都内在住です。明日は区議会議員選挙と区長選挙があります。先日都知事選挙を行ったばかり。同じ日にやった方がかなりの経費節減になると思うのですが、なぜ知事選の2週間後にまた選挙をやるのでしょうか?
税金を使ってでも日を変えてやる意味を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律」により、統一地方選挙は一般には当該年の4月に行われる。


日程重視なのは、この法律によって選挙日時と内容がしっかり決められているから。

・4月上旬(一般には第2日曜日)に都道府県知事や政令指定都市の市長、ならびにそれぞれの地方議会議員選挙
・4月下旬(同第4日曜日)に政令指定都市以外の市町村(東京都の特別区含む)の首長・議会議員選挙

経費削減云々は、「法で決まっている以上、経費は2回分かかる。それが前提。疑念の入る余地なし」ということ…なんだろうね。ただ、市町村合併に伴う投票時期のズレが生じている点、経費削減も含め、見直しや改正論が出ているのも事実。

※今回の震災で被災地は4月上旬の選挙・投票が行えなかったが、その時期を遅らせるための特例措置法を定めている(阪神淡路大震災の時にも同様の特措法が制定された)

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりました。ありがとうございました。
それにしてもあなたはお詳しいですね。こういった人が上司や先輩にいてほしかったです。

お礼日時:2011/04/24 16:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング