ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

平成6年式のヴィヴィオ(E-KK3)、走行距離50、000Km程ですが、1回もタイミングベルトを

交換した事がありません。

1、やっぱり交換した方がいいでしょうか?

2、またウォーターポンプと一緒に交換すると、全てコミコミでどれ位料金がかかるでしょうか?

できれば経験者の方、プロの方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いなかのくるまやです。



1 できれば交換しといたほうがよいです。
  
2 部品は社外品中心で、三ツ星製タイミングベルト1本、
  Vリブドベルト(1)1本、Vリブドベルト(2)1本、ASAHI製の
  ウォーターポンプ1基、武蔵シール製のカム&クランクシール、
  部品代トータルで18000円くらい。
  工賃は私んとこだと18000~20000円ってとこですね。

  KK3のEN07エンジンはホンダ同世代のE07Zエンジン
  なんかに比べると作業難易度が低いので、そのぶん工賃は
  安く上げることができます。
 
もしそれら一式交換で5万とか10万もかかるようなら、そのまま
未交換で乗り続けてタイベルがダメになったら車両を買い換えた
ほうがよいかもしれません。(整備費用>車両残存価値)


  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました、ありがとうございました。

家から近ければ、安いのでお願いしたいくらいでした。

お礼日時:2011/04/24 16:52

6年式だったですね 家のキャリーは2年式 9万キロで去年ベルトとポンプを念のために交換したけど ベルトは新品と変わらない程傷んで無かった ポンプもまだ大丈夫だった


部品代がたかがしれてるから全部変えたけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 16:43

まともにオイル交換してる車なら10年10万キロ位までは交換しなくて大丈夫


交換するにしたら部品代が社外国産一流メーカー品でタイミングベルト テンショナー ウォーターポンプ 全てで1万円ちょっと
工賃合わせても5万円以内
店によるけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 16:42

タイミングベルトは、発電機やエアコンなどのベルトと同様、結局はゴムベルトなので、古くなると距離を乗っていなくても固くなってヒビ割れてきます。


17年無交換であれば、やっておいて損はないでしょう。
まだそのヴィヴィオに当分乗るつもりがあるなら、ですけれど。
ウォーターポンプは、ガタや水漏れがなければそのまま継続使用でもいいかもしれませんが、タイベルだけを新品にしたら、しばらくしてウォーポンが死んだ、という話もけっこうありますんで、まあ17年使ったなら交換してもいいかもしれませんね。
あと、どうせタイベルを換えるなら、カムシャフトやクランクシャフトのオイルシールも、オイルのにじみ等があるなら交換したほうがいいでしょう。
部品代は数百円ですし、追加の工賃もたかがしれてます。
タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシール全部やったとして、まあ6~7万円くらい?
10万まではかからんでしょう。
ヴィヴィオやサンバーのエンジンは、けっこう作業簡単ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 16:47

両方やれば、10万円くらいになりますよ。

ウォーターポンプも高い部品ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか~ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/24 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヴィヴィオ(EN07)のオイル漏れについて質問です。

ヴィヴィオ(EN07)のオイル漏れについて質問です。
ヴィヴィオのオイル漏れがひどくて地面までオイルが滴りおちている状態です。
修理工場見てもらったんですが、漏れが広範囲に渡って広がっているのでどこから漏れているか判別できないとの見解でした。上から順に治していき様子をみましょうとのことで見積もってもらったら6万円程と言われました。
内訳は(カム・クランクオイルシール、タイミングベルト、ファンベルト数本、ウォータポンプ、LLC+作業工賃)
といった具合です。
修理工場の方を信頼していないわけではないのですが・・・
費用が大きいので考えてしまいます。治した方がいいのでしょうか?車検も近いですし、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

ヴィヴィオのオイル漏れは「お約束」みたいなもんですからね・・。
一番可能性が高いのは「ヘッドカバーパッキンの劣化」です。
はずしてみると、まるでプラスチックみたいに硬化しててパキッ
と折れたりします。(そんな状態では漏れて当然ですね)

次にカムシャフトのオイルシール、続いてクランクシャフトの
オイルシール、それからオイルパンのパッキンあたりですか・・。
ほとんどの場合、ヘッドカバーパッキンとかカム&クランクの
オイルシール交換で漏れは収まりました。(うちで扱った車の場合)

残念なことにカムやクランクのオイルシールを交換するには、
タイミングベルト一式交換と同じ工程を辿らねばなりません・・。
ですからその工場さんが提示している工程もありうる話なんですが
6万は少々高いと思います。(ウォーターポンプ=予防整備かも)
他の工場さんでも見積もってもらうとよいと思います・・・・。

ヴィヴィオの場合「オイル漏れがひどい」という理由で車そのもの
を買い換えてしまう・・というユーザーさんも結構いますね。

いなかのくるまやです。

ヴィヴィオのオイル漏れは「お約束」みたいなもんですからね・・。
一番可能性が高いのは「ヘッドカバーパッキンの劣化」です。
はずしてみると、まるでプラスチックみたいに硬化しててパキッ
と折れたりします。(そんな状態では漏れて当然ですね)

次にカムシャフトのオイルシール、続いてクランクシャフトの
オイルシール、それからオイルパンのパッキンあたりですか・・。
ほとんどの場合、ヘッドカバーパッキンとかカム&クランクの
オイルシール交換で漏れは収まりまし...続きを読む

Qvivioのエンジンは80馬力発生は真実?

噂でvivioは80馬力を発生していたと言うことを耳にしたのですがこの情報は正しいのでしょうか?
ちなみにカプチーノも80馬力を発生していた!という噂も聞きました。

ご存知の方ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで当時の噂も混じった話です。

vivioの全部が全部がそんなわけではなく、スーパーチャージャー付きのRX-Rグレードの最初のマイナーチェンジ前までのものはハイオク入れてプラグ換えて進角を調整してやると簡単に80馬力オーバーは出せる、という話でした。
私も一度、助手席に乗せてもらいましたが確かにワークスとかアバンツァートとかよりも早かったような気がします。(加給機の違いもあるかもしれません)

実際にシャシ台で測ったところを見たわけではありませんので”噂”や”伝説”レベルの話と思っていただければ幸いです。

QヴィヴィオRX-Rアイドリング不調

ヴィヴィオRX-Rアイドリング不調
H6年式ヴィヴィオRX-R(KK3 A型←年式的にBかCですが見た目、プレート共にA型)に乗っているのですが、アイドリングが800回転まで下がらず困っています。あと、エンジンを切るとピューと音が鳴ります。(エアー漏れ?)サージタンク裏のホースの中にある黒いPCVバルブ?(一方通行にしか流れないバルブ)を反転させると消えますが、そっちが正しい向きなのでしょうか?
アイドリングを直そうと、色々試しましたがどれもダメでした。以下、交換、チェック箇所を書きます。

ICジョイントホース2箇所→純正が破れてたのでシリコンに交換。変化無し。
アイドルスクリューにて調整→締め切っても1300回転が限度。この仕様でラジファンが回ると700~1800回転の間でハンチング。1400~1600くらいで普段は調整。
パーツクリーナーで2次エアーを吸いそうなところ(エアクリBOX~インマニ、サージタンク裏のホース類)にスプレー→アイドリングが下がらないので2次エアーは吸っていない?

ISCセンサー交換(エアクリBOX横のセンサー)→金属の蓋とパッキンも交換。変化無し・・・
プラグ、プラグコード交換→両方純正だったのを社外へ。変化無し。
エンジンコンディショナー使用→マフラー出口に水滴が着くようになったが(エンジンの調子はいい?)、それ以外は変化無し。

スロットル洗浄→脱着しての洗浄は最終手段として、届く範囲で洗浄。元々綺麗だったので予想通り変化無し。
サージタンク裏とバイパスバルブ周りの4φホース交換→シリコンに交換。バイパスバルブ周りのホース1つにオリフィスがあったが、つけたほうがいいのか?変化無し。
アクセルワイヤー調整→ディーラーでしてもらったが、変化無し。
Dチェック→エラーコードはなし・・・
ECUリセット→各作業ごとにやってるが変化無し。

順番はばらばらですが、これだけやってもだめでした。ディーラーも預かってみないとわからないとのこと・・・アイドルスクリューの洗浄はうまく外れないのでまだやっていません。
ほかに何か原因があれば教えていただきたいです。

ヴィヴィオRX-Rアイドリング不調
H6年式ヴィヴィオRX-R(KK3 A型←年式的にBかCですが見た目、プレート共にA型)に乗っているのですが、アイドリングが800回転まで下がらず困っています。あと、エンジンを切るとピューと音が鳴ります。(エアー漏れ?)サージタンク裏のホースの中にある黒いPCVバルブ?(一方通行にしか流れないバルブ)を反転させると消えますが、そっちが正しい向きなのでしょうか?
アイドリングを直そうと、色々試しましたがどれもダメでした。以下、交換、チェック箇所を書きます。

ICジョイントホ...続きを読む

Aベストアンサー

<<Dチェック→エラーコードはなし>> 原因は 電気ではなく 物理的原因です
ポートのつまりや 汚れなどで 適正な エアの供給がされていない

PCVバルブ 触っていないのに ピュー音の発生なら バルブの固着の可能性が
これにより クランクケース内の内圧が上がり アイドル不調になります
要交換で
電気負荷 若しくは AC負荷 の状態でハンチング
文面ですとファン回転ですのでどちらにも
取れますが 基準アイドルが 取れていないと ハンチングは発生します

走行距離の記載がありませんので推測で

EGRバルブの固着 アイドルポートの詰まり が あやしいです
スクリューの頭に ゴム系の樹脂が着いていると 思います
泡タイプのキャブクリーナを 塗布し暫く置くと 緩みやすくなるはずで
外した後 キャブクリ 泡タイプの物 たっぷりと スクリューの穴に
5分以上置いてから スクリュー装着 基準点に戻す
EGRにも同様の処理を EG指導の際は 回転をむやみに上げないこと

Qヴィヴィオのリミッターをを解除するにはどうしたらいいですか?

ヴィヴィオのリミッターをを解除するにはどうしたらいいですか?

またメーターは交換できますか?
H5年のスーパーチャージャーの2駆です。

Aベストアンサー

マニュアルミッションのつもりで回答しましたが、CVTとなれば話は別です。半年毎にミッションを脱着しての修理を覚悟するなら話は別ですがそれでも宜しいのならば・・・・因みに毎回10万円単位で修理代が飛びますかそれも覚悟できますか?

Qヴィヴィオビストロの修理代が20万円!

車検に出して見てもらったところ、母の車(平成9年式スバルヴィヴィオビストロ)が今すぐ修理しないと危険な状態で、修理代は20万円くらいかかると言われました。まだ8年目なのに、修理代が20万円もかかるとは、驚きました。僕はクラシカルな外観が気に入っているのですが、果たして新しい車を買うか、修理代を払って乗り続けるかどっちが得なんでしょうか?ちなみに、騒音がひどいのにはもううんざりしています。

Aベストアンサー

車は、不思議なもので部品交換必要な箇所が出て来ると次々と部品交換が、必要になってきます。

なので今回、20万かけて車検を取って車検期間(二年間)の間にまた別の部品交換が必要になってくると思います。

何と比較して損得を考えるか解りませんが、今回必要な20万と車検期間二年間に予想される部品交換の費用を新しい車の購入資金に回すという考えかたもあると思います。

QスバルVIVIO NA MT車で走行中カクカク振動が出ます。

VIVIO(ビストロ)H10年式 NA 5MTです。
中古で8万キロのものを購入しました。

出来れば同じ車に乗っている方のお話を聞けたらと思い、投稿させていただきます。


気になるのは、走行中、ある程度アクセルを踏み込んだときに、車全体がガクガクと結構強く震動することです。

MT車なので発進時にクラッチ操作を誤るとガクガクすることはありますが、気になるのはある程度スピードに乗った走行中に起きることです。


例えば、平坦な道路を

・5速で60kmで走行中→アクセルを緩めて50~55km位まで速度が落ちる→そのままアクセルを踏み込んで加速→ガクンガクン振動する→も、そのまま加速、60kmに戻る。

・4速で50kmで走行中→アクセルを緩めて40~45km位まで速度が落ちる→そのままアクセルを踏み込んで加速→ガクンガクン振動する→も、そのまま加速、50kmに戻る。

・3速,2速でも速度によって同じような減少が起きます。

タコメーターがないので、回転数はよくわかりませんが、要するに、回転数が低めの時に起きているのはわかります。

気になるのは、その振動の大きさです。
言葉ではなかなか表しにくいですが…
ギアがあってない時の、ガガガガガッとう小刻みな振動ではなくて、カクンカクンカクンて大きく揺れます。

買ったお店の人に同乗してもらって確認してもらったら、
「この年式(距離)の軽はよくこういう現象が起きます。貴方の運転の仕方では回転数が低いので、もう一段ギアを下げれば良いです。あと、気にしすぎです。」と言われました。


ちなみに、今まで軽のMT車は、カプチーノ、ビート、サンバーを運転してます。
カプチ、ビートはハイパワーだし、サンバーも40psとはいえバンでハイギヤーなので比較対象にはならないかもですが、
どの車でも、今回の、走行中にカクンカクンカクンという振動は今まで経験したことがありません。
単なるギヤの選択ミスならそれでわかるのですが、今までに経験したことのない振動なので、やっぱり気になります。

少なくとも、今まで乗った車では、ギヤの選択を誤って加速しようとした場合は、エンジンが唸るだけでガガガガと小刻みに振動して加速しない。っていう感じだったと思います。

それで、出来れば軽のMT車(VIVIOであれば一番いいですが)に乗られている方に
5速で50km→60kmに加速してみて(アクセルは全開でなく半分くらい)同じようなカクンカクンと揺れる現象が起きるかどうかをお聞きしたいです。
「そういうもの」ならそれでいいと思っておりますので。

それと、VIVIOのNAのギアの選択ですが、普通に平坦な道を定速走行をするにあたっては、
5速50km~ 4速40km~ 3速30km~ 2速20km~
を目安にしてますが、低すぎでしょうか。(もちろんこの速度から加速時は一段落とします)
ちなみにこの速度だと少しアクセルを踏み込むと、そのカクンカクン振動が出ます

そりゃそんな乗り方したら揺れるに決まってるよって言われるかもしれませんが、今まで乗った車で、そんな揺れを経験したことがなかったので、気になっています。

古い車を格安で購入しましたので、別にクレームがつけたいのではなくで、
何処か修理で改善されるなら修理したいし、そいうものならそういうもので、気にしない事にしたいと思っております。

VIVIO(ビストロ)H10年式 NA 5MTです。
中古で8万キロのものを購入しました。

出来れば同じ車に乗っている方のお話を聞けたらと思い、投稿させていただきます。


気になるのは、走行中、ある程度アクセルを踏み込んだときに、車全体がガクガクと結構強く震動することです。

MT車なので発進時にクラッチ操作を誤るとガクガクすることはありますが、気になるのはある程度スピードに乗った走行中に起きることです。


例えば、平坦な道路を

・5速で60kmで走行中→アクセルを緩めて50~55km位まで速度...続きを読む

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

単純なとこから攻めてみましょう。

「プラグコードのリーク&ミスファイヤ」に一票投じます。

コード&プラグを交換してみると改善しそうな・・。

Q10年10万キロのヴィヴィオ NA MT の燃費向上について

こんにちは。

ヴィヴィオ NA MT 平成10年式に乗ってます。

この車はまったくのノーマルで、車検半年付で4万円で購入しました。

さて、本題なのですが、この車の燃費をもっと向上させたいのです。

現在の燃費で平均15キロ。徳島の市街地を通って通勤しております。

そこで質問なのですが、質問項目を3つ用意しました。

1、あなたがつけて燃費向上に効果があったパーツはなんですか?
  (アーシングや、エアフィルター交換など)

2、あなたが実践している燃費向上のための運転テクニックはなんですか?
(急加速しないなど)

3、無料でできる燃費向上方法はどんなものがありますか?
  (空気圧調整など)

個人的に燃費向上法を勉強してまして、あなたの知恵をお借りしたいと思い質問しました。

あなたの意見が聞きたいので、上記すべてに回答する必要はありません。

回答は上記の内、1つでもいいので、あなたの経験と知識をぜひお貸しください。

以上、身勝手ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

整備士20年以上やってます。
一応、私の経験から言えることをいくつか。

1:これをつけるとメチャメチャ良くなった、というパーツは、聞いた試しがないですね。
おそらく、どれか1つだけつけても、メーター誤差レベルの向上にしかならないと思います。
あれこれいくつも取りつけて、やっと数字に現れるレベルかと思われます。
物によっては、むしろ逆効果になる可能性もありますし。
たとえば、マフラーもエンジンも燃料系もノーマルで、エアクリーナだけ極端に吸気抵抗の低いタイプにしても、むしろパワー落ちてしまう可能性もけっこう高いと思いますしね。
他の方もおっしゃってますが、そのへんにお金をかけるより、メンテにお金かけたほうがよろしいかと思います。
タイヤも、次に交換するときには、転がり抵抗の少ないエコタイヤ、などと謳っているタイプにするといいでしょう。
サイズアップ、インチアップは、見た目やグリップはよくなるかもしれませんが、それだけパワー食われて加速も燃費も落ちます。

2:基本は、「無駄になるとわかっている加速はしない、一度出したスピードはなるべく殺さない」です。
エンジンが最もガソリンを消費するのは、加速の時です。
アクセル開度が全開に近くなるほど消費量が増えます。
なので、無駄になるとわかっている加速はしないようにして、せっかくガソリンを消費して乗せたスピードは、なるべく大事にします。
要は、可能な限り、一定速度での巡航を目指すわけですね。
たとえば、信号が青になって発進して、そのまま60キロまで加速すると次の信号がまだ赤のうちに到達してしまって、一度減速して20キロまで落とし、青になってからまた加速、みたいなのって、無駄な加速ですよね。
だったら、40キロまでしか加速しなければ、次の信号がちょうどのタイミングで青になるので、そのまま40キロを維持できるなら、こっちのほうがはるかに燃費がいいわけです。
通勤で使っているなら、毎日通る道の信号タイミングは読めると思います。
どうせ出しても殺さないとならないスピードは、周囲の迷惑にならないレベルで出さないようにしています。
また、車間距離をやや広めに取ることで、前の車の微妙な速度変化に対しても、こっちも細かく対応しなくても、緩衝領域のある分だけこっちの速度変化をゆるやかに出来ます。
ただもちろん、燃費向上も大事ですが、それを気にする余りに事故を起こしては無意味なので、それが必要な時には全開加速もしていますけどね。

もう一つ、大きいところで、「なるべくエアコンのコンプレッサーはONにしない」ことでしょうか。
真夏の炎天下や、雨の日に窓が曇った時など、どうしても我慢できなかったり、必要に迫られた時以外は、基本的にコンプレッサーはOFFにして送風のみで使っています。
窓を開ければ耐えられるレベルの暑さなら、それで充分です。
特に軽はパワーないので、コンプレッサーに食われる馬力はバカになりません。
排気量の大きい車より、軽の方がコンプレッサーON/OFFでの燃費の変化は目に見えて現れてくると思います。
あと、MTであれば、ギア選びもけっこう重要です。
エンジンは、燃費のいい回転数というものがあります。
高すぎても低すぎてもよくないです。
たとえば加速する時にも、あまりに低い回転数からの加速では、逆にトルクが細すぎて、その分ノッキングするような加速になるので、エンジンにもよくないし、燃費もよくなかったりします。

3:お金をかけずにできるというと、やはりみなさん言ってるように軽量化が一番効果的でしょうかね。
(タイヤの空気圧高め、くらいはすでに実践されていると判断しました)
だからと言って、シート外したりすると、いざ他人や荷物を乗せる時に不便だったりしますよね。
そんな機会はほとんどない、というのであれば、リアシートくらい外してしまってもいいですが・・・車検の時にはつけましょう。
内張りなども、実用上支障なさそうな部分は外してもいいかもしれません。
やりすぎると、なんか殺風景になるだけでなく、むき出しの鉄板でケガしたりしますので、内装外しはほどほどにしたほうがいいです。
内張りがつく部分の裏は、内張りあるのを前提としてるので、鉄板の切り口や溶接痕など、あまりきれいに処理されていないので、なおさらです。
内張りが防音材の役目もしてるので、音も若干うるさくなりますしね。

とりあえず、トランクに入ってるいらない物は全部降ろすのが基本です。
洗車道具やタイヤチェーンも、車ではなく家に置きましょう。
ゴルフバッグや書類の入った箱なども、必要な時だけ積みましょう。
最悪はJAF呼ぶ覚悟で、パンク修理剤のスプレー1本積んで、スペアタイヤと工具も降ろしてしまうのもアリです。
ただその場合、クギ踏みパンクはなんとかなっても、バーストしたりすればレッカー呼ぶようになりますが。
どうせ自分しか乗らないのであれば、助手席やリアシートのフロアマットなんていりません。
グローブボックスやドアポケット、コンソールの小物入れに入ってる、どうでもいいガラクタもポイしましょう。
こまめにあれこれ降ろすと、トータルではけっこうな重量になるもんですよ。

それと、お金のかかる部分ですが、外装があまりにボコボコになっている部分は、修理したほうがいいかもしれません。
特にフロント回りとか、べっこりへこんでいたりすると、空気抵抗かなり大きくなります。
ただ、ほとんど市街地のみで、高速走行は滅多にない、というのであれば、そのままでもいいと思います。
空気抵抗が効いてくるのは、高速域だけですからね。

以上、多少は参考になりましたでしょうか。

整備士20年以上やってます。
一応、私の経験から言えることをいくつか。

1:これをつけるとメチャメチャ良くなった、というパーツは、聞いた試しがないですね。
おそらく、どれか1つだけつけても、メーター誤差レベルの向上にしかならないと思います。
あれこれいくつも取りつけて、やっと数字に現れるレベルかと思われます。
物によっては、むしろ逆効果になる可能性もありますし。
たとえば、マフラーもエンジンも燃料系もノーマルで、エアクリーナだけ極端に吸気抵抗の低いタイプにしても、むしろ...続きを読む

Qスバルヴィヴィオのエンジンから異音が!

シビアコンディション(走らなさ過ぎ 月200kmくらい)、13年で12000キロしか走っていないヴィヴィオの、予防修理で、タイミングベルト、テンショナー、ファンベルト2本、ウォーターポンプ、カムシャフトシール、クランクシールの交換をしました。納車時は「少し音が変わった」と思いましたが、部品を替えたのでと、良い方向に解釈していましたが、次第にカンカンカンという打音に変わり、4日目ではっきりしたので、整備した工場に再び持ち込み、修理中です。整備士いわくですが、「下のほうのクランクから音がする」とのことですが、前記の整備をしただけで、クランクの大端部のメタルが焼きつく事なんてあるんでしょうか?ご教授下さい。

Aベストアンサー

オイルが入っていてもオイルラインが塞がっていたら、オイルが循環しないために焼き付きを起こすことは考えられます。

あと、クリアランスが適正値から外れている可能性もあります。

Qプレオのスーパーチャージャー

プレオRSに乗っていますが、プレオのスーパーチャージャーはなぜ、ボンネットにダクトがないのでしょうか?ヴィヴィオとR2のスーパーチャージャーはダクトがありますが、プレオにないのは、何か機能的な理由があるのでしょうか?
最近になって、ふと疑問に思ったので、どなたか詳しくご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ダクト」が無いのではなく「エアスクープ」(ボンネット上の穴)が無いのです。プレオRS/RM、ネスタRG等DOHC/SOHC共、ボンネットを開けて向かって左側のラジエターみたいなヤツがインタークーラーです(マイルドチャージは無かったか?)が吸入口はFグリル裏にちゃんとダクトがあります(グリル外さないと見えません)。仰る様に多くの軽の場合インタークーラーはエンジン上部にありますしボンネットに吸入口=エアスクープを付けてますが、プレオはFグリルからダクトを通して走行風を取り入れる訳です。なぜか?は判りませんが要はスペースと効率のせめぎ合いででしょう。それに「これ見よがしのスタイル」もあえて採用しないのかも知れませんし。

QVIVIOのECVTについて

VIVIOのH5年式(いわゆる初期のA型)に乗っています。
ECVTに関して質問です。

Q1.ATフルードをこまめに交換していればECVTのベルトはかなり(20万km以上)持つものなのでしょうか?ちなみに私のVIVIOはKK3のNAです。
Q2.16万キロ以上の走行歴があり、現在も無交換で元気に走ってるよというVIVIOもしくはスバルのECVTに乗っている方がいらしたら、現在の走行距離を教えてください。
Q3.エンジンのOH経験者がECVTのベルト交換に手を出すことは無謀でしょうか?技術的にどの程度シビアなものなのでしょうか?現在、エンジンのクランクシャフトを交換するためエンジンをばらしていますが、ECVTのことを考えるとこの際一緒にやっておいたほうがよいのか考えております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2気筒スーチャー、4気筒NAとスーチャーと経験が有りますがCVTベルトよりもパウダークラッチとブラシですね。ネックは
2気筒は正直メチャクチャ飛ばしましたから、壊して当然なんですけど12万Km走行位で、CVTで無段階であるはずが、何か引っ掛かるカンジでそろそろかな?と兆候が出ました。けど、それからでもまだ走ってましたからおそらく、競争さえしなければ持つでしょう!?
スバルCVTはオイル量が少ないですから、オイルを焼いちゃうとNGです。普通のATFより交換回数を多くしておけば良いと思います。
4気筒のほうは、私から嫁に出した時すでに13万Km走ってまして、16万Kmで全損事故・・・その後に解体屋が「まだイケル」(うそだろ~)とCVTミッションを売ったようです。
貴方の使用環境がもっとも左右しますけど、平坦路が多くて「タコメーターよりSメーターが追い越す時間」が長いのならDrシートより持ちますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング