今日の未明の事です。お酒に弱い私は。
記憶が無く倒れていました。
情けない、覚えていないので情けない話です。
一緒にいる綺麗なお姉さんはなれているらしく
自業自得だと。いっております。
自身いたく感じた方、それをいつも見ている方の
ご回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>自身いたく感じた方



よくある、「若い頃の失敗談」ですが・・・。
20代の頃でしたネ、確か。
浴びるくらい飲んで、グデングデンに酔っ払い、悪友と肩組んで歩いて店を出た・・・。
ここまでは覚えているのですが・・・。

明け方、気が付くと、山と積まれた「黒いビニールのゴミ袋」の上で悪友と共に寝てました・・・。
(^^;;
始発電車に乗って帰路に付いたのはいいのですが、全身から「生ゴミ」の匂い・・・。
(^.^;
「うっ・・・、あの袋は【生ゴミ】だったのか・・・」
「ああ痛い」では無くて、『ああ臭い』で御座いました。
チャンチャン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い、失敗談は面白い、ああそういう事ってあるよね。
沢山いると思います。人は失敗を重ね、喜びの中に。
自身を認めたとき、余裕が出来ひろげていくんですね。
チャンチャン。はいつ打ったかは解りえませんが、
そこで打たれていたのですね、でこれを書いている場合
眺める余裕が出来たと推察いたします。
回答頂きありがとうございます。

お礼日時:2011/04/24 14:13

お礼読みました。

No.2です。

一応薬局にドリンク剤を買いに行くときは、ちゃんと商品代は貰ってから行きましたよ。たまにお駄賃もついたことも。
ついでに「私じゃないんですけど、歩けないほどの二日酔いに頼まれて」と店員さんには毎回説明もしてました。

私は仲良くなった薬局の店員さんに、試供品を貰ったり化粧品の現品見本を貰ったりと、結構楽しみもありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。私の杞憂に済んでよかった
若い時からしっかり者なんですね、
あーよかった、ゆっくりまた練れます。
あちがとうございます。

お礼日時:2011/04/25 02:07

会社に勤めていたときに、真向かいに座っている同じ歳ぐらいの男性のことは、痛いなと思ってみていました。



寂しがりで、一人暮らしの家に帰るのを出来るだけ遅くしようと、毎日飲んでいて翌日は青白い顔押してグッタリ。

私が毎日近くの薬局が開店する時刻になると、二日酔いに効くというドリンクを買ってくるのがお約束でした。
昔のコントのように、ヨレヨレになりながら「いつもすまないねぇ」なんて言われてました。

でも午後になって帰宅の時間が迫る頃には、また寂しさで人を誘ってしまうという無限ループ状態。

私は薬局の店員さんに、常連として扱われすっかりお馴染みになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれまあ。出費はいたわよねえ、飲んでいないのに呑み助と思われたかもしれない
かんがえたらこっちのほうが痛いわよねえ奥さん。あれいずこへ

お礼日時:2011/04/24 18:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング