毎年年賀状を100通ほど出しています。多くの方がそうでしょうが、私も年賀状には「謹賀新年」など新しい年の訪れを慶ぶ文言を記しています。
 しかし、今年は東日本大震災がありました。被災からの復旧復興には長い年月がかかると予想されます。原子力発電所の事故への対処も長期化しそうです。
 このような状況で、例年と同じように年賀状を送り、能天気に「謹賀新年」とか「あけましておめでとうございます」という気になれません。
 私自身は宮城県沿岸部に親戚がいましたが、幸いなことに人的被害はありませんでした。ただし、家屋に若干の被害が出ました。逆に言えば奇跡的にその程度で済みました。
 年賀状を出している相手については、近親の方にご不幸があれば12月あたりに「新年のご挨拶を遠慮します」という趣旨のはがきが届くのかもわかりませんが、近親でないが友人が被災したとかという状況はわかりません。友人が被災して(あるいは亡くなって)いるのに年賀状が届いた、では非常に違和感があると思います。
 選択肢として考えられるのは、
 ・そもそも年賀状を出さない
 ・出すが、年賀はがきは使わず一般のはがきにし、「謹賀新年」等の文言は使わない。(寒中お見舞い申し上げます、本年もよろしくお願いいたします、などの文言を使う)
 ・年賀はがきを使って出すが、「謹賀新年」等の文言は使わない
 ・年賀はがきを使い、「謹賀新年」等の文言も使う。(例年と同じ)
があると思います。
 国難ともいえるこの状況下で、私たちはどうふるまうべきか、みなさまのご教示が頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

年賀状が適当か寒中見舞いが適当かはわかりませんが、私は出そうと思っています。


郷里の友達には、年賀状だけの付き合いになっている人もいますので、年賀状を出すことで消息を知ることができるケースも多いと思うので。
家族全員が無事だったけれども、不幸にして過去の年賀状・アドレス帳を紛失するケースもありますからあえてこちらから出さないと細いご縁も続けられなくなるのは悲しいですよね。


今回、震災直後テレビのキャスターが喪服を着ていたのを見たときに、「亡くなった人も多いかもしれないけれども、行方不明の人が生きて見つかるかもしれないこの時期に喪服は見ていてつらいなぁ」と思ったんです。

喪中の連絡をいただいた方には、寒中見舞いをと思いますけれども、そうでない方に「喪中かもしれない」ことを前提に行動するのはちょっとつらいかなと思います。
通常でも「年賀状貰っちゃったけど喪中だったの!ごめんね」という寒中はがきには「あ、悪いことしちゃったね」「ううん。こっちも連絡しなかったから」と、喪中であることを知らない、ということは必ずしも失礼にならないわけですから、特に連絡をいただいてない場合にはあえて年賀状を送り、受け取った年賀状に対して「みんな無事でよかったね」と言ってあげることは可能と思います。

私も、ふるさとは宮城です。
普通に年賀状を書き、そこに「旧年は大変な年でしたけれども、今年は良い年になりますように」と願いを込めて一筆添える方向で考えたいなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一筆添える文章をどうしたら良いか考えてみます。

お礼日時:2011/04/24 17:57

今年は大変な年ですね。

考えさせられます。年賀状ですがまず 喪中ハガキの方には出しません、あなたのお気持ちを考えますと官製ハガキよりも私製はがき(デザイン有り)で昨年のお礼を兼て寒中見舞をでだされてはどうでしょうか、年賀状にしなかった旨も添えて(東北の方々の事を思い一日も早く普段の生活が送れることを願って云々)されるのが良いかもしれませんね。そのほうが気持ちも納得できるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。年末までには時間があるのでどんなデザインがいいかゆっくりと考えてみます。

お礼日時:2011/04/24 17:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング