私は大学で学部で外国人と話をする事が多いです。

その時に、アメリカの女性が「日本の女性って夏でもストッキングを履いてる人がいてびっくりした。就活はもちろん、私服でも年配の方で履いてる人がたまにいるし」と言っていました。

他の国の人も、暑い夏はみんな働く時も履かないみたいで世界でもかなりの高温多湿の日本で履くなんてあり得ないと言ってました。

確かに暑い夏に履くのはつらいですしね。でもこんな暑い中でも履いてるのも凄いわと感心していました。

皆さんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昨年の夏のように猛暑だと、流石に少なかったように思いますが、


確かに多いですね。特に年配の方は。

日本人と外国の方との違いは
生肌を見せるのは恥ずかしい、年に合わない、という日本固有の感性が働いたものだと思います。
年を重ねるにつれ、あまり肌を露出しすぎると、
「年齢の割に」「おばさんの生足なんて」と、周りの目も気になるようになるのです。

就活の際は、ストッキングを履くのが一般的なマナーとなっているからですね。
男性は暑くてもネクタイをするでしょう?それと同じような感覚です。
今はクールビズと言ってネクタイをしない習慣が出てきましたが、
就活のような敏感な活動中に「今は世の中クールビズだし」とネクタイやストッキングを使わないで
奇異な目で見られて、万が一にも合否に影響が出ては嫌だという心理が働くのではと思います。
(勿論、例外はありますし、昨今は就活も事情が変わっているそうですが、
 まだまだ多くの会社の面接等では、一般的な常識があるかどうかを問われる場でもあるものです。)

それに、ストッキングって、外国の方が思われているより暑くないですよ^^;?
最近は夏用の涼しいものが増えましたし、屋内の冷房避けには魅力的です。
私は20代女ですが、(昨年の猛暑は流石に履きませんでしたが…^^;)
例年の夏は、UVカット目的も合わせて、綺麗目の服装をする時は履きますよ。

外国…、特に西洋の方々は、日本にいらっしゃる方を見るに
女性も平気でタンクトップやキャミ1枚で出歩いている人が多いですよね。
それも、日本では珍しいですよね。皆外国女性の方々を奇異の目で見ますよね^^;?
そういう事なのです。

長く書きましたが、ようは単純に、文化の違いなだけかと思われます。
    • good
    • 0

私も始めて来日した時には女性が足の毛を剃らない、ストッキングとサンダルの


組み合わせを見て驚きました。
最近の若い人はさすがに足を綺麗に見せる為に毛は処理してますが、夏にpedicure
をしないのにはびっくりしました。
プールである知り合いの方の足が毛でボウボウしてましたので私は剃り方を教えましたが
最初はかなりの抵抗があったようです。
”毛が段々分厚くなるんじゃないの?”と心配されてましたが、剃り始めてからその方は
習慣つけました。
それと、年配の方が豆に顔剃りしないのもみっともないですね。
ファンデーションを塗ってるのに口のしたにうっすら見える毛が気になります。
閉経後女性はホルモンの関係が男の体になりますがやはりマナーとして毛の処理は
したほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報