薔薇を始めて4年目になります。
現在ミニバラを含めて50品種ほどを育てていますが、毎年この時期には
店先に並ぶ新苗に釘付けになってしまいます。

皆さんが今までに出会った品種のなかで

「これは綺麗で感動した!」
「これはには堪らなく惹かれた!」

という品種があったら教えてください(^_^)/♪


敷地がもう少し確保できたら、また少し増やそうかと思っていますので、
その時の参考にさせていただきたいとも思っています。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

私も、知らないうちに鉢バラが増えてしまいました。


好きなお花は沢山あるので、選ぶのが難しいですね。

定番中の定番では、ピエール・ド・ロンサール
優美な姿に、うっとりして、これは地植えにしてしまいました。

アブラハム・ダービー(イングリッシュ)
ピンクにオレンジが混ざった感じが素敵です。

ザ・プリンス(イングリッシュ)
華やかな色ではないのですが、気品を感じさせるお花です。

最近のお花だと
スプリング・コサージュ
FLで、花つきが良く、とても可愛いお花です。
できたら、庭で数本群埴させたい感じです。

シークレット・パフューム
蕾は濃いラベンダー色、開いたお花と蕾との共演が楽しいです。
香りも素敵

黄色いお花も、温かみがあっていいですね。
ツルのゴールドバニーとか、イングリッシュの、ザ・ピルグリムとか。

ますます、素敵なお庭になりますように。
    • good
    • 0

maryaliceさんと好みが合うかわかりませんが、私のお気に入りのバラを書きますね。



香りがスキ→ エブリン、ボレロ、セント・セシリア
花型がスキ→ クイーン・オブ・スウェーデン、アンジェラ、ローブリッター、キャスリン・モーリー
写真映えがしてスキ→レオナルド・ダ・ビンチ、ギィ・ドゥ・モーパッサン、ミミエデン、
    ベビーロマンティカ、ルージュ・ロワイヤル
一輪の大きさに感動→マイ・ガーデン、ピンク・パンサー
一重の品種だけどスキ → ラベンダー・ドリーム、バレリーナ

今、一番のお気に入りはウィンダーメアです。でも来年はきっと違うと思います^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
313425さま、詳しくありがとうございます(^_^)/♪

うちにも、エヴリン、キャスリン・モーリー、レオナルド・ダ・ビンチの
3品種はありますよ!
エヴリンの、あの豊満で柔らかな風合いとあの香り、私も大好きなんですよ。

品種の好みって、変化しますよね。

メルヘン・ケニギンなどは、インパクト薄いし香りも弱いからお嫁に出そうかと
迷っていたら、鉢から地面に根を下ろしてからというもの、素晴らしくたくさん
蕾をつけてシュートも上がってきたので、今までの評価が一変しましたし!

ダ・ビンチって・・・写真映え良いですか?
色飽和を起こしやすいのか、携帯のカメラではいまいちな場合が少なくなくて…(泣)。
花持ちいいし、存在感があるし、何より丈夫だし、言うことないのですけれどね。

そういえば、接ぎ木苗をプレゼントされて以来、ず~っとキャサリン・モーリーの
花付きがすこぶる悪いんです…癌腫は治ったみたいなんですけれど…。
キャサリンの、あのクリアピンクは他にはない色合いですよね~。

ピンク・パンサー…黒点病にとっても強いと聞いたことがあります!
そんなに大輪だったとは知りませんでした…余計に興味が出てきましたよ♪

スーザン・ダニエル(色合いが好き)
あおい(なんだか神秘的で惹かれる)
ラ・マリエ(香り絶品らしいですね!)
ターン・ブルー(カップ咲きのブルー系って珍しい!)

こんな感じで、人様からの紹介やネットサーフィンで薔薇の品種にたくさん出会って
きました。

ウィンダー・メア…調べてみますね!
どうもありがとうございます(*^_^*)☆

お礼日時:2011/05/02 20:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉢植えでバラを育ててますが、夏に成ると葉が下のほうから黄色く成って枯れ

鉢植えでバラを育ててますが、夏に成ると葉が下のほうから黄色く成って枯れていきます。ベランダでハイブリットティー、フロリバンダを10鉢程育ててます、10号の鉢です。床の熱から逃すため40センチ程の高さのスノコ状の棚に載せてあります。暑い日は夕方には葉がしよれて来るので、殆ど毎日水をタップリあげてます。暑さで根が傷むのでしょうか、水のあげ過ぎでしょうか。育てるコツを教えて貰えませんか

Aベストアンサー

夏場における晴天時の鉢植えの水遣りは、朝夕2回のペースですね。朝方まだ土が半乾きの状態でも水遣りしておきます。でないと正午あたりで水切れしてしまいますからね。その為に土は水はけの良いものを使っています。
バラは暑さが苦手ですからね。盛夏は幾分遮光されるか、あるいは大変明るい日陰ぐらいの所に移動された方が、できればよろしいです。梅雨明けから秋の彼岸あたりまでですかね。
それとマルチングも必要ですね。鉢土の乾き過ぎを抑えます。マルチング材は色々ありますが、ピートモスや水ゴケは乾けば水を弾くし、藁は田舎ならともかく、販売されているものはバカ高い。という事で私は割安なバーク堆肥を使っています。鉢土の上3~4cmぐらいを覆ってやります。
鉢に直射日光が当たって高温になるのも、あまりよろしくないですね。ムシロみたいなもので鉢を覆ってやれば良いかも知れませんが、ムシロも最近見かけませんね。まあ代替品でもあれば。ゴザ?アルミホイル?、あまり自信はありません。

日当たりの悪い葉は黄色に枯れ易いですね。特に株の内側に茂っている葉など。これらの葉も剪定して減らしてやれば、風通しも良くなって一石二鳥ですね。
後、霧状の葉水(シリンジ)を葉の表裏に与えてやるとよろしいですね。潤いを与えられて葉が喜びます。ハダニの予防にもなって、これも一石二鳥です。
もっとも黒点病(黒星病)の場合は、シリンジは注意が必要です。病気が広がる可能性がありますからね。早めにまた乾かす事が大事です。できれば朝方にシリンジした方がよろしいでしょう。
ちなみに黒っぽい斑状になって黄色く枯れるのは黒点病です。

ベランダの床面からの放射熱を避けるために鉢を持ち上げられたのはよろしい事ですが、下からの通気が良くなって鉢土は乾き易くなります。吊り鉢がよい例ですね。
しかしともあれ、夏場の晴天時は朝夕2回の水遣りが基本でしょう

夏場における晴天時の鉢植えの水遣りは、朝夕2回のペースですね。朝方まだ土が半乾きの状態でも水遣りしておきます。でないと正午あたりで水切れしてしまいますからね。その為に土は水はけの良いものを使っています。
バラは暑さが苦手ですからね。盛夏は幾分遮光されるか、あるいは大変明るい日陰ぐらいの所に移動された方が、できればよろしいです。梅雨明けから秋の彼岸あたりまでですかね。
それとマルチングも必要ですね。鉢土の乾き過ぎを抑えます。マルチング材は色々ありますが、ピートモスや水ゴケは乾け...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報