アルカリ乾電池4本(新品で約6.6V位)でマイコンを動作させようと思っています。このままでは電圧が高すぎる(マイコンは最大5.5Vまで)ので電圧制限をしなくてはなりません。同じ回路内に4.5V以上で動作する定電流IC回路(降圧)が有るので電池本数は減らせません。電池が新品のときにマイコンを過電圧から保護する事が最大の目的ですが、電池駆動なので省エネも考慮したくなかなか良い方法が浮かばず困っています。

自分で考えた案は以下のとおりです。

条件:
・電源電圧 アルカリ乾電池4本 (新品で)6.6V~
      エネループ 4本 6~4V位(充電直後~放電完了まで)
・マイコン ATtiny13A http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_document …(上限5.5V)
・定電流IC LM3407×3個 http://www.national.com/profile/snip.cgi/openDS= …(下限4.5V)
・ツェナーダイオード ルネサステクノロジ HZ4B-3-E http://documentation.renesas.com/jpn/products/di … 
・3端子レギュレーター TA48M033F 

質問したい事は、
1:ツェナーダイオードを使ったときの抵抗値(マイコンの正確な消費電力が判らず決めかねています。(参考190 μA at 1.8 V and 1 MHz=342mW)

入力電圧と出力電圧の差(2.5V~)÷ツェナー電流と負荷電流(10mA程度+マイコンの電流?)
入力電圧:6.6V~ツェナー電圧まで(4.1V)
出力電圧:4.1V
ツェナー電流:10mA
負荷電流:?mA

抵抗250Ω以下程度という事で良いでしょうか?

2:上で抵抗値を求めたとして電源電圧が徐々に下がってくると、抵抗値が大きすぎ電流値が減りマイコンが動作しなくなる恐れがあります。そもそもツェナーダイオードでの電圧制限は間違っているのでしょうか?

3:3端子を使った場合、マイコンの消費電力に対して損失が大きすぎるように思いますが、ほかに省エネで良い方法があればご教授願います。

A 回答 (1件)

ダイオードでやる場合どうしても電源電圧は電流に依存しますので、SWレギュレータ自分で組むか、した方がいいと思います。



それか定電流オペアンプで、SWレギュレータ組んだ方が安くつくかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりダイオードはダメなのですね。レギュレーターの自作はスペースの都合上厳しく、
また知識も乏しいので、今回は省エネ3端子を使おうと思います。
有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/23 16:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラジオの同調回路について

AMラジオの同調回路はバリコンとバーアンテナが並列接続されていますが、これは並列共振回路でしょうか?

それとも直列共振回路でしょうか?

並列共振回路だとすると共振電流が最小になる為、直列共振回路と解釈する事ができる気がしますが・・・。

本当はどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

並列共振か直列共振かは一つの周波数で考えていては判断できない。
直流からうんと高い周波数までを考えると簡単に区別できる。

共振回路から適当に2端子を選んでそのインピーダンスを考ると
直列共振の場合
コンデンサが直列に入るので直流でのインピーダンスは無限大
コイルが直列に入るので高周波でのインピーダンスは無限大
途中の周波数でインピーダンス最小
並列共振の場合
コンデンサでショートされるので高周波でのインピーダンスはゼロ
コイルでショートされるので直流でのインピーダンスはゼロ
途中の周波数でインピーダンス最大

トランジスタを使ったAMラジオの場合、次段の入力から共振回路を
見ると大抵の場合は並列回路になっているが直列回路の構成が不可能なわけではない。

Qがある程度高い場合で共振周波数付近だけを考えるのであれば
並列共振と直列共振は等価変換が出来るのであまり厳密に考える
必要は無く都合のよいほうを選べばよい。

Q恥ずかしながら教えて下さい。電圧降下の基準電圧があり105Vを基準で、

恥ずかしながら教えて下さい。電圧降下の基準電圧があり105Vを基準で、そこからの2%までが有効範囲と考えて良いのでしょうか、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。
ご丁寧なお礼をありがとうございました。
>電圧降下で許されてる基準電圧を105Vとし、そこから2%以下までは、OKなのか?
その通りです。やはり、予想通りでしたね。

電気主任技術者関係の基礎・電気設備関係は、下記のサイトが詳しく分かり易いので、時々利用させてもらってます。
昔の、電気工事士・電験3種の資格を取り関係の無い業種に就いていますが、再確認での利用で今でも重宝しています。
サイトマップで色々確認利用してください。
電気☆入門
http://denkinyumon.web.fc2.com/
電圧降下と許容電流 ←今回の理論・解説
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkinokiso/denatukouka.html
*疑問・問題が解決した場合は、回答受付の締め切りをお願いします。
 

QLMF501Tのラジオの回路図を教えてください!

LMF501Tのラジオの回路図を教えてください!

Aベストアンサー

電子回路は余り自信が無いので検索しました

「LMF501Tを使ったラジオ製作」
と言うサイトを発見しました

URLは
http://www.geocities.jp/createradio/lmf501t.htmlです

画像とかあるので解り易いと思います

参考URL:http://www.geocities.jp/createradio/lmf501t.html

Q乾電池の電圧がマイナス

おもちゃが作動しなくなったので,電池(アルカリ乾電池単2型,4個を直列に使っていた)を取り出してテスターで計ってみたところ,4個のうち3個がマイナス(1ボルトくらい)の電圧でした。(1個はプラス1ボルトくらい)

 測定した電圧がマイナスになるというのは,どういうことでしょうか?
 どんな条件のときにこの現象が起きますか?
 この電池をこのまま放置すると電圧変化がおきますか?
ほかに何でもいいので関連情報を教えてください。
ちなみに,新しい電池を入れたらおもちゃは正常に作動しました。

Aベストアンサー

逆充電は、良・不良電池が混在する場合に起こる現象ですが、逆充電された電池電圧の合計が、充電電池の電圧より高くなることはあり得ません。
 
ご質問を正確に読み取りますと、逆充電の合計がマイナス3Vになりますから、これは充電側の1Vを上回るわけで、このような現象は考えられません。

失礼ですが、測定の相手を間違えられたのではないでしょうか?
もし、測定に誤りがなければ、これは逆充電では説明の付かない現象です。

Q一石トランジスタラジオの回路の説明をお願いします。

一石トランジスタラジオの回路の説明をお願いします。

ラジオを製作したいのですが、電磁気学について初心者で全然分かりません。
どのような構造になっているのか、それぞれの部品がどのような役割を果たしているのか、が知りたいです。

Aベストアンサー

ごく簡単に動作原理を説明しますね。
アンテナで受信したAM放送波を、
LとVCで同調回路として受信したい放送局の周波数に合わせます。
トランジスタで増幅と、AM放送の信号を検波します。
クリスタルイヤホンで検波した放送を聴きます。
抵抗・コンデンサはトランジスタを動作させるために必要な部品です。

電子工学の基礎的部分ですので、個々の部品は下記のサイトが参考になります。
また、『初歩のラジオ』『トランジスタ技術』などの入門書を読まれれば理解が深まると思います。

電気の資格を取ろう
http://www.eonet.ne.jp/~imagawa/denki_kiso/index.html

Q充電池と乾電池の電圧の違い

乾電池の電圧は1.5Vで充電池は1.2Vですよね。
どうして電圧に差があるのでしょうか?

ホームセンターで探しましたが、充電池はすべて1.2Vでした。
1.5Vの充電池って市販されていますか?

Aベストアンサー

電池の電圧というものは電極同士のイオン化傾向の差が大きいほど高くなります。陰極に亜鉛、陽極に炭素を使っている乾電池は、ニッカド電池やニッケル水素電池よりも陽極と陰極の素材のイオン化傾向の差が大きいため、電圧が1.5Vと、ニッカド電池などよりも少々高くなります。

1.5Vの充電式電池ですか・・・
市販されている中では私は見た事は有りません。ですが、前にも述べました通り、電池の電圧というものは電極の素材によって異なるので、無いわけではないです。(最近発売された充電式アルカリ電池はひょっとしたら1.5Vかな?)

Qゲルマニウムラジオの回路について

高校物理勉強中のものです。共振周波数について勉強しておりました。
以下のゲルマニウムラジオの回路について質問があります。
http://phoenix-design.at.webry.info/201104/article_6.html
周波数fの電波をこの回路で共振させるときはf=1/2π√LCを
満たすことができれば電波を受信できると考えていいでしょうか。

この条件で電波をうまく受信できると仮定すると、ちょっとおかしいのではと
思ってしまいます。
クリスタルイヤホンがないとすると、このときアースした方(地球)には
電流が流れず、同調回路をぐるぐる電流が回るようになるかと思います。
※アンテナと地球にかかる電圧をV=Asinωtとして一応インピーダンスは
計算できました。

この状態で同調回路の両端にダイオードとイヤホンをつけても
共振するのかがよくわかりません。
ダイオードは復調のために必要なのはわかっております。
しかし、イヤホンとダイオードをつけると、アンテナからアースまでの全体の
インピーダンスが変わり、f=1/2π√LCという条件では共振しないのではと
思ってしまいます。
この全体のインピーダンスを計算しようと思ったのですが、ダイオードとイヤホンを
コンデンサーとして扱うのか抵抗として扱うのかがわからず、できませんでした。
一応ダイオード+イヤホンが抵抗であると仮定してインピーダンスを計算して
見ましたが、これはLCR並列回路となり、ω=1/√LCのとき、やはり地球に流れる
電流は最小になるということがわかるだけで、イヤホン側にどれほど電流が
流れるかはわかりません。ダイオード+イヤホンを抵抗(r)+コンデンサー(c)として計算
しなければいけないとなると、この部分のインピーダンスが
√(r^2+(1/ωc)^2)となるかと思いますが、この先はどうしたらいいかわかりません。

ダイオード+イヤホンは抵抗+コンデンサーとして考えて計算するのか、
2つの抵抗として考えるのか、また、なぜf=1/2π√LCという条件でも
イヤホン側にたくさん電流を流すことができるのか、
以上よろしくお願いいたします。

高校物理勉強中のものです。共振周波数について勉強しておりました。
以下のゲルマニウムラジオの回路について質問があります。
http://phoenix-design.at.webry.info/201104/article_6.html
周波数fの電波をこの回路で共振させるときはf=1/2π√LCを
満たすことができれば電波を受信できると考えていいでしょうか。

この条件で電波をうまく受信できると仮定すると、ちょっとおかしいのではと
思ってしまいます。
クリスタルイヤホンがないとすると、このときアースした方(地球)には
電流が流れず、同調回路をぐ...続きを読む

Aベストアンサー

共振周波数の意味はご理解のようですが,何の為の検波回路かについても学んで下さい。
ダイオードにも僅かなリアクタンスが存在するとしても,ダイオードは,一方通行の電流特性を示します。その事を利用して,変調された電波の半波だけを取り出し,可聴音を取り出していることに考え及んで下さい。
中波の搬送波は,音として認識できないから,変調音のみを拾い出すのが検波回路です。
その観点から,再度,全インピーダンスを計算してみましょう。
ダイオードの導通時と,非導通時とに分けて計算する必要があります。
その結果得られるイヤホンの電流が,検波電流です。
この場合のLC同調回路は,検波電流を大きくする為の補助回路です。

QマイコンのA/D変換器で5v以上の電圧を読みたい

車載バッテリ(12[v])や安定化電源(3[v]~15[v])の電圧をマイコンのA/D変換で読みたいのですが、並のA/D変換器はすべて5vが上限ですよね?...
抵抗による分圧法だと、電源電圧が変動すると全くもって使い物になりません。

・比較的大きく変動する電源電圧を読む方法はありませんでしょうか?

ツェナーダイオードを使えば読めるのではないだろうか?と自分では思っているのですが、

・ツェナー+抵抗の組み合わせで抵抗側の電圧をA/Dかけるのは無茶な行為なのでしょうか?
・また、A/D変換器を破損しないような保護回路等はありませんでしょうか?

...過去にPICのA/D12vを誤って印加してしまいましたが、後に5vを与え直したら何事もなかったかのように動作したという妙な経験があります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>電圧変動は最大14.5[v]付近まで上がりますが、最大電源入力15[v]のOp-AMPだと、
そういう場合は一度抵抗による分圧をしてからOPアンプにより減算なり部分的な拡大なりを行います。

Qネットラジオと無線LANとアンプの回路一体化

電子工作初心者です。bb shoutという単体ネットラジオ端末がありますが、これに無線LANモジュール(もしくはコンバータなど)と、ステレオアンプを組み込んで、一つの筐体に収めて、電源も共通化(一本化?)することはできますか? まだ電子工作について充分な知識がないので、徐々に学びながら方法を探りたいと思っています。アドバイスをいただけたらと思い、質問させていただいています。

参考URL
http://bb-shout.tristate.ne.jp/bb_link01.html
http://www.tristate.ne.jp/digitalamp01.htm
http://www.jrc.co.jp/jp/product/wireless_lan/product/jrl720e/index.html (←一例として)

1.そもそもこの三つの回路を一体化させることは、可能な望みでしょうか。

2.三回路一体化が可能であれば、どういう知識を必要とし、学ぶべきでしょうか。

3.とくに三回路の電源の共通化ができるのか気にかかっています。実現のヒントをいただけないでしょうか。

4.その他、注意する点や、アドバイス、他の方法などがあれば教えていただけないでしょうか。

初心者の、的を得ない、虫がいい質問内容ではありますが、識者の皆様にご指導願えれば幸いです。よろしくお願いいたします

電子工作初心者です。bb shoutという単体ネットラジオ端末がありますが、これに無線LANモジュール(もしくはコンバータなど)と、ステレオアンプを組み込んで、一つの筐体に収めて、電源も共通化(一本化?)することはできますか? まだ電子工作について充分な知識がないので、徐々に学びながら方法を探りたいと思っています。アドバイスをいただけたらと思い、質問させていただいています。

参考URL
http://bb-shout.tristate.ne.jp/bb_link01.html
http://www.tristate.ne.jp/digitalamp01.htm
http://www.jr...続きを読む

Aベストアンサー

多分無線モジュールの設定が山場だと思いますよ。
恐らくパソコンで有線LANから叩けるのでしょうが。
リンクの製品ページにデータシートや説明書が無いので、
詳しい人か資料が扱えるのが、前提になります。

同じメーカーの基盤で、上のリンクのページ1枚で両方あるようですが。
BB-shoutボードは電源 DC8V-12V 最大150mA(12V
Class-Dアンプのは 電源:5V Max400mA以下,スイッチング(ACアダプタ)電源使用
日本無線のモジュールは5V/12V両用ですよね。
DC 5V ±10%(0.8A以下)、DC 12V ±10%(0.4A以下)
消費電力 4W以下 (DC 5V時、DC 12V時)、7W以下/14VA以下 (ACアダプタ使用時)

12V電源に統一して、12V>5VのDC/DCコンバータでアンプ用の
電圧を用意するのが妥当ですが、同じメーカーさんの基盤が有ります・・・。

http://www.tristate.ne.jp/dcboardkit.htm
これの5V/USB-Bコネクタに出てる5V500mAを
アンプに半田付けコードで引き込んでやれば良いです。

なぜかというと、個々にポリスイッチと呼ぶ、
ヒューズに相当する部品が入っているので、ショートなどが
起きた場合電源アダプタまで波及せず一旦電流が切れ、
ポリスイッチの過熱が冷めれば、再利用できるためです。
それを繰り返してはいけないので、すぐ点検してください。

多分500mAを超えてしまう無線モジュールに対しては、
最初から2つ3つの分配ポートを並列に入れて
電流制限をあわせても、問題ないと思います。

少なくともテスターと弱電半田付けの自信有るなら、
あとはLANモジュールの問題だけなんですが。

多分無線モジュールの設定が山場だと思いますよ。
恐らくパソコンで有線LANから叩けるのでしょうが。
リンクの製品ページにデータシートや説明書が無いので、
詳しい人か資料が扱えるのが、前提になります。

同じメーカーの基盤で、上のリンクのページ1枚で両方あるようですが。
BB-shoutボードは電源 DC8V-12V 最大150mA(12V
Class-Dアンプのは 電源:5V Max400mA以下,スイッチング(ACアダプタ)電源使用
日本無線のモジュールは5V/12V両用ですよね。
DC 5V ±10%(0.8A以下)、DC 12V ±10%(0.4A以下) ...続きを読む

Qバッテリーを使ってマイコンを駆動させたいのですが、電源電圧に困ってます

バッテリーを使ってマイコンを駆動させたいのですが、電源電圧に困ってます。
マイコンとその他のICは5V系なので、バッテリーの電圧はそのまま使えません。
そこで、二通りの方法を考えました。

(1)3.6Vの電池を直列に繋いで5Vのレギュレータで降圧させる。
(2)3.6Vの電池を並列に繋いで5Vのレギュレータで昇圧させる。

(1)と(2)、どちらの方が消費電流を抑えられますか?
ちなみに、電池1個で(2)の方法でやったら、
すぐに5Vが出力されなくなり電池の容量も減ってしまいました。

Aベストアンサー

>電池には3.6V/70mAhと表記されていました。

>マイコン消費電力が55mWなら、この電池で1時間弱はもつという計算でしょうか。
>変換効率80%として70mWの電池でいけそうな気がします。
その通りです。
少し計算してみます。
P=I*E ですから、I=P/E より I=70*10^-3/3.6V I=19.4mA ですから
電池の持続時間は、70mAh/19.4mA 3.6h が持続時間です。
先に紹介したDC/DCコンバータは、高効率の85%[TYP]ですからもう少し
使用時間は延びます。

先の
>ちなみに、電池1個で(2)の方法でやったら、
>すぐに5Vが出力されなくなり電池の容量も減ってしまいました。
は、使用されたDC/DCコンバータの変換効率が悪く、ロス分で短時間になったか、
マイコンがもう少し消費電流が多いのでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報