリ菌がいないなら老化現象でも起こることですから、萎縮性胃炎がすべて胃癌のリスクというわけでもないでしょう。
ピロリ菌の検査を受けるほうが重要かもしれませんね。

今まで受けたという50mSvも一度に連続して被曝したわけでもないでしょう。
半年で5回なら、検査と検査の間には放射線によって損傷されたDNAが修復する期間も十分あったはずです。
そして、肺のCTと胃のバリウム検査の被曝する部位は必ずしも一致しません。

私がざっと書いた程度の知識はもう質問者さんが十分持っておられて、それでも被曝をしたくないと思っておられるなら、バリウム検査を受ける必要はないと思います。
この程度の内容を知らずに悩んでおられるなら、ゼロから被曝を勉強してもよいかもしれませんね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。私が今、悩み不安に思っていることを確実に把握されお答え頂いていることにたいへんおどろきました。と、同時に感謝します。仰る通りで、スキルスの発見と、被爆が今の私の悩みどころです。ピロリ菌は3年前に除菌し、いつも陰性です。なので、カメラ検査はかかせません。昨年のみ多く被ばくしてしまいましたが、今年からいつも検査している所の全体ひばくりょうは肺CT5mSvとバリウム検査10mSvpと検診肺X線と日常被爆3mSvでざっくり20mSvを年間受ける計算になります。実際は一度に受けないので、被爆量はさがるのかもしれませんが、ある、検査CT検査が果たして、メリットになるかの論文では45さいくらいからは、検査と病気による死亡率がうわまったとかいてました。また、仮に20mSvを平均寿命で計算しても、28日の生存期間の短縮にしかなりませんでした。わたしは今年44で、過去にタバコを吸っていたので、肺CT検査のメリットは確実にあります。また、萎縮性胃炎もあるので、カメラは毎年やりますが、被爆とは関係ありません。スキルスをカバーするには、やはりバリウム検査なんですよね。あまり被ばくに神経質にならないほうがいいですか?でも,一般の医療放射線ひばくはたしか3mSvでしたよね。わたしはおおくないですか?正直色々しらべましたし、ききました。実際疾病不安障害になってます。ただ、今回ご意見いただきまして、バリウムは受けようという方向になりました。本当にかんしゃします。ただ、あとひと押しが欲しいのです。私の、理解度はだいじょうぶですよね。お願いします。

補足日時:2011/04/23 19:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。先の補足での文章が分かりにくかったので、少し訂正させてもらいました。ご回答ありがとうございます。私が今、悩み不安に思っていることを確実に把握されお答え頂いていることにたいへんおどろきました。と、同時に感謝します。仰る通りで、スキルスの発見と、被ばくとの天秤が今の私の悩みどころです。ピロリ菌は3年前に除菌し、いつも陰性です。一応萎縮性胃炎なので、カメラ検査はかかせません。昨年だけ多く被ばくしてしまいましたが、今年からは決めた肺のCT検査をしているスキャン専門のメディカルクリニックで受けることにして、そこで、グレイを係数で計算してもらったら私の被ばくりょうは肺CTの場合4.7mSvでした。あと会社ね健康診断バリウム検査10mSvと検診肺X線0.05mSv日常被爆2.5mSvで経過でざっくり20mSv弱を年間受ける計算になります。実際は一度に受けないので、被爆量はさがるのかもしれませんが、ある、CT検査のメリットの論文をよむと、40歳くらいからは、放射線検査とがんや白血病による死亡率は検査を受けているほうがメリットがでたようです。また、年間仮に20mSvを毎年受けて各年齢層係数と平均寿命からの残りの生存期間を計算しても、28日の生存期間の短縮にしかなりませんでした。わたしは今年44で、過去にタバコを吸っていたので、肺CT検査のメリットは確実にあります。また、萎縮性胃炎もあるので、カメラは毎年やりますが、被爆とは関係ありません。冒頭で懸念していたスキルスをカバーするには、やはりバリウム検査なんですよね。あまり被ばくに神経質にならないほうがいいですよね。でも,一般のひとの平均医療放射線ひばくはたしか3mSv以下でしたよね。わたしはやはり、検査しすぎですかね。そこが、どうも自分で決断出来ない要素でもあります。正直色々しらべましたし、ききました。実際疾病不安障害になってます。ソラナックスもふくようしてます。ただ、今回ご意見いただきまして、バリウムは受けようという思いになりました。スキルスのリスクは大きいし、友達も5年前になりました。でも、内視鏡手術で部分切除ですみ、今は元気です。カメラでみつかったそうです。聞くと、若い女性に多いみたいですが、最近はそうでもなく、胃がんの3割になってきたようです。大学病院の、放射線技師さんがいってました。なので、胃は2ヶ立てで対応していきます。sodenositaさんには本当に感謝します。ただ、あとひと押しが欲しいのです。私の、理解度と方針は大丈夫だと思いますか?最後のご意見頂けるとさいわいです。44さい、男性よりおねがいです。

お礼日時:2011/04/23 23:45

補足とお礼を読みました。


理解は悪くないと思いますが、結論と決断には多少首を傾げますね。

スキルスのリスクが高いという結論には疑問が残ります。
それだけの情報を理解しておられるなかで、バリウム検査を受けようという結論が不思議ですね。
「検査しすぎ」と冷静に判断できているなかで、さらに検査を受けようという結論に持っていくのもなぞです。
がん家系かどうかは分かりませんが、その年齢、除菌に成功している状態なら、私は胃カメラのみで十分だと思いますが。

老婆心ながら、質問者さんに必要なのは胃の検査ではなく、ご自身で自覚しておられるとおり、精神科での不安障害にたいする治療だと思いますよ。
質問文やお礼などを読むと、こちらのほうが健康に社会生活をおくる上で重要だと思いました。

この回答への補足

ご回答に感謝します。sodenositaさんの推測通り、私は今精神的に病んでいます。疾病不安生涯と診断さ心療内科にもかよっています。一年前に肺CT検査を受けその場でクリニックの先生に9割がたがんです。でも、すりガラス状の5mm位なので、完治するでしょう。と言われた事がトラウマとなってしまいました。そのご、がんセンターで再度CT検査をしたら、多分がんではないので経過観察にしましょうと言われ、しばらく経過観察をしていました。しかし、最初に言われた衝撃が、頭に残り精神的に参ってしまい、それから心療内科に通うことになりました。結局がんセンターの先生も見かねて、胸膜の近くなので簡単に手術で部分切除し組織検査の方針としてくれました。結果は肺内リンパ節で5mm程切除しました。その事をきっかけに病気や検査にすごく敏感になり異常に反応してしまっています。いままでの、やり取りのなかで、私の解釈ですが、1、昨年浴びただろう放射線は50mSv打が、一度にではなく期間を開けているため、身体へのダメージはすくないだろう。また、積算での考えも少なくなってくるものだ。2.確率的要因はまだよく解らないが、年間100mSv以下というより、もっと安全に医療従事者程度の20mSvに制限していれば、大丈夫だ。3.萎縮性胃炎で、ピロリ菌除去にせいこうしていれば、通常の胃がんの危険性は軽減できるが、年に1度の胃カメラはやっておいた方がよい。カメラでも、スキルスがんは発見できるが、バリウム検査の方が見つかり易い、それは、胃全体を外から観れるし、透過により、粘膜内のがんの疑いがわかる。4.スキルスがんも最近多くみつかっている。約3割をしめる。5.会社の健康診断のバリウムは、被爆量は通常の病院より多く精度にかけるが、きめられている内容なのでうける。または、別の医療機関で検査し会社に提出する。6.被ばくはなるべく少なくする方がよいが、病気とのリスクとの天秤にかけはんだんする。6.年間15から20mSvの間隔を開けた医療検査は問題無い。 なので、胃バリウム検査もうけた方が今後安心できそうだ。

以上がsodenositaさんとのアドバイスをうけて、私なりに結論をつけてしまいました。がん家系ではありません。検査し過ぎという解釈は、去年はしすぎでしたが、こんごは、一般企業に務める方の健康診断に肺のCT検査と被ばくの影響の無い胃カメラ検査ということになります。なので、一般のひとより肺のCT検査被ばくの4.7mSv(全身被ばく換算)分が増えることにはなってしまいます。sodenositaさんが仰るスキルスがんはまれなんですか?あと、カメラでも発見できるものなのですか?そこが、私の解釈をかえてしまっているのかもしれません。あと、被ばくも生涯蓄積されるとがんになる可能性はだいぶ上がるのですか?わかっているようでなかなか自分で整理できません。毎日こんな事を考えている自分はおかしいのもわかっていますが、こうなってしまってます。sodenositaさん放射線医療に詳しいので、頼りにさせていただいております。昨日最後と書いてしまいましたが、もう少しだけアドバイスください。心療内科とカウンセリングはうけてますが、なかなかこうゆうことをしていたら治りませんよね。天気もいいので、ランニングでもいってきます。よろしくおねがいします。

補足日時:2011/04/24 11:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々質問し過ぎてしまい、申し訳ございませんでした。sodenositaさんのスキルスは胃のバリウム検査の方が得意という事に、今もなやんでしまってます。そうゆう病気に陥ってしまっている事をご理解頂けるとありがたいのです。カメラでも、スキルスは発見できるといいのですが。神経症の相手はしてくれませんか?すみません、なんか、中途半端でやな気持ちなのです。でも、色々教えて頂き感謝します。

お礼日時:2011/04/26 07:09

会社で行われる健康診断は、法律で決められていたと思います。

もし胃の検査を避けたいのなら、担当者に相談し、近近で検査済みの報告をすれば良いと思います。
レントゲン技師に聞いたのですが、いまの機器では以前に比べ放射線量は格段に減っているので、気にすることはないそうです。

胃がんが気になるなら、近藤誠医師の一連の著書を参考にすると良いでしょう。
またそれについて書かれているブログ、「リウマチ相談室のブログ」の「がん」を読まれたらいかがでしょうか。胃がんはそれほど怖がるものでないことが理解できます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。胃バリウム検査は5mSv位だそうです。これは、大学病院にききました。私は、昨年肺のCT検査で5回ほど、経過観察のため被ばくしていて50mSv位になっているとおもいます。もちろん、半年で5回なのできになります。なのでこれ以上は危険かなとおもっています。胃カメラでは問題無かったのですが、萎縮性胃炎があり気にしてます。早速ご紹介頂いた本、ブログをみてみたいとおもいます。やはりカメラだけだと漏れがでますかね。併用が、万全ですかね。どうおもわれます。ちなみに、回答者さまはどうされてますか?

補足日時:2011/04/23 13:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピロリ菌の除菌治療ですが。

ピロリ菌の除菌治療ですが。

慢性胃炎でして、ピロリ菌の除菌治療をしようか迷っています。
ある人に言わせると、ピロリ菌の除菌のため薬を飲むとけっこう苦しいとか。
本当ですか。

また、ピロリ菌の除菌をすると誰でも必ず良くなるのですか。

除菌は、1回で成功するとは限らないのですか。
1回目で完全に除菌できないと、2回3回と継続して除菌しないといけなくなるのですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.下痢がもっとも多い副作用です。

2.保険適応は胃潰瘍や十二指腸潰瘍にしかありません。潰瘍の人が除菌をすると症状の改善が得られますが、慢性胃炎や無症状の人が除菌をすると、かえって症状が強くなる人がいます。

3.誰からも強制されません。2回目、3回目を挑戦するのかはあくまで自分で決めるべき事です。

Q会社の検診のバリウム検査で胃体部〜前庭部に顆粒状粘膜で要治療、精密検査との事で、紹介状が来ていました

会社の検診のバリウム検査で胃体部〜前庭部に顆粒状粘膜で要治療、精密検査との事で、紹介状が来ていました、どういう状態なのでしょうか?三十年前に主人から梅毒 を移されて胃に異常が出て治療した事が有りますが、その影響とかはないでしょうか?現在62歳です、宜しくお願いします

Aベストアンサー

X線検査では何かあるということがわかるだけですから、
胃カメラで精密検査をしなさいということです。
胃潰瘍、ポリープ、その他症状によって対応します。

Q5年前に胃カメラを飲んでピロリ菌が見つかりました。その後除菌の薬を飲みピロリ菌は除去できたのですが、

5年前に胃カメラを飲んでピロリ菌が見つかりました。その後除菌の薬を飲みピロリ菌は除去できたのですが、次の年からは胃カメラを飲むのが辛くて検査はしていません。ピロリ菌はまた発生するものでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして
除菌後の再感染は、1~2%と低いですが0%ではありません。
ピロリは、成人感染し難い菌といわれますが、感染しないわけではありません。

一度除菌しても98パーセントぐらいでしょう・・・
多少は胃の中に存在し減ってしまえば増殖はせず死滅するようなことでしたが
やはり胃の状態が大きく関係します
ピロリ菌の除菌に成功した後でも、除菌治療の半年後から年に一回はバリウム造影線検査や内視鏡検査を受け、胃潰瘍の再発がないかどうか確かめることが望ましいでしょう。

Q胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要

胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要観察」「定期的に検診を受けることをおすすめします。まずは12ヶ月後に医療機関にご相談下さい」と書いてあり ました。何故、要観察なのか?よく分かりませんが、「要観察」で理由なしの場合、どういったことが考えられるのでしょうか?ちなみにですが、去年は「要精査」で理由が書いてあり、胃カメラ飲みましたが、何も異常なしでした。分かるかたいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現在バリウムの検査で初期の胃がんは見つかるか?が疑問視され
検査事態に意味があるのかとも言われています。
初期の癌は胃カメラなどで検査しないと分かりません。
つまり、見落としされても何も言えない。
ということです。
バリウム検査で発見されるのは2cm以上の腫瘍です。
それ以下やスキルス性胃がんであれば見つかりません。

20代30代であれば、心配は不要だと思いますが
40代以上であれば胃の内視鏡検査をしなければ
ガン検査の意味がありません。

Qピロリ菌の除菌について

ピロリ菌の除菌というと、胃潰瘍という連想をして
しまいますが、知人が、昔から胃が弱くて、胃痛や吐き気
をしょっちゅう催していたのですが、ピロリ菌を発見され、
除菌したところ、その症状が劇的に改善したらしいのです。
胃潰瘍だけじゃなく、そういう俗にいう「胃が悪い」という
症状にもピロリ菌が絡んでいることがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あるみたいです。

バリウムの検査で「胃潰瘍瘢痕」がみつかり、ピロリ菌検査をして陽性→除菌しました。
胃潰瘍瘢痕(治った状態)でも胃痛や食欲不振がありました。胃カメラをした際、先生は「今は瘢痕だけなので除菌するかどうかはまかせます。ただ、瘢痕を見るとくり返し潰瘍になってるようだから、除菌した方がいいかもしれませんね。」と言われてピロリ菌についての小冊子をもらいました。その中に「ピロリ菌が活動すると胃の粘膜に炎症がおきます」と書いてありました。
それが胃痛につながってるようです。先生は「ピロリ菌が悪さする」と言う言い方をしていました。潰瘍まではいかなくても、ピロリ菌が活動すると胃の調子は悪くなるようですね。
除菌成功した現在は質問者さんの知人の方と同じく、まさに症状が劇的に改善されました!胃痛は全くなく、食欲もすごいあるので太りそうなのが心配なくらいです。
ただ、胃痛のみだと除菌は自費のようですね。

Q先日十二指腸のポリープの結果が出て良性で約5ミリ位だそうです。三ヶ月置き位に胃カメラ検査を受けること

先日十二指腸のポリープの結果が出て良性で約5ミリ位だそうです。三ヶ月置き位に胃カメラ検査を受けることになりました。何回かのカメラをするのと手術してとって貰うのと皆様ならどちらを選択しますか?悩んでいます。3年位前から少し凹みが有りそのままの大きさで、平たいポリープになっていました。まだ大きくなるのか不安です。

Aベストアンサー

普通は良性のポリープなら次回の検査は1年後にすれば良いのですが、医師の判断は3ケ月後にもう一度しましょうとの判断ですよね、多分今回切除したポリープの跡を見たいのだと思いますよ。余り気にする必要はないと思いますよ。

Qピロリ菌の除菌の費用について

30歳女性です。
今日内視鏡にて、ピロリ菌が発見されました。
父が胃癌、母方の祖父も胃癌で、それと母も胃潰瘍と、胃の病気に
とてもなりやすい?家系ですので、除菌しようと思っています。

ですが、ピロリ菌の除菌の場合の費用は、潰瘍などの場合は
保険が適用されるようですが、私の場合、今回胃カメラを飲んだだけで
発見されてしまい、胃潰瘍などなにも症状はなかったので、
除菌するにも、保険適用外になってしまうのでしょうか?
保険適用外の場合、だいだいどれくらいの費用がかかってしまうのでしょうか?誰か教えてください。
それと、今度うちの旦那さんも連れてくるように言われました。
(旦那さんに説明するとのことです。。。)
ピロリ菌の説明が必要なのでしょうか?
ネットで調べる分にはそれほど大変な病気には思えないのです。
(実際、私の母親もピロリ菌の薬を飲んでいたとのことなので。。)
もし、ピロリ菌が見つかって家族の方と説明を受けたかたがいらっしゃったら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは~☆

もし都内でしたら下記の病院がお勧めです。

私の親戚が大絶賛してました。メールで問い合わせをすると、すぐに返事も下さいますし、なにしろ患者の事を一番に考えた素晴らしい病院でした。

ピロリ菌は薬でもokで、仕事で来院出来なかったので送って頂きました。費用は確か¥15000くらいだったと思います。

また、TVでみたのですがピロリ菌は誰でも持ってるもので、どの程度あるか・・が問題なんだそうです。

例えば私は30個もってて、貴方は60個だとすると、疲れたり、ストレスを感じたりしてピロリ菌の数が5倍に増えたとしたら私は150個ですが貴方は300個となり、そこら辺の差で潰瘍の原因になったりするってやってました。

ピロリ菌の含有量(元の個数)を減らすのには、LG21ヨーグルトとヤクルト400が良いってやってましたよ~。

参考URL:http://naisikyou.com/hongo/index.htm

Q父親が胃癌で術後五年たちましたが、また別の胃癌になることってありますか?最近胃もたれが、ひどいらしく

父親が胃癌で術後五年たちましたが、また別の胃癌になることってありますか?最近胃もたれが、ひどいらしく怖いです。

Aベストアンサー

癌細胞って誰でももっています。それが潰瘍を作るか作らないかだけ。5年前に胃にできた潰瘍を手術で取り去っただけです。年取れば、老化で潰瘍ができやすくなります。

Qピロリ菌の除菌後、成否判断を翌年まで延ばすことの可否について

ピロリ菌の除菌後、成否判断を翌年まで延ばすことの可否について

ピロリ菌の除菌に関連して疑問に思っていることがあります。みなさまのお知恵をお貸し下さい。

先日、人間ドックでピロリ菌がいるとの結果が出ました。
除菌する場合、当方は胃腸炎を患っているものの、胃潰瘍ではないため自費(保険適用外)になるそうです。
1週間分の抗生物質が約6000円、6週間後の除菌の成否判断の検査が約7000円、かかるそうですが、諸事情によりあまり出費をすることが出来ません。
(人間ドックは、会社がその費用のほとんどを負担してくれているので受けることが出来ました)
しかし除菌をすれば胃の症状がこれ以上悪化しない(胃潰瘍に進行しない)可能性が高く、ぜひ除菌したいと考えています。

そこで思ったのですが、約6000円を支払い抗生物質による除菌を行った後、成否判断の検査を受けず、来年の人間ドックの際に行われるピロリ菌検査まで結果を待つということは可能でしょうか。
医学的に何か問題があるのか、素人の当方にはわかりません。
専門知識のある方のご回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

胃内視鏡及び、血液検査に拠るものでした。胃壁の5~6ヶ所から細胞を採取して確認。
医師は、採取した場所からはピロリ菌が居なかったということで、胃内からピロリ菌が消えた、とは断言できません、とのこと。
血液検査では、ピロリ菌発見当時は、血清抗ヘリコバクターピロリ抗体と呼んでいましたが、2年後の検査では、抗ヘリコバクターピロリIgG抗体だったと思います。この血液検査でピロリ菌は陰性でした。

胃の働き具合は除菌前、後、共に、ペプシノーゲンI&II、及び そのI/II比を計ることで、胃酸分泌状況、及び、胃酸のペプシン領域とガストリン領域の比を調べるもの。
除菌後は胃酸分泌能も、I/II比も良い方向に変化していた。
当然、自覚症状としての胃痛、げっぷ、胃部膨満感などは消失した。

15年も前のことなので、当時はまだ呼気検査法は開発されてなかったと思います。

Q胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術 今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました 転移もあり手術

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴だけ水しか飲めず食事はなく間食の制限もされ、痛み止めのテープを貼り、やっと食事を出して貰えるようになっても、美味しくはなく、そして食べるのが怖いといい一切手を付けない日々がしばらく続きました。
本当にあのままじゃ、胸に埋め込みをされ、衰弱していき小林麻央ちゃんのような急変が起きていたかも知れません。お母さんも凄く心配し、そして、凄くいろいろ治療法に対して悩んでいました。

それでも家族が親戚がみんなが諦めてはいませんでした。
母もお薬と思って食べないとと毎日のように言っていました、本当はダメだけど ふりかけをかける許可を貰ったり、父はパンが食べやすかったようで、朝食はパンにして貰ったりと、私も少しずつでも食べてね お父さん大好きだから食べれるようになって早く回復して欲しいと励まし、沢山の孫がいる父に子供の日にみんなジィジに会うの楽しみにしているんだよと励まし、みんなが支えてくれたお陰で、父は食べてくれるようになり 父は見事に回復をしてくれたのです!!

回復したら…さぁまた抗がん剤治療のスタートです。
ちょうどこれで3ラウンド目です やはり辛くて、父は弱音を苛立ちを口にし出しました。もう抗がん剤治療を辞めたいと…寿命が縮まろうが、薬なく元気ではありませんが、元気にラクに好きな物め食べて過ごしたいと…でも、尿も問題なかって腹水の心配も消え、抗がん剤治療をまた続けられているのに勿体無いよ
先生と本当にちゃんと話しを聞いて、相談して結論を出すのはそれからにしよう!と説得とゆうか励ましとゆうか、父の抗がん剤治療に対しての検査結果はいつも本当に効いてくれていて、カンマカー指数はみるみる下がっていってくれていました!弱音や苛立ちや涙を流しながら、父は今まで頑張ってきてくれました!
その結構、先生から転移していた癌が何十ヶ所?何百ヶ所?もあったものに対して抗がん剤が効いてくれて全て消えている!癌その物も縮小しているよ!と嬉しい結果報告でした!検査次第ですが、この状態であれば手術に臨む事が可能ですと先生が!!

本当に奇跡だって思いました!!
余命宣告を受けた時には、抗がん剤治療をして回復してからの手術も不可能だと覚悟しておいて下さいと始めはゆわれていました。

検査の検査、父は手術が可能とゆう結果を頂きました!そして…本日2017/06/29 父は胃全摘出手術に臨んでいます!!

胃全摘出した後は一年をかけて食べるのを慣らしていって徐々に食べれるようになっていくそうです。

ここまで頑張ってくれた父に本当に感謝
そして、支えてくれた お母さんに本当に感謝
いつも治りますようにと祈っていてくれた親戚や子供達に感謝

でも…やっぱり不安なのは手術で完治するの??
やはり、寿命は限らているの??

ステージ4だった胃癌リンパ節への転移は無数にあった父、他の臓器での再発の可能性は??

嬉しいのですが、不安だらけで…

どなたか似た経験をされている方とお話しができれば嬉しいです!よろしくお願いします

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴...続きを読む

Aベストアンサー

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧血のところでビタミンB12不足によって悪性貧血は3年以上後とありますが、そこに至る前にビタミンB12不足による認知症様神経障害が発生する可能性があります。定説にはなっていませんが福井大学の濱野氏がレポートされていますので、1年後からはビタミンB12の血液検査項目を入れておく方が良いでしょう。
http://www.cool-family.com/i/syougai.html

術後の腸閉塞の薬の一つの知識に
https://allabout.co.jp/gm/gc/405186/

癌に良いと思われる食品
http://ww35.tiki.ne.jp/~genese63/tranquil/foods.html
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/yasai.html
もたれない為に癌に良いジュースを加えるのも良いと思います。
https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%B8%88%E9%99%BD-%E9%AB%98%E7%A9%82/dp/4405091897

万が一の為の知識の一つに
今は自由診療薬代ですが今年秋ごろうまくいけば保険診療になるかも?
http://kusuri-jouhou.com/medi/cancer/nivolumab.html

頑張ってください。

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧...続きを読む


人気Q&Aランキング