黙秘権は刑事事件でのみ有効でしょうか?それとも、他の場面でも黙秘権は有効でしょうか?

例えば、「遅刻した理由を述べよ」とか「どうしてバックアップを取らなかった?」とか「仕事と家族のどっちが大事なの?」とか「賞味期限を過ぎたチーズが売られているけど何故?」とか「あなたは住職なのにキリスト教会でマリア様を拝むのは何故?」と問われた場合、「答えたくない!黙秘権だ!」と言えば答えなくてもいいですか?それとも、「遅刻の理由を答えないなら1点減点だ!」とか「バックアップを取らなかった理由を述べなければクビだ!」とか「仕事と家族の優先順位を答えないなら勘当(離婚)だ!」とか「賞味期限切れの説明をしないのなら業務停止処分だ!」とか「キリスト教に走った理由を述べなければ御布施の額を減らすぞ!」って感じになるのでしょうか?

理由の如何に関わらず遅刻は不当だと思うので、遅刻者を責める為に理由を問うているのなら黙秘権を使って黙りたいです。「渋滞に巻き込まれた」とか言って処分が軽くなるなら喜んで言い訳しますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

法律用語としての黙秘権のことということでいいでしょうか?



>黙秘権は刑事事件でのみ有効でしょうか?

黙秘権は憲法38条1項に由来しますが、
憲法38条1項にいう「自己に不利益な供述」の「不利益」とは
刑事責任、すなわち、国家に刑罰を科せられる、または加重されるされるようなケースに限り、
それ以外の場合(たとえば民事責任を問われるような場合)は含まない、
というのがスタンダードな理解です。

また、憲法は国家を縛る法であり、保障されている権利はすべて「対国家」の権利です(※)。

以上のことから、おっしゃるような対国家でない場面では、
法的な効力をもつ黙秘権ってのは普通はないです。
…というか、そういうときの「黙秘する権利」があるかどうかを判断するのに
法律や憲法の出る幕はない、というほうが正確な言い方かもしれません。
(法律や憲法に関係なく「黙秘する」自由はあるし、相手が黙秘する権利を認めるかどうかもまた自由です)

※詳しい方へ注・ここではあえて間接適用説には触れていません。
 日本では憲法の私人間効力にはきわめて慎重な姿勢なのは間違いないでしょうし、
 黙秘権のような、本来刑事手続きにかかわる権利は、私人間紛争では出番はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さんきゅー

お礼日時:2011/05/01 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

Q黙秘権・供述拒否権?

 何故に黙秘権などの権利があるのでしょうか?
罪を犯した事については、素直に反省し聞かれたこと(構成要件に該当する質問)は、ちゃんと話せば公判の短縮になるのではないのでしょうか。
 罪を犯していないのなら「やっていません」って堂々と言えば良いのであって、「黙秘します」って言うことはどんなメリットが・・・。
 明らかに遅延行為としか思えません。

Aベストアンサー

普通、悪いことをすると罪悪感てありますよね?普通の人は。でも、中には悪いことをしたって判ってるんだけど、やっぱり自分がかわいい(保身)から、黙秘するんだと思います。黙秘って事はその部分を離すと自分にとって都合が悪いわけなんですよね。私はそんな風に思います。

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q黙秘権は何のためにあるのか?

皆さんこんにちは。

黙秘権について教えてください。

刑事事件を起こし、逮捕され、取調べを受ける前に
「自分の意思に反することは、言わなくても良い。
貴方には黙秘権がある。また黙秘権を使ったからと
いって、貴方が不利益になることはない。」

と、捜査員は被疑者には言うのですが、裁判では
黙秘権を使ったことにより、裁判官の心証も悪くなり
黙秘=否認とみなされて、反省の姿勢が見られないとして
刑が加重されたりすることがあるらしいのです。

黙秘権は被疑者(被告人)のためにあると思うのですが、
それであれば、黙秘権を使わないほうが得ということに
なり、黙秘権というのは一体何のためにあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本の裁判の問題点の1つです。

黙秘権を使用したために被告が不利益をこうむった裁判の1つに和歌山カレー砒素事件の2審があります。
この2審で、林真須美被告は1審での黙秘する戦術をやめ、初めて供述をしたのですが、先日の判決で「1審で黙秘しておきながら2審で証言しても信用できない」というようなことを裁判官が言っております。

これは明らかに被告の黙秘権が不利益に作用しているものでしょう。

ただ裁判(というか刑事訴訟全般)において、被告の黙秘権だけでなく、弁護士などの接見権や、拘置所に拘置せず代用監獄(警察の留置所)の拘置する。いまだに自白が一番の証拠として採用されるなどの矛盾点があり、これらの作用として黙秘権が軽視されるといえるのではないでしょうか。

取調べの可視化など具体的な改革が進めば、徐々に権利としてみとめられるような気がします。

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

Q緊急です!!黙秘権について教えて下さい

緊急です!今から電話して取り消せないのでしょうか?

昨日名古屋から事件犯した現場横浜へ出頭しに行きました。
初犯です
それで最初に黙秘権があると言われました。

それで自分は、小学校名、中学校名、高校中退名までは言ったのはいいんですが…今通ってる通信高校名まで言ってしまいました
学年も

それで昨日帰ってきました
それで自分は通信高校名を伏せたかったのですが…
それは黙秘権の権限に入ってるのでしょうか??

神奈川の方から論文みたいのを名古屋の警察署(現住所)に提出するみたいですが、今から電話して伏せてもらえる可能性は1%でもあるでしょうか?
それとも一度口に出した供述は取り消せないでしょうか?

電話するなら論文を名古屋の方に提出する前に早くてわかっています


これはやはり馬鹿げたことでしょうか?

Aベストアンサー

 いったん喋ったことを、なかったことにするのは無理でしょう。おっしゃっているような可能性は0%でしょう。

 黙秘権一般についていえば、黙秘権とは「自分の喋りたくないことは喋らなくていい」と言う権利です。名前はおろか生年月日から性別まで、言いたくないことはすべて言わなくてもいいのです。黙秘しても意味のないこともありますけどね。
 一度口に出した供述は、公判の場では話さないこともできますが、証拠として採用されたらほとんど意味がないですね。

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q著作権法は、刑事事件でしょうか?

著作権法は、民事ではなく刑事になるのでしょうか?
もし、仮に、海外(例:ディズニーなど)の会社から、
日本に在籍しいてる人に提訴された場合、
どちらの管轄の裁判所で争うのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な部分で混乱がありますね。

民事事件とは民事責任を追及する事件であり、刑事事件は刑事責任を追及するものです。著作権法には著作者の経済的権利を保障する規定とと罰則規定が定められているので、民事・刑事の両方にまたがっています。経済的権利の侵害に対して賠償を請求する場合は民事事件、罰則規定に違反する行為を処罰する場合は刑事事件となります。

ただ、ディズニーが日本人に対して訴えを提起するとすれば、それは民事事件です。なぜなら、刑事事件の訴えを提起できるのは国(検察官)に限られるからです。

民事事件という前提に立てば、ディズニーが日本人に対して訴えを提起する裁判所は、法的には、日本・米国のいずれでも可能です。
ただ、米国の裁判所に訴えを提起して勝訴しても、被告が米国に資産を持っていない限り強制執行ができません。これに対して日本の裁判所に訴えを提起すれば強制執行が可能なので、実際問題としては、日本の裁判所に訴えを提起するでしょう。

刑事事件の場合も日米両国の裁判所が裁くことができます。日米間には犯罪人引渡条約があり、著作権法には懲役などの拘禁刑が定められているので、米国から請求があり、かつ、犯罪の嫌疑が濃い場合は、米国に引渡されて米国の裁判所で裁かれることもあり得るのです。
なお、犯罪者として外国に引渡されるのは、その日本人の行為が日本法でも犯罪とされる場合だけであり、外国の刑法に違反しても日本の刑法では処罰されない行為の場合、外国に引渡されることはありません。

基本的な部分で混乱がありますね。

民事事件とは民事責任を追及する事件であり、刑事事件は刑事責任を追及するものです。著作権法には著作者の経済的権利を保障する規定とと罰則規定が定められているので、民事・刑事の両方にまたがっています。経済的権利の侵害に対して賠償を請求する場合は民事事件、罰則規定に違反する行為を処罰する場合は刑事事件となります。

ただ、ディズニーが日本人に対して訴えを提起するとすれば、それは民事事件です。なぜなら、刑事事件の訴えを提起できるのは国(検察官)に...続きを読む

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q「遡及効の禁止」は刑事事件のみ?

刑事裁判中に刑法が改正された場合、その判決は旧法に基づかねばならないという「遡及効の禁止」という考え方があると習ったことがあります。

では、民事裁判の係争中に、法律が改正された場合、判決にはどの段階の法律が適用されますか?
法律に違反する行為を行った段階ですか?
それとも、判決が下される段階ですか?

また、その回答の根拠となる条文があれば、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

具体事例を指し示して頂ければ回答しやすいのですが如何でしょう。

なお民事とのことですが、法律に違反する行為と言うところが一部理解不能な部分です。
なぜなら民事では違反事例だけが審判の対象ではないからです。
と言うことで刑法では遡及禁止がうたわれていますが、民事では改正の内容により解釈が異なると考えていますが・・。

例えば婚姻に伴う性の選択をどちらにすべきかと言う係争(例えば親掛かりの問題があったと仮定して)があった場合、夫婦別姓が合法化してしまえばそれまで争っていた訴えそのものが意味を成さなくなりますね。ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報