素朴な疑問なんですが、東電が一度は検出したといっていたテルル129や塩素38は、そんなに検出が難しいモノなのですか?
解釈が専門家で分かれたりするものなのですか?
プログラムミスということがあるのですか?
原子量の違う物質を測定できない測定機器の「精度」とはどういうものなのか理解できません。
測定の経験のある方なら即答できるのではと思い質問します。
東電、政府のデータ改ざんは、いくらパニック防止とはいえ、あってはならないことだと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

東電の分析精度について知っているわけではありませんが、


ガンマー線スペクトロメータで測定しているとすれば、例えばテルル129だけで何十ものピークを持っていますし、今回の事故では、そのような放射性物質がいっぱい混じって入っているのでしょうから、やや難しい部分があるとは思います。
沢山の数のサンプルを処理するという事で、混乱していることもあるかもしれません。
今回、すでにコバルト60と間違えて発表したと言う事もありました。
そんなことでは困りますがね。

データ改ざんなど、あってはならないのは当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座います。
ガスマスなどのイメージで考えていたので、東電の説明が馬鹿げていると感じていました。
ピークが多く、いろいろな核種が混じっていると難しい部分もあるんでしょうね。
ピークが重なったりするんですかね。
勉強になりました。

お礼日時:2011/04/23 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q密封された容器でも塩素は抜ける?

水道水の塩素抜きについての質問です。

「バケツなどの容器に水を入れ、日の当たる場所に一日置いておく」という方法をよく聞きますが、もしこれがペットボトルのような密封された容器だった場合、塩素は抜けないのでしょうか?

そうしたい理由があるわけではなく、単に素朴な疑問です。もし塩素が気体に変化して抜けてゆくのなら、密封されていたら無理ですよね。でも気体になるわけではなく、太陽光によって化学的変化を起こすものなら、密封されていても可能ですよね…

Aベストアンサー

http://www.taropi.com/menu_cs_cl.htm
「太陽光を当てたときの塩素の分解スピード」の部分に書かれています。

太陽光によって化学的変化を起こすもののようです。
俺も一時期気になっていました。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Q水道水にどれくらい塩素が含まれているか知りたい。

新居に引っ越してから、どうも皮膚が痒くなってきました。
外見からは皮膚に異常がないので、病院にも行っていません。
同じように新居に引っ越した友人が最近アトピーが酷くなり
水道水の塩素が濃いのが原因のひとつではないかという、話を聞きました。
それを聞いて、自分の家の水も気になりだし、水分中の塩素濃度を知る方法が無い物かと思い
投稿させて頂きます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 PDP残留塩素テスターとデジタル残留塩素テスターが有ります、下記URLをご覧下さい

参考URL:http://www.tacmina.co.jp/products/f-dpd.html,http://www.tacmina.co.jp/products/f-dct-200.html

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Q水道水の中の塩素の働きについて

水道水の塩素は、殺菌作用が主な目的だと思いますが、具体的にはどのような反応がおきているのでしょうか?

水道水の中の0.1ppm以上の塩素濃度と言うのは、水に溶けていない?塩素濃度の事なのでしょうか?

Aベストアンサー

GWも明け、会社においてある教科書を見ることができました。

> 今の疑問はその塩素の溶け方のことです

塩素ガスを純粋な水に溶かすと、以下のような加水分解反応を起こし、
次亜塩素酸(HOCl)を生じます。

Cl2 + H2O ←→ HOCl + H+ + Cl-

次亜塩素酸は部分的に解離して、次亜塩素酸イオンを生じます。

HOCl ←→ H+ + OCl-

これらの四種類の塩素種(Cl2, HOCl, Cl-, OCl-)が平衡状態で
存在する。

水道水中を考えると、金属イオンやアンモニアイオンと反応して、
更に複雑な平衡状態を取ります。


> よく水道水の塩素濃度というような言い方を聞く

話題次第ですが、水道水を対象にするのであれば、殺菌のために必要な
最小限の注入量と、水をまずくする要因となる塩素臭やトリハロメタンの
生成のあたりの話題でしょうから、「塩素濃度」と言いつつも(良く
分からずに?)「有効塩素濃度」のことをいうのでしょうね。

Q塩素分検出試薬

よく、水道水の塩素分を検出するときなんかに使う試薬で、塩素があると黄色く変色する試薬はなんというものでしょうか。

Aベストアンサー

あなたが考えておられるのはオルトトリジンだと思いますが、
昨年から使用されなくなっています。
以下のHPに詳細があります。

http://www.navi21.jp/dron/water/olto.htm

参考URL:http://www.navi21.jp/dron/water/olto.htm

Q水道水に含まれる塩素が無害で塩素ガスが有毒なのは?

水道水はプールの水の消毒として塩素が使われていますが、これはいくら飲んでも無害ですよね。でも塩素ガスを吸うと有害なのはどうしてなのでしょうか?塩素は水に溶けることで害がなくなるのですか?

Aベストアンサー

塩素ガスとは単体(元素が塩素のみ)のことですね。これはガスとして吸うと、粘膜を刺激します。
塩素ガスそのものは水に溶けますが、塩素ガスが溶けると、塩酸と次亜塩素酸の混合水溶液ができます。

消毒用の塩素とは、次亜塩素酸ナトリウムのことですね。これは塩素という元素を含む化合物ですが、塩素とは性質が異なります。水に溶けると強アルカリですので、濃度が濃ければ飲用には適しません。漂白剤はプールのにおいは、この次亜塩素酸のにおいです。

Q次亜塩素酸(HCIO)の命名法についての素朴な疑問

次亜塩素酸 (HCIO)の「次」と「亜」の字について質問させてください。「次」も「亜」も「副、第2の」というような意味があると思います。ではなぜ同意語を重ねるというネーミングをしたのでしょうか?それには意図があったのでしょうか?
「次塩素酸」や「亜塩素酸」ではいけなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

お~, 「硝酸」「亜硝酸」「次亜硝酸」があって「次硝酸」もあるんだ....
それぞれ HNO3/HNO2/H2N2O2/H2N2O3.
「次硝酸ビスマス」は Bi5O(OH)9(NO3)4 か.

Q塩素を発生させる実験でなぜ水を通すのか

お世話になります。
高校の教科書などに、塩素を発生させる実験があります。「塩酸+酸化マンガン(IV)で発生させ、水で塩化水素を吸収し、硫酸で水を吸収し、下方置換」というものです。この場合、塩素が水に吸収され次亜塩素酸になってしまうと思うのですが。いかがなものでしょうか。そもそも、「塩素は水と反応する」と書いてあります。
どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

効率と収量の問題です。

塩化水素はアンモニアと並んで、笑っちゃうほど水によくとける気体のひとつで、密閉した部屋に充満させた後、そこに試験管半分の水を入れるとほとんど真空を作ることができます。

塩素は、水に溶けるとはいいながらも、常識の範囲内です。二酸化炭素は水に溶けるよ、と言っているのとほぼ同レベルです。二酸化炭素も、塩素のように水に溶けると炭酸を作りますが、炭酸水から二酸化炭素を追い出しても、その液体の量の何十倍も出てくるという状況にはなりません。
炭酸と同様に、次亜塩素酸も水に溶ける量には限界があるので、ある程度の塩素が水に溶けた後は、きちんと外に出てくるんです。

この2つの気体の水への溶解性については、「よく溶ける」といいながらも大きな差があるんです。
で、ご質問のケースでは、この2つの混合気体から塩化水素を除きたいわけですから、水に溶かしてしまうのが一番カンタンなんです。確かに幾らかは塩素が水に溶けて無駄になりますが、効率と手軽さで、十分に満足できる収量が得られるからです。

この手の工業化学的な発想ができると、大学進学後にいろいろと活躍の場が広がります。ご質問の内容は、「定性的」な話ですべてを理解しようとして迷ってしまったケースですが、化学では、量を考えた「定量的」な理解ができると1段と高い「実験」ができるようになります。

で、この先は、反応速度 と 平衡 の概念があると、さらに先に勧めるようになります。記憶の片隅にでも置いておいていただけると将来役立つかもです。

効率と収量の問題です。

塩化水素はアンモニアと並んで、笑っちゃうほど水によくとける気体のひとつで、密閉した部屋に充満させた後、そこに試験管半分の水を入れるとほとんど真空を作ることができます。

塩素は、水に溶けるとはいいながらも、常識の範囲内です。二酸化炭素は水に溶けるよ、と言っているのとほぼ同レベルです。二酸化炭素も、塩素のように水に溶けると炭酸を作りますが、炭酸水から二酸化炭素を追い出しても、その液体の量の何十倍も出てくるという状況にはなりません。
炭酸と同様に、次...続きを読む

Qミネラルウォーターを通電させると遊離残留塩素が検出されました。なぜですか?

水の残留塩素を調べる実験中、市販のミネラルォーターに通電したところ、一部のミネラルウォーターからDPD試験とO-トリジン溶液に反応し遊離塩素が発生しているという結果でました。
飲料メーカーに問合せましたが、ミネラルウォーター中にNaClやKClなどが含まれていないので、遊離塩素が発生する原因がわかりません。

ちなみに、通電電極はプラチナ製です。
時間は5~30分通電させ、反応試験をしました。
反応が出る水と出ない水に分かれました。

通電時間が長いほど遊離残留塩素が発生する確率が高いです。

Aベストアンサー

#2、#3の回答を合わせたになるのではないでしょうか。

ミネラルウォータには硬水のものと軟水のものがあります。溶け込んでいるミネラル分の中のカルシウムイオン、マグネシウムイオンの量で区別しています。区別の基準値は炭酸カルシウム換算で60mg/L(硬度60)です。
「ミネラルウォーターとの名称から、ミネラル(無機物)を多く含んだ飲料水のことと思っている人も多いが、ミネラルウォーターにはミネラル成分の品質規定があるわけではない。」
ということですから硬度の対象となるカルシウム、マグネシウム分以外の成分、Na+、その他についての情報はないようです。問題にしていないというところだと思います。
カルシウムとマグネシウムは塩化物の形で含まれているもの硫酸塩の形で含まれているものとあるようです。当然、NaClも含まれているでしょう。
国内産のミネラルウォーターは軟水のようです。南アルプスの花崗岩を通り抜けた水というのを売りにしているものは硬度30、よく知られたフランス製のミネラルウォーターは硬度300という数値がwikiに載っていました。

ミネラル成分の数値が載っているサイトを見つけました。
http://mizu.1pun.net/010/

30分通電ということであれば塩素が出てもおかしくありません。過酸化水素よりも可能性が高いです。

#2、#3の回答を合わせたになるのではないでしょうか。

ミネラルウォータには硬水のものと軟水のものがあります。溶け込んでいるミネラル分の中のカルシウムイオン、マグネシウムイオンの量で区別しています。区別の基準値は炭酸カルシウム換算で60mg/L(硬度60)です。
「ミネラルウォーターとの名称から、ミネラル(無機物)を多く含んだ飲料水のことと思っている人も多いが、ミネラルウォーターにはミネラル成分の品質規定があるわけではない。」
ということですから硬度の対象となるカルシウ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報