ラジコン飛行機の燃料タンクのシリコンチューブは、どれ位軟らかい物が必要ですか?機首が下向きのときに、オモリが機種方向に落ちるよう、十分に曲がる軟らかい物が必要でしょうか?

エンスト対策で調べています。
イメルマンターンやループのが終わって、機首を水平に立て直した時、エンストしてしまっている事があります。
 今のタンクは、地上で機首を下にした時、オモリは下まで垂れ下がらず、タンク底近くで、(すなわち上の方で)横に倒れているだけです。
これでは飛行中も、燃料が減ってくると、オモリが液面の上に出てしまい、空気を吸うのではないかと思います。
 しかし、市販のタンクの多くは、私の使っているのと同じく、下まで垂れ下がりません。教えて下さい。今のタンクのままで良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO1の回答者です。

飛行機を始めて34年になりクラブの会長をやってます。

4番の方が詳細に説明されていますが、タンクの重りが前方に移動する必要はないのです。

必要が有るのならば、市販のタンクは全部そうなっているはずですよね。

上級者の手助けがあれば、直ぐに解決する問題なんですけどね。

信用出来ないならば、離陸後にエンコントリムでスローを3500回転くらいに上げてから、ハーフリバースやループをやってみて下さい。エンジンは止まらないはずです。

多分、スローが濃い状態になっていて、降下後キャブが開いたら燃料を一気に吸い込みプラグの火を消してしまうと考えられます。

この回答への補足

有難うございました。
「必要が有るのならば、市販のタンクは全部そうなっているはずですよね。」...その通りですね。

補足日時:2011/04/23 21:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
もう一度基本的な調整、チェック事項を確認してみます。

お礼日時:2011/04/23 21:14

私もNo.1の方と同じでタンク内のチューブの材質の問題では無いと思います。



どんなエンジンか機体かも解りませんが、ニードル調整は本当に正しいですか? 燃料満タン
から始動し、地上で人が支持した状態でエンジンフルハイで機体を上に垂直に、また45°位
下に振って、それぞれ数秒以上程度はエンスト・息継ぎもせず回り続けますか? 

私の機体の何機かはタンク内にも外部配管用の肉厚シリコンチューブを使っています。当然
前方には一切曲がりませんが、ストールターンでも止まることはありません。実際にはタンク
内のチューブが前方に折れ曲がって吸う、という状況が起きるほどの前後マイナスGが飛行中
生じることは無いのです。飛行機が機首を下に降下するときは、重力による加速状態で後方
にGがかかっていますから燃料も前では無く後ろに押されているのです。瞬間的な無重力や
前へのマイナスGで空気を吸うことも無くはないでしょうが、エンストに至る事は普通ないです。

ニードル調整もそうですが、タンク位置や空気抜きの配管、プレッシャーの配管は適正ですか。
そもそも「慣らし」は適切に行われたエンジンで、プロペラ・プラグ・燃料の選択も適切ですか。
こうした他の要因を疑った方がいいかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。
もう一度全項目を追ってチェックしてみます。

お礼日時:2011/04/23 21:18

http://www.rc-im.com/index.html

IMのホームページで「エンジン」のカテゴリに燃料タンク内用シリコンチューブがあります。
私が過去に使った中では、IMが一番柔らかいチューブであるように感じます。

もし使ったことがないようでしたらお試しください。

径が細いものは非常に柔らかいのですが、タンクの中で折れ曲がる危険性があります。

大きさの目安がありますので参考にしてください。

この回答への補足

ご回答有難うございます。
下降時、チューブが折れ曲がってはいけないが、「オモリは機首方向に垂れ下がらないといけない...と理解して宜しいでしょうか?

補足日時:2011/04/23 16:51
    • good
    • 0

こんにちは



 「市販のクランクタンクに付属のシリコンチューブを使用していながら、おもりがタンクの下方向に落ちない」場合、タンクに付属している(たぶん2.3mmの半透明のシリコンチューブ)をお使いかと思います。そうでなかったら、「クランクタンク用のシリコンチューブに取り換える必要がある」かとも思いましたが、そうでもなさそうですね。

 たぶん、シリコンチューブの長さが問題になっているのではないでしょうか?
水平時におもりがタンクの後部まで届くようにと、タンクの中でシリコンチューブが余って曲がっているような場合、おもりは巧く動いてくれません。

 おもりがタンクの底に、「ぎりぎり届く」程度に シリコンチューブの長さを調整してください。

 完成品として売られている海外製の機体のタンクによっては、シリコンチューブの材質が良くない物もありますが、そうでなくても「長さ」が適当でない事があります。

 シリコンチューブの「質」という点で、ただ柔らかいだけの物だと、タンクの中で撚れてしまう場合もありますから、IMなど、飛行機に手慣れたメーカーの「クランクタンク用シリコンチューブ」で、上記のようなセッティングにしてみると、以外にあっさり治ってしまう事が多いようです。

 タンクのおもりが軽すぎるかなと感じるようでしたら、ついでですから「バブレスウェイト」に替えてしまっても良いかと思います。

 筆者、ラジコン歴はかれこれ40年にさしかからんとしていますが、飛行機に関しては、「揚げてもらって、上空旋回、下ろしてもらう」程度で、上空の飛行機を追いかけているうちに、「体がどっちを向いているかわからなくなる」ので、ボート、車程度で楽しんでいます。

 

この回答への補足

御回答有難うございます。
と言うことは、「オモリはタンクの下に落ちないとダメ」ということですね?

補足日時:2011/04/23 16:42
    • good
    • 1

飛行機が降下しているときは、常に加速しています。



タンクの中の燃料は、進行方向の反対側に移動します。つまり、空気は吸いません。

エンストの原因は、エンジン側の問題です。

この回答への補足

降下中であっても、エンジンの回転速度によっては(例えば最スローの場合)、機体とペラの空気抵抗の方が、ペラによる加速度よりも大きく、燃料が引力によってタンクの機首方向に引っ張られる...ということはないのでしょうか?

補足日時:2011/04/23 16:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラジコン飛行機(エンジン機)のエンジン取り付け角度について質問です、

ラジコン飛行機(エンジン機)のエンジン取り付け角度について質問です、
自作のラジコン飛行機を製作して楽しんでおります、
質問内容は、テストベンチで通常どうりにテストすると快調に回るエンジンを、
横向き(シリンダーが横を向いている状態)で機体に取り付けると始動できません、
何故でしょう?

エンジンはOS10です、

Aベストアンサー

タンクの液面が高すぎてオーバーチョークになっているか、逆に低すぎて燃料が吸えない状態になっていませんか?
満タン時の液面がキャブのニップルより少し下になるのが基本です。
燃料が吸えない場合は、排気口を指で塞ぎクランクすると上ってきます。(マフラープレッシャー使用時)又はキャブの吸気口を指で塞ぎクランクすると上ってきます。(ノープレッシャー時)

まさかマフラーを上向きにしてサイドマウントしてませんよね?

一度助手の方に機体を横向きに保持して貰い、正立状態で始動テストしたらどうでしょうか。

Q受信機用バッテリーについて 質問です その2

受信機用バッテリーについて 質問です その2

バッテリーの ニッカド と ニッケル水素の違いについて お聞きしたいのですが

受信機がJRの2.4G RD731を使っていますが 基本が4.8Vのニッカド・バッテリーになっています ニッカド専用とは書いていないのですが・・・・ 

質問その(1)

4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

質問その(2)

容量が同じ場合 ニッカド と ニッケル水素 の大きな違いはなんですか?

昔の人間なので 受信機用は ニッカドしか使った事がありませんので おそらく 初歩的な質問になってしまうのかと・・・そんな事も知らんのかぁ~~  と言われそうですね

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥ですから

今回も 宜しくお願いします 

Aベストアンサー

>質問その(1)
>4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

天下のJRが受信機用として供給を開始しているので大丈夫でしょう。JR直接にも確認出来ます。
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/inquiry.html
フタバにはあるのにJRにメール窓口は無いんですね。

受信機の説明書にニッカド指定があるのは電圧の関係ではないでしょうか。フタバは4セル・5セル
用サーボ製品が混在し、受信機は5セル稼動前提です。しかしJRはハイボルテージとカー用を除き
基本サーボは4セル仕様だとされていますので、その受信機は1.2V4セル専用で乾電池等の6V
使用を禁じているということかと思います。電圧が一定内で安定しているものという観点もあると思い
ます。説明書にニッケル水素が出てこないのは新しいため、まだ載せてないだけだと思います。

>質問その(2)
>容量が同じ場合 ニッカド と ニッケル水素 の大きな違いはなんですか

実際に使っていないのでwikiを貼っておきます。同スペックでは明らかに軽い、というのはカタログ
では解るのですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E6%B0%B4%E7%B4%A0

「電池の常識」は数年で変わってしまい、欠点と思われて敬遠されたことでも改良されたりします。
ニッケル水素については出始めは必ず「自然放電が多い」と書かれてましたが、これを克服して逆
に一年後でも容量が十分あることを売りにしたエネループも出てますし、書かれたものが古ければ
鵜呑みに出来ないところがあります。またニッケル水素は低温下の使用で問題があるとも聞くので
自分では様子見を決めています。

しかし、フタバでは既に大半のニッカドは生産中止と発表されました。噂では製造元がカドミウム
含有製品の生産を打ち切ったらしいのですが、代替品の発表がないままです。「燃える」電池を
プロポメーカーとしては供給し難いと考えると多分受信機側もニッケル水素になる可能性大です。
実績と信頼性からはニッカドは実に安定して良いバッテリーでしたが、時代の流れはどうしようも
ないようです。

以下は前回分からの続きになるのですが、

容量計算と同時に一度に流れる電流の「何C」も基準になりますね。5サーボなら最大1.5Aは
食う、と考えると600mAhバッテリーでは2.5C以上の負荷がかかると予想されるので、
これでは1V以上電圧降下してサーボが負けたり、下手をすると受信機の最低作動電圧を
割ってホールドに入る可能性があると予想できます。ここは1C~1.5C程度になる容量の
バッテリーを選ぶべきでしょうし、現実にもその程度が使われていると思います。

ただ、4サーボ、600mAhでサーボが負けましたか。大分以前のプロポセットでは4~5chの
飛行機用では「乾電池」セットもあったことから見るとちょっと意外に思えます。本当に残量が
無かっただけでは? あるいはそのサーボの消費は大目に見積もる方がいいのかもしれま
せんね。

予想どおり、50クラスのアクロ機でしたか。だとトルク5.2キロは決して大きめではないです。
ご質問内容からてっきりデジタルサーボのお話だと思い込んでいましたが、アナログサーボ
の選択はこの場合正しいと思います。デジタルはハンチングするとJRのカタログにも書いて
ありました。
しかし、重いですね。ホバリングのリカバリーがきつそうですが。でもそのための5セルリポ
なんでしょうけれど。軽いバッテリーという点ではリポ+レギュレーターもアリではないですか。
リポに不慣れな方にはお勧めし難いのですが、既に電動を手掛けてる訳で全く心配ないと
思いますし。

ここで言うのも変ですが、前回回答中の式で意味の無い「+10」が入ってました。結果は変わ
らないのですが、これでは停止待機中の6個目のサーボがあることになってしまいます。
訂正しお詫び申し上げます。

>質問その(1)
>4.8Vニッケル水素を使っても問題は無いのですか?

天下のJRが受信機用として供給を開始しているので大丈夫でしょう。JR直接にも確認出来ます。
http://www.jrpropo.co.jp/jpn/inquiry.html
フタバにはあるのにJRにメール窓口は無いんですね。

受信機の説明書にニッカド指定があるのは電圧の関係ではないでしょうか。フタバは4セル・5セル
用サーボ製品が混在し、受信機は5セル稼動前提です。しかしJRはハイボルテージとカー用を除き
基本サーボは4セル仕様だとされていますので...続きを読む

Qエンジンカーのブレークイン方法について

ラジコンマガジン2009年11月号の120-121ページ「近藤塾ここにあり!!」で、ベンチ上でのエンジンのブレークインの方法が解説されています。
この解説では「ニードルはいっさいイジらずに始動&始動後はスロットルを常に全開に」と書かれています。

出荷状態のエンジンですのでニードルは甘めだと思いますが、いきなりスロットル全開で空吹かしをし続けても大丈夫なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよいでしょう。
 ベアリング部分も出荷までに少しばかりの錆が出ている可能性を考えても、プラグをはずし、洗浄剤(ブレーキクリーナーなどの目的で市販されているもの)で、エンジンの中を洗い流し、スターターなりで洗浄剤を排出し、CRC 556で、ベアリングに潤滑をし、(キャブからCRCを吹き込んで)5秒ほどスターターで空回しし、プラグ穴とキャブから吹き返しが無くなった状態で、再び燃料満タンで走行。(満タンにこだわるのは、マフラープレッシャーを有効に使うため)

 「ニードルは一切いじらず」というのは、ひょっとして販売店でニードルをいじってしまう客もあるでしょうから、説明書に書かれている初期の状態を ご自身で正確に合わせてから取り掛かるべきです。

 ブレークインの際には、付属しているプラグで上記の状態を保てればよいのですが、「ニードルを絞らないと回転を保てない」ような状況のために、一段階HOTなプラグを使用しても良いと思いますし、3タンク目から、少しずつニードルを絞り始め、付属のプラグを使っても回転を保てるようになってきたら、走らせながら、少しずつニードルを絞って、安定した走行が出来るようになれば、アイドリングの調整を始めるという手順です。最近のエンジンでは、エンジンをばらした時、ピストンがシリンダーをすっぽ抜けるようになったときには、もうピストンが磨耗しきっていると判断されます。良好な状態でも上死点で回転が硬く感じられるのが正常です。
 ブレークインのつもりが、実は寿命が尽きるのを促進するのでは元も子もありません。燃料に含まれている潤滑剤が ベアリングに回りきれば、もう使い頃になっていると考えて良いと思います。プラグは、アイドリングが保てる範囲でCOLDな方向に持っていくと、フィラメントが落ちて、ポートを傷つけることを防ぐ事が出来ます。

 私はBOAT暦が長いのですが、BOATの場合、波で跳ね上げられた時に、完全に(無負荷)状態になってしまうので、ひとつのエンジンの寿命は
1年に満たない、良く仕上がったエンジンは、レース用に取っておくという感じです。1秒間に500回も燃焼、排気をすることを考えれば、壊れないのが不思議に思うほどです。

 予断序でですが、21(3,5CC)のエンジンが2,5Ph、これを実車に置き換えてみれば、3500CCで2500馬力ですよ,ラジコンのエンジンは、途轍もないストレスにさらされていると思いませんか?

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよい...続きを読む

Qラジコン飛行機で、2スト4ストの排気量比較

皆さんよろしくお願いします。
普段は高翼40トレーナーを飛ばしています。低翼にステップアップするの事にしました。
現在2ストと4ストのどちらにしようか、検討中です。

ちなみに、4ストの経験はあります。40クラスを2機持っていて、OS46LAとFS
-48を乗せています。機体は異なるので不正確ですが、どちらも軽快さは似ています。
(例えば、宙返り・・・どちらも同じ大きさで同じような軌跡を描きます)
ちなみに、手で持ってみると4スト機は2スト機より200gくらい軽く感じるんです。
と言う事から、私の感覚では2ストの1.2倍の4ストだと同じパワー感と思います。

本題ですが・・・
40~60クラスの低翼スポーツ機の場合、同じパワー感で飛行するには4ストの排気量
は、どれくらい必要なんでしょうか?
もちろん、エンジン・機体とも、メーカーや機種によって違うと思います。操縦者の技量
や感覚によっても違う事でしょう。フリー飛行とJRAパターンでも異なるでしょう。
ですから、個人的な感想でも良いので皆さんの換装基準を教えて下さい。
(キットに適応排気量が書かれていますが、無い機体もありますし、基準も各機種で
ばらばらのようです)

皆さんよろしくお願いします。
普段は高翼40トレーナーを飛ばしています。低翼にステップアップするの事にしました。
現在2ストと4ストのどちらにしようか、検討中です。

ちなみに、4ストの経験はあります。40クラスを2機持っていて、OS46LAとFS
-48を乗せています。機体は異なるので不正確ですが、どちらも軽快さは似ています。
(例えば、宙返り・・・どちらも同じ大きさで同じような軌跡を描きます)
ちなみに、手で持ってみると4スト機は2スト機より200gくらい軽く感じるんで...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、
40・・・YS63クラス YS以外70~90クラス 
60・・・YS90クラス YS以外90~120クラス
かなぁー。

スローフライトなら小さい目、パワーフライトなら大き目(限度がありますが)非力なフライトも楽しいものですよ。
最近は電動にこっていますので。(余談でした)<(_ _)>

Qラジコン飛行機のエンジンのかけ方についておしえてください。

ラジコン飛行機のエンジンのかけ方についておしえてください。
エンジンスターターとか燃料ポンプは何につかうのですか?
どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

 エンジンというのは、ピストンが作動することで、燃料を吸い込み点火して爆発させて排気するというサイクルを繰り返します。なにもしないで状態では燃料を吸い込みもしませんから、その最初の回転を与えるものがエンジンスターター。必須というわけでもなく、プロペラを手ではたいて回転させることでも可能なようです。

 燃料ポンプは本体内のタンクへ燃料を注入する為のものですね。

 参考になりそうなページをひとつ。

http://humbird.exblog.jp/3664005/

Qグローエンジンに詳しい方お願いします、教えて下さい。

グローエンジンに詳しい方お願いします、教えて下さい。
約2ccのオフロードカー用グローエンジンですが最近調子が悪く、エンジンが冷えていれば(最初の時のみ)問題なくスロットONで吹けあがりますが、熱く(適正温度内)なるとスロットONでエンストします、エンストしてもすぐにリコイルで一発始動なんですが、又スロットONでエンストです、メインニードル、スローニードル、アイドリング調整ネジを総て初期設定にしても、まったく同じ現象です、この故障の原因はなんでしょ?対策はどのようにすれば良いのでしょうか?一応キャブレターは、ばらして洗浄、エンジンは、ばらしていませんがエンジン用洗浄オイル注入でリコイルを引いて洗浄しましたが、エンジンもばらした方が良いですか?よろしくご回答下さい。

Aベストアンサー

No.1です。補足にお答えします。

>5.2ccエンジンはあの後普通に戻り順調に動いています、
前回回答がお役に立ったかは解りませんが、取りあえず良かったです。

>キャブ過熱でパーコレーションを起こしてませんか?(これは分かりません?~)
これはこの意味で使っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
この中では「キャブレター到達前に」と言っていますが、私はキャブレター内での
ことも指して言っています。ですが、再始動可能なことを含めると可能性は低い
かもしれません。これより大きいエンジンではこれで再始動が難しくなることは
あることですので項目に加えたのですが。

>アイドリングが低すぎませんか?(これは少し高いぐらいなので大丈夫だと思います)
>アイドルでの混合気が薄くありませんか?(これは停止状態でアイドリング調整ネジで隙間を1mm以下にしていますがOKですか?)
あくまでスロットルの開きは見た目は「目安」ですので、実際の回転で決めて下さい。
車ならクラッチが切れればいい筈ですので、この許容内で高めにすれば吹け上がり
のトラブルは減ると思います。本当は回転数を計れればいいのですが。(プロペラや
ローターのある飛行機・ヘリは光学式のタコメーターを使えますが、車ではフライホイル
にマーキングして計るか、振動/共振式(バイブレーションタコメーター、vibra-tach)が
無いと無理です。)

>(ならしも含めて10タンク650ccぐらいです) 
そうは使ってないとも思えますが、何しろカー用エンジンの常識は知らないもので正しい
判断がつきません。最近のカー用エンジンでは中にはレースだけ持てばいいという発想
の極限まで突き詰めたものもあるようですし、その「10タンク分」がどう回されたか見て
もいない訳ですので。ただこの数字では一般的には問題ないとは思います。
この件についてラジコンカーに詳しい諸兄がご覧になっていてコメントを寄せて頂ければ
幸いです。

後、スローニードルが初期位置で甘めとは限りません。メーカー説明書でメインは甘めに
指定されるのが普通ですが、新品・修理品ではメーカーで「スローが続かない」とのクレーム
を避けるためか、スロー側は若干薄めになっていることがあります。最近のOSではこの傾向
があるという話も聞きます。あくまで現状で合わせて下さい。絞る・開けるも「~回転」ではなく
No.2の方のおっしゃる通り、角度にして15°~30°ずつくらいのものです。

また、全くエンジンメーカー名も型番もお聞きせずに回答してましたが、プラグは説明書
推奨でいい筈です。最近のカー用ではロングリーチ/テーパーヘッドプラグのエンジン
(OSでいう「Tシリーズ」)もあるのでNo.2の方の推奨するショートリーチのOSNo.7が適合する
とは限りません。(フタバ・OSのカタログ誌をご覧になったことがあればご存知の筈ですが)
また、使用燃料(主にニトロ含有量)で最適プラグは異なります。一般には
ハイニトロ燃料で気温が高い程、コールド側のプラグを選択します。

>(まず近くにそういった店がないのです、~
そうですか、残念。スロットルハイでエンストと聞いても、実際みて見ないと本当は何とも
言えないのです。何かゴボゴボとこもって止まるならスローで濃すぎとも言えますし、
スポンと止まるなら薄すぎとか判断材料があるのですが。他にも要因が多すぎて、現物
を経験者が見るのが一番なのですが、そうもいかないのですね。独力ではなかなか
大変だろうとお察し申し上げます。

>前回と今回の教えていただいたアドレスを、お気に入りに保存して困ったときの知恵にしようと思います。
他にもネット検索(このサイト内を含め)でキーワードを打ち込めばラジコンカーについて
書かれた記事はあります。そこで探すと割りに簡単に解決することもあると思います。
前回も触れた様に、グローエンジンの扱いは経験者でも日々悩む位、簡単ではありません
ので日々情報を集めることをお勧めします。専門書籍を見るのもいいと思います。

No.1です。補足にお答えします。

>5.2ccエンジンはあの後普通に戻り順調に動いています、
前回回答がお役に立ったかは解りませんが、取りあえず良かったです。

>キャブ過熱でパーコレーションを起こしてませんか?(これは分かりません?~)
これはこの意味で使っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
この中では「キャブレター到達前に」と言っていますが、私はキャブレター内での
ことも指して言っています。ですが、再始...続きを読む

Qラジコンヘリに最適な燃料は?

当方ヒロボーのSDXにOS-55HZハイパーを楽しんでいる者です。最近燃料の使用メーカーで迷っています。NASA THC
コスモ KLOTZ各社いろいろな燃料を出しておりますがどこのメーカーの燃料が取り扱いの面 値段の面(安さ)に関してベストメーカーであるか教えてください。

Aベストアンサー

私はIM~コスモ~クロッツ~NASA
と全て15-18を使って来ましたがサンデーフライヤーの私には
あまり違いは分かりません
クロッツがパワー有ったような・・・程度です
F3C~3Dやりますが15-18で十分です

ちなみに日本選手権でベスト10に入ってる知り合いも
F3C~3DもNASA15-18で飛ばしてるそうです

QRC用燃料について

エンジンカーの購入を検討中です。
燃料が専用燃料で高価だと聞いたのですが、
農機具や2ストのバイク用の燃料は使えないのでしょうか?
そもそもRC用燃料って何ですか?
混合ガソリンではないのですか?

Aベストアンサー

ニトロ無しで、純度の高いメタノールと日本薬局方のひまし油だけで燃料が自作できないこともないですが、混ぜたあと安定させるまでの手間とか、ストレート燃料ならではの始動性の悪さもあり、エンジン初心者には薦められません。そもそもガソリンでは模型用グローエンジンは掛かりません。

趣味のものですから、あまり費用にこだわらず、燃料くらいは贅沢しましょう。

ほい
http://www.cosmo-rc.com/himitsu/01/index.html
http://rc.24style.net/fuel/index.html

QエンジンRCで付着したオイルの掃除に付いて

タイトル通りですが、皆さんはどの様にして機体(車体)に付いたべとべとオイルを拭き取っていますか?
掃除するコツ(?)等ありましたらアドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

油汚れは油で落とすのが基本ですので、潤滑剤CRC556や灯油を 布にしみこませて拭けば落ちます
 狭い所の汚れは スプレー式の潤滑剤でノズルをつけてふかせば落ちますよ。
 
 ですがプラスチックが有る場合その部品の劣化を促進してしまう場合があるようです ですからつけたまま放置などはしないように

 あとマジックリン(レンジ周り用)というのも使えます
 ただこれは軸受けあたりに付着すると 錆や軸受けの破損につながりますのでこれも 放置はしないようにしてください。

Qフラップと翼端エルロン跳ね上げの違い

ラジコン飛行機仲間との会話で、
翼根に装着されたフラップ装備の機体で、
フラップを下げたのと、
フラップ無し、翼端エルロン機で、
エルロンを両側跳ね上げた状態では、同じ効果だと言われましたが、
私は、どうも違う様に思います。
フラップ装備の機体で、フラップ下げた場合は、
揚力増加→低速で吊れる。
それに大して、翼端エルロン跳ね上げは、
ねじり下げ効果が現れ、失速しにくいが、
揚力は、そのまま・・・・。
圧倒的に、着陸では、フラップ装備の方が有利だと思いますが、
ご意見ありましたら、お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

翼根のフラップでは、フラップを下げることで、仰角とキャンバーが増えます。(翼端はフラップがないのでねじり下げですね)

翼端エルロン跳ね上げは、翼端のねじり下げによって、機種を上げて仰角を増やして揚力を得ます。

大きく違うのは、機体の姿勢でしょうね。
前者は、機首下げのまま降下出来るが、後者は機種を上げて降下することになりますね。

気流の剥がれを抑えられるスロッテッド・フラップや翼面積を増加させスロッテッド・フラップの構造も加えたファウラー・フラップのようなものではない、単純フラップでは、機体の姿勢以外は大きな差はないと思いますよ。

単純フラップでは、スロッテッド・フラップのように、大きくフラップを下げると、揚力よりも抗力が増えてしまいますし・・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報