意味不明項目が2点あるので説明してください。

1)「古いファイルの圧縮」
「圧縮」という用語は削除という操作目的に対応しておらず、意味不明。

2)「downloadしたprogm file」
使う目的でprogmをDLするのであるから、
なぜ削除するのか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すみません自己フォローで。



この言い回しは自己解釈でしかないのですが、
いまさら感覚満載に感じても当然で、申し訳ないです。
少し電算機教育を通った者として、謝らせてもらいます。

文書や計測データなど圧縮してかさ高減少が稼げるものは、
日付や頻度を見て圧縮しておきましょうか、という意味で、
「バックアップ後に取り除く」常識的なシステム管理業務や、
さらに「サーバーに置いて仕事する」ほど大きな業態に至らない、
身近で適度な期間内の効率だけ見た機能だと思います。


昔のWindows95前後では、ハードディスクとして使う区画全部を
圧縮した、実在するハードディスクのFATフォーマット区画の
巨大ファイルとして収容しておく技術が有りました。

異常な方式というわけでないですが、パソコンの読み書き負荷も高く
容量管理も、万が一の作業環境大破も背負っている技術です。
それに比べると、ファイルを名指しで処理できる圧縮復元が、
読み書き失敗の過去ファイル保護とかと同等に組み込まれている
NTFSは、当時なりに必要多機能で、逆に言うと負担も重いです。

しかしJPEGなど圧縮方法も含めて汎用的なファイル仕様が標準化して
いるうえ、それに通信部分やNTFSで圧縮しても無駄足なんです。
記憶装置の容量も、どのメディアでも莫大なので
完全に「圧縮して稼ぐ、は詭弁」な感覚を持たれても当然ですよね。


2)のほうも、ブラウザというアプリの機能として本来示すべき
「表示処理に措いてキャッシュ(手元預かり)した処理手順の記述」
を、OS本体がMS-IEブラウザ表示と相互依存なのを懸念して、
クリーンアップの括りでも、ブラウザメニューでも削除指示できる
ように便宜を図った結果「それは良いのか表現」になっています。

ActiveXといっても、WindowsUpdateで用いるような機構本体は
OS側搭載、それを使う詳細な記述をキャッシュとして引き込むので、
プログラムといってもページ毎に変遷して良いほうの部分を指します。
こちらも通信速度に不全が無ければ、毎回消失しても良い場合が多いので。

さらに通信が早ければ、いわゆる「クラウド」のほうに仕事を預けるか、
「フラッシュ」の表示や入力変換部分として一括(随時取り込みでも
記述できますが、見分けがつきにくい)して受け取り、それを使う際に
更新されていたら受信、上書きしてしまう鷹揚な使い方になってゆきます。
キャッシュしてよいやら悪いやら、判断が疎かでも責められない事態ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>圧縮してかさ高減少が稼げるものは、
日付や頻度を見て圧縮しておきましょうか

technical writingの原則に従えば
問題の選択肢は下記の表現にすべきであるということですね:
削除と同じ効果がある圧縮をする

お礼日時:2011/04/25 09:32

NTFSファイルシステムに依存の圧縮を使う実験記事が


あり、「データの圧縮」では、それらしい効果が出てます。
画像のJPEGなど処理済とか、プログラムの配布ファイルでは
まったく効き目が無いのは同じことなので、
日ごろ実務として読み書きする文書などが多ければ使えます。

haizin.serveblog.net/?tag=ntfs圧縮
http://haizin.serveblog.net/?tag=ntfs%E5%9C%A7%E …

「ダウンロードされたプログラム ファイル」の意味は、
メーカーの説明が最も簡潔明瞭です。
http://support.microsoft.com/kb/310312/ja
「たとえば、インターネットからダウンロードした ActiveX コントロールと Java アプレットなど。 」
http://prius.hitachi.co.jp/support/faq/104430.html
「ウェブページを閲覧した際、自動的にダウンロードされたファイルです。
必要ならもう一度インストールされます。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の応答に感謝します。

1)で言いたかったことは、
menuの階層の上下関係を文にすれば「削除対象は圧縮である」
と言っていることになり、このままでは理解不能なので
書き換えて欲しいなということなのですが・・・。

お礼日時:2011/04/23 15:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報