サラリーマン生活をた終えた定年後に年金をもらいつつ、自営業も始められた方の生活って実際どんな感じなのでしょうか?

 それまでの貯蓄や退職金、暮らしぶりにも大きく左右されるかと思います。ただ純粋に現時点での収入による生活の動向や、更にはライフスタイルそのものについて知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も54才でリストラに近い形で退職しました、現在62才です。


(その前に関連会社へ転属という形で某電機メーカーを退職&退職金を貰っています)
     
退職後ハローワークで斡旋するパソコン教室へ3ヶ月(週5日、1日6時間)通いOffice関連はMOUSを取得
その後高齢者向けパソコン教室をNPO法人が立ち上げると新聞で読み、インストラクターに応募して採用され、ここでインストラクターになるべく講習を受けました。
その後少しそこでインストラクターをやりましたが、国の雇用対策で小中学校教員向けヘルプデスクの募集がありこちらに応募して半年勤めました。(契約期間が半年です)
   
この時点で56才、ここが終了し、なんの当てもなかった事から故郷へUターンしパソコン教室を始めました。
この時点で自営業開始です。
個人指導だから大した設備はいりません、故郷の家の一間をフローリングにしたのと、会議用テーブルの中古を1卓(1万円)、教習用ノートパソコン(7万円×2台)を買っただけ・・・・
   
退職後ここに来るまでに、会社にいたら永久に知らないような本当に色々な事を覚えました。
それが役に立ち単純にパソコン教室だけではなく、Webサイト構築(ドメイン取得、レンタルサーバー契約)、チラシの版下作成&ネット印刷への入稿(町の印刷屋さんより遙かに安い)等々を手がけるようになりました。
      
現状年間売り上げは公称150万・・・・・色々ありますから「公称」です。
昨年車を買い換えましたが半分は事業用で按分して経費扱い。
    
退職時は何の当てもありませんでしたが運がよかったというか、余り考えずにこんな暮らしになりました。
お陰で年金は余り手を付けずに暮らす事ができます。
    
お金より何より、「この仕事は定年はない」 という事です。
村へ出掛ければそこら中顔見知りばかりです(悪い事は出来ませんが・・・・)
これもやはり楽しいです。
サラリーマンを退職して何もしていない人は、お付き合いも同級生だけという感じです、これでは寂しい。
     
そして判った事、自営業者とサラリーマンでは考え方が全く違うという事です。
退職した同期の人と話をしても「今はどこに勤めている」という話ばかり。
自分で何とかしようという気持ちは更々見えません、あれでは人生つまらないだろうと同情します。
    
色々書きましたが、余り経費を掛けずに自営業を始める事が出来ればそれは生きがいにつながります。
これはお金では逆立ちしても買う事は出来ません、事業収支がとんとんであればやるべきです。
頑張って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 わざわざのご回答を、誠にどうも有り難うございました。貴重な経験談を詳しくお話し下さり、ご親切に感謝申し上げます。大変でらしたようですが、ご成功おめでとうございます。それもこれも、ご自身が誠実に努力されたからですよね。
 実は私も基本的に、利益や生活の糧を求めてのことじゃないんです。老後の充実と実りのある人生にしたいものですね。存分に参考とさせて頂きたいと思います。

お礼日時:2011/04/23 14:42

まだ、定年に至っていない56歳男性です。

経験をお話すると53歳でリストラに遭遇、その際、3000万近くの退職金を手にしました。住宅ローン・教育ローンなど清算し残ったのは、1500万程度です。
その後、再就職するまで、車の買い替え自宅などの維持修繕などで目減り、あっという間に1000万を切ってしまいました。
 今は、前職の7割程度の収入で生活しています。老後を考えて貯蓄をしています。最近気になっているのが年金額です。
年金がどの程度出るのか、何歳から給付されるのか、ご存じですか、確認していますか。
自営は可能かというと可能ですが、相当のリスクがあります。御自分(配偶者も含め)が70歳までの生活を推定し、生活費、社会保険料、交際費、自宅の維持費と年金など収支を割り出して見てください。そうすることで自営を始めたとしても、続けるか否かの分岐点が見えてきますので、作成された方がよろしいかと思います。
思ったよりかかります。特に、退職後の1年間、いつの間にか、無くなるのが現金です。
相当な金額を手にしたとしても「安心を得る」は高いものですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答どうも有り難うございました。貴重な経験談と現実的なお話に感謝します。私自身もまず退職金は家の費用で持っていかれそうです。職場の先輩が企業年金そのものは、まずまずと言われてましたが実際に計算してみたいと思います。収入は年金を主に、趣味の延長線上で副があればと考える程度です。

お礼日時:2011/04/23 09:51

本当に会社を作って事業を始める、というのは厳しい。


若くて脱サラした人達に体力的にも負けるし、お客も若い人をよろこぶ。

経験をいかして、人材派遣業的にコンサルタントをやるのなら多少は。
しかし、小遣い稼ぎか、退屈しのぎくらい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やはり本格的な起業は難しいでしょうね。儲けるとか生活を成り立たせるのは眼中になく、まさにおっしゃる通りの小遣い稼ぎか退屈しのぎで考えています。

お礼日時:2011/04/23 09:46

たいていは失敗して資金を失っています、自営業は甘くありません。

この回答への補足

 カテゴリーや質問内容が不適切だったかも知れません。年金収入が主で趣味的に副収入もある人と言いたかったので。

補足日時:2011/04/23 09:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q継続雇用・定年退職

今年、定年を迎える社員さんがいるのですが
継続雇用をする場合と定年退職する場合と
何からどの様な手続きをすればよいのか全くわかりません。
継続雇用になった場合の給与も今までと同じではなく
減給されるのはどれぐらいなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

定年で退職されるなら、退職手続きのみです。
退職金の支給があるなら計算し支給しますが、額によっては所得税はかかりませんから安心のためにもお知らせ下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto308.htm
退職金を受け取ったときの税のURLです。

継続の場合は、雇用形態が減給を伴いますから、新たな雇用契約書が必要です。新入社員が入社したようなお考えでいいです。
社会保険料の徴収額が違ってきますから間違わないことです。
減給の幅は、企業によりさまざまですから、何ともいえません。
その方の、これまでの貢献度や、これからも期待されるスキルから経験の重みも考慮されれば宜しいのでは???
退職金については、一旦ここで退職扱いとして退職金を支払う場合が見られます。これは、通年となると、退職金が膨らむからです。
継続された年数は、退職金の規定を取りません。
身分は契約社員となります。
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/4399/C4399.html
契約社員についての参考URLです。

定年で退職されるなら、退職手続きのみです。
退職金の支給があるなら計算し支給しますが、額によっては所得税はかかりませんから安心のためにもお知らせ下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto308.htm
退職金を受け取ったときの税のURLです。

継続の場合は、雇用形態が減給を伴いますから、新たな雇用契約書が必要です。新入社員が入社したようなお考えでいいです。
社会保険料の徴収額が違ってきますから間違わないことです。
減給の幅は、企業によりさまざまですから、何ともいえませ...続きを読む

Q自営業を始めるにあたり‏

今度自営業を始めることにしたのですが、自営業を始めるにあたり、これだけはよんでおけ、みたいな一冊ってありますか?

Aベストアンサー

タイトル:起業のルール  2009年11月初版

出版社:明日香出版社

著者:四ツ柳 茂樹

価格:1,400円+税

Q定年後の継続雇用について

現在60歳の定年を設けているんですが、本人が継続雇用を希望すれば63歳まで延長しなくてはいけないと聞いたんですが
当社は配達業務がほとんどで重さが80kから100k近くあります。
体力的にきついと言う人がいるんですが、本人が希望したら絶対に延長しないといけないんですか
内勤だったら勤務できるんですが、内勤の仕事もないしダラダラと続けられても困るし
でも遅刻も欠勤もせず精一杯していると言ったら継続雇用を解除する事は無理なんでしょうか
中小企業では継続雇用に対してどのような方法をとっているのか教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

参考URLをご紹介します。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html(改正高年齢者雇用安定法Q&A)
「Q7: 労使協定等で定める基準とはどのようなものなのですか。」
「A: 労使協定で定める基準の策定に当たっては、労働組合等と事業主との間で十分に協議の上、各企業の実情に応じて定められることを想定しており、その内容については、原則として労使に委ねられるものです。
 ただし、労使で十分に協議の上、定められたものであっても、事業主が恣意的に継続雇用を排除しようとするなど本改正の趣旨や、他の労働関連法規に反する又は公序良俗に反するものは認められません。
【 適切ではないと考えられる例】
『会社が必要と認めた者に限る』(基準がないことと等しく、これのみでは本改正の趣旨に反するおそれがある)
『上司の推薦がある者に限る』(基準がないことと等しく、これのみでは本改正の趣旨に反するおそれがある)
『男性(女性)に限る』(男女差別に該当)
『組合活動に従事していない者』(不当労働行為に該当)
 なお、継続雇用制度の対象となる高年齢者に係る基準については、以下の点に留意して策定されたものが望ましいと考えられます。
 (1)意欲、能力等をできる限り具体的に測るものであること(具体性)
 労働者自ら基準に適合するか否かを一定程度予見することができ、到達していない労働者に対して能力開発等を促すことができるような具体性を有するものであること。
 (2)必要とされる能力等が客観的に示されており、該当可能性を予見することができるものであること(客観性)
 企業や上司等の主観的な選択ではなく、基準に該当するか否かを労働者が客観的に予見可能で、該当の有無について紛争を招くことのないよう配慮されたものであること」

「Q3: 継続雇用制度の対象者に係る基準を労使協定で定めた場合は、労働基準監督署に届け出る必要はあるのですか。」
「A: 常時10人以上の労働者を使用する使用者が、継続雇用制度の対象者に係る基準を労使協定で定めた場合には、就業規則の絶対的必要記載事項である「退職に関する事項」に該当することとなります。
 このため、労働基準法第89条に定めるところにより、労使協定により基準を策定した旨を就業規則に定め、就業規則の変更を管轄の労働基準監督署に届け出る必要があります。
 また、継続雇用制度の対象者に係る基準を定めた労使協定そのものは、労働基準監督署に届け出る必要はありません。」

「Q16: Q7のとおり継続雇用制度の対象者に係る具体性・客観性のある基準を定めたのですが、その基準に該当する者全員の雇用を確保しなければ、改正高年齢者雇用安定法に定める高年齢者雇用確保措置を講じたものとは解釈されないのでしょうか。」
「A: 継続雇用制度の対象者の基準に該当する者であるにもかかわらず継続雇用し得ない場合には、基準を定めたこと自体を無意味にし、実態的には企業が上司等の主観的選択によるなど基準以外の手段により選別することとなるため、貴見のとおり改正高年齢者雇用安定法に定める高年齢者雇用確保措置を講じたものとは解釈されません。」

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/dl/leaflet2.pdf(改正高年齢者雇用安定法 事業主向けリーフレット 16ページ)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/dl/leaflet1.pdf(改正高年齢者雇用安定法 リーフレット)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/index.html(改正高年齢者雇用安定法関係法令)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koureisha.html(事業主の方へ 相談援助サービス)
http://www.jeed.or.jp/elderly/employer/consultation/advisary_services.html(高年齢者雇用アドバイザーによる相談・助言)
http://www2.aichi-rodo.go.jp/topics/06102001/06-10-20-1.html
http://www.yamaguchi.plb.go.jp/topics/topics166.pdf

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html

参考URLをご紹介します。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html(改正高年齢者雇用安定法Q&A)
「Q7: 労使協定等で定める基準とはどのようなものなのですか。」
「A: 労使協定で定める基準の策定に当たっては、労働組合等と事業主との間で十分に協議の上、各企業の実情に応じて定められることを想定しており、その内容については、原則として労使に委ねられるものです。
 ただし、労使で十分に協議の上、定められたものであっても、事業主が恣意的に継続雇用...続きを読む

Q自営業を始めたいのですが、

自宅でヘアメイクの仕事をしています。子供を実家に預けてちょくちょくやっている感じになります。自営業で登録すると保育園にも預けやすくなるし、銀行からお金が借りられたり、ローンも組 めるし、色々これから子育てするにあたって有利になるとききました。今のところ月に十万くらいの収入しかありませんが、子供を保育園に預けて本格的に営業をしたり、広告だしたりして仕事を増やしていこうと考えています自営業をはじめようと思った理由は、現在結婚して一年なのですが、半年前くらいから旦那に浮気をされています。問い詰めたところ逆ギレされ浮気をやめるつもりはないみたいなので離婚することに決まりました。子供の親権でまだ決着がついてないです今は旦那の収入がないと生活していけません。旦那にはどうしても子供を取られたくないですなので1人で育てれるくらいに自立したいと思いましたこの仕事は大好きで一生やめたくはありません。ですが子供のためにも美容と関係ない職に就職したほうがいいのでしょうか?無知のまま自営業を始めるのはやめたほうがいいのですか?自営業を始めるさいのデメリットや気おつけたほうがいいところを教えてください!

自宅でヘアメイクの仕事をしています。子供を実家に預けてちょくちょくやっている感じになります。自営業で登録すると保育園にも預けやすくなるし、銀行からお金が借りられたり、ローンも組 めるし、色々これから子育てするにあたって有利になるとききました。今のところ月に十万くらいの収入しかありませんが、子供を保育園に預けて本格的に営業をしたり、広告だしたりして仕事を増やしていこうと考えています自営業をはじめようと思った理由は、現在結婚して一年なのですが、半年前くらいから旦那に浮気をされて...続きを読む

Aベストアンサー

現役のコンサルタントです。

まず、知識はいくら身につけても
「もうここでおしまい」とはなりません。

人間の知識欲は半端じゃないですからね。
次から次へと知識を探します。

しかし、知識ばかり身につけて、満足している
人も多いです。

知識は何の為に付けるのでしょうか?

そうです。実践するためです。

ですので、知識はある程度身につけたら、
実践をガンガンやって体にしみ込ませましょう。

また、無知な状態でスタートしても、
やりながら知識をつけていけばいいだけです。

無知で起業した人なんて、ごまんといます。

知識ばかり身につけようとして、
いつまでたっても起業出来ない人より、
無知でも起業した人の方が、早く
キャッシュを生めるはずです。

※もちろん、絶対ではありません。
 知識は付けた方が良いです。

経営に関して、絶対に身につけるべき
スキルが2つあります。

それが
マーケティングと
コピーライティングです。

マーケティングはビジネスのアイディアの
「企画」のようなもの。

それを形にするのが「コピーライティング」です。

特に、広告を出して宣伝するなら、
コピーライティングは絶対に必要。

お客さんに、それを読んでもらって
反応してもらわないといけないですからね。

もちろん、ホームページもコピーが必要。
ネットは全て、画像とコピー(テキスト)でできていますよね?

チラシもコピー。
ダイレクトメールもコピー。

TVコマーシャルもコピー。
動画もコピーです。
(動画で喋る台本はコピーライターが書いています)

あと、通販やテレビショッピングなんかも
コピーです。

テレビショッピングなんか見ると
商品が欲しくなりません?

あれって、なぜ欲しくなると思います?

それはコピーライティングを
学べば分かります。

※ちなみに、広告は通販の広告を
研究してください。

コピーはマーケティングにおいて
「酸素」と言われてるくらいです。

要は、これがなければビジネスは
死んじゃうということです。

ぜひ、起業して、ガンガン稼いで、
旦那を見返してやりましょう!

現役のコンサルタントです。

まず、知識はいくら身につけても
「もうここでおしまい」とはなりません。

人間の知識欲は半端じゃないですからね。
次から次へと知識を探します。

しかし、知識ばかり身につけて、満足している
人も多いです。

知識は何の為に付けるのでしょうか?

そうです。実践するためです。

ですので、知識はある程度身につけたら、
実践をガンガンやって体にしみ込ませましょう。

また、無知な状態でスタートしても、
やりながら知識をつけていけばいいだけです。

無知で起業した人なん...続きを読む

Q定年が後五年後とします 継続雇用があるが 時給制になるとすると 70才までそれ以上身体が健康であれば

定年が後五年後とします
継続雇用があるが 時給制になるとすると
70才までそれ以上身体が健康であれば勤務可能
年金は六五才から受給するとします
身体労働と知的労力両方する
それを考えています
その今準備中です
色々な人の話しをおききしました◯◯さんは賢く会社に対して
考えておられます
といわれました自分のスキルアップの事なども❗何回もチャレンジ可能性だと
他の支店も望みました
あなたのモチベーションを伸ばす事は良いことです
五年後がどうするか
自分に問う?自分の夢はありますくだらない人間にふりまわされて自分に嫌気さします
自分をもたない人は自己逃避することは
心理学でも習いました
そのとおり嫉妬もあることわかりました
素直に前向きにしているつもりです
哀れむ人もいますフィールドバックはしています
誰にたいしてもでもしてはいけない事は必ずあります
その問題は自己生命が絶えるまでに
和解したいのが本音です
相手は反省されている事わかります
金ではないこと
わざと言っています❗私は
自分がゆるせないから
自分のスキルアップモチベーションを高める
今は自己投資をしており
過去の人間関係は立ちきる事は
やはり私にはむりです
今の自分は将来の自分と過去に
出合いをした人がいる
ボランティアしたのと同じですよね
あなたなら将来の設計は頭にありますか

定年が後五年後とします
継続雇用があるが 時給制になるとすると
70才までそれ以上身体が健康であれば勤務可能
年金は六五才から受給するとします
身体労働と知的労力両方する
それを考えています
その今準備中です
色々な人の話しをおききしました◯◯さんは賢く会社に対して
考えておられます
といわれました自分のスキルアップの事なども❗何回もチャレンジ可能性だと
他の支店も望みました
あなたのモチベーションを伸ばす事は良いことです
五年後がどうするか
自分に問う?自分の夢はありますくだらない人間に...続きを読む

Aベストアンサー

まるで自分のことのように感じます!

5年後の自分に対して 不安と
これといったことを何もしてこなかったことへの自分への憤り。

第二団塊世代として年金もあてにならないとしたらと思うと自分に嫌気がさします。

せめて子供には迷惑をかけたくないのでネット保険かけてます。
入院、死亡、就業保険の3セットで7000円くらいです。

あと今更ですが、オフィスワークのためにパソコンタイピング習い始めました。

高度成長期と使い捨て世代、バブル期、浮かれてるうちにジジィになってしまいました。
かなうなら30年前に戻って人生やり直したいです。

今や若者でさえ安賃金で使い捨てされる世の中で
どのように定年を迎えたら良いか しみじみ考えます。

アナログからデジタルになり、ますますシニア世代の就職が難しいと思います。

いっそ海外へ行くのもアリかなと思います。

日本は世界の中で一番小さい世界です。未だに閉鎖的です。

自己主張も柔軟性も 融通性もありません。

今まで培ってきた技術、経験、知恵を活かしていける国へ行くのもアリかなと思います。

あなたはどう思いますか?

まだ、日本にしがみつきますか?

まるで自分のことのように感じます!

5年後の自分に対して 不安と
これといったことを何もしてこなかったことへの自分への憤り。

第二団塊世代として年金もあてにならないとしたらと思うと自分に嫌気がさします。

せめて子供には迷惑をかけたくないのでネット保険かけてます。
入院、死亡、就業保険の3セットで7000円くらいです。

あと今更ですが、オフィスワークのためにパソコンタイピング習い始めました。

高度成長期と使い捨て世代、バブル期、浮かれてるうちにジジィになってしまいました。
かなうなら...続きを読む

Q失業保険満額もらってから自営業開始はOK?

失業保険を貰いながらいろいろ就職活動をしてきましたが、就職に限界を感じ、今度は自営業をはじめようかと思っています。
失業保険を満額もらってから自営業をはじめたら、今までもらってきた保険を返さなければダメですか?
それとも違反になって罰金を取られるのですか?

Aベストアンサー

給付期間が残っていないのですか?
ですと、200万の助成金は無理ですね。

給付期間中に、自営業をはじめる証拠が出てこなければ
不正給付の請求は出ませんので、ご安心ください。
主な証拠
1.税務署開業届け
2.許認可
3.事業の契約書(FCやテナント家賃など)
等など

Q65歳年金支給開始繰上げと継続雇用の義務

60歳の定年後、継続雇用で働いてます。1年ごとの契約更新ですが、会社業績不振で更新をしない旨伝えられました。1950年生まれで、年金支給は65歳まで繰り上げられています。法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

Aベストアンサー

>法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

ありません。

あくまでも法律で定められた努力目標です。
(罰則はないので、導入した企業のみ義務を負います。)

ですから、就業規則や労使交渉でどのように定められているか
によるだけです。

「労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を定年制という。定年により退職する(雇用関係を終了する)ことを「定年退職」という。2011年現在は定年を60歳から65歳に引き上げている段階であるが、1970年代は大企業であれ55歳が定年退職であった。会社が定年制を導入するには、定年に関する事項を就業規則に明記し、かつその定年制が慣行的に行われている必要がある。日本の企業の正社員と公務員は、その大部分が定年制を導入している。一方で適用している会社は少ないが、定年を定めないことも可能である(例・日本マクドナルド)。

なお、定年退職者を継続雇用することも多くの企業で行われているが、これについても就業規則に定めることが必要である。継続雇用とは、現に雇用している高年齢者が希望するときは、当該高年齢者を定年後も引き続いて雇用する制度のことである。

継続雇用の基準を定めるということは、逆に言えば継続希望者全員を雇わなくてよいということでもある」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E5%B9%B4

>法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

ありません。

あくまでも法律で定められた努力目標です。
(罰則はないので、導入した企業のみ義務を負います。)

ですから、就業規則や労使交渉でどのように定められているか
によるだけです。

「労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を定年制という。定年により退職する(雇用関係を終了する)ことを「定年退職」という。2011年現在は定年を60歳から65歳に引き上げている段階であるが、1970年代は大企業であれ5...続きを読む

Q定年前のサラリーマン

定年前のサラリーマンの方をターゲットにした事業を考えています。会社で培った知識や優遇を無駄にしないうちに、起業するお手伝いをする会社です。(もちろん秘密厳守で)
うまくいくでしょうか?どんな宣伝をしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

経営コンサルタントとして、それなりの実績のあるような人、知識のある人であればそのような手伝いも事業になるかもしれません。

しかし、サラリーマンの多くのスキルは、退職後の競合他社への就職や起業の制限を退職時に求められるのが通常です。

起業の手伝いを私もコンサルタントとして手伝うこともありますが、起業時にはいろいろな手続きが絡みますし、その事業資金や事業計画の立案などは、簡単にはできません。手続き関係のアドバイスなどは、国家資格者の独占業務にもつながることもありますし、起業というのは許認可なども影響する分野です。

質問の内容を見る限り、お手伝いするだけの力量に不安があります。
あなたがそのような力量を持つような人を雇用し、事業として起業の手伝いをすることも可能かもしれませんが、あなた自身の力量ではなく、他力本願的な要素が強いほど、事業の継続は難しいです。

Q継続雇用途中の退職。失業保険の給付制限はありますか?

私の会社は定年が60歳です。
私は1月2日生まれです。私は60歳で会社を定年退職、
その後継続雇用が65歳までありますが昨年12月31日付で継続雇用終了まで1日を残して退職自由は「自己都合退職」しました。この場合失業保険の給付制限はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約終了日以前の退職ですから・・自己都合退職ですね
当然、給付制限の3ヶ月は付きます
一時金の「高年齢求職者給付金」(50日分)では無く、
通常の「失業給付」(150日分)と「老齢厚生年金」(給付期間が65歳以降の場合、併給調整の対象外になる)を貰うためですからしょうがないでしょうね

Q事務代行業を始めるのに士業の資格が必要?

会社を退職し個人事業者を対象にした事務代行業(記帳代行)を始めたいと思っています。簿記の資格はあり過去に勤務していた会社で決算以外をこなしていましたが税理士等の資格がありません。事務代行業をはじめるには士業の資格が必要でしょうか?

Aベストアンサー

依頼先の、事業運営に伴う、社会保険申告業務、税務申告等は、社会保険労務士、税理士等の業務でありますので資格が必要ですが、記帳のみを代行することは可能です。

http://yokohamaaudit.fc2web.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報