生きることと死ぬことの共通のファクターって何だと思いますか??

A 回答 (14件中1~10件)

こんばんは。



「生きること」と「死ぬこと」に共通なファクターは、
「どちらもあなたに権利があるということ」だと思います。

「生きる」ことは義務のように言われますが、義務ではないと思います。
「死ぬこと(自殺すること)」はいけないことのように言われますが、死ぬ権利はあると思います。

単に自殺を肯定するわけではないのですが、
私は私なりに根拠を突き詰めていった結果、
「生きる理由も死ぬ理由も同様に無い」という結論に至りました。

ただ、cafebrownさんがどういう意図でこの質問をされたのか分りませんが、
死は恐ろしいことだと思います。真っ暗で、絶望的なことだと思います。

死の縁の闇の中で改めて人生を見ると、中には光るものも見つかります。

後半、回答とは関係ありませんが…参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今、このような事態が起きている世の中で、生と死について深く考える時は、今しかないんじゃないかと思い、質問させていただきました。
生きることにおいて、権利や義務があるとは考えてもみなかったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/09 23:35

どちらを選んでも地獄というか最善の結論にはならないということ(ハムレット?)から、


これは共通だといえます。
人生と言う言葉が浮かびます。
死も含めて4区八苦と言うくらいだから
おしゃかさまは自殺を肯定したのでしょうか。

でもひとは人生において能動的にはこの二つしか選べないので、結局最後には宙ぶらりんの痴呆状態になるリスクも避けられない。自業自得か。

あ、みみーさんだったかやややさんだったかが言ってたような。
    • good
    • 0

良く働く事だと思います。


良く働いて生き、良く働いて死ぬ。

ちなみに孔子はこんなことをいってます。
「民の義を務め、鬼神を敬してこれを遠ざく。知と謂うべし。」

「われわれは、ややもすれば人間を超えた存在に
 頼る気をおこしがちだ。しかしまず人間として
 やらねばならぬことは何なのかと考えること。
 それが知だ。」

なんか生き死にを論ずる事に、否定的な言葉になってしまいました。
申し訳ないです。謝意表明。
    • good
    • 0

死は生の部分集合だから、死の要素(元)すべてが生の元だよ。



全体集合から生の元を除外すると死の元も無くなる。
    • good
    • 0

生きることと死ぬことの共通のファクターって何だと思いますか??



○どちらも人生という台本の一部ということですね。台本には登場場面「生まれる」から「成長」・・現在のように人生とはと迷っているあなた「質問しているあなた」・・「老いて死ぬ」までありますね。
これは誰しもいっしょですから。変わることはありません。生まれて死ぬまでが人生ですから、どう生きるかだけでしょうね。終り、死は必ず来るものですからね。だから終りだけは天命(舞台監督)に従うというだけなのですね。
当然、台本は自ら終りにすることもできますが、それは人生という努力の放棄ですから、あとできついお仕置きはありますね。これは、舞台にあなをあけて乾される役者とおなじですね。だから「くるわないかぎり」常識的にはやらないですね。
    • good
    • 0

 自殺を含め、己自身の意志的な足の踏み入れではない。

    • good
    • 0

 “生きなければならないし、死ななければならない”については素晴らしい回答が出たので、そちらをどうぞ。



 蛇足かもしれませんが、「苦」はファクターの一つと思います。
    • good
    • 0

元々その二者は同一の本質を有します。


人は往々にして、「生とは死を避けた所に残るもの」
=生と死は対立概念だと思いがちですが、その実、
より良く生きる事とは、より良く死ぬ事なのですから。

人類の遺伝子にも、DNAの最後に回数券のような
くり返し配列が(50回ほど)あり、細胞分裂する毎に
くり返しが1つ減って、なくなると細胞分裂できず、
新陳代謝できずに老化して死ぬようになっています。

生物は、有性生殖以前の「突然変異による多様化と、
その淘汰による選択」という人まかせで遅い進化に
対して、交配する事で、遺伝子の配列をシャッフルして
多様性を生み、また交配のための種内の競争による
選択という、すばやい進化を可能にしたのです。
そこにおいて、世代交代しなければ個体数が増える
一方なので、自ら寿命を制限しているのです。

細胞分裂で増えるゾウリムシ(単細胞生物)は、有性
生殖など必要ないようですが、実は時おり、他の細胞と
くっついて遺伝子を交換する、「接合」を行います。
もし接合をせずに、細胞分裂だけしていると、百数十回
分裂したところで、それ以上分裂できなくなり死にます。
接合をすると、また若返って、百数十回分裂できます。
それほど「遺伝子の交配&そのための死」というのは、
進化(=より良い生)に有効なのです=長生きは退化。

死は世代交代を意味し、その有性生殖において愛は生じ、
親や子供は存在するのです。
自己チュー化の中で人は、不死の幻想を抱きがちですが、
人も愛さず子供もいない社会は魅力的ではありません。
逆に愛があれば、自己の肉体の限界を超えて、意志
(=精神的充足)は広がり得るのです。
    • good
    • 0

人は生きてきたように死ぬという言葉を聞いたことがあります。

つまり「生きざまとは死にざま」だというわけです。確かに私どもは「生きつつある」と思っているときに実は「死につつある」と気づかされます。生と死はコインの裏と表のようなもので、表だけがあって裏のないコインがないように、生と死は密接に関連しています。

生と死に共通した要素は生まれた瞬間から死までを共有する「時間」ではないでしょうか。よい人生を生きた人はよい人生を死につつ過ごしたといえます。
    • good
    • 0

泣くってことかなぁ



生まれる時は自分が泣いて、死ぬときはだれかが泣く。。みたいな。

あとは自分の意志ではどうにも出来ないことかなって思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学者の名言

有名な哲学者の名言をたくさん教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

ANo.5 です。 興味深いご質問で、 再度すみません。。。

誰のコトバか 不明なのですが

 【以前 私は 盲目だった しかし 今は 見える..... 】

相当、奥深くてスキです ★**~

Q宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。 また、死ぬことにどんな意味がありますか

宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。
また、死ぬことにどんな意味がありますか?

Aベストアンサー

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、陶工のつくった土の器が終わりにはすべては破壊されてしまうように、人々の命もまたそのとおりである。

 若い人も壮年の人も、愚者も賢者も、すべてしに屈服してしまう。すべての者は必ず死に至る。

 かれらは死に捉えられてあの世に去っていくが、父もその子を救わず、親族もその親族を救わない。

 見よ。見まもっている親族がとめどなく悲嘆に暮れているのに、人は屠所(としょ)に引かれる牛のように、一人ずつ、連れ去られる。

 このように世間に人々は死と老いとによって害われる。それ故に賢者は、世のなりゆきを知って悲しまない。」

 汝は、来た人の道を知らず、また去った人の道を知らない。汝は(生と死の)両極を見きわめないで、いたずらに泣き悲しむ。

 迷妄にとらわれた自己を害っている人が、もしも泣き悲しんでなんらかの利を得ることがあるならば、賢者もそうするがよかろう。

 泣き悲しんでは、心の安らぎは得られない。ただかれらにはますます苦しみが生じ、身体がやつれるだけである。

 みずから自己を害いながら、身は瘠(や)せて醜くなる。そうしたからとて、死んだ人々はどうにもならない。嘆き悲しむのは無益である。

 人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる。亡くなった人のことを嘆くならば、悲しみに捕われてしまったのだ。

 みよ、他の[生きている]人々は、また自分のつくった業にしたがって死んで行く。かれら生あるものどもは死に捕えられて、この世で慄(ふる)えおののいている。

 ひとびとがいろいろと考えてみても、結局は意図とは異なったものとなる。壊(やぶ)れて消え去るのは、このとおりである。世の成りゆくさまを見よ。

 たとい人が百年生きようとも、あるいはそれ以上生きようとも、終には親族の人々から離れて、この世の生命を捨てるに至る。

 だから<尊敬されるべき人>の教えを聞いて、人が死んで亡くなったのを見ては、「かれらはもうわたしの力に及ばぬものだ」とさとって、嘆き悲しむのを去れ。

 たとえば家に火がついているのを水で消し止めるように、そのように智慧ある聡明な賢者、立派な人は、悲しみが怒ったのを速やかに滅ぼしてしまいなさい。―譬えば風が綿を吹き払うように。

 己が悲嘆と愛執と憂いとを除け。己(おの)が楽しみを求める人は、己が(煩悩の)矢を抜くべし。

 (煩悩の)矢を抜き去って、こだわることなく、心の安らぎを得たならば、あらゆる悲しみを超越して、悲しみなき者となり、安らぎに帰する。』

        『スッタ・ニパータ』第3章・574~593


要約するならば、

死はどのような生き物にも避けることは出来ない。
だから、それを嘆き苦しむことには意味がない。
嘆き苦しむのは執着があるからで、それを捨てれば
苦しみは起きない。
その煩悩の理を知るべきである。

というようなことになろうと思います。

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、...続きを読む

Q宗教家・哲学者・心理学者・精神医学者の名言

宗教家・哲学者・心理学者・精神医学者の人生や真理に関する名言であなたのオススメがあれば教えて下さい。

スピリチュアル系とかカルト、新興宗教系はNGです。

Aベストアンサー

「The truth is rarely pure and never simple」(オスカー・ワイルド)
(真理は純粋ではあり得ず、単純でもない)

人類が有史以来挑んでまだ到達できないものが、そんなに簡単な
ものである訳がない。
学ぶ事もせず、創造的に考えもせずに、日常の感覚による自説を
押し通し、理解できないものを批判する姿勢では、理解できるはず
がない。

Q生きること・死ぬこと

最近HIVに興味を持ち 検査に行きます。というのも去年つき合っていた彼がもしかしたら風俗へいってたかもしれないからです。
感染していたらどうしよう、死にたくないという気持ちが強いせいか 不安で頭痛がします。 楽しい予定もイヤになってしまいます。しかし もし感染していても 毎日楽しく過ごすことには変わらないのでは?と思い始めました。 もし 死ぬのなら今この瞬間でさえ 楽しんでた方が 得なのでは?と。母は 死ぬのは運命だから仕方がない とよく言います。肝が据わっていて 強いです。 人間いつ死ぬかわからない。しかし 私はその現実を受け入れられずにいます どんなときも今の生活が続いていって 死ぬことなんて考えてなかったのです
どうしたら 死 を受け入れられますか? きっと死 を受け入れられたとき もっと 素敵に生きられるし 余裕も生まれると思うのです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

HIVの検査の結果は分かっているのでしょうか。彼がHIVに感染していることは分かっているのでしょうか。付き合いはまだ続いているのでしょうか。かkもどうにもできませんが未来もどうにもできません。また想像に対しても何もできません。100年後貴女はどうなっていますか。どうにもできません。どうにかできるのは今だけです。楽しい予定を期待しているのは今ですから、その予定を今は楽しめません。今というのが現実のことです。現実がどうなのか。仮定の話に対してはどうにも対策が立たないのですが、人生損得勘定だけで行こうとすると必ずどこかで裏切られるのではないでしょうか。

Qギリシャの哲学者 エピクテトスの名言について…

「前進したいのなら、自らが愚かになれ。」
という名言があるようですが、
原文を知りたいのです。
ギリシャ人ですから、ギリシャ語なのでしょうが、
英語ではどういわれるのか知りたいんです。
喉にものも通らないほど気になっています。
どなたかご存じの方はよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

英語は・・・
If you want to improve, be content to be thought foolish and stupid with regard to external things.
ですね.ギリシア語はわかりません.

喉にモノが通らないほどって・・・(^^;)
お役に立てるといいんですが.
http://www.ship.edu/~cgboeree/epictetusselections.html

参考URL:http://www.msu.org/ethics/content_ethics/texts/epictetus/epic_text5.htm

Q山田風太郎の死生観と私の妻の死について

私の妻は両親から虐待を十数年受け続けて育ち、「世界は悪人が支配している」

という見方をしていました。それでも最近は「人間の命は短か過ぎる。このくら

いの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と繰り返していました。
ところが、昨年末、私の一生一代のミスのせいで妻を60歳になる前に死なせてし

まいました。「妻はもっと生きたかっただろうに!」・・・自責の念に苦しんで

おりました。ところが、山田風太郎の「死言状」という本を読んでいて「?」と

考え始めました。以下がその一節です。

「余は死を怖れず。勿論死は歓迎せず。死はイヤなものなり。第一解剖台上の死

体を見るも死はイヤなものなり。しかれどもまた生にそれほどみれんなし。生を

苦しと思うにあらざれど、ただくだらぬなり。金、野心、色欲、人情、もとより

われもまたこれらより脱する能わず、しかれどもまた実につまらぬものにあらず

や。五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれにピリオ

ドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上になきも

ほとんど大差なし」
解剖台とかあるのは、彼が東京医科大生で人体解剖の授業でもあったのでしょう

が、この本を書いている40年後の今も思考がほとんど同様であることを知って改

めて驚いたと書いています。

最後部分の「五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれ

にピリオドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上

になきもほとんど大差なし」は彼の無常観で私も共有するのですが、実は私の妻もこ

の無常観を持っていたのではないかと思い当たったのです。200年も300年も生き

たいと言ったのは、人生80年は短か過ぎる、はかな過ぎるという気持ちであり、

むしろそんな人生ならないほうがましという気持ちに近いのではないでしょうか

?200年も300年も生きたいと望んでいた妻を自分の失敗で殺してしまったという

自責の念で苦しんでいたのですが、実は妻も人生のはかなさを悟っており、生ま

れても生まれなくてもどっちでも良かった、大差ないと感じていたのなら私の自

責の念も少しは軽くなるのですが・・・

あなたは私の妻の「このくらいの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と

いう言葉から彼女の本当の心情はどのようなものだったと推察されますか?

追記:私を「過失致死罪」として逮捕し、即死刑にしてくれたら一番私の気持ち

に合ってるし、どんなにかラクだろうと思うのですが、「事故死」として片付け

られ私を死なせてくれません。そして自責の念に毎日苦しむことになりました。

私の妻は両親から虐待を十数年受け続けて育ち、「世界は悪人が支配している」

という見方をしていました。それでも最近は「人間の命は短か過ぎる。このくら

いの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と繰り返していました。
ところが、昨年末、私の一生一代のミスのせいで妻を60歳になる前に死なせてし

まいました。「妻はもっと生きたかっただろうに!」・・・自責の念に苦しんで

おりました。ところが、山田風太郎の「死言状」という本を読んでいて「?」と

考え始めました。以下がその一節です。

「...続きを読む

Aベストアンサー

女性はロマンティックな願いに憧れる傾向がありますが
一方で、男性より現実を観察しています。

寿命まで生きて20年、その半分は老いに伴う病気や怪我に費やされ
楽しみは孫の成長ぐらいでしょう。

現実を認識していて、それゆえに戯れに言った言葉。
それを本気にしている旦那様。

あの世があるならば、苦笑いされていると思いますよ。

Qストア派哲学についての本

ストア派の哲学者(セネカ、マルクス・アウレリウス)の名言をいくつか読んで、ストア派というのに興味があります。

ストア派哲学について書かれた本で、面白くて分かりやすいものはないでしょうか?

Aベストアンサー

岩波文庫に入っているセネカ「人生の短さについて」とアウレーリウス「自省録」は読みやすいですよ。読み終わったら、古東哲明さんの「現代思想としてのギリシア哲学」(講談社選書メチエ)が面白いかと思います。

Q死ぬことが怖い

タイトル通り、今死ぬことについて考えすぎてしまい非常にこまっております。

私は今18歳です。
去年の秋から急「に死にたくない」という思考がでてきはじめました。

小学生の頃、宇宙の図鑑を読んでいた際、宇宙は有限である可能性がある、という内容を見て、とてもショックを受けてしまったのを憶えています。
今でこそ物事は有限であることが非常に多いというのはわかっているのですが、当時にはそれが理解できなかったものだと思っております。

話が逸れましたが、そのようなこともあり、自分自身、何かを失う、ということに非常に弱いのだと思います。宇宙に関しては、話が壮大すぎるので
もう半分くらいは割り切れているとは思います。そもそも宇宙に関しては有限か無限かすらもわかっておりませんので、そのことに関しては解消はできていると思います。しかし、やはり身近である「死」に関してはまだ納得ができておりません。度々歯にという発作が起こり、時には嘔吐しかけることもあります。いろいろなサイト、このような質問の回答を読ませていただいても、一時的には納得できるのですが、また発作を繰り返します。

発作と言っても長期的に続くわけではありません。最長でも4日ほどです。

そういうことで、私は何かを、特に「命」喪失することがとても恐怖です。

命に関しては、今巷で時折噂になっている不老不死技術などに関して期待をしたこともあったのですが、よく考えてみると永遠に生きるのも割りと怖いものです。

質問させていただきたいことを書きますと、

どのようにすれば喪失感、特に「死」に関して納得、もしくはうまく付き合っていくことができるでしょうか。

私は大学入試真っ只中で、明後日に後期試験が控えております。
出来れば早くこれについて少しでも解決して、そちらに集中しておきたいのです。

どうか皆さんのご意見をお聞かせください!

タイトル通り、今死ぬことについて考えすぎてしまい非常にこまっております。

私は今18歳です。
去年の秋から急「に死にたくない」という思考がでてきはじめました。

小学生の頃、宇宙の図鑑を読んでいた際、宇宙は有限である可能性がある、という内容を見て、とてもショックを受けてしまったのを憶えています。
今でこそ物事は有限であることが非常に多いというのはわかっているのですが、当時にはそれが理解できなかったものだと思っております。

話が逸れましたが、そのようなこともあり、自分自身...続きを読む

Aベストアンサー

昔(中学生の頃)、自分も「死」について脳裏から離れなくて恐ろしかった記憶を思い出しました。
その死というのは、自分の死と親の死のことです。
親が死んだら、どうやって生きていけば良いのか、
ということではなく、
単純に死が恐ろしかったのです。


確か1年間以内で、特に床に入ってから脳裏に浮かぶということでした。
遊んでいるときなどは、死について頭に浮かぶことはありませんでした。
それも誰にも相談できず悶々と過ごしていましたが、
そのうち何故か気にならなくなりました。

また、発作を繰り返すということもありませんでした。

君が死に対する恐怖を持ったというのは、一時的なものでしょう。
今はネット社会で、情報収集は簡単にできますので、それを調べるうちに
余計、死について考えるようになっていったのではないでしょうか?

それなら、友達と冗談交じりで「死」について悩んだことあるか
聞いてみても良いかもしれません。
経験者は他にもいるかもしれませんので、
いたら気持ちが落ち着くかもしれませんよ。

君は、頭が良すぎる関係で、余計に「死」を追求する余り、
そのことから逃れられなくなっているように思えます。
(それがきっかけで新興宗教には、はまらないようにしましょう。
 そう言う人がターゲットですから。)

本題ですが、
『どのようにすれば喪失感、特に「死」に関して納得、
もしくはうまく付き合っていくことができるでしょうか。』

自分の経験からすると、自然に治癒するというか、気にならなくなるのではと
思います。

今は辛いでしょうから、他の興味あることに没頭して心を死から遠ざける
努力をすることでしょう。
多分、はしゃいで遊んだりしているときは、死について考えることはないと思います。
いずれ気に成らなくなると思って過ごすことです。
気にすればするほど、死について思い浮かぶものです。

ただ、吐き気などの症状が気になりますので、
ご両親に相談して一度精神内科に診てもらうというのもひとつかもしれません。


とにかく、何かに夢中になり(受験に影響でない程度に)死を考えないことです。
そのうち、
あの時は、何だったんだろうと思う日が来ます。

昔(中学生の頃)、自分も「死」について脳裏から離れなくて恐ろしかった記憶を思い出しました。
その死というのは、自分の死と親の死のことです。
親が死んだら、どうやって生きていけば良いのか、
ということではなく、
単純に死が恐ろしかったのです。


確か1年間以内で、特に床に入ってから脳裏に浮かぶということでした。
遊んでいるときなどは、死について頭に浮かぶことはありませんでした。
それも誰にも相談できず悶々と過ごしていましたが、
そのうち何故か気にならなくなりました。

また、発作を繰...続きを読む

Q哲学者の本やサイトについて

最近、デカルトやガリレオ、ルソーなどの哲学者の言葉や考え方にとても興味がわいてきました。ゲーテやルソー、ガリレオ、デカルトの考えがわかりやすく書いてあるような本や、哲学者の名言集みたいな本でお勧めの本やサイトはありますか?まだ、勉強し始めたばかりなので何でもいいのでいろんなことを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

http://www.meigensyu.com/ →分野別(哲学者限定に非ず)
http://maxim.kamimoto.jp/ →〃
http://kuroneko22.cool.ne.jp/kakugen.htm →〃

書籍の場合視点(嗜好?)も係りますが
ソクラテスの弁明(http://www.bk1.co.jp/product/00505790 )は比較的読まれる部類だと思います。

Q人が生まれ、死ぬことの意味。

もうすぐ30歳になる者です。

最近、自分も歳をとるっていうことを やや実感しつつあり、親も歳をとって、そのうちおじいさんとおばあさんになって そして…と考えてしまいます。
もちろん、自分も友達も夫も いずれは歳をとって死んでしまう。または、若くして死んでしまうこともある。
せっかく出会えたのに、離れ離れになるということを
他の人はどうやって納得するというか克服するのでしょうか?
誰も克服なんて絶対にできないものなのでしょうか?
自分自信が歳をとり、いずれは顔がシワシワになったり腰が曲がったり、 思うように歩けなくなるということを、みんなはどうやって納得しているのでしょう。
それとも絶対に納得なんてできないものですか?
それなら、どうしてこういうサイクルの元に生まれてきたのでしょう?

「どうして生まれてきたの?」なんて、小学生のような疑問で恥ずかしいのですが、他の方はどのように認識されているのか、どうしてもお聞きしたいのです。私自身は、今まで頭ではわかっていたつもりでも、理解はできていなかったように思います。たぶん今頃こんな疑問を持つ私は、あまっちょろいというか、苦労を知らないできたのでしょう。

でも、どなたか私に教えていただきたいのです。
将来、子供ができて同じ質問をされても、私は答えることができません。
すっきり理解できる日は誰にもこないのかもしれませんが、それならどうしてこのサイクルの元に…∞ 

まとまりのない文章で、申し訳ございません。
どうか、よろしくお願いいたします。

もうすぐ30歳になる者です。

最近、自分も歳をとるっていうことを やや実感しつつあり、親も歳をとって、そのうちおじいさんとおばあさんになって そして…と考えてしまいます。
もちろん、自分も友達も夫も いずれは歳をとって死んでしまう。または、若くして死んでしまうこともある。
せっかく出会えたのに、離れ離れになるということを
他の人はどうやって納得するというか克服するのでしょうか?
誰も克服なんて絶対にできないものなのでしょうか?
自分自信が歳をとり、いずれは顔がシワシワにな...続きを読む

Aベストアンサー

 ふと、思いつつままに・・・。

 このような素朴でいて難問に対して、古くから人間(ヒト)はその明解な解釈を求めてきたように思います。そして、現代も・・・。自然観・宗教・哲学などにその拠り所を探ってきたことと思われます。

 私も幼少の頃、このことについて疑問を抱いていました。「なぜ、自分がこの世に存在するのだろうか?」と。よその家で赤ちゃんが生まれたのを知りました。自分はその赤ちゃんではないので、それを知ることができました。生誕後に徐々に大きく成長するにつれ、「なぜ、自分が自分なのか?」などと意識するようになりました。

 生物(生命体)はまず永遠に不死であり、個々の生命体には死があります。これは、生命の形質を次世代にコピーしながら繁殖(繁栄)する主役である遺伝子には死というものがないと言うことです。遺伝子は生命個体を継いで生き続けているのです。絶滅したマンモスの復元計画は凍土地帯から発見された冷凍マンモスから取り出した遺伝子を使うものです。

 私はこのようなことを知ってからは、幼少時からの疑問は多少気に
ならなくなりました。これまでの皆さん方のご回答の内容には、それぞれ十分理解ができます。生まれてこのかた概念や理屈では理解しがたいことも、分からないまま、そしてこれからも生き続けていくことも大切であることに気づきました。

 ふと、思いつつままに・・・。

 このような素朴でいて難問に対して、古くから人間(ヒト)はその明解な解釈を求めてきたように思います。そして、現代も・・・。自然観・宗教・哲学などにその拠り所を探ってきたことと思われます。

 私も幼少の頃、このことについて疑問を抱いていました。「なぜ、自分がこの世に存在するのだろうか?」と。よその家で赤ちゃんが生まれたのを知りました。自分はその赤ちゃんではないので、それを知ることができました。生誕後に徐々に大きく成長するにつれ、「なぜ、自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報