エアコンの取付けで、壁の穴あけに使用する穴あけドリルについて何をを購入すればよいのか、専門的知識のお知恵を拝借させてください。
今回の穴あけ部材はALC、DIYなので出来れば今後のことを考えて出来るだけオールマイティに使えるもの、出来るだけ安価なもの、標準的な家庭用エアコンで必要な穴の大きさ、どこで購入すれば安いのかなど、
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

綺麗に 丸穴を開けたければALCコア


サイズは65φ~75φ程度


http://www.geocities.jp/nisikokulight/light44.html

65φ 定価 19,980  税込み価格11,540 一般ドリル用PCALC65  SDSドリル用PCALC65R

実勢販売価格で  http://item.rakuten.co.jp/haikanbuhin/42074410/

ミヤナガ:ALC用コアドリル  価格 9,990円

これに電気ドリルやハンマードリル等の電動工具が必要です

ALCとは軽量発泡コンクリートと呼ばれ一応鉄筋も配筋されています

コンクリートとは云え 実際のコンクリートとは硬度も全く異なり
金鋸の刃等でも簡単に削ったり切ったり出来るものです
(鉄筋に当たればちと厳しいですが)

この先も 穴開け等の機会が有る 又は木工等でドリルを使う等に
よってドリルの選択も異なります

SDS規格(ドリル)とはいわいるハンマードリルの規格で
鉄筋コンクリートに素早くアンカーの下穴をあけたり切り替えで
回転のみの使用も可能で コアドリル等の先端工具の使用も可能です

一般的な回転ドリルは文字通り 回転だけなので鉄工や木工の穴開け
又は 今回の使用目的の コアドリルによる貫通作業などです

DIYでこれ等の投資が可能なら良いですが


1回きりなら 丸穴にこだわらず エアコンの隠れる範囲で
80角や70角といった具合に こつこつ 鋸刃で開口する等の
方法を検討されるのも良いかと、(根気のいる作業ですが)

購入は ホームセンターや ネット販売

BOSCH ハンマードリル GBH2-26REセール価格:20,890円(税込)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kys/gbh2-26rej …

鉄工13mm電気ドリル 17,422円

http://www.dogudoraku.com/catalog/default.php/cP …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございました。
URL等参考にさせていただき、購入等の検討に入らせて頂きます。

お礼日時:2011/04/25 21:35

安い振動兼用電気ドリルでジャコブスチャック10ミリ位のを買って


チャックに噛む程度のコンクリートドリルでエアコン穴の外周に沿って沢山の穴を開けて貫通させる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございました。
そうですね、そういった方法も検討の余地ありですね

お礼日時:2011/04/25 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QALCの屋根にガルバニュウム鋼板は施工可能

葺き替え屋根材を探しています、屋根本体はALCです、ガルバニュウム鋼板を考えていたのですが、施工できないという業者とできるという業者がいます、どちらが正しいのでしょうか。
できないという業者は、ALCには釘が効かないとのことでした。

Aベストアンサー

ALCの屋根に直接ガルバリウム鋼板の屋根材は、施工はできません。

必ず下地組をする必要があります。

下地組をする場合もALCは釘等では取り付けができないため、ALC専用の目の粗いビスを使用します。

下地組の工事が終わって、ルーフィングを張ればあとは通常のような施工でガルバリウムの屋根が施工ができます。

このような特殊なビスを使用すれば、ALCの屋根にガルバリウム屋根材は使用できます。

ALCにガルバリウム屋根材を使用する場合などは、施工の見積もりを取るときに、どのような施工でどのような部材やビスなどを使うのか、詳しくたずねると良いと思います。

それで具体的な方法が提示でき、わかりやすい説明をしてくれるような業者であればよいと思います。

ただたんに施工ができる、出来ないだけではなくて、その回答によって、その業者の施工レベルがおのずとわかります。

ALCを釘で留めようなどと言った業者は×です。

ALCに直接ガルバリウムの屋根材を施工しようとしているのであれば、施工義務違反になります。
詳しくは、各メーカーの施工マニュアルに書いてあります。

このようなことにも注意して施工業者をお探しください。

ご参考になりましたでしょうか。

ALCの屋根に直接ガルバリウム鋼板の屋根材は、施工はできません。

必ず下地組をする必要があります。

下地組をする場合もALCは釘等では取り付けができないため、ALC専用の目の粗いビスを使用します。

下地組の工事が終わって、ルーフィングを張ればあとは通常のような施工でガルバリウムの屋根が施工ができます。

このような特殊なビスを使用すれば、ALCの屋根にガルバリウム屋根材は使用できます。

ALCにガルバリウム屋根材を使用する場合などは、施工の見積もりを取るときに、どのような施工でど...続きを読む

Qロフトにエアコンの取り付け工事をしてもらったんですが、穴あけ時に管柱(

ロフトにエアコンの取り付け工事をしてもらったんですが、穴あけ時に管柱(10.5cm)の端に3cm程当たった為、そこから斜めにコア抜きをしたみたいで柱が少し削られてしまいました。我が家は平屋でその柱の場所は梁と屋根を支える桁の間にある管柱です。耐震的に大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

耐力壁を構成している柱で無ければ、多少の欠き込みがあっても
大丈夫と思います。

まして、小屋組の束柱なら、問題は、無いでしょうネ。

しかし、ロフト(小屋裏収納)に「エアコン」ですか?

押入等にエアコンを付けるって聞いた事が、無いですネ~

もしかして、ロフトを寝室、書斎等々、居室として利用しようとしていませんか?

ロフトは、「小屋裏収納」として利用する為のスペースですから、
居室として使用する事は出来ませんので、ご注意下さい。
http://kodou.web.infoseek.co.jp/jiten/j_13_01.htm

参考URL:http://kodou.web.infoseek.co.jp/jiten/j_13_01.htm

QALCとサイディング どっちがいい?

今、新築を計画しています。
細かい見積もりが出たのですが、よくわからないところがあるので教えてください。
断熱のため、屋根と外壁にALCを入れてもらうことにしての値段なのですが、
◎屋根下地
  ・高断熱、耐火野地板(ハイノジ50使用)
   t=50mm    258,000円
◎外壁
  ・t=37mm    510,000円
ということです。
しかし、内訳明細書には、サイディング15mm、218,99m2で、単価5,500円、合計1,204,445円となっています。
ALCを注文しているのに、サイディング??
ALCには化粧板のようなものがあるのではないでしょうか?
素人なので、なにもわかりません。
もしも、その化粧板でいくとしたら、いくらになるのでしょうか?
なるべく、低コストでいきたいので、よろしくお願いします。  

Aベストアンサー

No1です。

>サイディングも色々あると思うのですが、その種類によって、どのようなメリット・デメリットがあり、価格がどのくらい違うのか、まったくわかりません。

先ずALCが”断熱材では無い”ということを認識して下さい。
断熱の基本は”空気層の密度と厚み”ですから、ALCだけで住宅に必要な断熱性能を得ようとすれば100mm程度の厚みは必要になる筈です。

それでも木造住宅用に使われる37mm厚のALC板は”太陽からの輻射熱を内部に伝えにくい”という点では、窯業系や金属系のサイディングより優れていると思います。

具体的なデータなどは解りませんが、真夏の炎天下でもALCで建築中の家の中では、木陰に居るような涼しさを感じた経験があり、これはサイディングとは明らかに違いました。

逆にALCの弱点は耐候性の低さです。
外壁の最も重要な役割は風雨、日光の紫外線から家を守る事で、断熱性・遮音性などは二次的な役割だと思いますが、ALC板の場合は風雨・紫外線からの耐候性の全てを塗装に負わせています。(これは無塗装のサイディングにも云えることです)
ALC板自体および板間の目地(コーキング)は、基本的に塗装のみによって守られていますから、定期的なメンテナンス(目地の貼り替え&再塗装)は必須です。
つまりイニシャルコストは安くても、ランニングコストは割合と高いのがALC(及び無塗装サイディング)最大の欠点と云えるでしょう。
一概に何年おきとは云えませんが、家周辺の交通量が多かったり(絶えず震動を受けるという意味)、日当たりの良過ぎる住宅ならば、早ければ10年以内にで外壁のメンテナンスが必要になります。
これは耐候性(値段も高い)の高いサイディングや、流行のガルバリウム鋼板貼りなどと比較すると、相当早いサイクルになるでしょう。

それではいったい何がお薦めか? と問われると、好みの問題や工法の違いもあり一概に言えませんが、選択する上でのポイントとして以下のアドバイスをさせていただきます。

1.依頼する工務店で最も施工実績がある物を選ぶ。
  (アフターメンテナンスが受けやすい)

2.外壁に多くの性能を求めず、耐候性を優先して考える。
  (断熱性能はしっかりした断熱材の施工が最も効果的)

3.イニシャルコストではなく、ランニングコストを重視する。
  (1度のメンテナンスでコストは逆転する場合もあります)

No1です。

>サイディングも色々あると思うのですが、その種類によって、どのようなメリット・デメリットがあり、価格がどのくらい違うのか、まったくわかりません。

先ずALCが”断熱材では無い”ということを認識して下さい。
断熱の基本は”空気層の密度と厚み”ですから、ALCだけで住宅に必要な断熱性能を得ようとすれば100mm程度の厚みは必要になる筈です。

それでも木造住宅用に使われる37mm厚のALC板は”太陽からの輻射熱を内部に伝えにくい”という点では、窯業系や金属系のサイディングよ...続きを読む

Qエアコン 取り付け 穴あけ

親戚にエアコン取り付けを頼まれました。昔ながらの農家で土壁です。壁の中には縦横に竹の骨組みが入ってるようです。そこに穴を開けた場合、中の竹にコアが当たった時竹が振動して壁が大きく崩れないか心配です。大丈夫でしょうか?
それと白い漆喰壁の場合は穴開けできますか?

昔、エアコン取り付けのアルバイトしたことがあって普通に取り付け出来ますが、穴開けには少し自信がありませんので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

古い土壁は粘りが無くなって居るので崩れる場合も有ります
漆喰の塗ってあるところは塗ってある両面から漆喰部分のみ低速回転で取ります
漆喰が剥離する場合も多いので注意「壁を軽く叩くと音で解る」
竹にの間の泥&砂を回し引き鋸で丁寧に取ります、竹をニッパー等で
切り取ります

老朽化した壁のの場合日本間の場合柱と柱の間がエアコンと同寸法ですので、エアコンと同じは少し高さの少ない化粧板「1センチ程度の厚さ」を柱と柱の間に取り付け、それからコアー「チップソウ系」で開けます、エアコン取り付け板にも成ります
(外部も漆喰の場合は外から上記の方法で)


板は見えません。

Qコロニの屋根の塗装時期

家を建ててから、8年になります。外壁はALCで緑のカビのようなものが生えてきたので、塗装しようかな、と考えています。
屋根はコロニで、8年では塗装しなおすべき、と言う人もいれば、まだ時期尚早、と言う人もおります。
コロニの屋根は何年くらいで塗装し直したらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ALCなら塗装が紫外線にやられる7~8年目からよーく観察をして塗装のひびが目立ってきたらもうやらなければいけないでしょう。ALC自体防水性能が低いので中の鉄筋が錆びないようにするためです。
カビ(たぶん浮遊する藻だと思いますが)は見栄えが主なので必要かどうかといったら塗装のもち具合が一番確認すべきところでしょう。

屋根は何寸勾配でしょう。あまりゆるい勾配(4寸以下くらい)だと何度も塗装は出来ませんよ。スレートは、瓦のように本来雨水を下に流すもので、平滑な防水材料ではありません。どんどん水が下に流れる隙間が必要なので、重ねたスレートの下にもぐった水の出るところまで塗装で埋めてしまうとかえって雨漏りの原因にもなります。
勾配がゆるいならやっても塗りは1回。つまり8年で見栄えにがまんができないくらいになり、塗りかえるならその屋根は寿命16年くらいでまた我慢できなくなるけど次は葺き替えないと水はけの悪い屋根になる可能性があります。汚れを落とすならまだいいのですが何度も塗るべきではないと思うので屋根の方は慎重に。

ただ、外壁塗るなら足場をかけるので屋根まで・・とやりたくなる気持ちはお察しします。年数は、みなくちゃわかんないです。ケースバイケースなんです。

ALCなら塗装が紫外線にやられる7~8年目からよーく観察をして塗装のひびが目立ってきたらもうやらなければいけないでしょう。ALC自体防水性能が低いので中の鉄筋が錆びないようにするためです。
カビ(たぶん浮遊する藻だと思いますが)は見栄えが主なので必要かどうかといったら塗装のもち具合が一番確認すべきところでしょう。

屋根は何寸勾配でしょう。あまりゆるい勾配(4寸以下くらい)だと何度も塗装は出来ませんよ。スレートは、瓦のように本来雨水を下に流すもので、平滑な防水材料ではあり...続きを読む

QDIYで壁に穴があき、粉塵がとび散りました。アスベストが心配です

築29年の軽量鉄骨造の中古住宅を購入しました。キッチンの壁についていた吊戸を外したのですが、壁に(天井と接する部分。クギで吊戸を支えていた所)数箇所、穴があきました。力技で外したのですが、その時に大量の粉塵が舞い白っぽい石の塊も落ちてきました。
住宅の仕上表には、壁は〔プラスターボード下地 マル特不燃クロス貼り 化粧石膏ボード〕天井には〔ロックウール吸音板(不燃1021 ア9mm)アスベスト石膏層板〕とあります。
穴の開いているのは壁部分のみです。が、(1)石膏ボードにもアスベストを含んでいるものがあるとの事(2)壁の穴はアスベスト石膏層板と記載されている天井部と接した所にあいている事から→アスベストが飛散したのではないかと心配しています。
今、その穴はクロスでふさいでいます。更に、アクリル板をボンドで接着しふさぐつもりでいます。
飛散したのがアスベストなのか確認する方法・相談先・対応方法、また、穴をふさぐための方法についてなど、アドバイスいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

石膏ボードのアスベスト含有については、まず、以下のURLを見てください。
http://www.gypsumboard-a.or.jp/asubesuto.pdf
このように、石膏ボード製品の内、アスベストを含有するものは、「吸音ボード」とか「積層板」という名称で言われるもので、単に「石膏ボード」とか「プラスターボード」と呼ばれるものの含有はなく、石膏ボード製品に占めるアスベスト含有製品の割合も非常に低いものです。
但し、仕様書の記載が有っているのか、実際にそれが使われているのか、となるとなんとも言えません。

次にロックウール吸音板のアスベストの含有については、以下を見てください。
http://www.rwa.gr.jp/download/data/AS_SEIZOUJIKI.pdf
ここで上げられている「ロックウール化粧吸音材」は、ほとんど「不燃1021号」として取り扱われていました。
記載からも使用されている天井材にアスベストが含有していると思われます。

以上のような、既知の情報から、fukufuku18さんの件については、天井材にはアスベストが含有し、壁材にはアスベストが含有しない可能性が高いと考えられます。
これは、先にも書いたように仕様書と実際の不整合などの危険性もあることから、現実的に確認しようとすると、材料の製造番号などが確認できる場合には確認の上、製造メーカーに問い合わせる、それが不可な場合には、成分分析しか方法は有りません。
成分分析機関については、以下を見てください。
http://www.jawe.or.jp/jigyou/seido-s/ishiwata/ishiwata-list.pdf
成分分析を行う場合には、資料の採取方法などの決まりがありますが、機関によって必要とする資料の量などに違いがありますので、機関に問い合わせてください。
また、一部の機関については、今回のような成形板の分析を行っていない機関もありますので、ご注意ください。

さて、以上書いてきましたが、成形板からのアスベストの飛散については、非常に小さいものと言われています。
成形板の場合、切断などの加工を行うとアスベストが飛散しますが、そのまま使用する分には、ほとんどアスベストが飛散することは有りません。
今回のように、破損した場合には、当然、アスベストが飛散した危険性はあると言えますが、その後、その部分に手を付けていないので有れば、その後の飛散はほとんど無いと考えられます。
補修についいても、穴を塞ぐようにクロスを貼ったので有れば、ほぼ、充分かと思われます。

破損時に飛散したアスベストが残っている危険性も、若干とは言え有りますので、窓を開けて、入念に清掃しておくことをお勧めします。(方法としては、まず、掃除機で吸い取ります。この際、かえってアスベストをまき散らすことにもなりますので、窓なりを全開にしておき、屋外に排出します。その後、濡れ雑巾で全体を入念に拭き取ります。)
但し、破損時の粉じんのほとんどは一般的なチリや繊維くずなどで、全てがアスベストであるわけではなく、白い固まりは、たぶん、石膏ボードの石膏と思われます。
正直なところ、飛散したとしてもごく微量で、掃除さえきちんとしておけば、さほど心配はいらないものと考えます。

石膏ボードのアスベスト含有については、まず、以下のURLを見てください。
http://www.gypsumboard-a.or.jp/asubesuto.pdf
このように、石膏ボード製品の内、アスベストを含有するものは、「吸音ボード」とか「積層板」という名称で言われるもので、単に「石膏ボード」とか「プラスターボード」と呼ばれるものの含有はなく、石膏ボード製品に占めるアスベスト含有製品の割合も非常に低いものです。
但し、仕様書の記載が有っているのか、実際にそれが使われているのか、となるとなんとも言えません。

次にロ...続きを読む

Qどなたか詳しい方、教えてください。 屋根外壁塗装を考えてまして、2社から見積もりをとったのですが、値

どなたか詳しい方、教えてください。
屋根外壁塗装を考えてまして、2社から見積もりをとったのですが、値段はそこまで変わらないのですが、使用塗料が違うんです。

A社 屋根 ファインシリコンベスト
外壁 ファインsi
B社 屋根 ファインパーフェクトベスト
外壁 ファインパーフェクトトップ

ちなみに、B社の方が見積もり金額は3万円ほど高いです。塗料以外の見積もり内容は一緒でした。ちなみに屋根はスレート屋根で、壁はALCです。
どちらの塗料のが性能が良いとかあるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方とも日本ペイント製の塗料のようです。
メーカーサイトを覘いて下さい、そこで塗料単価が高い方が基本性能も高いと思って
間違いないです。具体的な性能も載ってますので比較するのも宜しいかと。
只、塗装は下地処理(ケレンとも言います)、シーラー、中塗り材、仕上材と
推奨品の使用や工程で仕上りと持ちに差が出ますのでその辺もよく比較される事をお勧めします。

Q新築時の照明器具取付け費やエアコン取付け費の相場

現在、新築中のものです。
先日、工務店に、照明器具の取り付けとエアコンの取付けは有償になりますといわれました。
そこで、どのくらいが相場なのかを教えていただきたく。
標準的な工事を前提として、
1)外回り照明
2)室内照明
3)室内ダウンライト
4)シーリングファン
5)エアコン(壁掛)+室外機
6)ついでにカーテンレール取付
の取付け相場をわかる範囲で教えてください。

Aベストアンサー

最近、新築の引渡しを受けたばかりです(^ ^;
私の実例になりますが・・・
照明器具の取り付けというと電気工事を含むんですか???
普通、天井に引掛シーリングが付いていて、壁にスイッチが来ているのが当たり前ですよね。。。
今から天井の中に配線を通すとかではないですよね???

ちなみにうちの場合の工賃は
1)~4)は一ヶ所一律1575円でした。
ダウンライトの増設ですら3,000円~5,000円くらいではないでしょうか(設計の段階で打ち合わせてあり、配線が引いてあることが前提ですが・・・)。
5)は購入した家電屋さんにお願いしましたが、今はどこも4mまでの標準工事が込みですよね(サト○無線では標準工事9,800円でした)。
あとは屋根に置くとか壁に吊るとかになるとプラス1~2万円くらいでした。

6)3LDKで腰窓と掃出窓に取り付けて部品代と工賃で68,213円でした(細かい^^)
一階が装飾レールで二階が普通の2段レールでした。

ご参考までに。。。

Q勾配屋根の亀裂補修について

お世話になります。

4階建てビル(鉄骨造、ALC。築約26年)の屋根の一部が、勾配屋根になっています。
その屋根には、写真(上)のとおり、砂のようなものが付いた板(長さ23cm程度)のもが貼り付けてあります。
その一部は、写真(下)のとおり、亀裂が入ったり、角が欠けているところもあります。
現状では、漏水は認められていません。

そこで、下記の事項について、教えていただきたいと存じます。

(1)貼り付けれている材料の一般の名称。

(2)亀裂や欠けている部分について、どのような補修をすればよいか。
   例えば、ひび割れシールなどのような充填剤を自分で塗ればよいのでしょうか。
   あるいは、他の適当な補修方法がありますでしょうか。

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分「アスファルトシングル」ですね。
お近くのホームセンターでも売っていますよ。

http://diy-ie.com/npo-monooki/mono-yane.html
詳しい内容はこちらでどうぞ。

この屋根材の下地には「防水用のルーフィング」を
使っていますから、すぐに「雨漏れの心配」は要りませんが、

気になるのであれば”変性コーキング”でも
塗り付けておけば十分ですよ。

但し、塗ったからと言って寿命は延びないので
わざわざ工事しなくてもOKですよ。

Q壁に穴をあけても大丈夫な断熱材?

自宅を横浜に新築予定です。工法は在来、窓の多い家です。
何しろ予算がないため、箱のような家を造ってもらって自分で後で、壁を塗ったり壁を貼付けたり本棚を壁につり下げたりいろいろしようと思っています。
何しろ予算がないというこことで今ビルダーから勧められている断熱材がグラスウール75K…。これはパックのようなものに入っているということですが、壁にドリラーなどで穴をあけるのはやはり相当気をつけないとならないですよね? もし、こういった素人工事をしても後で問題の起こらないような断熱材というものってあればある程度予算をアップしてもかえたいと思うですがあるものでしょうか。 お答え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

No.1です。

>>自分で自宅の工事に行うのならグラスウールで何の問題も無いので
すみません!!「自分で自宅の工事に行うのなら」の意味がわからないのですが…。

文章が下手で申し訳ありません。
自宅にDIYで作業するのですから自己責任の範囲内でと言うことです。

>結露を防ぎ断熱効果を下げないためには、防湿層に穴をあけてはいけない」という理解でよいのでしょうか。

そうです、釘やネジ程度の穴ならさほど問題は無いと思います。
エアコンや換気口の穴、コンセントなどの開口部には処理が必要です。

>それでは、充填断熱では屋内から重い物をかけるために長い釘を打つのさえもだめということになってしまいます(外張りでは勿論大丈夫なようですが)。

既にNo.2さんの回答にもありますが、
重量によっては下地の補強が必要だったりしますし、
柱や間柱などに釘やネジが利くように固定する訳ですから
長い釘やネジを使います。
さほどの重量が無いものでしたらボード下地に固定できます。
その場合防湿層を考えれば石膏ボード厚+下地厚+固定部材厚の長さの物を使えばよいのではないでしょうか。

No.1です。

>>自分で自宅の工事に行うのならグラスウールで何の問題も無いので
すみません!!「自分で自宅の工事に行うのなら」の意味がわからないのですが…。

文章が下手で申し訳ありません。
自宅にDIYで作業するのですから自己責任の範囲内でと言うことです。

>結露を防ぎ断熱効果を下げないためには、防湿層に穴をあけてはいけない」という理解でよいのでしょうか。

そうです、釘やネジ程度の穴ならさほど問題は無いと思います。
エアコンや換気口の穴、コンセントなどの開口部には処理が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報