民主党政権に対する失望感がとても大きいようですが、
例えば、菅総理が、
「野党の方が楽だし、もう面倒くさいからやめちゃう」
といって、
政権を投げ出した場合、
それで日本は間違いなくよくなりますか。
僕は自民党政権の時に、
年金保険料をだまし取られたり、
だまし取った保険料を計上し直しますと言いながら、
結局そのままにしてほっかむりしてしまった自民党が信用できません。
菅さんがやめた場合、誰がリーダーシップをとって日本を牽引するんですか。
またその人物に任せて大丈夫ですか。
その人物とは誰ですか。
小沢さん?
石原さん?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今は有事(戦争・災害・大規模事故・経済恐慌など、国民が普通の生活ができない時)ですので、それに相応した政治が必要とされます。


政権交代後の民主党政権は、平時の政治も今ひとつ不自由でしたが、震災後の有事の対応はさらに馬脚を現しているのが実情です。

で、有事の際の自民党の実績ですが、意外と頑張っているのです。

○阪神・淡路大震災
忘れている人も多いですが、当時の村山首相は社会党ですが、自民党も連立を組んで与党として政権に参画していたのです。
震災直後の初動対応は、村山首相が混乱し、自衛隊をすぐに投入できないなど失敗もありましたが、自分に震災処理の能力がないことを自覚した村山首相が、自民党出身の小里貞利氏を専任の震災対策担当大臣に担当させ、小里氏に必要な権限委譲を行い復旧・復興の陣頭指揮にあたらせたため、以後の復旧・復興活動が順調に進みました。

○新潟県中越地震
阪神・淡路大震災後、政府と官僚は震災対応のノウハウを着々と積み、その成果が発揮できた。
官邸では震災の4分後(!)に対策室が設置。当時の小泉首相は外出先から1時間後に公邸に戻って対応にあたる。
自衛隊の投入も迅速に行われ、首相の活動に足を引っ張るような現地視察もなく、以後の復旧・復興活動が円滑に行われた。


さて、現在の民主党の空き缶政権の震災対応ですが、阪神・淡路大震災後から積み上げられた震災対応のノウハウをことごとく無視して、すべてをトップダウンで乗り切ろうとするところに問題があります。

さすがに過去の村山政権での失敗を反省したのか、自衛隊の総動員については評価してもいいと思います。
しかし、その後の対応は、空き缶政権の行政の実務能力があまりにも低いため、ことごとく後手後手に回る始末です。
自らの実務能力の不足さ自覚して、有能な政治家を抜擢し、権限を委譲して震災からの復旧・復興に対応させた村山首相の方が、はるかに実情にかなった対応をしていると言ってよいでしょう。

また、平時の政治活動においてはトップダウンの手法を好んだ小泉首相でさえ、上から目線の活動は極力せず、過去から積み上げられたノウハウに従って、現場の自由な活動を阻害しなかったことも、評価に値すると思います。


空き缶首相の取るべき方針は、今までのやり方に限界があったことを自覚し、過去のやり方どおりに戻るか(現場に必要な権限を委譲し、トップダウンの手法を極力抑える)、もしくは国民にこれ以上の被害を与える前に自分から政権の座を去るかです。
首相の座にすがりつくことが命題の空き缶首相には、おそらくどちらの手法もとることができないと思われるので、外部から圧力を加えて首相を辞めさせる(実際には、衆議院での内閣不信任案決議)ことが、空き缶首相を除いた現在の与党・野党の政治家の取るべき道ではないかと思われます。
    • good
    • 0

結局そのままにしてほっかむりしてしまった自民党が信用できません。



>>自民党のあとを引き継いでるのは民主党だろうに。。

菅さんがやめた場合、誰がリーダーシップをとって日本を牽引するんですか。
>>大連立でないと無理です。
5Kを、やめなかったから、いまだに先に進んでいませんねえ。


民主党のような、売国政府では困ります。
おかげで、不法に入国した中国人が公園で商売を始めるわ。。ほんと困っています。
中国・韓国に尻尾を振る政策は、いい加減にしていただきたいです。

普段の政策が満足に出来ない状況で、復興政策など到底望めません。
    • good
    • 0

民主党も自民党も信用ならん事には変わりはありませんわなぁ。

今の日本は「政情不安定」と言っても過言では無いと思います。総理がコロコロ変わるから世界からも信用を失い、ロシアからは北方四島は返還しないと強く言われるし、なんぼPRしても国連の常任理事国になれない。経済は中国に追い抜かれるし、アメリカも普天間問題などで不信感を募らせている。

>菅さんがやめた場合、誰がリーダーシップをとって日本を牽引するんですか。またその人物に任せて大丈夫ですか。

=この質問は誰がリーダーシップにふさわしいかという事には答えられますが、その人物に任せて大丈夫かは保証できません。自民が政権を取り返すか、民主が守り抜くか。いずれにしても次期政権にこの2大政党が絡んでくる事は間違いないんですから、どうしたってこの中から選ばなければならない。しかしその権利は我々国民にはない。そこが歯がゆいところです。私が推薦するのは

・森喜郎 = 自民党の大長老ですね、今では。森派を町村派に名称変更しましたが、森さんが実権を握っている事には違いありません。まさかこの人に逆らう自民党員もいないでしょう。実際、この人が総理になった時は体格も良いし、強面だし、いけるかなぁと思いましたが残念ながら「失言・失態」が多かった。それで降ろされた様なもんですから。それにあの頃は「長老」と呼ばれる方々が沢山いましたので、ここは一つ、サプライズで森再登板はどうでしょうか。

・亀井静香 = この人は国会議員の中でも「俺が決めたんだから皆従え」っぽい人物です。なにせ、元「警視正」。押しは効くでしょう。


ちとこの2人しか思い浮かびません。
    • good
    • 0

国会(衆議院が優先)


で、次期首相に指名された人。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング