ある面dSの法線と角度θをなす方向に立体角dΩで出て行く光線を考え、強度IνとしたときにdSに垂直な運動量dpνが、なぜ dpν=Iν(cosθ)^2dΩ/c [cは光速] になるのかがわかりません。
一度、IνにcosθをかけてdSに対する垂直成分を出しているのに、なぜまたcosθをかける必要があるのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

単位時間に面積dSを通過する光子の数がcosθ倍になるので。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

光子のことだったのですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 03:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング