よく、身を守るために毒をもった生き物がいるという話を聞きます。
でも、その説明には説得力がない気がします。
ヘビやサソリのように、かんだりさしたりして、相手への攻撃に毒を使うのなら、意味があると思います。
でも、フグやキノコのように体内に毒がある生き物がいるのはなぜでしょうか?
フグの毒が効くのは、フグが食べられた後だからです。

その毒のせいで他の生き物はフグやキノコを食べないという話を聞いたような気がします。
でも、フグの毒で死んだ魚は「フグ食べたからヤバイことになった」なんていう因果関係を理解できるはずないし、仮に理解できたとしても、即死するくらい強い毒なら仲間に伝える時間はないと思います。
フグが自分の身を守るために、体内の毒が有効になっているとは思えません。
それとも、仲間にフグの危険性について伝える方法があるんでしょうか?

あるいは、身を守るためではなく、単純にフグやキノコが食べたり吸収したものから毒がたまっただけなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 身を守るために毒を持つ、深謀遠慮を持つ魚というのは私も違うと思うのですが、たまたま食べる餌に毒があって、それが体内に蓄積された魚Aがいて、その魚を食べた魚Bなどが即死する。

BらはAを避けるようになる、その結果有毒な餌を好むAは繁栄するようになった、という経過はありそうに思います。

 食べたら即死じゃ、自分が何を食べて即死したのか分からないじゃないか、他の魚にもそれを伝えられないじゃないか、とのお考えのようですが、目撃者というか目撃魚というものの存在を忘れていらっしゃるように思えます。

 魚は同種で群れます。さっきまで元気だった仲間のB1が突然死んだ、あいつはAを食おうとしていたぞ。またB2が突然死んだ、またAがすぐそばにいたぞ、ということが繰り返されると、B一族はAを避けるようになるんじゃないでしょうか。

 死という現象や、その時何がいたか、何がおこったか、ということが関連づけられない種族は、天敵が来ても逃げません。したがって天敵に食われて、いまごろは絶滅しているでしょうから、その関連性が分からない、理解できない、ということは今生き残っている種族については、ない、と思いますがいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天敵から逃げるのは、先祖から何かの情報が伝わっている証拠ということが理解できました。
どういうしくみか知りたいです。

お礼日時:2011/04/25 20:30

http://research.kahaku.go.jp/zoology/uodas/fish_ …

【フグの毒】は、ご参照下さい。

簡単に書いてしまいますけど、最近の研究では、
★「フグは、フグ毒を放出して、自分の身を守るコトが出来る」
そうなんですね。
私も、初めて知りましたが・・・。
他のサイトも調べると、毒を持つフグは、その毒を「フェロモン」みたいな形で、何か「有効利用」してるらしいのです。
ちょっと、驚きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フグが毒を出せるのは知らなかったです。
武器なら意味がありますね。

お礼日時:2011/04/25 20:29

ふぐについて言えば、餌になる物に含まれる毒成分が蓄積された物と言われてます。


従って、養殖とかでは、無毒のふぐが生まれることもあるそうです。
でも、自然は不思議で、ふぐの毒については明確に解明はされていませんし、先ほどの養殖の無毒のふぐの群れに有毒の天然ふぐを混ぜると、有毒のふぐが生まれることもあるそうです。。。

きのこについては、わかりませんが、人間には毒の成分がきのこにつく虫とかには餌になるケースもあるそうです。

>でも、フグの毒で死んだ魚は「フグ食べたからヤバイことになった」なんていう因果関係を理解できるはずないし、仮に理解できたとしても、即死するくらい強い毒なら仲間に伝える時間はないと思います。

理解できますよ。瞬時ではありませんが。。。その情報をDNAに記憶して子孫に伝えていきます。それが、”進化”です。
100% 死ぬわけではないので。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DNAでどうやって情報を伝えるのかしくみを詳しく知りたいです。

お礼日時:2011/04/25 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 突然死(心臓麻痺)<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    突然死(心臓麻痺)とはどんな病気か  心臓が原因で突然死亡することを、しばしば心臓麻痺といいますが、心臓麻痺という医学用語はありません。医学的に突然死とは、災害、事故、自殺、他殺などに由来しない予期せぬ突然の死亡を意味します。  突然死はさらに、症状が現れてから死亡に至るまでの時間によって、症状の発現と同時に死亡する瞬間死、症状の発現から1時間以内の死亡、症状の発現から24時間以内の死亡、そして睡眠中で症状の発現から死亡までの経過時間が不明瞭な夜間突然死などに分類されます。 原因は何か  心臓突然死の原因としては、虚血性(きょけつせい)心疾患と非虚血性心疾患、そしてとくに原因となる心疾患がないもの...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敵の弱点を見抜け!

高校でサッカーをしてるものです。
コーチに敵の弱点を突け言われたのですが、敵の弱点を突くとはどういうイメージでしょうか。
敵のチームとしての弱点、マーク選手の弱点、敵フォーメーションの弱点とかそんな感じなのかな~
因みに自分はFWです。

では経験者の方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

FWやる時で、相手DFが「こりゃかなわないなあ」って思う手強い相手だった時は、引き付けてスペースを作ったり、味方との間に入って、すぐにチャージさせないようにしてました。タックルを一歩遅らせるだけでも、味方がシュートする時間はありますからね。体で接触して止めるのではなく、うっとうしい障害物になるという感じです。ただし、献身プレーは、自己アピールにはなりにくいですよ。

短所を見つけるには、長所を見つけるのが、古典的な方法だと思います。サイドから攻めてくるチームには、そのサイドから攻めてやればいいんです。相手の手法を真似るやり方ですね。バルサがクラブアメリカに、FWのスピードで振り切られて4点取られていましたが、自分の得意なことを相手にやられるのが、一番つらいという典型的な例だと思います。

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。

Qモラルハラスメント加害者の弱点とは?

社会問題になっていると認識しているので、このカテゴリにしたのですが、モラルハラスメントというと、被害者の弱点を加害者が巧みつくのが特徴ですよね?でも、弱点があるのは被害者だけなのでしょうか?加害者には弱点はないのでしょうか?
考えられる加害者の弱点について教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。なかなか難しい質問ですね。状況により千差万別だと思いますが、結局は加害者自身、被害者を作らなければ生きられない、脆弱な自尊心しかもっていないということではないでしょうか。
 メンタルヘルス>のQNo.3187092 『家族にいる自己愛性人格障害への対応』への回答にも書かせてもらいましたが、心理学でいう『マニピュレーター(影で操作する者)』の性格をもつ方が、加害者に多いのではないでしょうか。
 育ってくる中で、他人だけでなく、自分自身あまり大切にされてこなかったので、「人はそれぞれ大切な存在だ」ということに気づかずに生きてきたのでしょうね。
 対処法としては、「私はどんなにドジで失敗が多いとあなたから見えたとしても、あなたにそのような言われ方をされるすじあいはありません。あなたとは価値観が違います。私は私です。」と宣言することでしょうか。

Q【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。 毒はありま

【生物・写真あり】これは何という生物で、どういう特徴がある生き物なのか教えてください。

毒はありますか?危険ですか?

子供が触っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ゲジゲジ?毒ありです。

Qフグの毒

フグって毒を持ったプランクトンを食べることによって体内に毒を蓄えるんですよね。なのに、その毒を使うと自分の毒で死んでしまうんですか?

Aベストアンサー

フグの毒はテトロドトキシンによるもの。テトロドトキシンの半数致死量は0.01mg/kg。フグは自分自身でテトロドトキシンを作るのではありません。テトロドトキシンはある種の海洋細菌に含まれ、それを巻き貝が食べて蓄積し、さらにそれをフグが食べて肝臓や卵巣に濃縮するのです。養殖フグはエサが異なるので、毒を持っていません。ところで、フグの肝臓を食べたフグは死なないのだろうか? 自然界で他の魚がフグを食べたらどうなるか。フグの肝臓を池にいるニジマスやヤマメに与えると、口に入れた途端、吐き出すことが確認されています。魚は味覚神経で毒を感知していると考えられます。
またフグ毒を魚に注射すると、マウスと同程度の量で息絶えます。同じようにフグに注射すると、トラフグで300倍、クサフグは1000倍を与えて初めて死にました。このことから、フグにはフグ毒に対する抵抗があることが分かりますが、毒の影響を受ける神経細胞が他の魚や人間などと異なるのか、無毒化する機能があるのか--その理由は分かっていません。

Q毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それと

毒を持ってる生物って自分と同じ毒を体に注入されたらで死にますか?それとも毒の抗体のようなものがあって毒が体に回っても死なないんでしょうか?
無知ですみません

Aベストアンサー

種類によるでしょうね。
毒にもいくつか意味があると思います。

まず消化液の発展系のようなもので、毒で相手を溶かして吸収してしまうようなタイプのもの、毒蛇や蜘蛛のようなタイプですね。
この手のものは基本的に自分を含めてどんな生き物でも溶かします。
抗体があれば防げますが、蜘蛛や毒蛇は平気で共食いして同種を食べてしまうことを考えると、多くの場合で抗体はなさそうです。

次に捕食や天敵撃退のために毒を打ち込むタイプですね。
サソリや蜂ですね。この生き物も同種が天敵となったとき相手を毒で攻撃するところを見ると、効果がありそうです。

最後に天敵に捕食されることを防ぐために毒を身に蓄積するタイプですね。
河豚やヤドクガエル等ですね。
こいつらは体の多くの部分に毒が散在しているものが多いです。
となると、おそらく体内に同種の毒が入ったとしても、おそらく影響は無い(あるいは少ないのでは)可能性が高いと思います。

Qあなたの弱点は何?

どんな人でも「弱点」はあるんでしょうか?

ここを触られるとダメとか、美女にからきし弱いとか、このスイーツはどうしてもガマンできないとか、色んな意味での「弱点」。

あなたの「弱点」をこっそり教えてください♪


私は「血」ですね。血を見ると膝のあたりがゾワゾワして気分悪くなります。

Aベストアンサー

こんばんは

私は、気が強いんですけど、すぐに心がキュ~となって、「許してしまうこと」ですかね~
だから、賢く生きていけない、ものすごく損な性格ですかね~
ダメな人を怒っている自分が悪い人に見えて、落ち込むしんどい、めんどくさい性格が弱点ですね

直したいけど治らない(^_^;)
あと
お金に執着しないので貯まらないですね。。。だから金持ちには縁がないですね
ず~っと貧乏だと思いますぅ >^_^< 年齢を重ねると賢くなるって。。嘘だよね
ず~っとバカなままですけど。。。これでいいのだ!
ね!バカでしょ?

Q毒をもつ生物はなぜ南に多い?

小さい頃から不思議で仕方なかったのですが、どうして毒で武装して身を守る生物は南に多いのでしょう?
いや、「南に多い」というのは生物学を学んだことの無い私の考えであって、実際には違うのかもしれませんが・・・。

日本で言うと、本州にいる人を殺しかねない毒をもった生物と言えば、せいぜい、クラゲ、スズメバチ、マムシ、ヤマガカシ、フグ・・・くらいですが、沖縄以南になると、ハブ、ウミヘビ、オニヒトデ、サンゴ、アンボイナ、ツボイモ、タガヤサンミナシ・・・etcキケンな生物が山のようにいますよね?

これはどうしてなのでしょう?
どなたかご存知でしたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

暖かい地域では、植物はよく成長します。
それを食べる動物も当然たくさん生きることが出来ます。そうなれば、やはり肉食動物もいっぱい現れ
生存競争が激しくなり、生き残るためには
毒などの強力な武器を持つことも
必要となってくるんではないでしょうか。

Qどくくらげの毒はどくくらげ自身にも効くのか

毒を持っているクラゲなど、体から毒を分泌する生き物同士が戦ったり接触した場合、その毒は相手に効くのですか?

Aベストアンサー

効きます。
自分自身を指したり咬んだりしても効きます。
毒を作る器官から毒を出す器官(牙等)までは、毒が自身に
回らないようになっていますが、それ以外の経路から侵入した
毒は、効くそうです。

Q極限生物 特に地底1000m岩盤等に生息する生物は、シアン化合物等も硫化水素も無いのに、何がエナジー

極限生物 特に地底1000m岩盤等に生息する生物は、シアン化合物等も硫化水素も無いのに、何がエナジー元なのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には上層の有機物、死骸が主でしょうが降り落ちてくるものが食料かも。
深海は意外にも結構生命がいるのは確認されています。
疑問は、これから解明されていくでしょう。
深海は、大いに興味ある分野です


人気Q&Aランキング