水稲用育苗土(マイルド24)を園芸用土や家庭菜園に利用するにはどうしたらよいですか?

PH調整だけでいいのでしょうか?


ネットを検索してもこの内容が見つけられず、ここでの質問に至りました。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

 水稲用なので透水性が悪いので改良した方がよい、という意見はあまり当てはまりません。

水稲といえど、育苗期間は水田で生育させるのではありません。当然、透水性は考慮して製造されています(もちろん、プール育苗という方法もありますが)。
 とはいえ、肥料成分の無い堆肥などで土壌改良をした方が好ましいでしょう。pH調整を気にするよりそちらの方が優先されるべきです。そして、まったく意見が出ていませんが、一番気にすべきことは、入っている肥料量です。あの薄い水稲育苗箱には培土はほとんど入りませんが、そこに何百本という稲の苗を1カ月近く栽培しなければなりません。それを考えると、園芸培養土と比較にならないほど肥料が入っていることが分かると思います。
 よって、水稲培土を他の培土として使用することはお勧めしません。どうしても使いたければ、肥料成分の無い堆肥などでかなり薄める必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
肥料濃度が濃いというご指摘ですね。
これについては肥料袋を見て確認してみます。

この水稲用培土だけを使って野菜や花を育苗すると、生育不良(樹勢が弱いなど)が起きるのは
肥料濃度が濃いという理由だけなのでしょうかね!?

お礼日時:2011/07/21 21:15

No.1です。



pHの調整には炭酸石灰あるいは苦土石灰が良いでしょう。
水稲用育苗土はやや酸性になっているので、園芸用として使う場合には、pHを少し高めた方が良いのです。

水稲用ですので、通気性は考慮されておらず、どちらかと言うと水持ちが良い事を中心に作られています。
ということで、通気性が悪いのが普通です。

雑草、雑菌を含まず、pHがある程度調整してある土、と考えたらよいと思います。

土壌改良剤と言うほど、格好良いものではないような。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

マイルド24:鹿沼土:完熟籾殻堆肥:ピートモス:苦土石灰でブレンドしてみました。


今のところ、カボチャの育苗に使ってますが順調です。

やはり、石灰を加えたので使用までには最低一週間は置いた方がいいみたいです。

ケイカルならばすぐに使えると思いましたが、PH調整を優先に考えました。


コメント評価の方は体験談等のレスが付くことを願い、しばしお待ちください。

お礼日時:2011/05/12 17:22

マイルド24という商品については知りませんが、水稲用育苗土を園芸用土・家庭菜園に転用することは、避けた方が良いと存じます。



pHが違うのは理由の一つですが、水はけや通気性が、園芸用に適していないと思います。

どうしても利用したいのであれば、pHを調整するとともに、腐葉土などを配合して物理性を改善する必要があると思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

PHの調整法は石灰が妥当ですか?

通気性が良すぎるということですか・・・。

土壌改良剤のような使い方が適してるのでしょうか?

できれば種蒔き培土に利用したいです。
細かい完熟堆肥、ピートモスなどと組み合わせればいいですかね?

補足日時:2011/04/23 12:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石垣島での水稲の開花時期はいつでしょうか?

毎度お世話になります。

石垣島では、水稲が二毛作や三毛作で栽培されるそうですが、

(1)田植えの時期 と (2)開花時期は、○月○旬でしょうか?

御存じの方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「石垣島 水稲」を入れると下記を含めヒットします。種々問題点がある様です。

参考URL:http://konarc.naro.affrc.go.jp/kyushu_seika/1998/1998063.html

Q水稲の育苗で使う土壌はどこから調達?

 水稲は育苗した後、田植え(移植)が一般的だと思いますが、育苗の際に使う培養土はどこから調達するのでしょうか。私の住んでいる地域(北関東:大規模農家がそれほど無いと思われる)では、JAなどを通じてメーカーが製造した水稲用育苗培土を購入して対応しています。しかし、メーカー製であるため当然費用が発生します。このため、北海道や東北、北陸地方の大規模農家の場合、この培養土購入費用がばかにならないと思います。
 北海道や東北、北陸地方では、北関東と同様にメーカー製造の水稲用育苗培土を購入して対応しているのでしょうか。または、各農家(やその地域)で培養土を作って対応しているのでしょうか。
 ご存知の方、ご教授願います。

Aベストアンサー

農家によってばらばらです。
これは地域性というよりも各農家さんの考え方によりますね。

最近は市販の培養土を使用するケースが多くなりましたが、コスト面から山から土を採取して肥料やピートモス、農薬等を自分で配合して
育苗を行っている方もまだまだ多いです。
先にも書いたように実際に育苗している各々の農家さん次第です。
大規模栽培でも市販の培養土を使う人もいれば、自分で作っている人もいますし、一町分前後の栽培でも両方いますから。
ただ大規模農家さんですと市販の培養土を購入する場合かかる金額もばかになりませんから、普通は20Kgの袋で購入するところを
フレコンバック(一袋1000Kg)で購入するなどして少しでもコストを下げるようにはしています。

確かに最近育苗マットも普及してきてはいますが培養土よりも一箱あたりコストが余分にかかりますら作業負担の軽減と言う面を考えても
大規模農家ではまだまだですね。

Qこの時期 追肥は必要ですか?

現在、ゴーヤとヒョウタンとヘチマを育てています。共に、非常に
大きくなっていますが、この時期追肥は必要でしょうか?

植えている土の部分が住宅事情で狭いので、どうかな?と
思っています。ご助言をください。ゴーヤは、種が取れました。
ヘチマは、40cm程度の実が1つだけですが生りました。現在
たわしにしています。ヒョウタンは、30cmほどに育った
ものが3つあります。

Aベストアンサー

補足への回答
 連作障害は家庭菜園よりもプロの死活問題です。素人は基本の「輪作」を守ればほぼ解決します。しかし狭い菜園でゴ-ヤを連作する人は少なくないようで、工夫しだいで連作障害は軽減できているように見えます。しかし、連作障害がないとどのHPも保証するものではなく、たまたまかもしれません。HPには好きなことが書けますね。とりあえず、2つの方法を考えてみました。
(1)ゴーヤの後、鶏糞、牛ふん堆肥、過燐酸石灰を散布し、耕起します。初年度は空豆、次年度はタマネギ、3年目はキャベツ(虫は覚悟して)、レタスやほうれん草も加え5年周期表を作ります。冬野菜は肥料食いが良いですね。連作障害は大きく成長しても出てきますので、不安もあります。
(2)畑の土を調達し、木枠で底のない大型のプランターを作ります。腐葉土や牛ふんを沢山散布し、ゴーヤを植えます。収穫後木枠は解体し、土は別の場所で3年ぐらいウリ科以外を栽培し、再度ゴーヤ栽培に利用します。
私なら、(2)の方法を選びます。
 また特殊な海水、微生物資材で連作障害を回避したとのお話もありますが、連作障害はセンチュウ、養分欠乏、養分過剰、偏在した微生物相、根の有機酸分泌などの要因で生じますので、眉唾ものもありそうです。

参考URL:http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/rensakusyougai.htm

補足への回答
 連作障害は家庭菜園よりもプロの死活問題です。素人は基本の「輪作」を守ればほぼ解決します。しかし狭い菜園でゴ-ヤを連作する人は少なくないようで、工夫しだいで連作障害は軽減できているように見えます。しかし、連作障害がないとどのHPも保証するものではなく、たまたまかもしれません。HPには好きなことが書けますね。とりあえず、2つの方法を考えてみました。
(1)ゴーヤの後、鶏糞、牛ふん堆肥、過燐酸石灰を散布し、耕起します。初年度は空豆、次年度はタマネギ、3年目はキャベツ(虫...続きを読む

Q水稲育苗時の病気写真が一覧できるサイトありますか?

水稲の育苗時にかかるいろいろな病気について、わかりやすい写真などが一覧できるサイトだったり、図鑑みたいなものを知りませんか?
何かあれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

大阪府園芸植物病害虫図鑑 「ひと目でわかる花と野菜の病害虫」 イネ 馬鹿苗病・苗立枯病
http://www.afr.pref.osaka.jp/zukan/191.htm

参考URLは、「やまがたアグリネット」 病害虫図鑑のリスト一覧です。
稲の項目で立枯れ病がいくつかあります。

参考URL:http://www.agrin.jp/cgi/guest/ac2insect.cgi?p=::

Q稲の追肥。

震災後、初めて水田に作付しました。様子なので無肥料で植えました。少し、肥料が足りないようなので追肥をしようと思います。5月13日田植え。褐色粘度質土壌です。追肥の仕方、時期などを教えてください。

Aベストアンサー

そんなに気にしなくても、背負い動散に元肥入れて撒けば良いと思いますよ。
1反1袋くらい。
出穂前40日に葉色を見ながらの本格的な追肥で良いと思いますよ。

Qベランダに土を敷き詰めて行う菜園の呼称

が思い出せません

鉢をおいたりして行う家庭菜園ではなく、一面に土を敷き詰めて行う方法の呼び方です

Aベストアンサー

ベランダニング、ベランダガーデン、ベランダガーデニング、バルコニーガーデン

この中にありますでしょうか?

Qゴールデン培養土に追肥すべきか?

ゴールデン培養土に追肥すべきか?

いつもお世話になっています、こんばんは。

キュウリを苗から育て始めて1か月少し経とうとしています。
ホームセンターでアイリスオーヤマのゴールデン培養土を購入したのですが、その際に従業員さんが「この土は元肥も豊富に入っているので追肥の必要はあまりない、逆に追肥すると栄養がありすぎて良くない」ような事をおっしゃっていました。

追肥の必要はないかもしれませんが、水を多めにやっていた時期があるので土の中に含まれている肥料が流れてしまっている場合もあるとの意見をここで頂きました。この培養土を使用している場合、追肥の必要はないのでしょうか?

どなたかご指導ください、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

http://www.iris-gardening.com/ousama/sugoi/g05.html
これを見ると確かに有機配合の緩効性肥料入りとなってはいますね。これは元肥として入れているという事でしょう。HCで見た限りにおいては、肥料のNPKの配合割合や具体的な成分名などは明記されていません。
多分ボカシなどの有機質肥料をベースに色々な化学肥料を加えて配合したものでしょう。大体この手のものが肥効を強くあらわす期間は、使い始めて2ヶ月ぐらいではないかと思われます。
水遣りによる肥料成分の流出も多少はありますが、緩効性ですからすぐに無くなる事はありません。持続性はあります。ゆっくり少しずつ効くのが緩効性です。

それに対して一時にドバッと効いて、あまり持続性の無いのが速効性の肥料です。代表的なものに液肥があります。肥効期間としてはせいぜい1週間ぐらいで、また水遣りによる流出量も多いので最初が最もよく効きます。
野菜と言っても、葉物野菜もあれば根菜もあれば、花を咲かして実を成らすものもあります。キュウリも花を咲かせて実を成らせますから、液肥で花付きが良くなるリン酸成分を補ってもよろしいとは思います。
薄い液肥ですね。具体的にはハイポネックス原液や花工場原液の1000倍希釈液ですね、そのぐらいで十分です。水遣り代わりに7~10日おきに与えます。このぐらいの希釈率であれば、まずは安全なところでしょう。希釈する際も、いい加減ではダメですから、目盛りと注ぎ口の付いたバケツなどで希釈します。濃い過ぎる液肥を与えると、逆に植物体内の水分を奪って萎れてしまいます。
また水遣り代わりですから、表面の土が乾いてから与えるようにします。くれぐれも土の過湿には注意しましょう。
http://www.hyponex.co.jp/products/fertilizer/pr_fer_10.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00343.html

あと1ヶ月ぐらいはこの調子で良いと思いますが、もしそれ以降に葉色が悪くなったり成長が鈍ったりするようでしたら、緩効性の置き肥などを与えてもよろしいでしょう。
具体的にはIB化成肥料あたりを1株につき4~5粒を株のまわりにばら撒いてやります。液肥も併用します。
http://item.rakuten.co.jp/kaju/10001035/
このあたりは様子を見ながらやって行きましょう。あえて必要は無いかも知れません。

いずれの肥料も園芸店やホームセンターで入手しやすいものばかりです。大きく育てて沢山収穫してくださいね。

http://www.iris-gardening.com/ousama/sugoi/g05.html
これを見ると確かに有機配合の緩効性肥料入りとなってはいますね。これは元肥として入れているという事でしょう。HCで見た限りにおいては、肥料のNPKの配合割合や具体的な成分名などは明記されていません。
多分ボカシなどの有機質肥料をベースに色々な化学肥料を加えて配合したものでしょう。大体この手のものが肥効を強くあらわす期間は、使い始めて2ヶ月ぐらいではないかと思われます。
水遣りによる肥料成分の流出も多少はありますが、緩効性ですからす...続きを読む

Qハワイで家庭菜園

ハワイで家庭菜園をやりたいと思っています。
野菜を育てるのは全くの初心者で、今いろいろな本を読みあさっているのですが、日本とハワイでは気候が違うので、種をまく時期なども異なってくるのでしょうか?
冬の間は作物は成長が止まり、春になると目覚しく育つと読んだのですが、ハワイのような常夏の場合、収穫時期もずれてくるのでしょうか?
英語ができないので、日本の本に頼っているのですが、ハワイでも応用できるような良い本をご存知でしたらそちらも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

熱帯作物学
この単語で検索してみてください

お勧めは
東京農大 農業開発学科
http://www.nodai.ac.jp/int/develop/study_what.html

Qイチゴ栽培での追肥を液肥だけで補うには?

イチゴ栽培での追肥を液肥だけで補うには?
昨年は有機肥料で育てた為モグリバエが大量発生。
温暖な南向きベランダの為か越冬し、うどん粉病を媒介し蔓延
薬を数種使用しても収穫できずに処分した株が多々ありました

それで今年は病気に強い種の株と液肥だけで作ってみる事に。
現在はプランターに元肥入り培養土に植え1カ月程経った状態です

そろそろ追肥を始める時期ですが、いつまで続けるのか疑問がでてきました
大体粒状肥料は2カ月程で効果が切れると聞いたのですが
定植1か月後と2月に与える追肥時期に合わせると
今から2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
液肥を与えればよいのでしょうか?

園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
どちらが正しいのでしょう?

使用液肥はハイポネックスのハイグレード野菜&ハーブですが
イチゴへの追肥期間をHPで見つける事が出来ませんでした。
どなたか御教え頂けないでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

冬越しイチゴ(5月収穫目標)は、液肥だけで栽培はしませんからね。
温室栽培は高架式水耕なので別。

>園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
>花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
>どちらが正しいのでしょう?

 どちらも正しい。
 つまり、着花前までに1度肥料を切らす。花を確認後に追肥。の順ですから。

>2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
 液肥を与えればよいのでしょうか?

 ずるずる液肥をあげて続けては駄目です。
 植え付け時にチッソが少ないことが花芽分化の促進に不可欠だ
 ということを念頭に入れてください。つまり、肥料のPNKの量が判りにくい
 元肥入り培養土は本来避けるべき。
 2月下旬にはほぼ肥料が1度切れる事を念頭に入れます。
 温暖も度を越すと病気になりやすく、実つきも果重も悪くなります。
 
前回ですが、おそらく生育初期の多肥多湿が敗因でしょう。風通しも悪かったかも。
今回ですが、既に元肥入りなら、今回はしなくても良い位ですが・・・
気休めにお手持ちのハイポネックスを3000倍で希釈し1回ですね。
2月に化成肥料を少量(1株10g)でOKです。この時点で土が酸性に傾くなら、
苦土石灰を必要量施します。

ハイポネックスハイグレード野菜&ハーブはN-P-K=6-10-5なので
リンの多い配合。つまり、開花後~収穫まで使うのがベスト。

冬は様子見で枯れない程度に水をあげる。
3月に入り平均気温が15度を超えたら、たっぷりの水を。
(ある程度土が乾燥しない限り水は厳禁。毎日ザバザバ習慣は駄目)
イチゴは最初は厳しく、後半はゆったりのびのび育てるのが良い実をつけるコツ。
3月中に花が咲いてしまったら、すべて摘み取ります。

成功を祈ります。

冬越しイチゴ(5月収穫目標)は、液肥だけで栽培はしませんからね。
温室栽培は高架式水耕なので別。

>園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
>花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
>どちらが正しいのでしょう?

 どちらも正しい。
 つまり、着花前までに1度肥料を切らす。花を確認後に追肥。の順ですから。

>2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
 液肥を与えればよいのでしょうか?

...続きを読む

Q家庭菜園のイチゴ

家庭菜園で作ったイチゴは、買って来たイチゴに比べて
余り日持ちがしません。すぐに痛みます。

どうしてですか?

Aベストアンサー

>どうしてですか?

収穫時の熟成度が違います。
店頭のイチゴは、店頭に並ぶまでに時間のかかる
流通経路を経るため、若干、青い状態で収穫しますが、
店頭に並ぶ頃には表面的には赤くなっています。

家庭菜園で自分でとるものは、
それこそもう腐る寸前のものが、熟していて
非常においしくいただけます。
当然、そういうのは全然日持ちしませんし、
若干青味の残っているものをとれば日持ちします。
でも、おいしさが全然違いますよね。


人気Q&Aランキング