音を感知してストロボを光らせたいので市販の「音声スイッチキット」購入して組立てましたがリレーのタイムラグが約5ms位の遅れがあります。
このタイムラグの無い「リレーを使わない回路図」を教えていただきたいと思います。
目的は「音→ストロボを作動」です。
ストロボから2本のケーブルを出してそれをリークさせるだけです。
10年以上前、トランジスターとダイオードの2~3点の部品を使った非常に簡単な回路でスピーカー出力を利用する回路を教えて頂いて作った事がありますが覚えていません。
「オーデオアンプ」で出来ないかと思い市販キットをやっとの思いで組立てましたが初心者の為これ以上の詳しい事がわかりません。
ぜひ詳しい回路図をよろしくお願い致します。
手元には「2SC1815」があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>これ単体で作動するのでしょうか? 


この回路に電源をつないで、ケーブルAとBにストロボを接続すれば動作するはずです。ただし、電源を入れた直後しばらく(数秒)はトランジスタQ5がONになってしまうので、ケーブルAの途中にスイッチを設けて、普通はスイッチOFFにしておいて、撮影準備OKになってからスイッチをONにするようにしてください。

>スピーカー出力にトランジスターの「B」と「E」を直結(無謀?)して「C」と「E」にストロボを直結(電池なし)しました。結果、大きい音でストロボを発光させる事が出来ました
そういう方法でも動作します。「B」と「E」の間の電圧(アンプの出力電圧)が0.6V以上になればトランジスタがONになります。しかし、あまり大きな電圧を入れると、「B」と「E」の間の間に過大電流が流れてトランジスタが壊れるので、アンプ出力と「B」との間に1kΩくらいの抵抗を入れたほうがいいです。抵抗を入れることで過大電流を抑えられます。

オーディオアンプを使った方法でも、アンプの電源を入れた直後に「ボコッ」というポップ音が出る場合は、音がなくてもストロボが動作してしまうので、ケーブルAとストロボの間にスイッチを設けて、普通はスイッチOFFにしておいて、撮影準備OKになってからスイッチをONにするようにしてください。添付回路のQ1とQ2がアンプに相当するので、他にマイクアンプを持っていれば、Q1とQ2の部分をマイクアンプで置き換えてもいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかり易いご回答を何回も頂き本当に有難うございました。
さそく部品を揃えて作ります。
アンプが必要なくて出来るのは最高です。

お礼日時:2011/04/24 07:06

添付回路で動作確認しました。


ケーブルAの部分と電源(6V)間に抵抗(1kΩ)とLEDを直列に入れると、ポンと手を叩いた瞬間にLEDが点灯し、約1秒後に消灯しました。LEDが点灯している時間がON時間ですが、この時間は C4 の容量または R9 の抵抗値を大きくすれば長くなります。回路シミュレータでこの回路の動作を見てみると、信号が入ってからトランジスタ(Q5)がONするまでの遅延時間は、入力信号の周波数が1kHzの正弦波では 2ms程度、100Hz のとき 10ms でした。

この回路では、Q1とQ2で音声信号(交流成分)を 1000倍くらいに増幅しています。Q3 はバッファ(エミッタフォロア)です。Q3 のエミッタ(E)に出てきた信号をダイオード(1N4148)で半波整流し、C4 で平滑化しています。Q5 とQ6 はC4 の電圧が 1.2V 以上になったとき(充分大きな音が入ったとき)にONになります。Q5 とQ6 をダーリントン接続しているのは、Q4 のベース(B)電流を極力小さくするためです。音声が途切れると、C4 に蓄えられた電荷は R9 で放電されて、Q4 のベース電圧が下がり、1.2V未満になると Q4 とQ5 がOFFになります。したがって C4 の容量が大きいほど、R9 の抵抗値が大きいほどゆるやかに放電されるので、ON時間が長くなります。
「リレーが無い回路」の回答画像3

この回答への補足

とても詳しい回路図を有難うございます。
恥ずかしい話ですがこれ単体で作動するのでしょうか? AとBにストロボを接続すればいいのでしょうか?オーデオアンプは必要ないのでしょうか?

自分なりの実験結果をお知らせします。
スピーカー出力にトランジスターの「B」と「E」を直結(無謀?)して「C」と「E」にストロボを直結(電池なし)しました。
結果、大きい音でストロボを発光させる事が出来ました。
アンプの出力が小さいのでしょうか?スピーカーは8Ω8Wの5cmです。
つい最近、電子回路に興味が湧きすっかり嵌ってしまいましたが初心者の悲しさで何もわかりません。よろしくお願い致します。
------------------------------------------------------------------------------------------
先日(4/13)「リレーが作動する時間を遅延させたい」のタイトルで質問しましたところ適切な回答を頂いて、再び補足しようと思っておりましたが「教えてgoo」の操作が不慣れの為、締切となってしまいました。
あれから部品を揃えて回路図(とてもわかり易い)の通りにて組立てましたところ、私が望んでいた遅延回路基板が出来ました。この場をお借りしてお礼を申し上げます

補足日時:2011/04/23 16:27
    • good
    • 0

ストロボケーブルに流れる電流の大きさは分かりますか?2SC1815 は最大 100mA 程度の電流しか流せないので、それ以上の電流を流すには 2SK2961 などの MOSFET を使う必要があります。

それと、ストロボケーブルのどちらからどちらに電流が流れるか分かりますか?ストロボケーブルを1秒間くらいずっと短絡してもストロボは正常動作しますか?

電流の大きさや向きが分からないのであれば、添付図の回路で実験してみてください。ケーブルAから外部に電流が流れるようになっているのなら、スイッチを押したときにストロボが動作します。スイッチを押したままでもストロボが正常動作するかもこれで確認してください。何度か動作させてもトランジスタが壊れなければ2SC1815でも大丈夫でしょう。

ケーブルBがマイク回路の GND になりますが大丈夫でしょうか(マイク回路の電源を電池など、電気的に浮いたものにするのなら問題ありません)。音はコンデンサマイクで拾うのですね?トランジスタだけでできると思いますが、実際に設計して、手元の部品で動作確認してみます。ちゃんと動作したら回路図を添付します。マイクから2m程度離れたところで軽く手を叩いたときに動作するような感じでいいでしょうか。
「リレーが無い回路」の回答画像2

この回答への補足

早々と有難うございました。

(1)電流の大きさはわかりませんが電流の流れる方向は分かります
(2)短絡すると、その時は光りますがそのまま短絡し続けても充電しています、2SC1815で大丈夫でした。
(3)マイクはコンデンサーマイクで2メートルで作動OKです

よろしくお願い致します。

補足日時:2011/04/23 12:04
    • good
    • 0

こんにちは。



各仕様が分からないので、簡単に書きます。

回路に対して、ストロボの電気使用量が大きいため
インターフェースとしてリレーが使用されています。
簡単に変えれるかは別としてですが、このリレーを
より高速な仕様のリレーに変えれば済みます。
(高容量なトランジスタは、めちゃ高い!)


http://www.fa.omron.co.jp/product/family/996/ind …
動作時間は0.5ms以下です。


個人的な意見ですが、5msと0.5ms。
数値だけを見ると10倍の差が有りますが
違いが体感できる様な差とは思えません。

この回答への補足

>個人的な意見ですが、5msと0.5ms。
数値だけを見ると10倍の差が有りますが
違いが体感できる様な差とは思えません。

瞬間撮影ですのでこの違いが大きく影響します。
なるべく「ゼロ」に近い方がベターです。

補足日時:2011/04/23 12:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラッシュカレント(突入電流)対策

 電装品取り付けで以前 質問したところ
ラッシュカレント(突入電流)という事を教えてもらいました。

Q.カーステに社外用取り付けKit配線から
ACCから「ETC、ナビ、TVチューナー、TV」の電源を取ろうと
思っているのですが ラッシュカレント(突入電流)対策として
どんな事をすればいいのでしょうか?
 車種によって違うかもしれませんが、
リレーでは対策できませんか?

消費電流を調べたところ
・オーディオ 10A
・ナビ 1~1,2A?
・ETC  400mA?
・TV   840mA?(EPSON ET-S6R)
・TVチューナー  (EEPSON TSDT8)

Aベストアンサー

他の回答者様の書き込みを見て、
『ラッシュカレント』を説明するのはムリかな・・・と思いました。

ラッシュカレントは、
微分と積分を理解していることが前提でさらに電気回路の知識が必要という、
言ってみれば電気回路を専門に習った人だけが理解できる難しい話です。

あやふやな知識で悩むよりも、気にしないことが一番です。

ちなみに車のACC電源でラッシュカレントが問題になるというと
ヒューズボックスのヒューズとハーネスのリレーぐらいのものですので
壊れてもたいしたことありません。
壊れてから考えてもだいじょうぶでしょう。

Q技術の電気回路についてです。 スイッチを押すと、ランプが付き、なっていたブザーが止まる回路を教えて下

技術の電気回路についてです。
スイッチを押すと、ランプが付き、なっていたブザーが止まる回路を教えて下さい。出来れば図で教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

回答NO.5です。ランプを忘れてました。ランプの代わりに赤色LEDにして回路を修正しました。抵抗1kΩは100Ωに変更しました。回路図を見てください。

それに伴って部品は以下のように変更します。

電子ブザー UDB-05LFPN
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09704/

電池ボックス 単3×2本 リード線・スイッチ付
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00327/

低雑音トランジスタ2SC1815(L)-Y
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-10512/

赤色LED 3mm SLP-9118C-51H
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02082/


カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 100Ω (100本入)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-25101/

カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 10kΩ (100本入)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-25103/

フィルムコンデンサー 0.1μF50V(ルビコンF2D)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05332/

パネル取り付け用押しボタンスイッチ(赤)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04580/

回答NO.5です。ランプを忘れてました。ランプの代わりに赤色LEDにして回路を修正しました。抵抗1kΩは100Ωに変更しました。回路図を見てください。

それに伴って部品は以下のように変更します。

電子ブザー UDB-05LFPN
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-09704/

電池ボックス 単3×2本 リード線・スイッチ付
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00327/

低雑音トランジスタ2SC1815(L)-Y
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-10512/

赤色LED 3mm SLP-911...続きを読む

Qコンデンサへの突入電流に対するスライドSWの定格

電源をON/OFFするスライドスイッチ(定格12V/0.5A)に、電源ON時、入力容量への突入電流が1.2A程度流れます。時間にして30uS程度です。突入以外は最大でも150mA程度のDC電流です。
このような使い方は問題ありますでしょうか?
機械式リレーのように接点がバネの力で開離する機構の場合、突入電流が繰返し流れることで接点が溶着するリスクがあるようですが、スライドスイッチの場合、接点を手動で動かすことから、このリスクは非常に小さいと考えましたが、実際のところはいかがでしょうか?
またスライドSWの接点不具合自体、あまり聞いたことがありませんが、不具合の事例があればご紹介いただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> このような使い方は問題ありますでしょうか?
どのレベルで問題にするのかとゆうことです.
商品の信頼性だったら,メーカーから突入電流が記載された「納入仕様書」を戴く必要があります.
自作の機器だったら,予備を買っておいて故障したら交換です.
書かれたように接点を手動で動かすことから,このリスクは非常に小さいと考えられます.

なお突入電流定格ですが,メーカーに訊けば教えてくれると思いますよ.
AC電源用のリレーとかシーソースイッチには「TV定格」と言って,定格最大電流の数10倍の突入電流定格が規定されている物があります.
僕の場合は,ACアダプタに接続するスイッチ付きの自作機器には基本的にこーゆーものを入れてます.
http://semitec.co.jp/products/thermistor/2011/02/28/pdf/d2_power-d.pdf

Q人体感知センサーモジュールの回路

電子初心者です!教えて下さい!
人体感知センサーモジュール(型番TOP3224)で電源電圧DC5V~20V、で出力電圧DC3.3Vはテスターで確認済みです!
3つの端子があり一番左側は電池(1.5v×2本)3Vのプラス側・・・
一番右側は電池(1.5v×2本)のマイナス側
真ん中の端子に出力電圧のDC3.3Vが出ていて、ココの端子にモーターの+をつないでモーターのマイナス側は電池のマイナスにつなぎました。この回路ではモーターは動かないのですが、どうしてなのか解かりません?
出力電圧DC3.3Vにモーターの+をつないでマイナス側は電池のマイナス側につないだのになぜうごかないのでしょうか?
教えて下さい。
宜しくおねがいいたします!

補足 モーターに直接乾電池(1.5×2本)3Vをつなげると動きます

Aベストアンサー

2つ目の回路のベース抵抗は、違った意味で入れています。これは本来入れなくても良い抵抗ですが、万が一、モータがつながっていないとき、ベース抵抗がないと、過大なべス電流が流れるので、センサの出力回路やトランジスタの保護のために入れています。モータがつながっていないとき、エミッタ下の抵抗Rに流れる電流は、ベース電流と同じで、その値は
   ( 3.3V - 0.6V )/( Rb + R )
になります。Rb がベース抵抗(Ω)です。Rb が入っていない場合(Rb = 0 の場合)、R = 10Ωのとき抵抗 R に流れる電流は 0.27A になります(これは計算上そうなるだけでセンサの出力回路はこんな大きな電流を流せません)。これはセンサの出力端子を、トランジスタのベース-エミッタ間で短絡したような状態なので、センサやトランジスタを劣化させる可能性があります。しかし、Rb = 1kΩなら、モータがつながっていないとき、エミッタ下の抵抗Rに流れる電流はわずか 2.7mA に制限されます。

2つ目の回路で、エミッタ下に抵抗Rを入れているのは、モータ電流を一定にさせるためです。何らかの原因でモータ電流が増えたとき(電源電圧が上がったときなど)、Rに流れる電流が増えますから、エミッタの電圧が高くなります。ベース電圧は一定ですから、エミッタ電圧が高くなるとベース-エミッタ間電圧が下がります。ベース-エミッタ間電圧が下がるとトランジスタのコレクタ電流が減るので、結局、コレクタ電流(モータの電流)は一定に保たれます。このように、エミッタ下に抵抗Rを入れると、ベース電圧によってコレクタ電流を制御できます。1つ目の回路もベース電圧によってコレクタ電流が変わるのですが、エミッタ電圧はコレクタ電流に依らずいつも0Vなので、電流を一定に保持する機能がありません。

2つ目の回路は、電源電圧を変えてもモータに流れる電流は常に一定ですが、電源電圧が高かったり、設定したコレクタ電流が大きいとき、トランジスタがかなり発熱します。
  発熱量 P(W) = トランジスタのコレクタ-エミッタ間電圧(V)×コレクタ電流(A)
もしモータ電流が100mA以上必要なときは、トランジスタは2SC1815でなく 2SD2012という最大発熱量の大きなものにしてください(リード線配置が2SC1815と異なります)。2SC1815は 最大コレクタ電流が150mA、最大発熱量が 0.6W ですが、2SD2012は最大コレクタ電流が3A、最大発熱量が 2W(放熱器なしのとき) です。なお、1つ目の回路ではトランジスタは完全にONになる(コレクタ-エミッタ間電圧が0.1V以下と小さくなる)のでトランジスタはあまり発熱しませんが、モータ電流が150mAを超える場合は2SD2012に変更してください(2SC1815でもすぐに壊れることはありませんが長期信頼性は保障できない)。

2SD2012(1個40円) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02510/
   データシート http://akizukidenshi.com/download/2SD2012.pdf

ちなみに、ANo.3の2つ目の回路で今モータを動かしています(これを書いているPCのそばで回っています)。2SC1815を使ってR = 10Ω としていますがモータ電流は200mAくらいあるので、10Ωの抵抗がかなり熱くなります。抵抗の発熱量(W)は モータ電流(A)^2×R(Ω)です。モータ電流が 0.2A、R = 10Ωのとき、0.4W の発熱量になります。したがって許容電力が1Wくらいの抵抗にしたほうがいいです(目の前で回っている回路の抵抗は1/4Wタイプなので許容電力を超えています)。

2つ目の回路のベース抵抗は、違った意味で入れています。これは本来入れなくても良い抵抗ですが、万が一、モータがつながっていないとき、ベース抵抗がないと、過大なべス電流が流れるので、センサの出力回路やトランジスタの保護のために入れています。モータがつながっていないとき、エミッタ下の抵抗Rに流れる電流は、ベース電流と同じで、その値は
   ( 3.3V - 0.6V )/( Rb + R )
になります。Rb がベース抵抗(Ω)です。Rb が入っていない場合(Rb = 0 の場合)、R = 10Ωのとき抵抗 R に流れる電流は 0....続きを読む

Q突入電流について

250VAのトロイダルトランスと、ブリッジダイオード、30000μFのコンデンサで電源回路を作ろうと思っています。
用途はオーディオです。

このような大容量のコンデンサとトロイダルトランスを使用した場合、突入電流が問題点になると思うのですが、対策回路はどのように組めばよいのでしょうか?

ネットでオーディオアンプの作例は沢山あるのに突入電流の対策回路はなかなか見つかりません。

タイマーリレーを使う場合と、ICとリレーなどで(ちょっとわかりませんが><)組む場合、両方教えて頂きたいです。

回路図なども教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自作DAC基板で有名なfujiwara氏のサイトです。
http://easyaudiokit.hobby-web.net/

ちょうど今、パワーアンプの製作をされているようです。
「パワーアンプ用電源基板」のリンクにある「高精度アンプは実現するか?」を読んでください。
突入電流に関する考察と対策と回路が書かれています。
この基板には「定電圧化された電圧増幅段用の電源」も搭載されているので、それは不要と思いますが、遅延回路や保護回路なども参考になると思います。

この基板は近日頒布予定だそうなので、頒布していただくのもいいのではないでしょうか。
ただし、このサイトは「中級者以上の人」を対象にしているので、初心者は歓迎されません。
自分が初心者だと思うなら、サイトの記事だけを参考にして頒布は遠慮したほうがいいでしょう。

Q市販キットに使用されているLEDを別のLEDに変えたい。

電子回路を中学の授業以来触った事のない初心者です。

画像の回路のLED1,3,4を高輝度のものに変更したと考えていますが、それに見合った抵抗がわからないため質問せせて頂きました。

回路画像
http://osaka.axfc.net/uploader/Img/l/3810613226/v/Img_68953.jpeg​

使用したいLED
http://www.led-paradise.com/product/196​​

また、LED1,3,4の回路部のVは何でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この回路を12Vで使うとき、各抵抗はどのように変更しなければならないですか?
これは私の回答ですね。

添付図のように配線してください。部品はキットで使わないものを流用するようにしました。220Ωは外したR1を流用します。2.7kΩ(R13)はLED4の明るさを決めるものですが、LED4 は動作させなので、これを外して使います。220μFの電解コンデンサ(C6)は外しても支障ありません。LEDを制御する信号は D-OUT というところから取り出します(この端子は通常は 0V で、反射物を検出したときに5Vになります)。

添付図左上に、回路シミュレータで計算した白色LED電流の変化を示します。この回路では、1秒くらいかかって明るくなったり暗くなったりします。この時間を長くするには 220μF の値を大きくします。電解コンデンサ( 220μF)の極性を間違わないようにしてください(部品の側面に-側を示す白い帯が書かれているはずです)。

Qコイルの突入電流が流れる理由について

コイル(誘導負荷)に突入電流が流れる理由を教えてもらえないでしょうか?

容量に突入電流が流れるのはわかります。
しかし、コイルに流れる理由がいろいろ調べてはみたのですが いまいちはっきりわかりません。

あと、誘導負荷には直流電源でも突入電流が流れると考えていいのでしょうか?

すいませんが教えてください

Aベストアンサー

8です、質問者さんに一言!

適切な回答がご希望ならばお礼や補足欄に貴方の気持ちを書いた方が良いですよ。
どういう事を想定しての質問なのか、回答者さんの内容で納得したのかしてないのか。
リアクションが無ければ何にも分りません。意思の疎通はとても大事です。

まさかこのまま無言で立ち去るなんて事は無いでしょうけど。

Q電子工作キットのスイッチ

電子工作キットにON/OFFスイッチを加えようと思います。キットの説明に書いてある推奨品別売トグルスイッチは6端子、3A,125V,ACという規格。
私の方ではパイロットランプ的な機能が欲しいので「照光式波動スイッチ」というのを付けたいのですが、その規格は…
・電流容量:(A/V) 6A.125V.AC
・絶縁抵抗: DC500V100MΩ以上
・絶縁耐圧:(1分間) AC1000V
・接触抵抗:(初期値) 20mΩ以下
・ランプ: ネオン
…となっています。電源は9V電池です。キットが壊れるとか、電圧が減衰して可動しなくなる等の問題は発生しないでしょうか?また、電子工作全く初心者なのでもう一点。「照光式波動スイッチ」の形状を見ると底辺に長短の端子各1つ。その他形状の違う端子1つ。計3つの端子があります。これを電池ボックスとつなぐときはどのような配線になるのでしょうか?素人の質問ですみませんがお教え下さい。

Aベストアンサー

>LEDはスイッチと電源の間に直列につないでも良いものなのでしょうか?

直列に入れても何とか動作する可能性はありますが

回路の電流がLEDで制限されますので、通常は行いません

パイロットランプのような動作をお望みのようですから、目的の回路と並列に電流制限抵抗とLEDを接続します

--スイッチ-+電池---
|                |
|--抵抗--LED ---|
|                |
---目的の回路-----

のようなイメージです
抵抗は、電池が9Vですから、LEDの種類にもよりますが、LED動作電圧2.5V、電流10mAと想定して
650Ωですので 500Ω前後を選定します、電力は安全を見て1/2~1W程度となります

明るさは、抵抗値を増減することにより若干調整できます

あとLEDの極性を間違えないでください(LEDが壊れることはありませんが発光しません)

Q突入電流の制限抵抗について

突入電流の制限抵抗について

突入電流対策でタイマーリレーと抵抗を使おうと思っています。
ここで抵抗の値について質問なのですが、
たとえば、AC100Vに100Ωの抵抗を繋ぐと抵抗での消費電力はP=V^2/Rで100Wとなります。
10Wの抵抗を使おうと思うと1kΩ必要ですが、まぁ大事を取って2kΩ 10Wの抵抗なら発熱もそんなに多くはならないということでいいのでしょうか?
インターネットにある回路では47Ω 10Wやら使ってあってそれで大丈夫なの?と不安になり質問しました。

Aベストアンサー

>インターネットにある回路では47Ω 10Wやら使ってあってそれで大丈夫なの?と不安になり質問しました。
tzxccxさんが、何の値かを明記せずに書き込んで居られる10Wという値が「何の値なのか」がポイントです。
長時間連続使用可能な「定格電力」なのか、一瞬たりとも越えることが許されない「絶対最大定格」なのか?
一般的に抵抗器で10Wと言えばそれは「絶対最大定格」では無く、長時間連続使用可能な「定格電力」を指します。
抵抗器メーカーの詳細仕様には、5分以内であれば「定格電力」の2倍まで、5秒以内であれば「定格電力」の10倍まで・・・
というような短時間過負荷仕様があります。

突入電流は、長時間続かないからこその呼称です。
その回路で大丈夫なのかどうかは突入電流の最大値やどの程度の時間続くのかを無視して判断する事は出来ません。
例えば負荷がコンデンサーで、ある回路Aで0.01F、ある回路Bで1Fだったとして、抵抗器の負担は同じではないです。
ある回路で47Ω 定格電力10Wの抵抗器で大丈夫として、負荷がもっと大容量のコンデンサーであれば耐えられないかも知れません。

>インターネットにある回路では47Ω 10Wやら使ってあってそれで大丈夫なの?と不安になり質問しました。
tzxccxさんが、何の値かを明記せずに書き込んで居られる10Wという値が「何の値なのか」がポイントです。
長時間連続使用可能な「定格電力」なのか、一瞬たりとも越えることが許されない「絶対最大定格」なのか?
一般的に抵抗器で10Wと言えばそれは「絶対最大定格」では無く、長時間連続使用可能な「定格電力」を指します。
抵抗器メーカーの詳細仕様には、5分以内であれば「定格電力」の2倍まで、5秒以内であ...続きを読む

Qリレーの駆動回路について

リレーの駆動回路について調べています。

リレーの駆動方法を調べよといわれたのですが、どういうことなのかがよく分からず困っています。
また、リレーの駆動回路では、リレーのコイルと並列にダイオード(フライホイルダイオード?)が接続されていると思うのですが、あれの役割は何なのでしょうか。

Aベストアンサー

>リレーの駆動方法(駆動回路)というのは、ただ単にリレーのコイルに電流を流して、可動接点を励磁するといったことでいいのでしょうか。

 基本的には、その通りです。
 いかに、確実に、早くやるかがポイントです。
 特に注意が必要なのは、メークとブレークの関係です。
 メークは電磁石で引っ付けますが、ブレークはバネの力で復旧させますので、常時の状態がメークだとバネがへたってしまったり、接点が焼きついてしまったりする場合があります。
 常時の状態は、ブレーク側にするのが基本です。

>ダイオードが付いているのは、サージ吸収のためということでしょうか。

 これは、ブレークのときの復旧時間を早くするためです。(磁化を早く戻すため)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報