中国からEMSで商品を輸送してもらいましたが、日本郵便のホームページでは国際交換支店からの発送から情報が全然変わりません。
4/27に使いたいので無事に届くか不安でなりません。

EMSに詳しい方、どうなってるのか教えてください。

RA061097436CN

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

詳しいというより経験ですが、中国や香港は今非常に忙しく、またおおざっぱなお国柄なので、


向こうで出発入力された頃には近くの郵便事業支店に到着していることもあります。
郵便事業のページでは該当物は成田国際に到着しているようです。
なにはともあれ、中国や香港の追跡は当てになりませんので注意です。
http://tracking.post.japanpost.jp/service/number …

参考URL:http://tracking.post.japanpost.jp/service/number …
    • good
    • 0

http://www.ems.com.cn/qcgzOutQueryNewAction.do

これが中国のEMS追跡サイトです。
伝票番号、間違っていませんか?
確認してから自分で試してみてください。

この回答への補足

日本の日本郵便のEMS追跡サイトでは北京の支店を通過という内容が出てきますが、中国のEMS追跡では荷受がされていない状況です。

補足日時:2011/04/24 01:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北京の天気・気温

もうすぐ出張で北京に行くので、今週、来週あたりの北京の天気・気温を教えてください。とくに気温は、インターネット検索するとサイトによって最高気温が30度だったり25度だったり差があるので、よくわかりません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

北京と言っても現時点で雨が降っている場所と晴れている場所が有ります。
大まかな予報だとこんな感じです。

Q中国のEMS(国際スピード郵便)に詳しい方!お願いします。

中国のEMS郵便について分からない点があります。ルールに詳しい方、ご存知でしたら教えてください。
中国から日本へ子供用のお菓子や名産品など比較的軽量の物品を送ってもらうことを検討しているのですが、中国のEMSの料金規定について不明の点があります。
中国のEMSは日本と違い「書類」と「物品」により価格体系が変わります。書類ですと500グラムまで115元、以降500グラム刻みで40元ずつ加算されます。一方、物品は500グラムまで180元、以降500グラム増える毎に40元ずつが加算されます。質問内容は500グラム以下の物品に関するルールに関しての疑問です。中国EMSサイト(http://www.ems.com.cn/ems)の料金に関する表(http://www.ems.com.cn/ems/zf.jsp)を見ますと、一番下の注釈1に「500グラム以下の物品に関しては書類料金で徴収することができる」と記述されているように思うのですが、中国語を知らないのではっきり判りません。この注釈の意味をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
たとえば300グラム程度の軽い物品を送るとします。この場合、品種は「物品」をチェックして料金は115元を適用されるのでしょうか?それとも品種を「書類」と暫定的に認めてもらって115元を支払うのでしょうか。また、このルールは書類用のEMS封筒ではなく、物品用の箱に入れた場合でも500グラム以下であれば適用されるのでしょうか。
ちなみに日本から中国へ送るのであれば300グラム900円、500グラム1100円とかなり安価に設定されています。鉛筆1本180元であればどう考えても割高だと思うのですが、上記ルール(500グラム以下は書類料金)が適用されるのなら理解できます。

中国のEMS郵便について分からない点があります。ルールに詳しい方、ご存知でしたら教えてください。
中国から日本へ子供用のお菓子や名産品など比較的軽量の物品を送ってもらうことを検討しているのですが、中国のEMSの料金規定について不明の点があります。
中国のEMSは日本と違い「書類」と「物品」により価格体系が変わります。書類ですと500グラムまで115元、以降500グラム刻みで40元ずつ加算されます。一方、物品は500グラムまで180元、以降500グラム増える毎に40元ずつが加算されます。質問内容は500グラ...続きを読む

Aベストアンサー

中国在住です。
詳しいわけではないのですが、分かる範囲でお答えします。
時々、EMSで日本へ物品を送ることがあるのですが、確かに500g以下の場合は書類料金で送れます。
mobamobaさんの御指摘の注釈にもそのように書いてあるようです。「1件500gを超えない物品類は書類として料金徴収する事ができる」みたいな意味です。
送付の際に「物品」の所にチェックを入れてますが問題無いようです。
その他、手数料みたいなもの4元と封筒代1.5元を取られます。
500gを超えた場合はきっちり物品料金です。
EMS用以外の箱で送った事は無いので、そういうケースについては残念ながら分かりません。
以上、お役に立てれば幸いです。

Qカードサイズの首都圏・地下鉄路線図はどこで手に入りますか?

以前首都圏に在住していた際に、駅その他で入手した、二つ折か三つ折でカードサイズになる路線図を各種揃え、活用していました。

今も上京の際などには持参していますが、路線も駅も増え、ほとんど役立たなくなっています。
先日、地下鉄駅で二つ折のごく普通の地下鉄路線図は見つけましたが、今は次のようなものを探しています。


・首都圏のかなり広い範囲まで網羅している路線図。とても細かい字ですが、三つ折で対応してあります。

・地下鉄乗り換えに対して、多少の立体的手法を取り入れて、乗換方面の目安(前方か、後方かなど)、乗換時間の目安などが、二つ折の路線図にカラフルに盛り込まれている、当時画期的と言われていたTOKYO METRO ACCESS という路線図

・東京都交通局と書かれてある、「地下鉄のりかえ便利MAP」。東京の地下鉄全路線に対して、乗換に便利な車両が解りやすく表になっている七つ折のもの。


東京乗換MAPのような本が出版されていることは知っていますが、ちょっと探してみましたが、求めているようなものは見つからず、余計な情報が多すぎて、持ち運びにも不便なので、購入する気になりません。

以前にフリーで入手できた、上記のような路線図は、今もあるのでしょうか?また、どちらで入手可能か分かりますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

以前首都圏に在住していた際に、駅その他で入手した、二つ折か三つ折でカードサイズになる路線図を各種揃え、活用していました。

今も上京の際などには持参していますが、路線も駅も増え、ほとんど役立たなくなっています。
先日、地下鉄駅で二つ折のごく普通の地下鉄路線図は見つけましたが、今は次のようなものを探しています。


・首都圏のかなり広い範囲まで網羅している路線図。とても細かい字ですが、三つ折で対応してあります。

・地下鉄乗り換えに対して、多少の立体的手法を取り入れて、乗換...続きを読む

Aベストアンサー

都営新宿線で通勤している者です。新宿線は、各駅に置いてあると思います。本八幡←→森下で乗下車してますけど両駅にありました。メトロや都営の改札に聞けばあるのでは?

QEMS(国際スピード郵便)について

こんにちは。先日、スイスへEMSにて小包みを送り、スイスの郵便局のサイトで荷物を調べた所、先週の土曜の午前から説明の部分に"Back from Custom"と書かれており、注意書きの所に "product Mond"と記載されているのを最後に、情報の更新がないので心配になっています。日本の郵便追跡サービスでは、”交換局から発送”とあったのですが、郵便事故の可能性は、あるのでしょうか。
 同じような経験をされた方や、何か御存知の方がおられましたら、教えて頂けると、幸いです。

Aベストアンサー

"Back from Custom"…を、訳すと「税関のため返る」
だと、思うのですが。
(すみません、辞書で調べた限りこれではないかと…)

スイス宛に送ったものの中で、“禁制品”が含まれていたり、
中の品物に対して、関税がかかってしまったのではないでしょうか?(多分、この場合受け取り側が、関税を支払うはずです)

Qおすすめの北京のホテルは?

この秋に北京への個人旅行を計画中です。
北京は初めてなので土地感がなく、どのホテルを選んでいいのかわかりません。
北京旅行されてよかったデラックス5星ホテルと、
格安ホテル両方の情報をおしえて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北京に行くなら絶対京華飯店です!!ここはちょっと不便な場所にあるのですが、
貧乏旅行する人は必ずといっていいほど泊まります。とにかく安い!あと何より日本人も多く旅の達人がたまっているので、ホテルの中庭にいるだけであらゆる情報が入ってくるし友達もできます。
またここのホテルで万里の長城ツアーを企画していて個人で行くより安くて観光客の少ないほうに連れて行ってくれると評判です。
このホテルに泊まるだけでも価値はあると思います。とにかく旅好きの濃い人間が集まるホテルです。

Q国際郵便(EMS)について。

こんにちは。質問させてください。
先日アメリカ旅行の最中にブランドのカバンを買いました(COACHのものです)
来月アメリカ在住の友人の誕生日なので、そのカバンをアメリカに発送したいと思っています。
アメリカで買ったものを日本に持ち込んで、再びアメリカに送るという形になります。
このことを友人に話したところ、関税法(?)名前は忘れましたが法に引っかかるということを言われましたが本当なのでしょうか?
詳しい方がおられましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

>> 税関告知書には日本で売られている値段を記入しなければならないということでしょうか?

米国の商品だから、米国で買う時の値段でよいのではないでしょうか。EMSの場合は開箱しないでX線で中身を確認することがほとんどでしょうから、ブランドまで分からないでしょう。 Bag あるいは Hand Bag とだけ記し、適当に値段を書いても大丈夫でしょう。 あるいは税関告知書は友達の目にも触れるので、Coach Store より低い Outletで買った時のレシートをカバンに付けて、その金額を記しても良いでしょう。

Q北京・釜山の英語表記

いつのまにか中国・北京と韓国・釜山の英語表記が変わっていた。

   北京:Peking→Beijing
   釜山:Pusan→Busan

なぜ変えたのか?

Aベストアンサー

今の中国語(普通話)は1950年代以降に毛沢東率いる人民大会で施行が決定され、そのとき現在のピンインと簡体字も採用することが決められた、政策的な言葉です。
それ以前にも1900年代当初に官人(役人)が広大な国土で共通語として使っていた言葉を、普通話としてまとめる動きがありましたが、その当時は繁体字ですし、現在のピンインもありませんでした。

PekingまたはPeikingという呼び方は、その当時からありました。私は広東に限らず中国南部に東から西まで広がる当時の越国(粤国とも書く。エツとよむ)での読み方でもあり、またそれ以外にも北京周辺の人もPeiと読んでいたと考えています。というのは、19世紀後半以降西洋の人も北京や上海にかなりはいっていましたし、また現在の普通話がはじまったとき、(あたらしく施行された)ラジオを聴いて、この発音はおかしいと述べた北京周辺の地元の声が歴史作家の本にみられるからです。
福建省あたりから台湾に渡った人も、北をpeiと読んでいました。彼らはその読み(例えば台北がタイペイであること)が標準中国語からのものではないことを知っていますが、現在も利用しています。
なお予断ですが、外国の英語サイトで北京の呼び名の変遷をよむと、列強に支配され自国統治もままならない北京の腐敗と汚さのイメージを払拭するために、毛沢東が呼び名を変えたとする書き込みをみることがすくなくありません。ある時期に現在のピンイン表記を主要な場所で、統一すべく書き換えていったことを指しているのかもしれません。
なおペキンという呼び名は英語圏に残っています。餃子のことをペキン・ラビオリとよびアメリカ人はけっこう多いです。

中国は東南アジアにも影響をもっており、ベトナム(越南)は漢字を採用していました。当時ハノイの漢字名は東京で、Tongkingという読みでしたので、Peikingと通じる音が感じます。


さて中国語では、paとbaは表記上の違いで、音としては日本のパとバの違いがないといわれています。
実際中国語には濁音という概念がなく、中国からの留学生にハ行に゛(だくてん)をおしえるとき、なぜそれがpaとbaに表記され、音も違えるのかなかなか理解できないそうです。
実際Beijingと表記されていても、発音は日本語の「ベ」ではありませんし、かといって「ペ」でもないのです。(英語圏の人はpとbの違いがわかるため、peとbeの音を使い分けます)
現象としては
1. 表記が50年代以降の改革で統一されていった
2. アルファベットによる表記は音を便宜的に表しているだけで、音の違いはネイティブクラスしかわからない
3. また中国は広く、日本の標準語にあわせるような意識もないため、いまだに音は人によって異なるケースも多々ある

というのが現状のようです。

韓国語はよくしりませんが、似たようなにpとbは表記的にはどちらでもよいのかもしれません。これは他の方が書いている部分で、中国語と似ているなと感じました。大切なのは音です。
そういえば違う例ですが、この前宮崎の東国原知事が韓国をおとずれた際、通訳が「知事は…」というとき必ず「ちちは…」というのは音に聞こえました。濁るときの音がかならずしも日本の濁音のようにならないのが、世界の言語には多く見受けられます。

アルファベットによる表記は、単なる便宜的なものなのです。

今の中国語(普通話)は1950年代以降に毛沢東率いる人民大会で施行が決定され、そのとき現在のピンインと簡体字も採用することが決められた、政策的な言葉です。
それ以前にも1900年代当初に官人(役人)が広大な国土で共通語として使っていた言葉を、普通話としてまとめる動きがありましたが、その当時は繁体字ですし、現在のピンインもありませんでした。

PekingまたはPeikingという呼び方は、その当時からありました。私は広東に限らず中国南部に東から西まで広がる当時の越国(粤国とも書く。エツとよむ)...続きを読む

Qドイツへの国際郵便。EMSはなんと呼ばれている?

ドイツ人に、EMSで品物を送ることを伝えたいのですが、ドイツでもEMSと呼ばれているのでしょうか?

Aベストアンサー

仕事で、よくドイツにEMSで荷物を出します。
EMSは日本での呼称であってドイツ人には伝わらないと思います。一回も使った事はありません。ドイツ国内に入れば、通関されて、ドイツの郵便局?が配送するんだと思います。courier service とかで十分伝わります。すみません。ドイツ語は分かりません。EMSは3日で大体ついてます。あとは、tracking number(airway bill number)を伝えています。これさえ、伝えれば、先方も安心できると思います。下記アドレスからドイツでの追跡ページがあります。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/tsuiseki/ems/link.html

Q北京の王府井の大通り

すみません、北京の王府井の大通りは、日本で言うと、銀座通りのような位置づけでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

歴史的な建物である紫禁城の脇にあるなど、イメージは銀座通りに近いように思いますが、ブランド店は路面店ではなく通りに面した東方広場や新東安などのショッピングモール内店舗です。
老北京の雰囲気を出した横丁は東京でいえば浅草雷門のようでもあります。

Q★カナダから国際郵便料金が高い!!! EMSがない?

カナダから日本に荷物を送って頂きたいのですが

アメリカに比べて郵便料金が高いので、どなた様か教えて頂けないでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------------------------

●重さ3ポンドの荷物の場合、カナダからは Normal Air で US42$ 船便で US18$と言われたのですが

少し高いような気がします

●同じ3ポンドで、以前 アメリカから Normal Air で US20~25$位で、Global Priority Mail で US27$位だったのが記憶にあります

カナダは郵便料金が高いのでしょうか?

●それからEMSが無いと言っておりますが、本当でしょうか?

東南アジアでもEMSはあります、カナダにEMSがないなんて信じられないですが・・・

3ポンドくらいの物を時々、輸入します、安く輸送できる方法があれば、教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします 

カナダから日本に荷物を送って頂きたいのですが

アメリカに比べて郵便料金が高いので、どなた様か教えて頂けないでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------------------------

●重さ3ポンドの荷物の場合、カナダからは Normal Air で US42$ 船便で US18$と言われたのですが

少し高いような気がします

●同じ3ポンドで、以前 アメリカから Normal Air で US20~25$位で、Global Priority Mail で US27$位だったのが記憶にあ...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに比べて
カナダの方が郵便料金は高いです
国内の手紙の料金でもそうです

調べたところ
3ポンドで
航空便カナダドル54.50
船便カナダドル31.00
でしたのでアメリカドルに換算するとそのくらいですね

カナダから日本への小包は
箱の大きさにもよりますので
軽くて大きい箱というのはさらに値段が高くなります

ぎゅうぎゅうに詰めてさらに小さい箱を使うとちょっと違うかもしれませんが
一応、重さだけで見るとこの値段ですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報