こんにちわ。
食道がんの手術をうけて、食道を全摘したのですが術後のケアについて教えて頂きたいです。
転移などはなく、医者は術後の異常は一応ないと言われます。
食道のほかに胃を3分の1ほど取り除いたからか、食欲がでません。
これは時間とともに食欲が出るようになるのでしょうか?
一応食べる努力はしていて少しづつ食べている状況です。
また食道がんの術後に食べたらいいものなど食べやすいものがあれば教えて頂きたいです。
また、のどが詰まった感じがして飲み込みにくく、咳が出ます。
何か対策など、なんでもいいので教えてほしいです。
食道がんの手術を受けて仕事復帰をされている方もたくさん居られると思うのですが
術後どのくらい経過して、職場に復帰されているのでしょうか?

食道がんについて書かれている本でお勧めのものがあれば教えてください。
たくさん質問があるのですが、回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご参考に……



食道がん (がん看護実践シリーズ)
平出 朝子 (監修), 加藤 抱一 (編集), 野村 和弘
メヂカルフレンド社
2,940円
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食道がん術後と睡眠の関係

私の父は喉頭癌、2年前に食道癌になり食道を摘出する手術をしました。その後は定期的に検査してますが今の所再発していません
食道摘出後は食事も減りだいぶ痩せました・・・・それは覚悟していたのですが半年ぐらい前から眠れず苦しんでいます、寝てもすぐおきてしまい医者から睡眠薬を出してもらい飲んでるのですが最近ではビールと通常の2倍の睡眠薬を飲んでもなかなか眠れずにいます
食道摘出と眠れないことが関係あるのかはわかりませんが。どんな事でもかまいません。うまく言えませんが何か眠れるいい方法のど教えてください。宜しくお願い致します

Aベストアンサー

睡眠薬2倍量とアルコールを一緒に飲むって言うのは良くありません。主治医に相談したほうが良いと思います。睡眠薬の種類が変更になるかもしれません。睡眠薬…といっても実はいろいろな種類があります。何を飲んでいらっしゃるかな??主に、(1)超短時間型睡眠薬 (2)短時間型睡眠薬 (3)中間型睡眠薬 (4)長時間方睡眠薬 (1)でしたら寝付けない人が飲むことがあります。寝つきも悪いし、眠りも浅ければ(1)(3)併用して内服することもあります。手術後2年経過されているので、それが原因とは言いにくいとは思いますが…何か心配なことを考えてしまっているのかもしれませんね。
 まずは、主治医に話してくださいね。

Q針生検で初期の乳がんと診断されました。ステージ1で、1ミリです。全摘か温存かで悩んでいます。全摘の場

針生検で初期の乳がんと診断されました。ステージ1で、1ミリです。全摘か温存かで悩んでいます。全摘の場合リハビリを含めどのくらいの期間で職場復帰できるものでしょうか?

Aベストアンサー

1cmの大きさだったら、一般的に温存を選択しても問題は無いと思います。初期の乳がんの場合、温存と全摘で治療成績に差が無いことはデータとして解っていることですし、それとも全摘しないと危険だと医師から言われているのでしょうか。いずれにしても今の医師の指示にしたがうか、もう一人セカンドオピニオンとして別の医師に相談してから判断されてもいいのではないでしょうか。

Q食道がんについて。

母の食道がんが発覚し、切るか、放射線&抗癌剤の治療をするかの選択で、後者を選択しました。
結果として、がんは少し残り、当初なかった胆道がんをも併発することとなり、その後、食道がん自体も、悪化してるようです。

食道がんをレーザー照射して治療するという方法はなかったのかな、と思ったのですが、どうなのですか?また、こういう治療方法では、保険が効かなかったりしますか?

サザンの桑田さんも食道がんだったと思いますが、どういう方式を選択したのでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)サザンの桑田さんも食道がんだったと思いますが、どういう方式を選択したのでしょうか?
(A)報道を見ると、食道を切除して、残った食道と胃を吻合する手術
だったようですから、初期の下部食道癌だったと類推されます。

がんは、その部位(場所)、進行度によって、治療法方がさまざまです。
従って、他人の治療を知っても、自分に当てはまるとは限りません。
ましてや、細かい診療データは公表されないので、
報道だけを見て、「自分も……」と思うのは、ちょっと危険です。

(Q)結果として、がんは少し残り、当初なかった胆道がんをも併発することとなり、その後、食道がん自体も、悪化してるようです。
(A)「がんは少し残り……」
どのようにして、それが分ったのか、わかりません。
放射線治療で、がんが残っているのが分っていれば、
別の方法も検討されたと思うのですが……

「当初なかった胆道がんをも併発する」
このようにお考えになる方が多いのですが、
がんが大きくなるには、年単位の時間が必要です。
従って、胆道がんを併発したのならば、その癌は、
すでに5年以上前に発生していた可能性が大です。
最初は、小さくて、どんな検査でも発見できなかったのが、
今回、発見できるような大きさになったということです。

「食道がん自体も、悪化してる」
具体的にどうなっているのかコメントされていないので、
判断ができません。

(Q)食道がんをレーザー照射して治療するという方法は
なかったのかな、と思ったのですが、どうなのですか?
(A)フォトフリンを注射して、レーザーを照射する方法のことだと思います。
初期のがんに適用になりますが、質問者様の場合、
その適用になったのかどうかも判断できません。
健康保険適用ですが、フォトフリンは、蛍光灯にも反応するので、
治療中(2~3週間)は病室を暗室にできる施設が必要です。
いずれにしても、今からでは、どうしもうもありません。

食道癌についての一般的な知識のご参考に……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_10/hc/index.html

(Q)サザンの桑田さんも食道がんだったと思いますが、どういう方式を選択したのでしょうか?
(A)報道を見ると、食道を切除して、残った食道と胃を吻合する手術
だったようですから、初期の下部食道癌だったと類推されます。

がんは、その部位(場所)、進行度によって、治療法方がさまざまです。
従って、他人の治療を知っても、自分に当てはまるとは限りません。
ましてや、細かい診療データは公表されないので、
報道だけを見て、「自分も……」と思うのは、ちょっと危険です。

(Q)結果として、がんは少...続きを読む

Q子宮頸がんで広汎子宮全摘術後の追加治療について

先月、子宮頸がん(扁平上皮癌、深さ11mm、縦軸方向の広がり18mm)で広汎子宮全摘術を受け病理検査の結果、リンパ節転移なし、静脈侵襲なしv(-)、リンパ管侵襲がごくわずかにうかがわれますly(+)。

との結果がでました。担当医師は化学療法を念のために行っておきたい。放射線は再発に備えたいとの意見です。

私としては抗がん剤の副作用、精神的に耐えられるかどうか不安なので、避けたい選択なのですが、念のため治療を受けるべきかどうか迷っています。

家族はこれ以上体に負担をかけるのは良くないのでは?との意見です。

素人なので不安が一杯です。アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

手術後の放射線治療、化学療法は、
術後補助療法と呼ばれています。

なぜ、「補助療法」なのか?
それは、個別には効果を判定する方法がないからです。
例えば、補助療法をした人、しなかった人、
それぞれ1000人を調査すると……
再発した人が、
した人では、300人。
しなかった人では、500人。
だから、した方が良い……というのが現状です。

つまり、しなくても500人の人は再発しない。
しても300人の人は再発するのです。
つまり、統計学的には、した方が良いのですが、
個人個人では、賭けでしかないのです。

となれば、何をもって判断するか?
これは、情報しかありません。
後になってから、知らない情報がでてくることほど、
動揺する、不安になる、不信になることはありません。

例えば、主治医の先生は、化学療法と放射線療法を
別個に考えているようですが、それを別々の治療ではなく、
一つのセットとして考えている先生もいます。

となれば、これは、情報を集めるしかありませんが、
素人の個人では、限界があります。
となれば、プロの力を借りるべきです。

一つは、セカンドオピニオン。
セカンドオピニオンを誤解している人が多いのですが、
これは、主治医の先生からデータを借りて、意見書と一緒に
別の先生の意見を聞くことです。
だから、セカンドオピニオンなのです。
意見であり、診察ではないので、本人が行く必要もありません。
純粋に、データ上を見ての意見なのです。
セカンドオピニオンの先生がファースト(主治医)と意見が異なる場合、
セカンドオピニオンから主治医の先生に意見書が送られます。
主治医は、セカンドオピニオンが出た時点で、
患者と再び、治療について相談することになります。
患者の希望と治療方法が異なり、しかも、自分のところでその治療が
できない場合、主治医は紹介状を書いて、別の医師に治療を
任せることになります。

もう一つは、医療コーディネーターです。
医療コーディネーターで、検索すればヒットします。
多くは、がん専門の看護師が医療コーディネーターをしています。
なので、当然ですが、知識が豊富です。
素人が何週間もかかって手に入れる知識を1時間で教えてくれます。
相談に応じてもらえます。

順番としては、医療コーディネーターに先に連絡を取り、
相談して、場合によっては、セカンドオピニオンを……という方法が
良いでしょう。
現在の主治医に、セカンドオピニオンを言い出すための
言い方などのアドバイスももらえます。

手術後の放射線治療、化学療法は、
術後補助療法と呼ばれています。

なぜ、「補助療法」なのか?
それは、個別には効果を判定する方法がないからです。
例えば、補助療法をした人、しなかった人、
それぞれ1000人を調査すると……
再発した人が、
した人では、300人。
しなかった人では、500人。
だから、した方が良い……というのが現状です。

つまり、しなくても500人の人は再発しない。
しても300人の人は再発するのです。
つまり、統計学的には、した方が良いのですが、
個人個人では、賭けでし...続きを読む

Q食べ吐き 摂食障害と食道がん

食べ吐きを続けて10年程になります。 本当に止めたいです
最近、食べ吐きを続けていると「食道がん」になると聞きました。
私の場合、10年程続けてしまっているし、既にもう「食道がん」なのでしょうか?
以前、胃の検査で胃カメラを飲みました。 その時は「年齢の割りに弁が緩い」と言われましたがそれ以外は何も言われませんでした。
あくまで、胃の検査が目的でしたし、例え「食道がん」であっても分からないものなのでしょうか?
食道がんの症状である。つまり感や胸やけなどはあります。
どなたかご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

>あくまで、胃の検査が目的でしたし、例え「食道がん」であっても分からないものなのでしょうか?
分かりますよ。胃を見る為には食道を通りますからね。

>食道がんの症状である。つまり感や胸やけなどはあります。
逆流性食道炎でも同様の症状はあります。弁が緩いとのこと、すなわち、胃から食道に逆流させない弁のことですから、胃から食道に逆流しやすくなっていることと思います。食べ吐きの影響でしょうね。

今のところは食道癌は問題なさそうですが、胃酸が食道に逆流し続けるようだと、バレット食道から食道癌へと進展するリスクは高いかもしれません。

Q五年前に右乳がん全摘手術をした患者です。質問していいですか? タモキシフェンを5年間服用しました

五年前に右乳がん全摘手術をした患者です。質問していいですか? タモキシフェンを5年間服用しました。今は、飲み終えて、なんの薬も飲んでませんが、飲み終えて半年になるのですが、最近、足の甲 また、少し前から右手首も、痛みを感じるようになってきました。薬の副作用が続いてるのでしょうか?
それとも、薬とは、関係ない痛みでしょうか? 意見をお聞かせくださいね〜

Aベストアンサー

丁寧なお礼、恐縮です。
同じ年、偶然ですね!
会ったことが無いあなた様と、ずっと治療で同じ時間を共有していたんですね。
乳がんの発見で命拾いした者同士、これからも頑張って行きましょう~!

Q胃酸逆流では食道炎になりますが、食道がんになりますか?

一般的に食道がん(扁平上皮)とはタバコ、お酒は主な原因ですが、胃酸逆流では食道炎になりますが、食道がんになることがないと言われ、食道炎からバレット食道になり、そしてバレット腺癌になる可
能性があります。そうにしても西洋人が多くて、日本やアジアでの症例が極稀だと言われていますが、本当にそうでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも疫学統計的見地です。

こちらを参照ください。
http://ganjoho.jp/public/cancer/esophagus/

ここには次のように記されています。
「食道がんについては、喫煙と飲酒が確立したリスク要因とされています。特に扁平上皮がんでは、喫煙と飲酒が相乗的に作用して、リスクが高くなることも指摘されています。また、熱い飲食物がリスクを上昇させるという研究結果も多く報告されています。近年、欧米で急増している腺がんでは、食べ物や胃液などが胃から食道に逆流する「胃・食道逆流症」に加え、肥満により確実にリスクが高くなるとされています。」

Q5年前に手術して全摘した膀胱がんが骨盤に転移して

いることが昨年夏に分かりました。放射線(2元)と抗がん剤(GC)でおかげさまで効果もあり、縮小したのですが、最近右に小さな影(1cmほど)が見つかりました。医師からはガンとは言われずに新病へんがあると言われています。主治医からは現在抗がん剤(4クール実施)の効果が見られているので、少し様子を見てから対処したいと言われました、セカンドオピニオンではIMRTで直ぐに対処してはどうかと言われました。両医師とも最もな考えなのですが、みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

現在の病院に継続してかかるつもりであれば、そのお医者様の指示に従いましょう。
セカンドオピニオンを信じたいのであれば、そのお医者様に新たな病院の紹介を受けて、転院しましょう。
ここでの回答は、責任を持てないものですからあまり意味が有りません。
自分が信じられるお医者様を探してください。

Q末期の食道がん

知人が末期の食道がんです。もう手術もできないような状況みたいで・・。やせてかわいそうなくらいです。
それで、食道がんについて、ネットで色々調べていたら、天仙液という漢方が効くと色々かかれていました。
本当なのでしょうか・・?まだ60歳なので、どうにかしてあげたいのですが。

Aベストアンサー

ご心配ですね。
私は医学の専門知識を持ち合わせてはいませんが、数年前に叔父を食道癌で亡くしたばかりなので、
他人事とも思えず、書き込んでいます。

お尋ねの漢方薬については初耳ですが、いずれにせよその使用については#1さんの書かれている通り、
今処方されている薬との相性など、主治医によくご相談されることをお勧めします。
因みに私の叔父は叔母が買ってきたアガリスクのようなものを飲んでいましたが、特段益はありませんでした。
それ以外の物については使っていたという話を聞いていませんので、わかりません。

私の叔父は食道癌と診断されたのが48歳、亡くなったのが50歳でした。食道癌の場合、切除をするか
しないかについては諸説ありますが、かなり進行した状態での発見でもあったため、親戚は切除に反対
しました。しかし叔母の強い意志もあり手術を3回受け、その後セカンドオピニオンを受けた際には、余命が
残り少ないとのことで温存し対症療法というか、苦痛を取り去る投薬等で残された時間を有意義に過ごすよう
アドバイスされ叔父も同意しました。
しかし、再び叔母の強い希望があり4度目の手術を行い、その手術で体力を相当消耗したのでしょうか、
術後は術創を開いたままで3ヶ月後に叔父は亡くなりました。
セカンドオピニオンで得られた診断に従い、手術をせずにいたらベッドに拘束されることも無く、
質のいい余生をもう少し長く、穏やかに過ごすことは出来たのではないかと、
今でも皆の胸にとげのように刺さっています。

悲観的なことを書いてしまいましたが、そのような人間を見送った者の実感として、
手術でも何でもして、少しでも長く相手に生きていて欲しいというのは人の情であると思いますが、
ご承知の通り、癌の末期治療においては、積極的治療が本人に想像以上の負担を強いることがあり、
癌で苦しんで死んでいくか、それとも少しでも自由に意思表示できる時間を長く持ち、人と関わりながら
死んでいくか、死んでいく者の身に立って、それぞれの我を捨てて考えなければならない病であると
私は思います。

是非、お知り合いの方が後悔の無い生活を送ることが出来るよう、手助けをしてあげてください。
手助けが及ばず、今でも後悔しているものからのお願いです。
差し出がましいことを長々と書き、申し訳ありません。少しでも参考にしていただける点があれば、
幸いです。

ご心配ですね。
私は医学の専門知識を持ち合わせてはいませんが、数年前に叔父を食道癌で亡くしたばかりなので、
他人事とも思えず、書き込んでいます。

お尋ねの漢方薬については初耳ですが、いずれにせよその使用については#1さんの書かれている通り、
今処方されている薬との相性など、主治医によくご相談されることをお勧めします。
因みに私の叔父は叔母が買ってきたアガリスクのようなものを飲んでいましたが、特段益はありませんでした。
それ以外の物については使っていたという話を聞いていま...続きを読む

Q乳癌の手術を2年前にしました。 全摘です。今日肺がん検診の結果でD4という判定で要精密検査が必要とい

乳癌の手術を2年前にしました。
全摘です。今日肺がん検診の結果でD4という判定で要精密検査が必要という通知がきました。乳癌に関係あるのでしょうか?それとも肺がんの疑いがあるのでしょうか?とても
不安です。明日、病院に行くつもりですが。
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

D4ですか、これがEの場合なら肺癌の疑いが有りますがDなら肺癌以外の疾病でD4ですので縦隔腫瘍,胸壁腫瘍,胸膜腫瘍など治療を要する状態を言いますやはり一度専門の病院(呼吸器内科又は外科でOK)受診しましょう。


人気Q&Aランキング