ご教示ください。

現在、民事の本人訴訟の最中ですが、相手方の不正を立証するため
ある建設業者の人間を証人として申し出ようと考えています。

趣旨は、相手方が当方の過失で工作物を損壊されたが
当方が修理に応じないために、自ら出費して工事を発注し、
その費用を損害賠償請求してきたのですが、
そこに、故意の水増しが見て取れるのです。

なので、実際の工事費の積算の詳細や、相手方からの
何らかの依頼の有無、ということを証人尋問したいのです。

そうなったときに、あくまで業者の代表者(社長など)を
証人として申し出るのか、それとも、実際に、工事にあたって
相手方と打ち合わせ、積算&設計などの実務に携わった
担当者が対象となるのか。

社長ならば、証拠申出書において「証人の表示」で
氏名を特定できますが、担当者(一介の社員)の場合は、
氏名が特定できないので「○○の業務に携わった主たる
担当社員」などと書くのでしょうか?

いわゆる、敵方の証人、ということになるのでしょうが。
この業者が相手方とつるんで悪意による行為をしたとは思えず、
真相を語ってくれそうな期待が大きいもので。

すみませんが、上記のようなケースでは、証拠申出書に
どのように記載すべきか、よろしくお知恵をお貸しください。

A 回答 (1件)

文面を拝読しますと「損害賠償請求してきたのです」と言うわけですから、原告は、その「ある建設業者」ではないでしよう。


故意の水増ししているのではないか、と言うことで、その建設業者に証言を求めたいのでしよう。
それならば、その証言で「水増ししています。」と言うでしようか ?
nekotowerさんは「この業者が相手方とつるんで悪意による行為をしたとは思えず」と言っておられますが、共謀でないとしても、原告は、その見積もりで工事を完成させた工事費等の請求ですから、とても被告の有利な証言は得られないと思います。
裁判所も採用はしないと思います。
どうしても申請したいならば、その業者の会社登記簿謄本を取り寄せ、その代表者を記載すればいいです。
その見積もり書の責任は代表者にあるのですから。
もし、その代表者が採用され、その証言で「私は知りません。」と言うならば、その段階で携わった担当者の氏名を聞き出し、再度、その者を証人申請します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ございません。
(ちょっとウェブを見れる状態になかったもので…)

なるほど,実務に携わった者が誰であろうと,まずは代表者,
ということですね。
ありがとうございます。

その社の代表者は,すでに明らかになっています。

今回のケース,もし業者を尋問できれば,
原告の不利となる証言を引き出せそうな可能性を
見出しているので,なんとか頑張ってみたいと思います。

ご親切な文調で,心に沁みました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2011/04/28 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング