父は74歳です。昨年11月、右肺に腺がん(2cm)が見つかりましたが、ステージ2という判断で、手術を選択し、今年1月に右肺中葉・下葉を切除しました。しかし、手術を行ってみると同側縦隔リンパ節転移があり、4月の検査で3cmに大きくなっておりました。手術による刺激ホルモンの影響で「がん」が勢いを増し、急激に悪化たものと考えられるそうです。
今後の選択肢としては、(1)抗がん剤治療(カルボプラチン+パクタキセル)、(2)何もしない、どちらかと医師から言われております。家族としては、抗がん剤治療を行ってほしいと思っておりますが、父は知り合いが同様の治療で短命に終わったことから、副作用で辛い思いをするならこのままで...、と言っております。また父は間質性肺炎の疑いもあります。

私には二人の娘がおりますが、二人ともじいちゃんが大好きで、世話になったじいちゃんとの思い出に夏休み(8月くらい)に旅行へ行けたらと、そんな思いがここにあります。「がん」の勢いから、私の勝手な想像で何もしなけばあと半年~1年くらいなのかなと。もっと早いのでしょうか?

・抗がん剤治療中でも体力的に旅行に行けるものなのか
・カルボプラチン+パクタキセルより副作用の少ない抗がん剤があるのか
・こんな状況でもセカンドオピニオンを受けてみるのも一つの方法なのか
・他に何か治療があるか
何か参考にさせてもらえる事、あるいは考え方がありましたら、是非教えていただきたいと思います。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(Q)抗がん剤治療中でも体力的に旅行に行けるものなのか


(A)患者個々によって違うので、答えられません。

(Q)カルボプラチン+パクタキセルより副作用の少ない抗がん剤があるのか
(A)副作用の出方は、個人によって異なります。
例えば、副作用の発生率が80%でも、出なければ、その人にとっては、
ゼロ。
一方、副作用の発生率が10%でも、出れば、その人にとっては
100%。
統計的な問題と、個々の問題を混同してはいけません。

(Q)こんな状況でもセカンドオピニオンを受けてみるのも一つの方法なのか
(A)一つの方法であり、受けるべきです。
日本では、抗がん剤の専門医は500人もいない、ということを
ご存知ですか?
抗がん剤の治療を受けるなら、専門医の意見を聞くことは、
重要です。
https://www.conference.jp/jsmo_asp/memberList/Me …

ご参考に……
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/lung …
http://www.gsic.jp/cancer/cc_20/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変分かりやすく、参考になりました。抗がん剤の専門医は500人もいないのですね。知らなかったです。セカンドオピニオン受けて治療に納得して臨みたいと思います。ご回答くださった方、本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 06:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング