アジア地域のある人に荷物を航空便で送ってもらいたいので可能かどうかメールを
聞いたのですが、以下の文が返ってきました。(買い物です)

よく分からないのがTO PAY basisなんですがこれはどういう意味でしょう?
検索してもそれらしい単語にヒットしません。

TNTという会社で何かの許可を取って私達に送れ・・と読み取れるのですが・・。
(荷物は液体ですので恐らく安全データなどの書類が必要かもしれません)

We will be sending it through TNT courier services on TO PAY basis.

Requesting you to send us a signed and stamped letter stating to TNT
that your company authorizes the consignment to be sent on To Pay
basis.


分かる方いましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私共は商品をTNT(宅配便業者)を通して、着払い条件の元、お送り致します。



TNTに対し、御社が配送物(商品)を着払いで引き取る旨を書面にて明記し、署名・捺印したものを私共に送って下さい。

[注]念書はあくまでTNT宛に書いてください。購入元宛ではありません。

p.s.
液体に関する安全性データなどの書類については言及していません。
    • good
    • 0

おそらく着払いもしくは代金引換払いのことでは。



TNTという運送会社を使って送るので、その方法で送ることを了承した旨の書類をください、ということだと思います。

着払いならFreight Collect、代金引換ならCollect on deliveryという表現が一般的なので、先方に再確認してみればよいのでは。
    • good
    • 0

補足です。



以下にTNT宅配業者のホームページ(日本語)リンクを貼り付けておきますので、そちらにも問い合わせておいた方が良いかも知れません(コスト、必要な通関書類など)。

http://www.tnt.com/express/ja_jp/site/home.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q”break on through to the other side”って

これってどんな意味なんでしょうか?
「クスリでトリップしちゃう」みたいに、ヒョッとして危ない意味なんでしょうか?
もし危ない意味ならば、この表現を基礎にして危なくない意味にするにはどんな表現がいいかおしえてください。
(例えば、既成概念とか自分自身が捉われている壁を打ち壊すみたいな積極的な表現にしたいんです。)

Aベストアンサー

The Doorsの歌詞みたいですね。
http://charchan.hp.infoseek.co.jp/doors.htm
http://www.alwaysontherun.net/doors.htm

冗談で、「ニワトリはなぜ向こうに渡ったのか。」
の答えで、「向こう側に突き抜けるために」であるかも知れません。

自分の道を貫く
stick to my way

persist
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=persist+&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=IjP7RMQ7gSzSVedoLM

break down stereotypes
dispel stereotypes
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=stereotype&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=IjP7RMQ7gSzSVedoLM

break throughで、onのないかたちはいかがでしょうか。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=break+through&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=IjP7RMQ7gSzSVedoLM

smash through the walls
壁を突破する
抽象的な意味合いでもOKでしょう。
たとえば、I tried to smash through the walls of gender.
上のbreak downでもいいかも知れません。
I tried to break down the walls of gender.
男女差の壁を突き破る試みをしました。

具体的なイメージが浮かびませんので、この程度ですがご参考にしてください。

The Doorsの歌詞みたいですね。
http://charchan.hp.infoseek.co.jp/doors.htm
http://www.alwaysontherun.net/doors.htm

冗談で、「ニワトリはなぜ向こうに渡ったのか。」
の答えで、「向こう側に突き抜けるために」であるかも知れません。

自分の道を貫く
stick to my way

persist
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=persist+&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=IjP7RMQ7gSzSVedoLM

break down stereotypes
dispel stereotypes
http://www2.alc.co.jp/ejr/inde...続きを読む

Q"on my way" toはいつも必要なのでしょうか?"on my way home" vs "on my way home to school"

「家への帰り道」で
on my way home

と習った記憶があります。

「学校へ行く途中」は
on my way to school

とういうように"to"が必要となるのですが
home自体に家へ問う言うような意味が
含まれるため、homeの時は"to"が必要
ないのでしょうか?

homeだけ"to"がなぜつかないのか
疑問に思っています。

Aベストアンサー

おはようございます。
homeは場所を示す副詞なので
to がつきません。
朝で時間がなくて例文を挙げられなくてすみません。

Q否定のusuallyとsend me, send to me

質問がいくつかあります。わかりものだけでも構いませんので、おしえてください。

質問1
否定するときのusuallyはそのままですか? あとalwaysも。
たとえば、
私は普段jazzをあまりきかない。でも、音の雰囲気が好きだ。
というときはI dont listning to jazz usually, but i like ....わかりませんでした。
usuallyやalwaysは否定のときも使えますか? あと配置がわかりません。

教えてください。


質問2
あと、send me とsend to meの違いをおしえてください普段send meをよくつかいます。


質問3
私の古い写真をあなたに送るよ。
と いうのを、
I'll send you my old picture. なのかIll send my old picture to you.
普段send使うときはすぐあとにyouや me としてしまいますが何かの翻訳でためしたら 後者のような配置で訳されました。どちらただしいのですか?


教えてくださいお願いします

質問がいくつかあります。わかりものだけでも構いませんので、おしえてください。

質問1
否定するときのusuallyはそのままですか? あとalwaysも。
たとえば、
私は普段jazzをあまりきかない。でも、音の雰囲気が好きだ。
というときはI dont listning to jazz usually, but i like ....わかりませんでした。
usuallyやalwaysは否定のときも使えますか? あと配置がわかりません。

教えてください。


質問2
あと、send me とsend to meの違いをおしえてください普段send meをよくつかいます。
...続きを読む

Aベストアンサー

I don't listen to jazz very often, but I like the feel of it(=jazz).
----------------------------------------------
「私は、普段 jazz を聞きます。」は、
I usually listen to jazz.
ですね。現在の習慣などを表す時に、always, usually などの副詞を使いますが、この副詞は、「頻度(回数)を表す副詞」と呼ばれるものです。

肯定文では、助動詞と動詞の間、一般動詞の直前、be の直後というのがこの副詞の一般的な位置です。
You must always keep it mind.
I always get up at 7:30.
He's always studying in the library Saturday afternoon.

always を否定文で使うと、「部分否定」で、「いつも……というわけではない」などの意味合いになります。

I don't always listen to jazz. 「私はいつも jazz を聞くというわけではありません。」
------------------
I don't usually listen to jazz.
は、
「私は、普段 jazz を聞きません。」[全否定]
と、「私は、 よく jazz を聞くわけではありません。」[部分否定]
の2つの意味を持っています。つまり、誤解されるおそれもあります。

I often listen to jazz. や、
I listen to jazz very/so often. (often に修飾語句がつくと文末の位置もあります。)という肯定文から、
I don't listen to jazz very often. 「私は、あまりjazzを聞きません。」
I don't listen to jazz so often. 「私は、そんなに jazz は聞きません。」
などが考えられます。
また、
I seldom/rarely listen to jazz. 「私は、めったに jazz は聞きません。」
とも言えます。
=============
send me と send to me について
Send me. は、「VO to 場所」の省略表現に思えますが、状況によると思います。
Send me home. 「家まで送って。」
Send to me.  「私のところに使いを送って。」to の前に使者が省略されています。send は、自動詞です。
=============
I'll send you my old picture. SVO1O2
I'll send my old picture to you. SVO2 to O1

どちらも正しいとされる英文です。
ただ、少し使い方が異なります。

I gave her a pretty doll. を例にして説明します。
文中に含まれる情報に、旧情報(すでに聞き手/読み手が判っている情報)と新情報(初めて聞き手/読み手に伝える情報)があります。
her は、人称代名詞ですから、旧情報です。だれのことを指しているか判るので名前を使っていません。
my old picture は、新情報です。すでに、説明されている場合なら、it に置き換わってもいいはずです。

通例、新情報は文尾に置くのが英語の癖です。
また、通例、文尾に強勢が置かれるのも英語の癖です。
SVO1O2 は、SV 旧情報+新情報 になることが多いです。
だから、SVOO の最初の O は、代名詞のことが多いのです。

I gave it to a little girl.
it は、旧情報です。
to 以下は新情報で、情報量が多いので長くなっています。

どちらの文にしても新情報が後ろに来るので、伝える内容の重要性は "a pretty doll", "a little girl" にあり、強勢があるのが通常です。

問題文の場合、
通例、I'll send you my old picture. が、より自然ではないでしょうか。
他のものではなく、"my old picture" をという感覚があります。

I'll send my old picture to you. もおかしくはありません。
他の人ではなく「あなたに」なら、私はこの文を使います。つまり、最後の情報を大事にしているわけです。
強調形は、I'll send my old picture to you, not to anyone else.

でも、
I'll send you my old picture. の you に強勢を置いて、「他の人ではなくあなたに」を際立たせることも可能です。つまり、通例なら、my old picture に強勢が置かれる文なのに、you を強くすることによって、その強調はさらに際立ちます。

同じことが、I'll send my old picture to you. にも言えます。send の直後の my old picture を強めることによって、同じように、「他のものではなく my old picture を」がより際立ちます。

以上、少しでもお役に立てたでしょうか?★★

I don't listen to jazz very often, but I like the feel of it(=jazz).
----------------------------------------------
「私は、普段 jazz を聞きます。」は、
I usually listen to jazz.
ですね。現在の習慣などを表す時に、always, usually などの副詞を使いますが、この副詞は、「頻度(回数)を表す副詞」と呼ばれるものです。

肯定文では、助動詞と動詞の間、一般動詞の直前、be の直後というのがこの副詞の一般的な位置です。
You must always keep it mind.
I always get up at 7:30.
He's a...続きを読む

Qbe going to と be to

英語やり直し組みです

President Bush is to meet with the exiled Tibetan spiritual leader at the White House.

(1)この文を見てふと思ったのですが、この文だと「ブッシュ大統領は~と会うつもり(予定)です」のようなニュアンスになると思うのですが、予定などはbe going toと言われていたように覚えています。
単語一つ一つ見てみるとbe going to もbe toも同じような意味なのはわかるのですが、同じような意味と覚えてもいいものなのでしょうか?

China has pulled out of scheduled talks on new sanctions against Iran's nuclear program, apparently in protest at the visit.

(2)apparentlyが使われていますが、reportedlyではないのでしょうか?
どちらも同じような意味だと思いますが、apparentは視覚reportは聴覚的要素を感じます。それともそこまで細かく使い分けなどされていないのでしょうか?どちらもprobablyなどのようにおそらく~くらいの意味なのでしょうか?

お願いします。

英語やり直し組みです

President Bush is to meet with the exiled Tibetan spiritual leader at the White House.

(1)この文を見てふと思ったのですが、この文だと「ブッシュ大統領は~と会うつもり(予定)です」のようなニュアンスになると思うのですが、予定などはbe going toと言われていたように覚えています。
単語一つ一つ見てみるとbe going to もbe toも同じような意味なのはわかるのですが、同じような意味と覚えてもいいものなのでしょうか?

China has pulled out of scheduled talks on new...続きを読む

Aベストアンサー

(1)新聞記事にある程度慣用的に使われる「is to」、、意味としては「とされている」「の予定である」、、勿論、「is going to」でも一向に構いませんが、「is going to」ではやや「予測の意味」(或る程度不確定)が籠もってしまう恐れがあるのと、その前後に「is going to」を使っていたり、使う予定である時は重複を避ける意味で「is to meet」とする場合がありますが、この場合は、最初の「とされている」「の予定である」でイイでしょう。

(2)「apparently」(明らかに)です、意味としては、ここは客観的に見ても「明らかに抗議の意思を示して」ですから、reportedlyは残念乍ら使えません、使うと意味がおかしくなります。「reportedly」が実に有効(その実力を発揮する)なのは下記のような例です。

China is going to have unofficial talk with Myanmar government on the issue after its internal meeting reportedly held at Beijing last week.

中国は先週北京で開催されたと(報じられる)内部会議を受けてビルマ政府とその問題に関し非公式会談の予定。 

(報じられる)(伝えられている)(確認はされていないがある程度確実な情報源によれば)

(1)新聞記事にある程度慣用的に使われる「is to」、、意味としては「とされている」「の予定である」、、勿論、「is going to」でも一向に構いませんが、「is going to」ではやや「予測の意味」(或る程度不確定)が籠もってしまう恐れがあるのと、その前後に「is going to」を使っていたり、使う予定である時は重複を避ける意味で「is to meet」とする場合がありますが、この場合は、最初の「とされている」「の予定である」でイイでしょう。

(2)「apparently」(明らかに)です、意味としては、ここは客観的に見...続きを読む

Qbe unable to と be not able to の違い。

1,be unable to と be not able to の違い、を教えて下さい。

2,It is no big deal と It is not big deal
no を使う場合と not を使う場合、この使い分けと、ニュアンスの違いなどを教えて下さい。

Aベストアンサー

be unable to~ と、 be not able to~ はそんなにニュアンスが違うとは思いません。ほぼ一緒と考えてもいいかと思います。でも#1の方が仰る事も一理あるかと思います。強く聞こえるといったら、そうかも知れません。あくまでも状況次第ですが。

It is not a big deal. で、冠詞の a が抜けていると思いますがいかがでしょう。

そんな大きなニュアンスの違いがあるか分かりませんが、no のほうは、口語的かと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報