現在、日本経済データの読み方を学んでいるところですが、その際に「企業物価指数」と「消費者物価指数」というキーワードを見つけました。

企業物価指数(CGPI)の推移に即して、消費者物価指数(CPI)は推移すると様々な資料に書かれています。

しかし、日銀、総務省の統計をもとにグラフを作成したところ、80年代くらいから企業物価指数は減少傾向にあるのに対して、消費者物価指数は上昇傾向にあると読みとれます。

一方で2004年以降はCGPIの方がCPIよりも上にきています。理論とは違う結果が生じています。

この要因として何が考えられるでしょうか。

サービス
石油価格の上昇
為替の変動

などがキーワードでしょうか。

なにか切り口だけでも分かれば考えやすいのですが、的を得た見解が見つかりません。

キーワードだけでも、教えていただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 企業物価指数(CGPI)は企業間で取引される商品価格を指数化したものです。

企業が生産する商品(中間財や最終財)の原材料には原油が含まれますので、原油価格や為替レートの変化の影響が大きいと思われます。

 一方、消費者物価指数(CPI)は小売されているモノやサービスの物価水準を指数化したものです。なのでCGPIに含まれる原材料や中間財は含まれず、最終財は含まれますが消費財に限定されます。このため原材料の価格変化が消費財まで波及するのに時間がかかるのでCGPIの動きとCPIの動きにはタイムラグが起こります。

 ただ消費者物価指数はモノの価格だけでなく、人件費の比重が大きいサービス価格も含まれています。サービス価格は原油価格など国際市況の影響を受けにくく、景況に敏感だと言われており異なった動きをします。

 例えば景況が悪化するなどで人件費や企業利益に下落圧力が高い状況で原油価格が上昇するなどサービス価格と原油価格が異なる動きをした場合、CGPIは上昇しているのにCPIは下落するケースが起こりえます。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

この件に関しては統計データとさまざまな文献で解決しましたが、グラフからその背景を探る段階には達していなかったので、とても参考になりました。

回答は簡潔にそして的確にまとめられており、素晴らしいものであると思います。

お礼日時:2011/04/27 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初任給と生涯年収

どこの会社も大学卒の初任給は20~23万ですが、
生涯年収は業種や会社の規模によって違いますが、

業種は放送業界が高いのですが

やはり生涯年収の違いは業種よりも
会社の規模の大きい方が生涯年収は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

 ANo3.で更なる質問がありましたので、それへのコメントです。

> つまりは儲かる業種の大企業に行くべきですね
 いま儲かっている大企業でも5年先、10年先はどうなるか分かりません。経営者の甘い認識で些細と思っていた問題が社会に露見して大騒ぎとなり、それで会社が傾くような時代です。小さな会社が大きな会社を飲み込むケースも出てきました。「儲かる業種の大企業」に入って、その恩恵にあやかろうという「寄らば大樹の影」的な他力本願の姿勢がよくありません。打算的すぎますし、社会や会社はそんな皮算用のようにはいかないでしょう。自分の力で道を拓くべきでしょうね。一般論的に言えば、中小企業よりも大企業のほうが安定しているでしょうが、高い成長性が期待できるのは(一部の)中小新興企業でしょう。安定でほどほどの生涯年収でよいか、リスクはあっても高い生涯年収にチャレンジするか、であり、そのリスクは貴殿の実力によって低リスクか高リスクになるかが決まると思いますねぇ。生涯年収を会社のせいにしてはいけません。

 入社して暫くはともかく、生涯年収の多くの部分を占める30代後半以降は、院卒・大卒に関係なく本人の実力によります。「将来的にほとんどの社員が院卒が増える」とは思いませんね。むしろ学歴社会が崩壊し、特定の分野で専門知識を磨いたスペシャリストが増えるかもね。

経営コンサルタントのオジサンより

 ANo3.で更なる質問がありましたので、それへのコメントです。

> つまりは儲かる業種の大企業に行くべきですね
 いま儲かっている大企業でも5年先、10年先はどうなるか分かりません。経営者の甘い認識で些細と思っていた問題が社会に露見して大騒ぎとなり、それで会社が傾くような時代です。小さな会社が大きな会社を飲み込むケースも出てきました。「儲かる業種の大企業」に入って、その恩恵にあやかろうという「寄らば大樹の影」的な他力本願の姿勢がよくありません。打算的すぎますし、社会や会社はそ...続きを読む

Q企業物価指数が消費者物価指数の先行指標となる理由について

企業物価指数の説明で、「原材料→中間製品→最終製品→小売という順で価格が波及するため、企業物価指数は消費者物価指数に対しての先行指標として活用することもできます。」というように、企業物価指数が消費者物価指数に対しての先行指標となる理由が書いてあります。申し訳ありませんが、この説明の意味をどなたか解説し直して頂けないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

先行指数とは後から連動して動くものがあるときに先に徴候が現れる場合に使います。
原材料の値段が上がれば、やがては価格にも転化されて物価が上がります。
だから原材料の高騰(企業物価指数)は消費者物価指数が上昇する目安になります。

現在でも小麦粉の価格上昇にその典型をみることができます。
小麦粉の値段が上昇しても流通業界などからの要請でメ-カは暫く値上げを断念していました。
ですがそれも限界を迎え、製パン、カップ麺などは値上げをしています。

Q理系職に就かれている方に生涯年収についての質問

私は現在生命理工学部に在籍する大学三年生です。就職のことを視野に入れ、大学院に進もうかどうか迷っています。

そこで皆さんに教えていただきたいですが、生涯年収です。
研究職は給料がよくないとはよく聞きますが、やはり生涯年収という視点から見てもそれ以外の職種に劣るのでしょうか?

研究職ならば学士以上なら修士も博士も同じ、研究職以外なら学士だろうが何だろうが同じとよく言いますよね。院まで行って生涯年収が低いのではちょっと・・・というのが本音です。

もちろんやりたいことを仕事にできればいいとは思うのですが、やはり収入は気になってしまいます。

どなたかどうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、何故研究職に進みたいのかということを自分自身でハッキリさせておいて下さい。

やりがいですか?それとも給料の額ですか?
後者が目的なら研究職はお勧めしませんし、なって欲しくはありません。真に欲しい人材は寝食を忘れるほど没頭できる人間です。

なお修士と博士では採用時点で勘案されますので入社時に同じ評価であるということはありません。

生涯年収ですが、これは業種の違いや成果によって個人差がかなり出てきますので学歴だけで一概に言えるものではありません。
しかし少なくとも院卒の研究職であれば世渡り上手が出世しやすいと言うことはありません。能力の誤魔化しが通用しない世界なのですから。
逆に言えば地道な努力次第で上を目指しやすい職種とも言えます。

ご参考まで

Qミクロ経済学について教えてください。 2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費

ミクロ経済学について教えてください。
2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費者は第1期にも第2期にも働いて、それぞれY₁≥0、Y₂≥0の実質賃金を得るとする。実質利子率r>0とし、消費者は第1期に貯蓄及び借入を行えるとする。消費者は異時点間の予算制約のもとで、第2期に得られる効用の和U(C₁,C₂)=u(c₁)+u(c₂)が最大となるように第1期の消費、第2期の消費の最適な水準を決定している。各期の効用関数は対数関数(u(C)=logC)であるとする

この場合の予算制約の式はどういうやり方で求められるのでしょう?

Aベストアンサー

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予算制約は、この貯蓄Sを利子率rで運用するなら、第2期の期首には第2期の所得Y2のほかに、貯蓄を運用したときの元利合計(1+r)Sが第2期の消費にあてることができるので

C2 = Y2 + (1+r)S                          (**)

となる。(*)を(**)の右辺のSに代入し、整理するなら、求める式(一番上の式)を得る、ということです。

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予...続きを読む

Q「生涯年収」という用語について

「生涯年収」という言葉を良く見かけます。この言葉についての質問です。

1.「生涯年収」という数字は、どこかの機関が算出している数字?それとも、各自が計算した数値?

2.物価上昇などを考慮にいれた数字なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

根本資料としては
http://www.stat.go.jp/training/toshokan/faq16.htm#19
厚生労働省の外郭団体
(財)労務行政研究所
のデータとなります

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Q大卒と高卒、生涯年収は全然違うと聞きますが、実際どうなんですか?どれくらい違うんですか? 女性の場合

大卒と高卒、生涯年収は全然違うと聞きますが、実際どうなんですか?どれくらい違うんですか?
女性の場合、を教えていただけますか?

詳しい方、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

統計によると、高卒の女性の生涯年収は1億2470万円、大卒の女性の生涯年収は1億9930万円ですから、6千5百万円ほど違ってきます。大卒は高卒の約1.6倍ですね。

Qなぜ日本政府は経済学の大企業の経済活動を活性化させ

なぜ日本政府は経済学の大企業の経済活動を活性化させて経済を復活させるトリプルダウン効果理論を政策として取ったのでしょう?

日本の労働者の大半が大企業ではなく中小企業で働いているわけですよね?

そして、大企業以外はおこぼれ経済論と言われ、国が大企業だけ優遇策で国民市民の税金を使って救済しているのに下に見られる。

中小企業は大企業によって生活出来ていると威張ってくる。

日本政府はなぜ上下関係を更に加速させる政策を未来の舵にしたのでしょうか?教えてください。

このままだと道路には金持ちの高級車だけが走って、平民は電車を使うという身分社会がますます加速すると思います。

皆さんは日本政府のおこぼれ経済論政策に賛成しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ベンチャーの育成なら大賛成です。もっと規制緩和をしていろいろな法律上のしばりをとっぱらい、融資等の支援制度を充実させるべきだと思います。

ただ、「ベンチャー」と「中小企業」ってちょっと違うような気も。

若干偏見が混じっていますが、今の中小企業の中には、零細農家と同じような構造で、大した技術力も無いのにこれまでの大企業や官公庁との慣例で付き合いを続けさせてもらって、生き延びているような所も多いのではないでしょうか。

彼らにとってみれば、これまで身内だけで分け合っていた平和な関係に、いきなり殴りこんでくるような新参者が「ベンチャー」ではないでしょうか。ですから、本音では、これまでの商慣行など変えないでほしいし、実力主義などまっぴらごめん、身内だけの取引をこれからも続けさせてほしい、と願っているのではないでしょうか。

そうであれば、中小企業の活性化を阻害しているのは、当の中小企業自身と言うことになるかもしれません。

もちろん、大企業に一歩も引かない、素晴らしい技術を持っている中小企業もまた多いことは認識しています。しかし、彼らは、今の規制緩和を中心とした政策にむしろ賛成しているのではないでしょうか。決して「おこぼれ」をもらっているなどと言う卑屈な気持ちではいないと思いますよ。

ベンチャーの育成なら大賛成です。もっと規制緩和をしていろいろな法律上のしばりをとっぱらい、融資等の支援制度を充実させるべきだと思います。

ただ、「ベンチャー」と「中小企業」ってちょっと違うような気も。

若干偏見が混じっていますが、今の中小企業の中には、零細農家と同じような構造で、大した技術力も無いのにこれまでの大企業や官公庁との慣例で付き合いを続けさせてもらって、生き延びているような所も多いのではないでしょうか。

彼らにとってみれば、これまで身内だけで分け合っていた平和な...続きを読む

Q生涯年収の比較について

この先どちらの方が、生涯年収がおおいのでしょうか?
両方、正社員、共に定年は60歳です。

A:24才 高卒 6年目
  現年収300万円台
   (会社規模:中小)

B:30才 大学院卒(博士) 3年目
  現年収600万円台
   (会社規模:大手)

年齢と共に上がるであろう収入がどのくらいのものか
予測出来ないもので、見込みの比較をお願いしたいのです。

Aベストアンサー

荒っぽいですが、ともに能力主義の会社で
35歳から年収が一緒になったとしたら
約10年余分に働いているAさんのほうが生涯年収が大きくなるでしょうね。
それまでの学費+生活費は抜きにしたとしても。
ただ、大手で博士級を採用できるようなところと中小では平均給与から大きく違います。
35歳で一緒になるぐらいならAさんは将来社長級でしょうから、Aさんのほうが当然多くなるでしょうね。
24歳なら院卒の初任給よりは、まず上回っているような会社でないと、かなり先は厳しいかもしれません。

Q経済学的に物価とは?

なんなのでしょうか?

Aベストアンサー

財と財との交換比率。

通常の交換は、貨幣経済下においては
財→貨幣→財
という順で行われるため、財と財との直接的な交換比率を網羅的に書くと煩雑になることからも、財と貨幣の交換比率で表す方が分かりやすい上に実用的であり、この交換比率を物価と呼ぶ。
物価変動は、過去に行われた財→貨幣の交換で得られた貨幣が財に交換される際の交換比率の変動として理解することが出来る。

因みに、最も多く見られる財→貨幣→財のサイクルの一つは労働→貨幣→財というサイクルである。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報