女優の田中好子さんが乳がんで亡くなられました。

幸福の科学の大川隆法は、『超・絶対健康法』で下記のように述べているが、現在、乳がんになっている女性や奥さんを乳がんで亡くされたご主人はこのような説に納得などできるでしょうか。
信者はこのような説を信じ切っているんでしょうか。

 特に、乳ガンや子宮ガン、子宮筋腫など、女性特有の器官に発生する病気は、たいていの場合、夫婦の葛藤が原因です。
 「夫が浮気をして、家に帰ってこない」「夫が外に女性をつくった」というような場合に、夫を叩き伏せて改心させるだけの力のある奥さんであれば、それで問題が片付いてガンにならずに済みますが、そこまで強くない人の場合には、じくじくと悔しい思いを心にためていきます。
 そうすると、たいてい乳ガンや子宮系統の病気などが出てくるのです。
 相手を攻撃して折伏することができない人は、反対に自分のほうを責めます。自分の女性としての値打ちや本質の部分を責めるため、女性特有の器官に病気が出てくるわけです。(中略)
 この場合、自分を責めているのと同時に、実は、病気をすることによって、夫を改心させよう、反省させようとしているのです。「乳ガンになった」「子宮ガンになった」ということで、夫を責めているわけです。(中略)
 表面意識では、そのようなことを思っていなくても、潜在意識では、そう思っていて、それが病気の原因になることはよくあります。(中略)
 病気を治したければ、やはり、ご主人と和解し、調和する方向に努力したほうがよいのです。
 相手を責めすぎているのであれば、考え方を改めて、逆に、自分の足りないところを反省したり、相手の良いところを見てあげたり、ほめてあげたりすると、相手の態度が優しくなってきます。
 ご主人は、責められているから逃げているのであり、責めるのをやめると、反省を始めて家に戻ってきます。
 奥さんは、ご主人が家へ帰ってこないと、「夫は浮気をしているのではないか」などといろいろ考えますが、その責める想念には、けっこう、きついものがあるのです。そのため、ご主人は、それから逃げようとして、本当はそれほど行きたくもない飲み屋へ行ったりしているわけです。(中略)
 奥さんとしては、つらいことかもしれませんが、夫と調和し、和解をして、自分のことについてもよく振り返ることが大切です。そして、「新婚のときの気持ちに戻って、もう一度、やり直そう」と思い始めると、相手がスーッと変わってくるので、試してみてください。病気をして死ぬよりは、ずっとましです。(中略)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答者2です。


話が尻きれトンボになってますが、前段のことを理解すればおのずと結論はでます。

・現在、乳がんになっている女性や奥さんを乳がんで亡くされたご主人はこのような説に納得などできるでしょうか。
→信者でなければ、ふん、幸福の科学なんて!と納得以前でしょう。しかし、人によって思い当たることのある人は、そうだったかと思う人も出てくるでしょう。
患者本人なら、溺れるもの式に考えるかもしれません、また、人によって二重に苦しめると憎悪するでしょう。
配偶者なら、それを免罪符に利用するかもしれませんし、許すということのできない哀れな奴だったなと不憫に思うかもしれません。また、原因が自分にあったかと反省する人もいるかもしれません。
ま、ほとんどの人が、因果関係なしと見るんじゃないでしょうか。宗教って他人の不幸を利用するんだなって、そういう理解をする人も多いでしょう。


・信者はこのような説を信じ切っているんでしょうか。
信者なら、教祖様の言われることは受け入れないわけにはいかないでしょう。一般に、信者にとって不幸が起きた場合は、信心が足りなかったという反省になります。
受け入れられない場合は、つまり、信じられないことですから、信仰をやめるきっかけになるでしょう。
どこの宗教も、信じ切れないものの、信仰をやめるという決断まで至らない人はたくさんいます。

それで、ご質問は、癌と浮気と健康法の訳ですが、
宗教が絡むと、全て、信仰の問題になります。病気のカテではなく宗教のカテです。
    • good
    • 0

大川氏も幸福の科学もよく知りませんし、


そして癌の発病に関しても現在の科学で全てがわかっているわけではありません。
ただ、何らかの因子があり何らかのきっかけの発病にいたるわけです。

先天的な体質、塩分などの食事、化学物質、環境ホルモンから、紫外線、等々、ありとあらゆるものとまでは言いませんが、原因になりうるものはたくさん上げられています。
それやこれらは全て、その体にとってストレスだったわけです。
そして、心理的ストレスは、勿論、どの病気にとっても大きな因子になります。

もしかしたら、癌になる危険性はあっても、大きなストレスがかからなかったら発病しなかったかも、またはもっとももっと年を取ってからだったかも、ということは、大いに考えられます。

しかし、浮気もトラブルもストレスも何も無かった人でも癌にかかる以上、癌になる第一の理由でないことは確かでしょう。

話を婦人科系、女性特有の癌に限ると、ホルモンや、性交渉における影響というものは、当然あります。子宮頸がんなどはまさに性交渉そのものから来ています。また、ホルモンは出産などの女性のライフスタイルと大きく関係してきます。また、精神的なことも関係してきます。
ですから、影響はないことはないとはいえますが、夫婦仲がよければ、直ちに癌にかかる危険性が去るかといえば、そんな甘いお話ではないでしょう。

でも、精神的ストレスは、癌以外の病気を引き起こす要因にもなります。夫婦仲に限らず、周囲とも円満に、穏やかに暮らしている人のほうが長生きはすると思います。
または、少々のトラブルを苦にしない、図太い神経だと、病気に負けないようです。憎まれっ子世にはばかるといいますが、本当に強烈な人は中々くたばりません。それだけの健康に支えられているから、強気なのかもしれませんね。

元に帰って、夫の浮気と病気とのことを私流に言えば、

1.夫の浮気を仏様のような広い心で許して、円満に送れば、ストレスが少なくて長生きできるかも
2.絶対に許さないで徹底抗戦、力でねじ伏せるのも、それだけの壮健な心身の持ち主だから長生きできるかも
3.仏にも鬼にもなれないから、あっさり諦めて離婚してしまえば、ストレスはなくなるから長生きできるかも
4.どれもできなくて、鬱々としていたら、そのうち何かの病気になりますよ。
5.でも、大方の人は、押したり引いたりしている中で、妥協点を見つけます。それが見つからない人は、夫を許してみるという方法もありますよ。
6.でもできないでしょうね、言われたからってできるものじゃないです。だからせめて、ほかの楽しみを見つけて気分転換しないと、病気になるよ。別の楽しみに精進してたら旦那なんてどうでも良くなるよ。
7.ここまで言ってもできなかった人は、宗教も効き目がありますよ。夫を許すのではなくて、教祖様の教えを実行するだけですから、今度はやりやすいでしょう。

つまり、大川氏の言ってることは、1と7だけなのです。そして、繰り返しますが、家庭円満でもそれらの病気にかかる人は五万といます。
「おぼれるものは藁をもつかむ」ということでは、宗教はそれなりに役に立ちます。また、信者にとってはそれなりに効果があります。しかしそうでないものにとっては、宗教家の言うことは詐欺に聞こえてしまうんですよね。これは宗教の宿命です。

幸福の科学が、良い悪い、大川氏が正しい正しくないではなく、宗教は全てがそうなのです。

キリスト教徒でないものは、最後の審判、それによって、天国に行って永遠の命、、、、なんて本当かしら?嘘だったら詐欺なんじゃない?と思えますし、
念仏を唱えれば、浄土に行ける、仏になれるというのも、仏になったとしておかないと戒名料が取れないからじゃないかと邪推もしてみたくなります。

宗教の話を一般の現実の中で、正しいかどうか判断することはふさわしくないですよ。
「信じるものは救われる」ということも大いに正しいのです。
    • good
    • 0

自分の奥さんとの夫婦生活が破綻した人の発言ですからねぇ・・・・



ま、自分は正しくて元奥さんの方が悪って論理なのかも知れませんけど。

信者の心理状況は部外者である私には推測すら不可能。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング