自分は小説を何度か書いているのですが、挫折する事が多いです。

原因は、他の作品に似てしまい、被ってしまうので書いてて面白みが無くなってしまうのが原因だと思います。


今、書こうと思っているのは、自分では設定や構成をしっかり考え、自分が読者の立場なら、見たいなという小説だと思います。

「悪魔」「天使」「人間」を使った話です。
「魔界戦記ディスガイア」というゲームを参考にしたのですが、被ってるのはその悪魔と天使と人間を使うだけで、特に話や設定は被っていません。

しかし、自分が一番好きなライトノベルの作品「とある魔術の禁書目録」にどうしても似てしまうんです。


例えば、禁書には「超能力」というのが存在します。
自分の小説でも、人間が使える技として、「超能力」を使おうと思っています。

しかし、全員が同じ力量で、同じ強さではないのでランク別にしようと考えたのですが、そうすると、禁書でもある通り、「レベル5」や「レベル4」などと被ってしまいます。

ワンピースのように「超人系」「動物系」「自然系」というわけ方もありますが、自分が考えているのとは少し違うので、どうしても禁書的な表現になってしまいます。

人間の世界の舞台は超能力の研究をした市なのですが、全員が超能力を使えるというわけではありません。
特殊な授業方法で自分の体に秘めてる超能力を扱えるようにするのですが、主人公は使えないという設定です。

ライバル的な存在の人間は人間の中では最強と言われ、1位と言われているという設定なのですが、やはり、禁書と被りますよね。

どうしてもレベル5、レベル4・・・みたいな感じで分けたいのですが
どう考えても禁書のパクリになってしまいます。


禁書的なバトル小説を書きたいけど、被らせたくはないんです。

他の小説を読めとかの回答は控えてください。

自分は小説は禁書しかしらないですが、漫画を読んでそれを参考にもしています。

応募とかするつもりは無いのですが、やっぱり被りとかパクリとかは嫌です。

長くなってしまってすいません。
色々アイディアがほしいので、回答してください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

その世界の「天使」「悪魔」「人間」の地位付けというか、どういう関係なんですか?


あまりにも端的すぎて、ちょっとアドバイスしづらいです。
禁書もディスガイアも知りませんが、単なるキーワードのみを連ねれば、だいたいどのの作品も凡庸となります。
多種のキーワードをどのように自分で組み合わせ、そこに自分の色をつけていくか、キャラやストーリーを練りこんでいくかで作品の魅力は変っていきますよ……

原因は、他の作品に似てしまい、被ってしまうので書いてて面白みが無くなってしまうのが原因だと思います。

禁書的なバトル小説を書きたいけど、被らせたくはないんです。

と書かれているのに、「禁書」的な世界に執着されているのは何故ですか?あなたが書けない理由を、あなたが言っているように感じられます。たぶん、「禁書」の描く世界があなたにとって「ものすげぇツボ!」だったからとは思うのですが……。例えば、あなたが文中に上げられたキーワードの取捨選択をもう少ししてみるとかキーワードを増やしてみる、あるいはキーワードを掘り下げる……というのはどうでしょうか?レベル分けなら数字でなく色やバッチや称号とかという選択肢もあります。あるいは、主人公とライバルの関係を入れ替えてみるとか、キャラの関係性や性格に転換を考えるだけで作品の色というものは違ってきます。主人公の人となりは?家族構成は?どういう生育歴?とか、探れること、オリジナリティを出せる場所は結構ありますよ。
たとえば、「人間の世界の舞台は超能力の研究をした市」という設定だけでも、イメージとする場所や国はどこなのか?ということだけでもだいぶノリは変ってきますよ。多言語世界でさまざまな人種がいたりする、ということにしてしまうだけでも、何か違ってきませんか?
    • good
    • 0

>超能力


>ランク
>超能力の研究
>ライバル的な存在
>主人公は~を使えない

これらはバトルものとしてはよくある設定です。
それこそ、ライトノベルという言葉が定着する以前から確立されてきた設定です。
普遍的な道具になってしまい、もはやその設定を最初に考え出した人も定かではありません。
個々の設定について述べる、禁書目録のパクリという言葉はナンセンスです。

質問者さんは自身の小説の個々の設定をあげて、禁書目録に似ていると言いますが、禁書目録のオリジナリティは設定そのものではなく、設定の組み合わせにこそあります。
設定が似ているというより、設定の組み合わせが似ているのです。

つまり、設定の組み合わせ(パターン)を変えることが一番簡単な解決方法です。
禁書目録で使われているのと同じ設定を別のものと差し替える、あるいは、新たな設定を付け加えるなど。

しかし、自分のものとして作品内で使う別の「設定」を新たに考え出すというのは非常に難しいことです。
簡単なのは別の作品で使われている設定をアレンジしなおすというものなので、「禁書目録っぽくない作品」を作ろうと思ったら、結局は禁書目録以外のバトルものラノベを読み込むのが一番の近道です。

まあ、他の小説を読めとかの回答は控えてくださいとのことなので、いくつか対症療法を提示してみます。

>ランク

複数人のキャラクターの強さを簡潔に比較するためにはランク付けするしかないので、禁書と区別するにはランクのシステムもしくは呼び方を変えるほかありません。
数字5段階(+隠しランク1段階)で「レベル~」だと禁書ともろかぶりなので、10段階で「~号」(ムシウタ)とか13段階で「~階梯」(され竜)とか、さまざまなパターンを考えてみてください。
悪魔系のキャラを爵位でランク付けするというのはよくみられるパターンですが、わりとお勧めです。
また別口として、艦船の大きさを「~級」と表すことに倣い、総合的な強さではなく魔力や精神力などの「出力」をランク付けする方法もあります。
これだと、「主人公は魔力がなくて低ランクだけれど、制御系の技術に長けて強い」といったストーリーを作れます。
出力馬鹿をヒロインに持ってくると話が割と面白くなります。

注意点としては、「ランクを強さの理由にしない」です。
ランクというものは強さに対して与えられるものです。
「Sランクだから強い」ではなく「強いからSランク」なのです。
具体的にどのように強いのかを描写しないとランクの価値は下がっていきます。
逆に言うと、強さの描写がきちんとしていればパワーインフレでも面白くなります。


>主人公は~を使えない

一応言っておきますが、禁書目録の主人公は超能力を使えないのではなく、「超能力より上位の能力」を使えるだけです。
ご都合主義的なチート能力であるにもかかわらず、事あるごとに「レベル0だから~」なんていうのは、禁書のダメな点です。
(総合的には面白いと思っていますが、禁書は擁護できない点が多すぎです)
なので「超能力を使えない」設定を貫くだけで禁書目録と差別化できます。

それはともかくとして、「主人公に何らかの資質が欠けている」というのは神話の時代から王道パターンの一つです。
「主人公が超能力を使えないのは何らかの制限がかかっている」という設定にして、話の過程でその制限を解くというのは古いですが、一周回ってむしろ新鮮かもしれません。

「資質が根本的に欠けている」という設定であれば、
(1)知恵と工夫で切り抜ける(地味かつ難しい)
(2)別の資質を応用する((1)の応用、別の武器を使ったり)
(3)他者の能力を借りる(借りるために大きな代償があるとなおよし)
(4)他者と協力する((3)の応用、)
などがあります。

以下参考(上記の設定をどう使うかを知りたいのであればやはり読むしかありません)

(1):高見一幸のシリーズが参考になります。
『泣空ヒツギの死者蘇生学』(電撃・相生生音)だと、ラスボスが普通の人間であるにもかかわらず、異能力を持つ主人公サイドを圧倒する、ひねったパターンですが割と参考になります。

(2):典型例は『ブレイクブレイド』(漫画・吉永裕ノ介)です。
魔力でロボを動かす世界で、魔力を持たない主人公が古代の強力なロボットを動かせるというものです。
動かせる理由が魔力がない理由と密接に関わっていたり、魔力がないことで迫害されていたり、非常に参考になります。

(3):この三種の中ではもっとも古典的かもしれません。魔剣や悪魔と契約したりするもので、一番簡単に派手にできます。
参考は…述べるまでもないでしょう。

(4):上でも述べたとおり、ヒロインや相棒と協力することで異能力を使えたり、スポーツもののようにチームプレーで勝つというものです(主人公が軍師的立ち位置だと(1)とかぶります)
(3)がやがて(4)になるというのもたまにある例です。
とりあえず参考は『ロウきゅーぶ!』(電撃・蒼山サグ)です。
(見た目がアレなので冗談かと思われますが、割とまじめに参考になります)

とりあえず今日はこの辺で。
    • good
    • 0

 設計図を書く


 きちんとチャートで書いてみれば無駄や重なりがはっきりする。ただ読んで、ああでもないこうでもないと言っていても仕方がない。表を作り、強いもの順とか早いもの順とかに、好きなキャラネームをつけて一覧できるようにする。そのスキマを埋めていけば、きれいに整ったものができるので、次に背景世界の表を作り、その表のコラムとキャラのコラムを一緒にして作ってみる。
 つまり、表計算ソフトでつくった表のB15がXという名前のYという能力を持っていて、背景世界が砂漠を選んだら、そのキャラはどう動くか考えてみる。
 基本はこれに何かもう一つ、3つの要素を組み合わせると複雑になるが面白くなる。当然だけど表は矛盾が出てはいけない。例えばなんでも水びたしにできる魔法と、何にでも火をつけられる魔法では決着が付けられなくなる。その辺にまだ考えが煮詰まっていない。
 悪魔と天使と人間の違いは何?特に超能力の設定は注意しないといけない。普通の人間社会では超能力を持つ人間は生きてはいけない。(映画の「光る目」の悲惨な結末。)だから嫌な言い方にはなるが、やはり他の作品を本やドラマなどから勉強した方がいい。
 ただし、これまでのように楽しむのではない。もし主人公の立場に立ったら自分はどうするだろう。あるいは自分の設定したキャラならどうするだろうかを考えながら読み進めていかなければならない。疲れるけど重要な作業。それらをデータベースとして記録しておいて、一覧表にして見直していく。
 最後に、矛盾がでてもそれを納得させられる筆力をつけておく必要がある。体験から言うとダン・シモンズの「ハイペリオン」のシリーズがすごかった。SFとファンタジーが入り交じった小説なんだけど、なんとなく納得させられてしまう。やっぱり筆力しか言いようがない。
    • good
    • 0

禁書目録を読んでないので適切なアドバイスはできませんが、ランクをつけるという点でアドバイスすると、歴史で習った冠位十二階のように色で分けるという方法があると思います。

または、大徳・小徳・大仁・小仁・・・の分け方もできます。
また、正一位・従一位のように同じ一位でも能力に差を持たせることも出来ます。

人間が使える技として「超能力」と言っておりますが、「女神転生」のように人間でも魔法が使えるとかでも良いと思いますよ。
折角「悪魔」をだすのですから、悪魔との契約によって魔女になる人が出てきても良いかもしれません。
例として、悪魔と契約すると攻撃的な魔法が使えるようになるが、天使と契約をすると回復系の魔法が使えるようになるなど、一つの能力にのみ限定せずに他の登場させる者を使って人間を強化することでバトルに幅を持たせることも出来ます。
    • good
    • 0

研究書として、野田昌宏「スペース・オペラの書き方ー宇宙SF冒険大活劇への試み」を薦めます。


作品世界の構築の仕方、キャラのたて方その他、フローチャートで丁寧に説明してくれています。
文庫本で再版されているので手に入れやすいでしょう。
    • good
    • 0

 禁書の内容を知らないので、雰囲気がもし被ってしまったら申し訳ありませんが…。



 レベル5、レベル4、…という部分は、低級能力者・中級能力者とか、軍隊みたいに少佐レベル・中将レベルとか、数字でなくてもなんとなく順位付けがわかるような単語に変えてしまうのはどうですか?
 内容によりますが、数字よりも超能力の内容を意味する単語の方が、読者には親切かもしれません。

 どうしても数字で表したいなら、クラス1・クラス2、または一等・二等…という表現方法を使ってみても良いと思いますし。
    • good
    • 0

「禁書的なバトル小説を書きたい」と思いながら書くのなら、


多少似てくるのはしょうがないのでは?

あと設定がベタだなと思いました。
とくにライバルが最強。でも主人公は能力が使えないって所が…よく見かけます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魔物退治モノのファンタジー小説は時代遅れなのでしょうか?

昨今、ファンタジー小説の棚に並んでいるモノは自分が20ぐらいだった頃と様変わりした
気がしてなりません。特に、『魔物を退治する』典型的ファンタジー小説が少なくなっていると
感じています。
そこで、皆さんにお訊きしたいのですが、最近のファンタジー小説で『魔物を退治する』典型的
ファンタジー小説をご存知の方がいましたら教えて頂けると幸いです。
もしくは、何故『魔物を退治する』典型的ファンタジー小説がすたれてしまったのか、と言う内容
でも構いません。
一部自分の偏見みたいな部分があるとは思いますが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
魔物退治というのは、勧善懲悪の物語ですからストーリー的には
単純です。
絶対的な「悪」というものを信じるには、それだけ単純な思考ができないと読む方が納得できません。
いってみれば「魔物には魔物の理屈がある」となると
退治してめでたしめでたしとはし難いという、
作者も読者もそういう意識が出てきたということだと思います。
昔西部劇ではインデアンが悪者というのが定番でしたが
今はそんな描き方をしていません。それと同じだと思います。

ホラーにはまだそういう魔物退治というのはあります。
スティーブン・キングの「IT」とか、ドラキュラ伝説を現代に移した
「呪われた町」とか。
ビアズ・アンソニーの「魔法の国ザンス」シリーズは、
そういう定番を逆手にとって遊んでいたりしますが。

Qファンタジー要素が入るBL小説を教えて下さい

ライトノベルの様にファンタジー要素が入るBL小説が読みたくて探しています。
ご存知でしたら教えて下さい。

・ファンタジーの種類や度合いは問いません。
例えば、神や妖怪が登場するものや特殊能力が仕えるもの、異世界が舞台のものなど何でもOKです。タイムスリップも含みます。

・CPに関しては、受けが高校生~20才くらいで攻めは年上でお願いします。Hは有っても無くてもかまいません。

ちなみに好きな作品は
・FLESH&BLOOD(松岡なつき)
・浪漫神示(峰桐皇)
・1/2ヒーロー(七穂美也子)
・ミッシング・ロード(高月まつり)
などです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オススメの本ですが、yuzumonacaさんのお好きだとおっしゃられている本は、私はどれも読んでいて、とても好きです。特に、1/2ヒーローはあと1~2巻で終わってしまうと聞き、とても残念に思っています。

高月さんは天界ものや吸血鬼ものなど、他にもファンタジーを書かれていますが、もうお読みでしょうか?

他の方が勧められている椹野道流さんや水戸泉さんも面白いですよ。水戸泉さんの「セラフィムの夜」が好きです。ただ水戸泉さんはファンタジーと言っても、かなりH重視でハードです。

高校生ぐらいがお好みというお話なので、ターゲットから外れてしまいますが、津守時生さんの「三千世界の鴉を殺し」がかなり笑えます。未来の腐女子たちも出てきて大賑わいです。かなり巻数が出ていますが、もしよろしければとりあえず2巻まで読んで見てもらえると腹をかかえて笑っていただけると思います。

あと好きなのは、吉田珠姫さんの「恋獄の獣に愛されて」。1巻は苦しい恋愛をしているのですが、続編でらぶらぶ生活を始めるので、そこが好きです。あと、これまた年齢をはずしますが、「神官」シリーズもらぶらぶです。

水上ルイさんとかも天使と悪魔ものを書いていますが、設定がファンタジーなだけで、話は普通の恋愛モノです。金沢有倖さんも魔界ものを書いてますね。その他、天使と悪魔ものは探すと結構あります。

オススメの本ですが、yuzumonacaさんのお好きだとおっしゃられている本は、私はどれも読んでいて、とても好きです。特に、1/2ヒーローはあと1~2巻で終わってしまうと聞き、とても残念に思っています。

高月さんは天界ものや吸血鬼ものなど、他にもファンタジーを書かれていますが、もうお読みでしょうか?

他の方が勧められている椹野道流さんや水戸泉さんも面白いですよ。水戸泉さんの「セラフィムの夜」が好きです。ただ水戸泉さんはファンタジーと言っても、かなりH重視でハードです。

高校生...続きを読む

Qお勧めのファンタジー小説

ハリー・ポッターや、エラゴンぐらいハマるファンタジー小説はないでしょうか。
今まで読んだファンタジー小説は
・ハリー・ポッター
・エラゴン
・トンネル
ぐらいです。
トンネルはちょっと読むのめんどくさいかなって感じでした。

なるべく分厚く、かなりハマるファンタジー小説をお願いします。

Aベストアンサー

・トールキン 指輪物語
 古めかしい文章なので読みにくいかもしれないけれど、スイッチが入るとはまると思います。最近の作家の方は皆さんこれを読んでいるはず。

・フィリップ・ブルマン ライラの冒険シリーズ
 一作目の黄金の羅針盤が映画化されています。

・ジョナサン・ストラウド バーティミアスシリーズ

・小野冬由美 十二国記シリーズ 
 アニメ化されています。はやく続きが出ないかな。

・上橋 菜穂子 守り人シリーズ
 一作目の「精霊の守り人」がアニメ化されています。文章がとても分かりやすかったです。

Q面白いファンタジー小説

面白いファンタジー小説でお勧めはありませんか?
今まで読んできたもので自分の好みになりますがこんな感じでした。

ハリー・ポッター◎
寺村輝夫の王さまシリーズ◎
ネバーエンディングストーリ(映画)◎

ナルニア国物語(映画)△
指輪物語(映画)△

バーティミアス×

どういう基準でこうなったかはわからないんですが
なんとなく指輪物語はエルフの女性とアラゴルンの恋愛が苦手だったと思います。
ハリポタも後半恋愛描写が多くなってからは苦手だったので。
恋愛要素はあまり多くない物がいいです。
バーティミアスは主人公の性格がどうしても駄目でした。
やっぱり主人公は普通の性格がいいです。
特にハリーポッターは細かい生活風景や主要以外の人物達も楽しくて大好きでした。

こんな感じの条件なのですが当てはまるものってあるでしょうか?

Aベストアンサー

エンデの「モモ」
「ネシャンサーガ」
「ゲド戦記」
小説「ナルニア国物語」(三巻が面白いですよ)
日本の浜たかや「龍つかいのキアス」
上橋菜穂子「守り人」シリーズ
どれも恋愛ものははいっていません。

Qオススメのファンタジー小説を聞かせて下さい

ファンタジー小説ファンの皆サン
オススメのファンタジー小説を聞かせて下さい

因みに、私が今までに読んだ本は
*バーティミアス
*エラゴン
*古王国記
*レイル
*龍の棲む家
多分、この5作です

龍の棲む家は、相性が合わなくて1冊目の途中しか読んでません
バーティミアス、エラゴン、レイルも面白かったのですが
一番良かったのが古王国記でした
出来れば古王国記に似た、重い感じのファンタジー小説を教えて頂けると有難いです

Aベストアンサー

古王国記シリーズは私も大好きです。
挙げておられる中では『バーティミアス』と『龍の棲む家』しか読んでいないのですが、この3冊なら間違いなく古王国記シリーズが1番であり、既読の他のファンタジー作品と並べても上位に入れてしまうほどです。
そんな私のお気に入りの作品を2つ紹介させていただきます。

ひとつは古いのですが、ドイツの作品でハンス・ベンマン『石と笛』3部作全4巻。
<聞き耳>という少年がある日瀕死の老人から不思議な石を譲り受けます。
石の秘密を知るため旅に出た<聞き耳>は、途中の森で美貌の領主に誘惑され、罪を犯してしまうことに。
その罪を償うためにまた旅を続けることになるのですが……
この物語は脇役たちの小さなエピソードが重なり合い、さながら波紋のようにつながっていきます。
<聞き耳>少年は一応主人公なのですが、あくまでも物語を構成する一部分のようなかんじで、そのへんがキャラクターありきのライトノベル系ファンタジーとは一線を画していると思います。
かといって没個性的登場人物ばかりかというわけでなく、<聞き耳>を翻弄する数々の女性たちは、恐ろしくも美しく、苛烈なので目が離せません。

もうひとつはフィリップ・プルマンのライラの冒険シリーズです。
オックスフォード大学に住む12歳の少女ライラが主人公。
ただしこの世界にはダイモンと呼ばれる守護霊が存在し、鎧を着て人語を解するクマや魔女が共存しています。
そこで起きているのは子供たちの失踪事件。どうやら北極に人体実験のために連れ去られているらしい。
消えた友人を救出するため、真理計と呼ばれる黄金の羅針盤を手に、ライラは北を目指します。
話の最初の事件はこんな感じで始まるのですが、この世界の物理学や宗教が絡み、世界の謎に巻き込まれていきます。

古王国記シリーズは私も大好きです。
挙げておられる中では『バーティミアス』と『龍の棲む家』しか読んでいないのですが、この3冊なら間違いなく古王国記シリーズが1番であり、既読の他のファンタジー作品と並べても上位に入れてしまうほどです。
そんな私のお気に入りの作品を2つ紹介させていただきます。

ひとつは古いのですが、ドイツの作品でハンス・ベンマン『石と笛』3部作全4巻。
<聞き耳>という少年がある日瀕死の老人から不思議な石を譲り受けます。
石の秘密を知るため旅に出た<聞き耳...続きを読む

Q20年位前のファンタジー小説

20年以上前に読んだファンタジー小説の題名が思い出せません

普通の青年がファンタジーの世界に迷い込み、剣士になっていくストーリーだったと思います。

おそらく初版はロードス島戦記の時期ぐらいと思います

もやもやしてます

色々候補を挙げていただきますと検索して、表紙などを見て記憶をたどりたいと思いますのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

リーンの翼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%BF%BC

小説を読もう!
http://yomou.syosetu.com/search.php?word=%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC

読書記録 (ファンタジー)
http://www1.kcn.ne.jp/~hiromi-k/books.htm

何かの一助になれば

Qお気に入りのファンタジー小説を教えて下さい!

質問はタイトルのとおりです。
皆さんが好きなファンタジー小説を教えて下さい!
何冊紹介しても構いません。
自分が太鼓判を押す小説をどんどん教えて下さい。
厚かましいですが、将来はファンタジー小説家志望なので・・・
ですので遠慮なく自分のお気に入りの小説を教えて下さい。

できれば、学園もののファンタジー小説も教えて下さい。
宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

・ロードス島戦記
アニメ・ライトノベルに後々
日本におけるエルフのイメージを形作った作品だと思います。
・ミッドナイトミートトレイン
ダークファンタジーの傑作だと思います。
・金庸の作品
ジャンルは武侠小説だけどファンタジーっぽいです
・十二国記
東洋風ファンタジーです

学園物のファンタジーだと
・ゼロの魔法使い
・デジタルデビルストーリー
・ハリー・ポッター
・風水学園
・まじしゃんずあかでみぃ
・ガンパレードマーチ

Qおススメの小説(ファンタジー?物語)

私はジブリが大好きなのですが、特に耳をすませばが大好きです。
ストーリー自体も素敵なのですが、雫が書いた物語にとても惹かれます。

世界のどこかにあるかもしれない世界。あのファンタジーと言って良いのか分からない
あの世界観がすごく好きなのです。また宮沢賢治の世界観も好きです。特に
「銀河鉄道の夜」は不思議な世界観ながら変にリアリティもあるなんとも言えない
好きな作品です。

昔小学校の頃図書館で読んだような少し子供向けだと思うのですが、
今の世界とは違う世界に迷い込んでしまう・・・というストーリーがハラハラしながらも
とても憧れました。

もしもこんな本あるよ!というおすすめの本があれば是非教えて頂きたいです。

整理しますと

・ファンタジーだけどリアリティもある(迷い込んでしまう、その世界自体は住人にとっては
なんら不思議ではない】

・あまり難しすぎない(複雑すぎる世界観じゃない。だから子供向けの方が良いと思う)

・戦闘やドラゴンなどあまりリアリティの無いものは出てこない

いつもは貫井徳郎や唯川恵などリアリティがある小説を読むのでたまには
「これぞ物語!」というような本を読みたいです。児童文学が良いのかもしれません。
外国人の小説家では唯一「ハリーポッター」は読みました。

すみませんが今流行?のライトノベルは無しでお願いします。

余談ですが「こまったさんの料理本」シリーズも大好きでした。
あの本もこまったさんが違う世界に行っていましたよね。

では、長々書いてしまいました。皆様のおすすめ教えてください。
宜しくお願いします。

私はジブリが大好きなのですが、特に耳をすませばが大好きです。
ストーリー自体も素敵なのですが、雫が書いた物語にとても惹かれます。

世界のどこかにあるかもしれない世界。あのファンタジーと言って良いのか分からない
あの世界観がすごく好きなのです。また宮沢賢治の世界観も好きです。特に
「銀河鉄道の夜」は不思議な世界観ながら変にリアリティもあるなんとも言えない
好きな作品です。

昔小学校の頃図書館で読んだような少し子供向けだと思うのですが、
今の世界とは違う世界に迷い込んでしまう・・・...続きを読む

Aベストアンサー

古い作品で子供向けですが、大人にも大変面い名作です。

佐藤さとる著「誰も知らない小さな国」

講談社の青い鳥文庫で、出ています。
コロボックルが出て来る物語で、シリーズになっています。
ジブリならアリエッティに多少近いかもわかりません。
ぜひお読み下さい。

Qファンタジー小説探してます

こんにちは。
ファンタジー小説探してます。今のところは
「ルーンの子供達」「バーティミアス」を読んでいます。
男主人公でファンタジーと友情がある本を探しています^^;
韓国のファンタジー小説でもかまいません。
本が読みたくて仕方がないです><;;
わがままですが、皆様の回答をお待ちしておりますm(__)m

Aベストアンサー

指輪物語書いたトールキンのギャグ・ファンタジー小説「農夫ジャイルズの冒険(評論社 トールキン小品集)」は、ドラゴン、巨人、魔法の剣、等々でてきて、かつギャグが滑っていなくて読後感もよし、という傑作です。もともと言語学者だったトールキンが、その知識を行かして書いたコメディですが、指輪よりこっちを映画にしろと、前から思っています。それほどおもしろいです。ぜひ。

Qファンタジー小説で地下都市が出てくる作品

資料集めでファンタジー小説で地下都市が出てくる作品を探してします。
古典でも最近のでも、あるいは実際の遺跡などで、地下世界の扱った作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

お探しのものとは微妙に違うかもしれませんが…SFで、アイザック・アシモフの「はだかの太陽」は地下都市が題材となってます。
マンガなら高階良子の「はるかなるレムリアより」
アニメなら「宇宙戦艦ヤマト」もそうですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報