父は74歳です。昨年11月、右肺に腺がん(2cm)が見つかりましたが、ステージ2という判断で、手術を選択し、今年1月に右肺中葉・下葉を切除しました。しかし、手術を行ってみると同側縦隔リンパ節転移があり、4月の検査で3cmに大きくなっておりました。手術による刺激ホルモンの影響で「がん」が勢いを増し、急激に悪化たものと考えられるそうです。
今後の選択肢としては、(1)抗がん剤治療(カルボプラチン+パクタキセル)、(2)何もしない、どちらかと医師から言われております。家族としては、抗がん剤治療を行ってほしいと思っておりますが、父は知り合いが同様の治療で短命に終わったことから、副作用で辛い思いをするならこのままで...、と言っております。また父は間質性肺炎の疑いもあります。

私には二人の娘がおりますが、二人ともじいちゃんが大好きで、世話になったじいちゃんとの思い出に夏休み(8月くらい)に旅行へ行けたらと、そんな思いがここにあります。「がん」の勢いから、私の勝手な想像で何もしなけばあと半年~1年くらいなのかなと。もっと早いのでしょうか?

・抗がん剤治療中でも体力的に旅行に行けるものなのか
・カルボプラチン+パクタキセルより副作用の少ない抗がん剤があるのか
・こんな状況でもセカンドオピニオンを受けてみるのも一つの方法なのか
・他に何か治療があるか
何か参考にさせてもらえる事、あるいは考え方がありましたら、是非教えていただきたいと思います。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(Q)抗がん剤治療中でも体力的に旅行に行けるものなのか


(A)患者個々によって違うので、答えられません。

(Q)カルボプラチン+パクタキセルより副作用の少ない抗がん剤があるのか
(A)副作用の出方は、個人によって異なります。
例えば、副作用の発生率が80%でも、出なければ、その人にとっては、
ゼロ。
一方、副作用の発生率が10%でも、出れば、その人にとっては
100%。
統計的な問題と、個々の問題を混同してはいけません。

(Q)こんな状況でもセカンドオピニオンを受けてみるのも一つの方法なのか
(A)一つの方法であり、受けるべきです。
日本では、抗がん剤の専門医は500人もいない、ということを
ご存知ですか?
抗がん剤の治療を受けるなら、専門医の意見を聞くことは、
重要です。
https://www.conference.jp/jsmo_asp/memberList/Me …

ご参考に……
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/lung …
http://www.gsic.jp/cancer/cc_20/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変分かりやすく、参考になりました。抗がん剤の専門医は500人もいないのですね。知らなかったです。セカンドオピニオン受けて治療に納得して臨みたいと思います。ご回答くださった方、本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 06:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪性リンパ腫の白血化

悪性リンパ腫の患者です。悪性リンパ腫が白血化しているために、治療は急性リンパ性白血病と同じ治療法で完全寛解しましたと医師から告げられましたが、いまひとつこの白血化の意味がわかりません。わかりやすい言葉で説明していただけませんか
病名は悪性リンパ腫です。

Aベストアンサー

端的に言うとリンパ腫細胞が末梢血管中に見られる状態のことを悪性リンパ腫の白血化と呼ぶのですヨ。
悪性リンパ腫というのは、TセルとBセルというリンパ球の変異だと考えれば分り易いかと思います。
そしてリンパ腫が進行していき、骨髄にまで広がってしまい、その結果として骨髄中で増殖したリンパ腫細胞が末梢の血管に出てきた状態なのです。
ですから、白血化した状態というのは骨髄の中にも末梢血管の中にも変異したリンパ腫細胞がみとめられるので、ちょうど白血病のような状態に似ているのですネ。
主治医にも理解できるまで質問してくださいネ。
お大事に。
以上kawakawaでした

Q母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。 理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なの

母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。
理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なのに肺がん以外に何か異常があるとなると何が考えられるのだろうと余計に心配してしまいます。
母はこれまで乳がんやポリープが見つかったりしています。
骨に見つかったのかな?などと考えてしまうのですが…肺がん以外とはどういったことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

脊椎の側弯、心肥大、大動脈の石灰化、肺の古い炎症の後、胸膜肥厚。

 いろいろ考えられますよ。

Q悪性リンパ腫について

悪性リンパ腫について

先日、私の姉が病院で悪性リンパ腫と診断されました。

左足股関節部分にシコリが出来たので近くの日本赤十字病院で検査しました。

血液検査・エコー・CTスキャン、内臓各部にも異常は無く、血液も問題無かったらしいです。

ただ、シコリの組織を3箇所(手前・中・奥)と採って病理検査に出したところ悪性リンパ腫と診断されました。

血液検査で数値に異常が無くても悪性リンパ腫に掛かってる事はあるのでしょうか?

血液の癌と聞いてるので異常が出るモノだと思ってますが・・・

まだ初期段階と言う事では無いのでしょうか?

Aベストアンサー

>血液検査で数値に異常が無くても悪性リンパ腫に掛かってる事はあるのでしょうか?
はい、あります。
病理検査で悪性リンパ腫と診断された以上、その診断が間違いでない限り、悪性リンパ腫です。
悪性リンパ腫は血液のがんといいますが、純粋たる血液のがんの白血病とはことなりますので、血液検査で異常が出ないこともあります。

>まだ初期段階と言う事では無いのでしょうか?
そこまで進行していないということはいえると思います。
ただ、病気の広がりと同じくらい、悪性リンパ腫の中での種類がどういうものなのかということも重要です。

Q肺がん(腺がん、ステージIV)です。セカンドオピニオンを受ける際の注意点を教えてください

こちらで何度かお世話になっているものです。今回もまた相談させてください。

父ですが、肺がん(腺がん、ステージIV)です。すでに骨の広範囲に転移しており、現在手元に資料がなくど忘れしてしまいましたが、他の臓器にも転移が見られるとのことです。現在は骨に放射線をあてています。10回あてるそうです。転移している骨全体的にかけられればいいのですが、転移が広範囲なので痛みの強い部分のみとなっています。放射線が終わり次第、抗がん剤の治療に入る予定です。その時点で食事が取れていたり、肝臓などの数値がよいなどの条件が揃ったときのみ抗がん剤治療をはじめられると説明を受けました。先日余命1ヶ月と言われましたが、歩いてトイレに行くし、食事も少ないながらも食べているので、なんだか信じられないところですが、できることはやってあげたいと考えております。

■セカンドオピニオンについて
そこで今回セカンドオピニオンを受けることになりました。癌研有明病院に予約をしてあります。予定ではそのときすでに抗がん剤の治療が始まっています。抗がん剤の先生のセカンドオピニオンを受けることになっています。すでに現在かかっている大学病院の先生には癌研でセカンドオピニオンをすることは伝えてあり、資料など用意してくれるといってくださいました。

はじめてセカンドオピニオンを受けるので、緊張しております。本人は入院治療中ですので、家族が行きます。何を聞けばいいのか、まったくわかりません。後悔のないセカンドオピニオンをしたいと考えているので、その日に向けての準備、また当日なにを聞けばいいのか、また後日大学病院への報告などで気をつけるべきことなどあれば教えてください。セカンドオピニオンを受ける前に、現在の大学病院での治療内容についても詳しく聞いておく必要がありますよね?現在は抗がん剤の名前などもまったく聞いておりません。今までやった検査もさらっと早口で説明されただけなので、私としてはやや説明不足な気がしていますが、素人への説明ってその程度でいいんだろうなとは感じています。早口で○○検査をして、その結果・・・と写真?を見ながら、説明をしてくださるので。そこをあえてつっこんで質問していいものか少し悩んでいたりもします。聞いたところで素人の私がインターネットで検索して少し調べる程度の話しですし、どうなるってわけでもないような気もしまして。あまり日がないので、こちらでヒントを教えていただき、それを元に勉強していきたいと考えております。よろしくお願いいたします。

ちなみにセカンドオピニオンを受ける理由についてですが、現在の大学病院での治療についてなにか疑問などがあるわけではありません。ですが、もともと母が専門病院に転院させたいという希望があったことから、セカンドオピニオンを受ける話がでてきました。父の頭に専門病院のことがあるので、そこで少しでも後悔させたくない、前向きにがん治療に取り組んで欲しいという気持ちから医師と相談して受けることになりました。とはいえ、私自身他の治療法はないのか、本当に余命1ヶ月なのか、専門の病院に転院はできないものかなど考えていないといったらうそになります。専門病院でなければできない治療があるとは思っていないのですが、素人判断でなんとなく専門の病院に心が動いてしまいます。ですが、現在の大学病院での治療も決して悪いものだとは感じておりませんし、先生方もとてもよくしてくださっていると感じています。


■先生との付き合い方
家族全員で医師からがん告知を含めた検査結果と今後の治療について説明を受けました。父曰く、今までの先生と雰囲気が全然違っていたとのことです。今までは割りとおとなしそうなイメージを持っていたらしいのですが、家族全員で説明を受けたときは、とても力強かったとのこと。これはどういうことでしょうか?人間なので日々調子は違うでしょうし、たまたまそうだっただけのことでしょうか。それともがん告知は力が入るものなのか、それとも家族全員で行って真剣に話しを聞く姿勢が影響したのか。正解なんてどなたにもわからないと思いますが、感じることがあれば教えていただきたいです。ちなみにですが、今回の父を含めて家族全員で癌告知の話を聞く前に父を除く家族全員が集まり先生の話を聞いております。そのときも今回同様のイメージで力強い先生でした。今後の先生との付き合い方のヒントになればと思っております。

以前の質問はこちらです。
『肺がんのようです。すでに骨に転移している可能性あり。今、何をすればいいですか?』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4599873.html

『肺がんのようです。病院で医師から家族のみが説明を受けますが、何を聞けばいいですか?』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4613823.html

こちらで何度かお世話になっているものです。今回もまた相談させてください。

父ですが、肺がん(腺がん、ステージIV)です。すでに骨の広範囲に転移しており、現在手元に資料がなくど忘れしてしまいましたが、他の臓器にも転移が見られるとのことです。現在は骨に放射線をあてています。10回あてるそうです。転移している骨全体的にかけられればいいのですが、転移が広範囲なので痛みの強い部分のみとなっています。放射線が終わり次第、抗がん剤の治療に入る予定です。その時点で食事が取れていたり、肝臓な...続きを読む

Aベストアンサー

No.1のusktです。

治療方針の件についてご質問いただいたことについて、参考までに意見を書かせていただきます。

まず、現在の状況自体の把握が、お父様は十分ではなく、また治ることを強くご希望なのでしたら、治療方針をまずはお父様とご相談になっておくのがいいでしょう。
主治医の先生の説明にしろ、セカンドオピニオンにしろ、やはり情報をきちんと把握して、選択できる状態でなければ、あまり意味がありませんので。

お父様とのご相談では、治る方法としてどうしたいと思うか、という方向性でお話し合いになってはどうでしょう?その場合にたとえば、なるべく入院しないで家で過ごしたいのか、体調が良い状態で保てるなら入院生活でもいいのか、あるいは苦しくてもどんどんいろんな治療をやっていきたいのか、というように、身体状態としてどの状態を選択したいのかを聞くような感じで、ご相談になるといいと思います。
その上で、簡単でもかまわないので、お父様のほうから「治療方針は家族と相談してほしい」という委任状を作成してもらい、お父様の希望をお伝えしながら、医師と方針を相談なさるのがいいのではないでしょうか(委任状については、たぶん病院で書式を持っていると思います)。
お父様のほうでも、覚えていないことも多かったようですので、自分より家族に聞いてきてもらったほうが確実だとお考えになっているかもしれませんので、そのあたりは納得していただいて、委任状に署名をいただくのがいいでしょう。

ただし、ご本人がどうしても理解したいということであれば、それは多少つらい宣告をすることになっても、ご本人に直接説明を聞いていただき、選択をしてもらうべきだとも思います。
これは倫理的な問題だけでなく、ご本人の選択のほうが、治療に協力をいただきやすく、効果も上がる場合が多いからでもあります。

ステージIVということで、やはり治療の効果が上がっても、それほど長くは難しいだろうと(誠に失礼ながら)推測します。
しかし、その状態でうまく化学療法などで進行をとめることができて、体調の悪化もゆるやかな状態で、老衰のようにお亡くなりになることも、少なくはありません。
希望の光とまではいかないかもしれませんが、医師ももしできることならそこを狙いたいという心積もりは、常にあるので、そういうことも加味して、身体状態を保ちながら治療できる方法、方針について、ご家族で相談しながら、うまく選択できるといいのにと思います。

お父様も大変ですが、質問者様はじめご家族も大変だろうと思います。
最終的には、落ち着くべき方向へ落ち着くものなので、お父様とご家族がまず気持ちを緩やかに持って、ストレスの少ない状態でお過ごしになることをお勧めします。

補足等必要であれば、お手数ですがまたご質問いただければと思います。

No.1のusktです。

治療方針の件についてご質問いただいたことについて、参考までに意見を書かせていただきます。

まず、現在の状況自体の把握が、お父様は十分ではなく、また治ることを強くご希望なのでしたら、治療方針をまずはお父様とご相談になっておくのがいいでしょう。
主治医の先生の説明にしろ、セカンドオピニオンにしろ、やはり情報をきちんと把握して、選択できる状態でなければ、あまり意味がありませんので。

お父様とのご相談では、治る方法としてどうしたいと思うか、という方向性でお...続きを読む

Q鼠径部にシコリがあります。悪性リンパ腫が心配

鼠径部にシコリがあります。悪性リンパ腫が心配です。
悪性リンパ腫の場合の、そのシコリの特徴などを教えてください。心配なので出来るだけ多く詳しくお願いします。

Aベストアンサー

 質問サイトで質問しても診察や検査をしないので鼠径部のシコリが悪性リンパ腫なのかどうかは分かりません。
 それに悪性リンパ腫のシコリの特徴を知っても個人によって大きさや形が違ったりする場合もあるはずなので質問者さんのシコリと特徴が似ているものがあれば違うものもあるはずです。
 気になるのであれば内科でもいいので早急に病院へ行って診察や検査を受けてください。

Q71歳の父、癌性胸膜炎 肺がんの治療について

春ごろから咳がひどく、8月のお盆明けに咳き込んむと苦しく、呼吸困難になったので
近所の病院に紹介状を書いてもらって、診てもらったところ、肺に水がたまっているとのことで
2~3lの赤い水を抜きました。10年ほど前に結核になったことがあり、またそれかと思っていたら
癌性胸膜炎、肺腺癌ステージ4進行癌なので手術適用外と言う診断がつきました。

その後緊急入院という形で、酸素をつけて、胸腔ドレナージ治療を開始。
その際に抗がん剤も同時投与。
当初10日から14日間はドレナージをつけたまま胸水を抜くとのことでしたが、
3日ほどで胸水がたまらなくなったので、5日ほどで管を抜く。
レントゲンで左の肺に原発巣があるとのことで、その後2種類の抗がん剤カルボプラチンと
パクリタキセルを投与。手足に若干のしびれ、関節痛などがあるものの、おおきな副作用はなし。

主治医の話だと、CTでみても今のところきれいでとても良い状態なので、
抗がん剤投与から2週間経ったら、もう一度検査をしてその後退院OK。
それ以降は通院で抗がん剤治療と言われました。

私なりにWEBなどで調べたところ、当初聞いたステージ4とは遠隔転移をしている状態
とのことですが、肺の原発巣の転移が腺癌ということなのでしょうか?
とりあえず原発巣には抗がん剤が効いているから、主治医曰く、「とても良い状態」ということ
らしいのですが…
その状態では余命宣告をされる状態と認識していましたので、どれくらい喜んでよい状態なのかが
知りたいです。
父はまだ痛みなどはないようで、主治医が「思ったより良い状態で、いい方向に向かっています」
と言ってくれたととても喜んでいます。
たくさんの情報を見たので、とても不安なので、今の父の状態とこれからどういう風になることが
予測されるのか、もしわかるようであればぜひお知恵をお貸し下さい。
よろしくお願いいたします。

春ごろから咳がひどく、8月のお盆明けに咳き込んむと苦しく、呼吸困難になったので
近所の病院に紹介状を書いてもらって、診てもらったところ、肺に水がたまっているとのことで
2~3lの赤い水を抜きました。10年ほど前に結核になったことがあり、またそれかと思っていたら
癌性胸膜炎、肺腺癌ステージ4進行癌なので手術適用外と言う診断がつきました。

その後緊急入院という形で、酸素をつけて、胸腔ドレナージ治療を開始。
その際に抗がん剤も同時投与。
当初10日から14日間はドレナージをつけたまま...続きを読む

Aベストアンサー

癌性胸膜炎や心嚢炎があれば、少なくとも3B以上のステージです。
ステージ4ですと、悪性心嚢水や悪性胸水が原発側・反対側にあり、かつ、結節も生じているか(質問だけではわかりませんが、こちらかなと思いました。)、他臓器への遠隔転移が認められているか、のどちらかになります。
(前者がM1a、後者の臓器転移がM1bとなります。どちらかがあればステージ4です。)

悪性胸水は、胸腔穿刺か胸腔ドレナージ適応で胸膜を癒着させ緩和する方法が有効ですが、2~3Lとなると穿刺でのコントロールは期待できないので、ドレナージ適応し、胸膜癒着術を選択されたのではないかと思います。

>今の父の状態とこれからどういう風になることが予測されるのか、もしわかるようであればぜひお知恵をお貸し下さい。

今の状態は、医師側からすれば、胸水を減らして少しでも患者さんの呼吸を楽にしようと必死で治療している状態、患者さん側からすれば、呼吸が少し楽になったが、抗がん剤の副作用が日々少しずつ辛くなってゆく可能性のある状態です。

これからの状態は、胸水がまたたまるかもしれません。または、胸膜癒着で胸水が抑制できるかもしれません。
厳しい言い方で恐縮ですが、がんが消えるという期待は難しいかもしれません。
医師に状態を詳しく聞き、ご家族がそれを理解し、患者さんのQOL向上を一番に考える時でもあります。

もしもを考えたくはないと思いますが、もしも今以上に辛くどうにもならなくなってしまう事も想定し、なるべく早くから緩和ケアチームと連携をとり、自宅で何か(血の膿を吐く、呼吸困難になる、痛みを訴える等)があった時にどう対応すべきか、ご家族が知っておく必要があります。

どうか少しでも良くなりますよう祈っています。

癌性胸膜炎や心嚢炎があれば、少なくとも3B以上のステージです。
ステージ4ですと、悪性心嚢水や悪性胸水が原発側・反対側にあり、かつ、結節も生じているか(質問だけではわかりませんが、こちらかなと思いました。)、他臓器への遠隔転移が認められているか、のどちらかになります。
(前者がM1a、後者の臓器転移がM1bとなります。どちらかがあればステージ4です。)

悪性胸水は、胸腔穿刺か胸腔ドレナージ適応で胸膜を癒着させ緩和する方法が有効ですが、2~3Lとなると穿刺でのコントロールは期...続きを読む

Q悪性リンパ腫が疑われる場合

悪性リンパ腫が疑われる場合
10年前と今年に疑われる病気の一つに悪性リンパ腫がありましたが、咽頭に出来た腫瘤の生検だけでリンパ節の生検はされていません。

診療計画書の病名欄には咽頭腫瘍、悪性リンパ腫となっていました。
全身麻酔により生検を行い病理診断すると記入されていました。

生検結果は異常はありませんでした。

リンパ節の腫れは頚部、腋下、鼠径部とMRIで胸部にもあり、全て無痛性で小豆から空豆位の大きさのが幾つも見つかってます。

PET-CTでも腋下と頚部の一部、今回生検した咽頭に集積がありました。
胸腺にも集積がありました。

悪性リンパ腫を本やネットで見ると診断にはリンパ節の生検が行われるとなっています。

悪性リンパ腫が疑われてるのに、咽頭もリンパ組織だからリンパ節の生検は必要ないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様を診ている担当医の先生に相談するのが、一番良いと思います。

ここでは、一般論しか述べられません。

例えば、悪性リンパ腫ならば、幾つもの腫瘍があって、
一つだけが悪性とは考えにくく、むしろ、全ての腫瘍が悪性と
考える方が自然です。
となれば、一つの腫瘍を調べて、良性ならば、他の腫瘍も良性と
考えることも可能です。
実際には、こんな単純には行きませんが、PETに写ったリンパ節を
全て摘出して検査をするというのは、合理的とは言えません。
咽頭の腫瘍が最も悪性に近い形状をしていたのか、
最も大きなものなのか、
それはわかりませんが、担当医はここがポイントと考えたのでしょう。

PET検査について
PET検査とは、例えば、FDGという薬剤を投与すると、
FDGが癌に取り込まれやすいので、集まっている部分が癌である
可能性が高く、FDGが集まっている場所を調べる……
という原理を使っています。
ですが、根本的な問題もあります。
その一つは、FDGが癌だけに集まるのではない、ということです。
例えば、FDGの排泄経路である腎臓や膀胱には当然、集まります。
また、炎症を起こしている部位にも集まりやすいのです。
担当医師は、今回は、炎症性の集積だと判断したのだと思います。

胸腺の腫瘍(?)の大きさが変わっていない。

このようなことを総合的に判断して、経過観察が最も妥当だと
考えたのだと思います。

ついでに……
検査と言うのは不思議なモノで……
一度、何かの疑いが出てくると、
検査をしないと不安になる、
検査で良性と出ると、今度は、見逃しがあるのではないかと不安になる、
でも、検査結果が悪性とでると、今度は、間違いではないかと信じたくない
という不思議な状態になることがあります。
つまり、結果に関係なく、現状を否定してしまうのです。
こんなことは、珍しくもなく、良くあることです。

欧米、とくに米国では、このような不安状態になるのが当たり前という
考えから、カウンセリングが発達しています。
米国の映画で、すぐに、「カウンセリングを受けろ」となるのは、
これが当たり前だからです。
でも、日本では、これが極端に遅れています。
不安を相談する人がいません。
サイコオンコロジーという言葉を知らない人の方が圧倒的に多いです。
http://www.jpos-society.org/

同様に、医療コーディネーターという言葉を知らない人が圧倒的です。
「医療コーディネーター」で検索すれば、ヒットします。
つまり、患者と医師を繋ぐ役割をするだけでなく、患者の不安の相談役
として、どうすれば良いのかをアドバイスしてくれます。
一時間5千円と、決して安くありませんが、価値はあると思いますよ。

ご参考になれば、幸いです。

質問者様を診ている担当医の先生に相談するのが、一番良いと思います。

ここでは、一般論しか述べられません。

例えば、悪性リンパ腫ならば、幾つもの腫瘍があって、
一つだけが悪性とは考えにくく、むしろ、全ての腫瘍が悪性と
考える方が自然です。
となれば、一つの腫瘍を調べて、良性ならば、他の腫瘍も良性と
考えることも可能です。
実際には、こんな単純には行きませんが、PETに写ったリンパ節を
全て摘出して検査をするというのは、合理的とは言えません。
咽頭の腫瘍が最も悪性に近い形状をしていた...続きを読む

Q父が肺がんの告知をうけてから半年が経過しました。その間に抗がん剤を5ク

父が肺がんの告知をうけてから半年が経過しました。その間に抗がん剤を5クール行い、数日中には6クール目を予定しています。腫瘍は縮小したようですが、全身状態が悪く寝たきり状態です。そして連日足のひどい倦怠感と痛みを訴えており、痛みどめの注射を打っている状態です。医師は寝たきりが原因の筋肉痛でしょうと説明してくれましたが、抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?腫瘍の縮小とひきかえに寝たきりになったように思い、抗がん剤治療への疑問が拭い去れません。リンパ節への転移はあるものの遠隔転移は今のところないようです。もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?緩和ケアにするべきでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?
もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?

(A)このご質問について、お答えできるのは、診察をした医師だけです。
まず、主治医の先生の説明を聞いてください。

また、主治医は、治療の選択肢を提案して、
それが、どのようになるのか、予想を説明するのも仕事です。
選択肢を出してくれるように、お願いしてください。

治療を受けるのは御尊父様であり、
どんな治療を受けるのか、選択権を持っているのは御尊父様です。

この件について、セカンドオピニオンを取るという方法もあります。
医師には、専門があることをご存知だと思います。
大きくは、内科、外科という区別ですが、内科でも、心臓などの循環器、
肺などの呼吸器、胃や腸の消化器など専門に分かれています。
そして、癌には、癌の専門医がいて、その中に、抗がん剤の専門家が
いるのですが、実は、この抗がん剤の専門家が少ないのです。
https://www.conference.jp/jsmo_asp/memberList/Meibo_Senmoni_Data.pdf
この先生のセカンドオピニオンが得られれば、ラッキーです。

(Q)緩和ケアにするべきでしょうか?
(A)緩和ケアとは、ターミナルケア(終末医療)を意味しているのでしょうか?
その時期ではないと思いますが、それを選択するのも御尊父様です。

(Q)抗がん剤の副作用ではないかとおもうのですが、どうなのでしょう?
また、この痛みは取れる日がくるのでしょうか?
もう少し父の生活能力を回復させる治療はないものでしょうか?

(A)このご質問について、お答えできるのは、診察をした医師だけです。
まず、主治医の先生の説明を聞いてください。

また、主治医は、治療の選択肢を提案して、
それが、どのようになるのか、予想を説明するのも仕事です。
選択肢を出してくれるように、お願いしてください。

治療を受けるのは御尊父様であり、
どんな治...続きを読む

Q母は乳ガンで7年前に抗がん剤治療を行いその数年後に悪性リンパ腫と診断されました。 もうすぐ60になる

母は乳ガンで7年前に抗がん剤治療を行いその数年後に悪性リンパ腫と診断されました。 もうすぐ60になるのですがまだ元気なのですが、悪性リンパ腫になったのは抗がん剤治療が原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

抗がん剤の副作用にがんの発症はありません。

Qがん生存給付金について 主人ががんと確定診断されたのが3月1日なのですが、昨年の11月に失効してしま

がん生存給付金について

主人ががんと確定診断されたのが3月1日なのですが、昨年の11月に失効してしまい復活の手続きが終了し、責任開始日が12月1日でした。

11月19日に告知書を記入したのですが、その時は体調不良もなく、それまでに形成外科とかにかかった病歴は全て告知しましたので、告知義務違反はないと自負しています。

今年の2月の終わりくらいに唇の腫れと高熱で救急にかかった所、白血病との診断を受けました。

先生からの説明では病理の検査結果が戻って来て確定診断がついたのは3月1日と言うことで、復活の責任開始日から91日目なのですが、がん生存給付金は支払対象になりますか?

保険の担当の方からは審査は入ると言われましたが、どのようなものなのでしょうか?

お分かりになる方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

保険料の支払い義務を果たせなかった結果、このような問題を生ずることとなってしまったのですよね。

お問い合わせをしている内容は、個々の保険会社で約款の基づいて、対応されます。
全ての保険会社が同じではないと言う事です。

契約先の保険会社の聞かれるべき事項かと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報