二三日前NHKで何人かの専門家やコメンテイターがエネルギーの件でトークしていましたが、後半に自宅で室内牧ストーブの優しい炎は良いとか、炊飯や料理に焼却炉を使うと少しでも省エネに役立つとコメントが出演者の殆んどが納得賛成の様でしたが、私の記憶では確か以前全国の都府市町村が政令で家庭のゴミや牧などを自宅焼却炉で燃やす事を禁止させ撤去させられ、ダイオキシンや二酸化炭素や一酸化炭素等の有害物質を出さない様にと指導を受けたはずで、この話と矛盾した意見だと思いますが!たとえ自宅の牧ストーブでも私の若いときの経験では其処にストーブや焼却炉が有れば人(当人で無い人等も)はどんな人でも、この位なら良いかとかメンドクサイとか思いツイツイ其の中に入れてしまい焼却してしまい結果的には一軒一軒が積もり積もり有害物質が排出されてしまうものだと思いますが。

A 回答 (5件)

ちょっと事実誤認があるように思います。

自宅焼却炉は全面禁止されているわけではありません。何点かの厳しい基準をクリアした小型焼却炉に限っては認可されているのです。だから「禁止」でなく「規制」といったことです。昔の完全放置状態の時代に製造された焼却炉は基準をクリアできないので撤去せざるを得なかったといったことなのです。それでも個別の自治体によっては、条例で全面禁止しているかも知れないですし、マンションなどの集合住宅では全面禁止されているでしょう。NHKの番組については視聴していませんが、田舎を想定しているような気がします。ただ、焼却炉で炊飯ができるとは思えませんね。そんな時間燃やせるゴミって一体何だろう。
以前は小学校なんかでも当たり前のように焼却炉が標準装備されてましたが、これも文部科学省によって原則全面禁止されています。これは環境問題のみならず児童・生徒の健康に与える影響を重視した措置だったように思えますけども。
ともあれ、無邪気な田舎暮らし評論家がそうした環境問題・健康問題に触れずに暢気なコメントをTVで垂れ流すのは問題だと思いますね。
    • good
    • 0

≪ダイオキシンの問題≫


(1)環境中に存在するダイオキシンの主たる発生源は焼却炉ではなく、戦後一時期に製造された農薬が原因であったことは当時横浜国大教授の中西氏のチームによって確認されています。このことは当の農薬を製造したメーカーも認めています。
(2)当時問題告発の中心的役割を担った「市民団体」が使った数値(新生児の死亡率やらなにやら)が正しくなかったことがわかっています。それどころか、もしかすると意図的にゆがめ、また数値の一部だけを抽出して世論誘導したのではないかという疑いも出されています。
(3)某テレビ局のニュース番組で大々的に報じられたほうれん草のダイオキシン汚染報道では、テレビ局側の敗訴が確定しています。(これは直接関係ない)
 現時点では、あのダイオキシン騒ぎは一体なんだったのか、となっているのが実情で、一説には、名を上げたい市民団体と大型焼却炉メーカーと某テレビ局がグルになって行なったデマだったんじゃないかなんてことも言われています。
 ということで、少なくともダイオキシン汚染と焼却炉のつながりはほぼ否定されているようです。それが証拠に、いわゆるダイオキシン特別措置法みたいな法律があるのは日本だけみたいですし。
 
≪C02の問題≫
 個人所有の薪ストーブの場合、薪を燃やすのであればカーボンニュートラルの概念ではCO2の排出量を増やすことはありません(いろんなものを入れちゃうのはそもそも論外)。

 このあたりを考えると、規模からして薪ストーブでそんなに環境影響を心配する必要はないんじゃないかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど一理どころか十里有ります、可なり内容の濃いいご説明、有難う御座います、ま~何処やらの市民団体(やたらと国民・市民・子供・老人・人権を守ろう等提唱する団体等)と言うのは私も信じないほうで、その後其の団体がいつの間にか違う団体を名のり何処かで又見た様な顔ぶれで運動しているのを良く見かけます。

お礼日時:2011/05/01 11:04

安全な焼却炉ならむしろ賛成です。



>この位なら良いかとかメンドクサイとか思いツイツイ其の中に
>入れてしまい焼却してしまい結果的には一軒一軒が積もり積もり
>有害物質が排出されてしまうものだと思いますが

この位なら良いかと考える時って、啓蒙がゆきわたっていないとか
想像力が及ばない時で、つまり、空間的にも時間的にも行為と実害
に隔たりがある場合だと思います。
人任せにし過ぎる方が実害を考えなくなるような気がしないでも
ないんだけど、どうなんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は啓蒙と言う前の問題だと思います、個人個人(特にお年寄り等)が自分の家で何しようとカラスのカッテトークが多く其の件を第三者が指摘した場合の反撃は最近流行のクレーマーモンスター並で、だから皆、見て見ない振りをして居る様に思います、heartmind様の言う通り人任せ(行政等)の方が私はちゃんとやって下りますて気がしますが!以前愛知県の何処の市町村か名古屋市で市民が一生懸命(守ら無い町民に町民役員が一生懸命嫌われながらでも注意して)7~8種類に分別ゴミをして、出した方は此れで義務を果たしたと思い気や、その等の行政清掃局が処理出来無かったゴミを全て(わざわざ7~8種類に分けた分別ゴミ)一緒に埋め立ててしまい、あ~あ~と私は思った事が有ります。

お礼日時:2011/05/01 11:36

牧ストーブ?


薪ストーブでは、薪に代わりにゴミを燃やすのは問題ありますが「薪」であれば問題ないでしょう。
http://www.makiclubshop.com/208.html
    • good
    • 0

薪ですね


ゴミを燃やすのは論外ですね
除去機能のついた物が有れば良いですが現状では無理
薪を使うとなると森林破壊の原因にもなるんだなこれが
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q焼却炉みたいなものなのですが名前が分かりません。

焼却炉みたいなものなのですが名前が分かりません。

私はこれまで、そのものを焼却炉だと思っていたのですが
調べてみたところWikipediaの焼却炉の記述と私が考えているものに相違を感じたので質問します。

私がこれまで焼却炉だと思っていたものは
漫画とかドラマとかで見たことがあるだけなのですが

学校にあって(学校以外にもあるかもしれませんが、私が見たことあるのは学校のものです。ちなみに私が通っていた学校には無かったと思いますが…ドラマとかで)

中にごみとかを入れて燃やす?やつ(漫画とかドラマとかでも、そこに教科書を投げ込まれたりとかのシーンで見ました。いわゆるいじめ)

横長な形で二つ扉があって、観音開きのひだがないバージョン。
で中にものをいれて、
端に煙突みたいなものがついていて、そこから煙が出るやつ。

その焼却炉の画像を探していて、ちょっともうさびついていかにも古そうな感じの
画像を探していたのですが、全く出てこず、
もしかして焼却炉?じゃないと思い調べてみたところ、今回の疑問が浮かびました。


私の持っている漫画に私が焼却炉だと思っているものが出てくる場面があったので
画像として添付します。

こんな感じのものです(ちなみにこのシーンもバイオリンを投げ込まれてました)
ドラマで見たものはもう少し横長な感じもしました。
これは焼却炉でいいのでしょうか?

また、画像を探しています、お見かけしたかたはURL等教えていただけると幸いです。

焼却炉みたいなものなのですが名前が分かりません。

私はこれまで、そのものを焼却炉だと思っていたのですが
調べてみたところWikipediaの焼却炉の記述と私が考えているものに相違を感じたので質問します。

私がこれまで焼却炉だと思っていたものは
漫画とかドラマとかで見たことがあるだけなのですが

学校にあって(学校以外にもあるかもしれませんが、私が見たことあるのは学校のものです。ちなみに私が通っていた学校には無かったと思いますが…ドラマとかで)

中にごみとかを入れて燃やす?やつ(漫画とか...続きを読む

Aベストアンサー

漫画の焼却炉はこのメーカーの焼却炉を参考にしたのでは。

http://www.ato-nagoya.com/incine/index.html

現在、学校では焼却炉は使用されていません。それはダイオキシン問題がマスコミで騒がれた時に旧文部省が学校に“焼却炉を使用しないように”という旨の通達を出したためです。
また、ダイオキシン類対策特別措置法という法律によって、焼却能力50kg/時間以上、火床面積(ゴミを入れる燃焼室の床面積)が、0.5m2以上の焼却炉は、特定施設として届出が必要になっています。
更に平成14年12月より、焼却炉について構造基準が設けられ、基準を満たさない焼却炉は使用できないようになっています。構造基準適合焼却炉で検索するとこんなメーカーの焼却炉も見つかりました。
http://www.daito-co.com/hosho.html

何年か前にダイオキシン=猛毒 ということでマスコミが大きく取り上げられましたが、最近ではほとんど目につかなくなりました。猛毒と騒いだわりにはダイオキシンが原因で亡くなった人は、聞いたことがありません。むしろ、火災やガス給湯器などの故障で発生する一酸化炭素の方が身近な脅威だと思います。

漫画の焼却炉はこのメーカーの焼却炉を参考にしたのでは。

http://www.ato-nagoya.com/incine/index.html

現在、学校では焼却炉は使用されていません。それはダイオキシン問題がマスコミで騒がれた時に旧文部省が学校に“焼却炉を使用しないように”という旨の通達を出したためです。
また、ダイオキシン類対策特別措置法という法律によって、焼却能力50kg/時間以上、火床面積(ゴミを入れる燃焼室の床面積)が、0.5m2以上の焼却炉は、特定施設として届出が必要になっています。
更に平成14年12月より、焼却炉につい...続きを読む

Q焼却炉と発電機能

我が国は、各自治体に焼却施設がありますが、
毎日焼却する火力によって発電し、電力供給
をすることは、可能なのでしょうか?

そういった事で供給可能であれば、そこでの
電力を買い上げるシステムは、今回のエネルギー
法案では、適応されるのでしょうか?

Aベストアンサー

ゴミ焼却発電は以前から実用化されていて、東京都のゴミ焼却場だけでも20箇所で稼働しているようです。その意味では目新しさはありません。

http://wpb.shueisha.co.jp/2011/08/04/6247/

全国のものをカウントすれば、もっと稼働しているものは増えます。ただ共通の悩みとしては、出力が安定しないこと、そのために効率が額面どおりに出ないことの二点が上げられていました。そりゃあ、ゴミが均質はなずがないから、安定させろって言われてもそうそうは無理でしょうね。特に古典的焼却場ではできない相談でしょう。

新しい焼却場ではゴミを直接燃やすのではなくて、いったんガス化させてそのガスを燃やしてガスタービンを回し、発電する…という形になっています(ガス化溶融炉)。これだと、安定させるのは従来よりもやりやすいと思います。

ガス化溶融炉+発電の概略
http://www2.pwmi.or.jp/pk/pk04/pkflm409.htm

Q家庭用焼却炉の復活

かつて、おうちのごみは家庭用焼却炉などで燃やしていました。
学校でもそうでしたね。山小屋なんかでも・・・・

それが、猛毒ダイオキシンが出るからという理由で禁止されました
その後ダイオキシンの毒性については、かなり低いものであり、
焼却炉程度では何の被害もないということが分かっているそうです。

にもかかわらず、焼却炉は禁止されたままです。
なぜ禁止されたままなのですか?

Aベストアンサー

家庭用焼却炉のみならず畑の脇に草を集めて焚き火をするのも厳しい目で見られる風潮が出てきた背景には「猛毒 Dioxin」という盲目的な Allergy が世に広まったせいだろうと思います。

嫌煙にしても煙草の煙なんか行っていないのに煙草に火を点ける人を見ただけで反射的に咳き込む人をよく見かけるのですが(笑)、これも実際に煙を吸い込んで反応する肉体的 Allergy ではなく、思い込みによる典型的な精神的 Allergy によるもので、実際、煙草に火を点けるのを見ただけで咳き込む精神的 Allergy 症状を示す嫌煙家の女友達の後ろの路上で Pipe に火を点けた時「あら良い香り」と喫煙容認を勝ち取ったことがあります(笑)・・・以後、その人と会う時は黙認を授かった TORBENS DANSK 社の blue note と Golden Blends 社の Vanilla という銘柄の Pipe 煙草のみを Pocket に入れて行くことにしています(汗)・・・他の銘柄はいずれも「喫煙厳禁!」のダメ出しを喰らいました…試すなよって?(笑)。

原発問題に関しても放射能に対する盲目的な精神的 Allergy から強硬な (中には凶硬な?) 反対論者がいますが、家庭用焼却炉の件に関しても同じようなものなのだろうと思います。

ちなみに私は原発反対派の方なのですが(汗)、根源的な反発論者ではなく、安全対策懐疑論派的な方向から原発の在り方に疑念を抱く者でして、御台場の対岸に Atom 君や Uran ちゃんが引率する炉心見学 Tour もある原発を中心に据えて有り余る電力で Cyberpunk Theme Park を演出する地域を作るというのであれば White Shirts の襟内から出した Clear Tube Earphone を耳に入れた Black Suit 姿に Sunglasses をした Agent Smith 君の格好で遊びに行くところですが(笑)・・・。

家庭用焼却炉のみならず畑の脇に草を集めて焚き火をするのも厳しい目で見られる風潮が出てきた背景には「猛毒 Dioxin」という盲目的な Allergy が世に広まったせいだろうと思います。

嫌煙にしても煙草の煙なんか行っていないのに煙草に火を点ける人を見ただけで反射的に咳き込む人をよく見かけるのですが(笑)、これも実際に煙を吸い込んで反応する肉体的 Allergy ではなく、思い込みによる典型的な精神的 Allergy によるもので、実際、煙草に火を点けるのを見ただけで咳き込む精神的 Allergy 症状を示す嫌煙家の...続きを読む

Q3号炉の原子炉内の気体温度は何を意味するのでしょう

http://atmc.jp/plant/atmosphere/
3号炉の原子炉内の気体温度は何を意味するのでしょうか?
3号炉は原子炉圧力がすでになくなっているようで、このなかで発熱しても蒸気が外に漏れている限り100℃で温度が固定されるような気がするのですが、なぜに温度が上昇しているのでしょうか?
特にこの時期になって温度が上昇しているのは何が原因でしょうか?

あとこの記述は、原子炉のどういった場所を示すのでしょうか?
A…RPVベローシール
B…HMV戻り

Aベストアンサー

おっと。。直前にこんな記事が出ていた…

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110507-OYT1T00353.htm

やっとなんとかし出した。
配管系の水漏れが発生していたらしく、注水しても汚染水を増やすだけだったので、思い切って大量の冷却水を注水できなかったのが原因らしい。
それまで3号炉は順調に温度低下して行ってたのに。

http://atmc.jp/plant/atmosphere/?n=3
3号炉の気体温度はA点で4/17に250度、5/6にも250度。

------------------------
滞留・漏れ可能性…3号機原子炉の注水経路変更

 東京電力は7日、福島第一原子力発電所3号機で、原子炉への注水の経路を変更すると発表した。

 同日から切り替え作業に着手する。

 3号機では4月下旬から圧力容器内の温度上昇が続いており、炉に水が十分に入っていない可能性があった。これまで非常用の「消火系」という経路から注水していたが、炉に水が到達するまでに復水補給系、残留熱除去系など複数の系統の配管を経由するため、水が滞留したり、漏れたりしている恐れがあった。

 そのため炉に直接注水できる「給水系」という経路に変更する。経路の切り替えには、原子炉建屋に隣接するタービン建屋内の弁やバルブの一部を開けるなどの工事が必要なため、2、3日かかる。3号機は7日午前5時に圧力容器下部の温度が149・6度に達している。これに対し、東電では注水量を毎時9トンまで増加させて対応していた。
(2011年5月7日11時46分 読売新聞)
-------------------------

おっと。。直前にこんな記事が出ていた…

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110507-OYT1T00353.htm

やっとなんとかし出した。
配管系の水漏れが発生していたらしく、注水しても汚染水を増やすだけだったので、思い切って大量の冷却水を注水できなかったのが原因らしい。
それまで3号炉は順調に温度低下して行ってたのに。

http://atmc.jp/plant/atmosphere/?n=3
3号炉の気体温度はA点で4/17に250度、5/6にも250度。

------------------------
滞留・漏れ可能性…3号機原子炉の注水経...続きを読む

Q病院の焼却炉について

昔、病院に焼却炉があって使い終わった包帯とか色々不要なものを燃やしていたと思うんですが、今の現状はどうなんでしょうか?やはりダイオキシンの問題とかあって、使わないんでしょうかね・・・昔見た黒澤明監督の『天国と地獄』という映画で病院の焼却炉からピンクの煙が上がるのが印象的でしたし、『踊る大捜査線』でも団地の焼却炉から煙が上がってました。でも今はありえないんでしょうかね・・環境問題について関心があるので、ご存知の方がいたら教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

小規模施設では難しいと思いますが、中大規模病院では高温焼却などの対策炉が使用されています
http://www.jmwra.jp/news/021025r.html
http://www.jmwra.jp/news/040916.html

Q原子炉「トリウム熔融塩炉」は安全なのか

古川和男著「原発安全革命」によると


トリウム熔融塩炉なら福島・チェルノブイリのような原発事故は起きなかった


と書いてある。
トリウム熔融塩炉は本当に安全なのだろうか?

Aベストアンサー

Wikipediaには
プルトニウム発生量は、年間100万kwの軽水炉で約230kgに対して、トリウムは約0.5kgである。
このように廃棄物中のプルトニウム発生量が少ないため、核兵器に転用するのが困難であり
途上国への導入が期待されるが、
使用済み燃料に含まれるタリウムの同位体が強烈なガンマ線を放つため、
遠隔操作によるタリウム分離といった高度な技術による再処理が必要であり、
これには巨額の設備投資を必要とする。
また放射性ヨウ素、放射性セシウム等の核のゴミは出るため使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物の処理は必要となる、と書かれています。


何をもって「安全」と定義付けるのかが問題ですが
高レベル放射性廃棄物の処理が必要なら
なんら「安全」とは言えないと個人的には思います。

なお、仮にトリウム熔融塩炉で運転中に今回と同じ津波が押し寄せた場合
結果は同じであった、と思います。

今回の事故の原因は「安全」に対する過信と
原子力を推進したいがための「検証」放棄です。

どんな施設でも安全な運営を「監視する」チェック機能が正常に働かなければ結果は同じです。

Wikipediaには
プルトニウム発生量は、年間100万kwの軽水炉で約230kgに対して、トリウムは約0.5kgである。
このように廃棄物中のプルトニウム発生量が少ないため、核兵器に転用するのが困難であり
途上国への導入が期待されるが、
使用済み燃料に含まれるタリウムの同位体が強烈なガンマ線を放つため、
遠隔操作によるタリウム分離といった高度な技術による再処理が必要であり、
これには巨額の設備投資を必要とする。
また放射性ヨウ素、放射性セシウム等の核のゴミは出るため使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物...続きを読む

Qすべて燃やす焼却炉は可能か?

高温で燃やすと何も残らないと言われていますが、そのような焼却炉は実際あるのでしょうか?もしかして、焼却炉自身も熔けてしまい不可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。それは無いと思います。No.1さんが紹介しているのはダイオキシンや有毒ガスがほとんどでない(でも、大気汚染防止法の基準以内は出てしまう)事のようで、焼却灰は残るはずです。例えば、大量の生活ゴミを焼却炉で焼くと焼却灰も出ない(まったく物質が残らない、消滅してしまう?すべてガスになる?)なら、市町村はゴミ問題で苦労してません。

現時点で先端なのはプラズマ溶融だと思います。これは実用化されています。

http://www.takuma.co.jp/product/waste/general/05ash02.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%B6%E8%9E%8D%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%B0

参考URL:http://www.takuma.co.jp/product/waste/general/05ash02.html

Q軽水炉と比較しまして、高速増殖炉の特徴はどのような点が挙げられますでしょうか?

現在、世界中の多くで軽水炉が使用されており、歴史もあります。
しかし、高速増殖炉は歴史が浅く、いまいち特徴が掴めません。
高速増殖炉は軽水炉と比較してどのような特徴があるのでしょうか?

高速増殖炉にとても興味があるのですが、軽水炉との比較で教えて頂けたら幸いです。
ホームページを見たのですが、 普及している軽水炉と「比較」して
どのような特徴があるのかがよく分かりません。
宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

まず「世界中の多くで軽水炉が使用されており、歴史もあります。しかし、高速増殖炉は歴史が浅く、いまいち特徴が掴めません。」と言うのは間違いです。歴史的に見れば高速増殖炉のほうが古いです。1951年アメリカで高速増殖炉実験炉「EBR-1」が世界で始めて原子力発電に成功しています。軽水炉(加圧水型原子炉)は1957年だったはず・・・。

高速増殖炉の原子炉としての特徴ですが、ずばり名前のまんまです。

高速増殖炉はプルトニウムの核分裂を利用していますが、それ以外に燃えないウラン238をプルトニウムに転換して発生したプルトニウムも燃料として利用します。つまりウラン238からプルトニウムに転換する量がプルトニウムが核分裂する量よりも多いので、「プルトニウムの量が燃料装荷した量よりも増加する=増殖する」原子炉となります。

また中性子はエネルギーが高い(速度が速い)ほど核分裂性物質と反応したときに大量の中性が発生します。
軽水炉では核燃料として主にウラン235を使うため、臨界を維持するための中性子の数はそれほど必要ないため中性子を減速させています。
しかし高速増殖炉ではプルトニウムの核分裂に必要な中性子以外にウラン238をプルトニウムに転換するための中性子が必要となるため「高速」の中性子を利用します。

このような特徴から「高速」中性子を利用した核燃料が「増殖」する原子炉=「高速増殖炉」と呼ばれています。

次に挙げられる特徴は冷却材として液体ナトリウムを利用している点です。
軽水炉が名前の通り冷却材として軽水(重水に対しての軽水と言う意味で普通の水ですね)を利用しています。
高速増殖炉で用いる冷却材としては以下のような要求があります。
・中性子を減速させにくいこと
・中性子を吸収しにくいこと
・熱伝導性がよいこと
これらを満たすものとして注目されたのが液体ナトリウムです。さらに液体ナトリウムは沸点が高いので常圧で利用できるという利点があります。

以上のように稼動すれば、夢(?)の原子炉と呼ばれていました。
しかしながら最大の技術的問題点が「液体ナトリウム」の運用です。
日本の「もんじゅ」でもナトリウム漏れがあったのは周知の事実ですが、諸外国もまったく同じ問題にぶつかりました。結局以下のような変遷をたどりました。

アメリカは1994年に核燃料サイクルの研究・開発を中止し、実験炉を閉鎖
イギリスは1994年に原型炉を閉鎖
フランスは1996年に開発を中止し、1998年に実証炉を閉鎖、研究用として稼動
ドイツは1991年に実験炉を閉鎖、1985年に原型炉を建設していたが燃料装荷が行われることなく1991年に開発中止

まず「世界中の多くで軽水炉が使用されており、歴史もあります。しかし、高速増殖炉は歴史が浅く、いまいち特徴が掴めません。」と言うのは間違いです。歴史的に見れば高速増殖炉のほうが古いです。1951年アメリカで高速増殖炉実験炉「EBR-1」が世界で始めて原子力発電に成功しています。軽水炉(加圧水型原子炉)は1957年だったはず・・・。

高速増殖炉の原子炉としての特徴ですが、ずばり名前のまんまです。

高速増殖炉はプルトニウムの核分裂を利用していますが、それ以外に燃えないウラン238を...続きを読む

Qボイラーと焼却炉等の違いについて

よろしくお願いいたします。
ボイラーを製造・販売する場合と焼却炉(焼却装置から発生した熱をボイラー等に接続して温熱効果を高めるような装置等)の製造・販売について、行政等に対する許認可や手続き、届出等についてご教示いただきたいのですが・・・。
また、基本的なことなのかもしれませんが、ボイラーと焼却炉の法的な捉え方等についてもご教示いただければ有難く存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法的に定義がはっきりしているのは、ボイラーのほうです。
ボイラーとは、「燃焼ガスもしくは電気を熱源として、大気圧を超える温水もしくは蒸気」を発生させる装置で、法規上は基本的に、労働安全衛生法という法律の管理下にあり、厚生労働省が監督官庁になります。(ただし、発電用のボイラーは電気事業法の管理下になり、経済産業省が監督するなど、いくつかの例外があります。)
ボイラーは、高温高圧の蒸気を発生させることが前提の装置なので、非常に厳しい法規制があり、製造、据付、運転のいずれの段階でも、原則的には勝手に作ったり運転したりするわけには行きません。本格的なボイラーは、許可を受けた工場で、当局に届け出た上で、「ボイラー溶接士」の資格があるものが製造しなければならないし、当局の検査を受けた上で、「ボイラー技師」の資格のあるものが運転しなければなりません。

http://www.bcsa.or.jp/00_honbu/kensa-3/B12.pdf

ただし、ごく小規模なボイラーは例外として、届出や資格なしに製造や運転ができます。免許なしで運転できるボイラーを「簡易ボイラー」といいますが、「小規模ボイラー」以上は、講習を受けたり、それなりの資格が必要になります。
詳しくは、「ボイラー及び圧力容器安全規則」「ボイラー構造規格」など、関連する法規を熟読するしかないのですが...とりあえずは、「ボイラー技師」の受験テキストを書店で買って読んでみるか、各地で実施されている「ボイラー取扱講習」というものを受講するのが、とっかかりとしては早いと思います。(この講習を受けると、「小規模ボイラー」まで運転できるようになります。)

さて、焼却炉ですが、ボイラーというのが、蒸気を発生させるという「出力」が目的なのに対して、焼却炉は、非焼却物を燃焼して減容するという「作用」が目的です。結果的に、焼却炉から出てくる熱を利用してボイラーを運転する(廃熱ボイラー)などもありますが、基本的に、焼却炉とボイラーとは別の装置です。
それで、実は焼却炉という機械自身にはたいした法規制はありません。それよりも、焼却炉の運転に伴ってダイオキシンを出さないか、とか、騒音や振動、悪臭などの問題を出さないか、燃焼するものは燃焼していいものか、など、そういう「影響」に対しての規制が多くかかります。具体的には、「大気汚染防止法」「水質汚濁防止法」「ダイオキシン規正法」「廃棄物処理法」「火災予防条例」などです。これらは、ボイラーに対してもかかりますが、現実に問題となることは少ないです。

もう少し、作ろうとしているものの規模などがわかると回答しやすいのですが。

法的に定義がはっきりしているのは、ボイラーのほうです。
ボイラーとは、「燃焼ガスもしくは電気を熱源として、大気圧を超える温水もしくは蒸気」を発生させる装置で、法規上は基本的に、労働安全衛生法という法律の管理下にあり、厚生労働省が監督官庁になります。(ただし、発電用のボイラーは電気事業法の管理下になり、経済産業省が監督するなど、いくつかの例外があります。)
ボイラーは、高温高圧の蒸気を発生させることが前提の装置なので、非常に厳しい法規制があり、製造、据付、運転のいずれの段階...続きを読む

Q核エネルギーは、自然エネルギーですか。

原子に核エネルギーを封じ込めた、蓄積・結合させたエネルギーは、どのようなものでしょうか。

入力?した以上のエネルギーを出力?させると、この地球上のエネルギー量、熱量が増え、地球温暖化の原因になりませんか。

Aベストアンサー

#2です.

>エネルギーの自然界における循環?に核エネルギー・熱量は
>どのような位置を占めるかということなのです。

地球圏に限れば,核エネルギーを解放することは,
核エネルギーは地球創世以前に地球以外の場所で蓄えられたエネルギーですから,
時間軸・空間軸どちらに対しても,循環の外からエネルギーを取り入れることになります.
その後の熱は地球圏内に留まるか,輻射によって宇宙へ解放されるかですが,
一部は地球圏内に留まることでしょう.
しかし,

>そのミニ太陽は、太陽へと高く飛んだイカロスのように、
>地上で太陽そのものを作ってしまった人間のその羽の蝋を溶かすのではないか、
>という危惧を抱いているのです。

エネルギー使用量が同じなら,エネルギーの出所は問わず,
発電から電力使用までの間の熱効率が変わらない限り熱の排出量は今と同じですので,
特に核融合発電だから良い悪いがある訳ではありません.
とは言え,CO2を出さないので,温暖化抑止の方向だと思います.

因みに核融合発電ですが,当初1990年代に商業化となっていましたが,
JT-60(当初は実証炉だった.今は実験炉.)でいろいろな困難が見付かって,
私が学生だった10何年前には2070年頃に先延ばしされ,
今は確か2100年以後と計画ではなっていると思います.
昨今話題のITERは実証炉です.実証炉の後,商業炉となります.

そのときの燃料は,重水素だけではなく,三重水素(トリチウム)も使う,
D-T反応となるでしょう.
D-D反応での商業的な臨界はまだまだ見通し立っていないと思います.
理想的なH-H反応は,500年くらいは出来ないのではと思います.
(困難,出来ないとは,商業的にコストが見合う,と言う意味で,
 コストを考えなければ現状でも実現されていますが,臨界には達していません.)

>そのミニ太陽は、太陽へと高く飛んだイカロスのように、
>地上で太陽そのものを作ってしまった人間のその羽の蝋を溶かすのではないか、
>という危惧を抱いているのです。

これはエネルギー問題から解放された人類が有頂天になってエネルギーを使いまくって,
排熱を地球に溜め込んで循環が破綻するようなことに対する危惧だと思われますが,
イカロスの悲劇となるかどうかは,人間がとめどないエネルギー使用量の
増加をやめる(しかも生活はより便利にしながら,でしょう)か,
又は人類が発生させる熱を調節するための工夫(機械によるか
植物の助けを借りるか或いは他の手段か)に労力を費やすかにかかっていると思います.

#2です.

>エネルギーの自然界における循環?に核エネルギー・熱量は
>どのような位置を占めるかということなのです。

地球圏に限れば,核エネルギーを解放することは,
核エネルギーは地球創世以前に地球以外の場所で蓄えられたエネルギーですから,
時間軸・空間軸どちらに対しても,循環の外からエネルギーを取り入れることになります.
その後の熱は地球圏内に留まるか,輻射によって宇宙へ解放されるかですが,
一部は地球圏内に留まることでしょう.
しかし,

>そのミニ太陽は、太陽へ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報