東日本と西日本では電力の周波数が50ヘルツと60ヘルツと異なっていますが、なぜ日本の電力会社はそのようなややこしいことをしたのでしょうか??

どなたかご説明していただけますか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ややこしいことというのは今だからいえることです。

明治時代に電力会社が生まれたころの電力需要は照明だけです。街に街灯が灯り、家庭には「はだか電球」が灯っただけでも夜でも昼と同じぐらいに明るくなったと皆大はしゃぎだったのですよ。交流周波数が東西で違っていた。でもそれが何か?誰も問題とも思わなかった。電力会社の社長も何も問題と考えなかった。反ってライバル意識をむき出しにして東京電燈がドイツから発電機を購入したと聞いた大阪電燈は東京に張り合ってアメリカから発電機を購入した。その時代は東京と大阪の対抗意識も強烈なものがありました。東京は大阪に負けたくない。大阪は東京に負けたくない。そういう対抗意識はドイツ、アメリカも同じことで日本に対して売り込み合戦を仕掛けてもいました。ドイツはドイツの発電機を売りつけたい。アメリカだってアメリカの発電機を売りつけたい。ドイツの発電機製造会社は東日本を支持基盤にして、アメリカは西日本を支持基盤にした。その結果、交流周波数が東西で食い違ってしまった。当初は電力需要も小さくて、電化製品なんて何も無い。鉄道だって蒸気機関車か馬車鉄道かというぐらいで電気を使いません。その鉄道はもっとややこしいのですよ。車体の高さ、長さ、幅、全部ばらばら。線路の幅だってばらばらです。電力会社も鉄道会社もぽこぽこ生まれて、それぞれまちまちな規格で営業を始めた。行政も法律も民間の後追いで全然統制もできなかったのです。今と同じで明治時代の政治家は、企業と癒着して企業の便宜を図って政治献金?賄賂?を得ることしか頭にないのです。このままだと将来に禍根を残すと考えた政治家など一人もいなかった。いたとしても、東西の統一はできなかったでしょう。東京にすれば、何が悲しくて大阪に合わせないといけないのか?大阪もそれは同じ。とにかくライバル意識むき出しに反発し、行政のいうことなど聞きません。
その辺の事情は現代だってそうは変っていない。とにかく企業は政治家のいうことなど聞きません。
幕府の木っ端役人風情が天下の東電社長様に注文をつけるとは片腹痛いわ、出直して来い!というぐらいにいうことを聞かない。政治献金を受け取っているから立場が弱い。誰のおかげで選挙に当選したと思ってるんだとナベツネに恫喝されるとたちどころに怯んでしまう。企業の使いっぱしりみたいなもんですから話にならない。そういう政治の弱さも原因のひとつに挙げられるでしょう。
    • good
    • 0

そんな事より、利権の絡んだ原子力と太陽光で無い風力の開発が良い


http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/el …
これに研究予算付けないと、外国に負ける
太陽光パネルの資源は日本に無いのと、一日数時間の発電
風力は風さえあれば夜も発電する、低周波の問題は鳥の羽の理屈で小型は解決してる、
同じ値段で設備した場合風力の方が発電量は多い、
    • good
    • 0

最初に50ヘルツのドイツの技術を取り入れたのが


東京で60ヘルツのアメリカの技術を取り入れた
のが大阪だったのです。もっといえば東京は最初は
直流送電(乾電池は直流)でした。その後、交流の
方が優位だと言うことで50ヘルツの交流送電になり
ました。
そして、東京、大阪に方式を統一していったため
東日本と西日本の違いになりました。

そもそも、日本の電力会社は小さな会社がたくさん
あって、地域ごとに電気を送っていましたが戦争が
始まり兵器を作るのに電力は欠かせないということで
電力をコントロールするために一時期国有化になっ
たこともあります。
その後、全国を9つの電力会社に分割して民営化
したわけです。
 電力会社には地域独占を認めるかわりに採算が
取れないような山の中でも電気が必要な場合は
供給する義務があるわけです。

 周波数を変換すれば良いのではと思いますが、
周波数変換するには60ヘルツを直流に変換し
それを50ヘルツに再変換しなくてはいけません。
技術的にはいろいろあるのですが、簡単に言うと
設備投資にお金がかかる割に大量の電力量を
変換できないので、実質、設備も少なく融通でき
る電力が少ないのです。
    • good
    • 0

こんにちは



話は、明治時代にまでさかのぼります。

当時、日本初の電力会社であった東京の東京電燈がドイツから発電機を購入しました。
そのときの発電機の周波数が50Hzでした。

相対して大阪電燈はアメリカから発電機を購入しその周波数は60Hzで有ったために東西での周波数が違うことになり結果となりました。

その事が、今現在でも延々と引き続き東西の差となっています。

ここまで、工業化が進んでしまった現日本では、この周波数を同一にする事は難しい状況にあります。

家庭用の電化製品では、どちらの周波数でも使用できる様になっていますが、工業用=工場などで使用される機器は周波数の違いにより、大きく影響を受けてしまう物があるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/25 01:35

一番最初に外国から発電機を買うときに統一しなかったからです。


当時は、そんな必要があるとは思いもしなかったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/25 01:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最大消費電力[W]と有効電力[W]が異なる?

通信機器をUPSである程度の時間(6時間くらい)バックアップする必要があるのですが、接続する機器の仕様で、
最大消費電力 48[W]
皮相電力 14.5[VA]
有効電力 8.7[W]
力率 0.6

別の装置では、
カタログには「消費電力 最大20W(電源アダプタ含む」と記載があり、
個別に質問したら、
皮相電力 約20[VA]
有効電力 約10[W]
力率 0.5以上

という結果でした。

最大消費電力[W]と有効電力[W]は同じだと回答されている過去の事例もあり、混乱しています。

AC-DCアダプターが絡むと、一筋縄ではいかないのでしょうか?
もし、「こういう理由で、異なる数値になる」ということをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

No.3で回答した者です.

>「アダプタに記載されているINPUT(交流)側の消費電力値をUPSの計算に使います.」
>ということは、AC-DCアダプタのINPUT側の消費電力値を、メーカに問合せしないといけないということですね。
INPUTとOUTPUTの値はACアダプタ本体に書いてあると思いますが.
私は自社サーバ室の管理をやっていますが今まで記載されていないアダプタは見たことがありません.
それとも現物確認の困難な環境なのでしょうか.

>もしかすると、これまで、とんでもない失敗を犯し続けてきたのでしょうか・・・。
>っていうか、お客様のところで全部運用中なんですけど・・・。背中に冷たい汗が・・・。
環境の規模や機器の種類,どれだけの可用性が求められるシステムなのかわからないため何とも言えませんが,
人命が関わるようなシステムでもなければ数十[W]程度は誤差ではないかと.

ただ,本当に計算ミスがあるのでしたら新たな機器を導入する前には再計算したほうが良いと思います.


参考までに,以下は私のとこで使っている電力の計算式です.

0.8*P=0.8*VIcosθ

P:有効電力
V:商用電源電圧(100V)
I:電流
cosθ:力率

両辺の
0.8は最大消費電力と実際の消費電力のギャップを埋めるための係数です.
高可用性の求められるシステムほど高い値(最大値は1.0)にする必要があると思います.
力率は,サーバ専用機は1.0とし,そのほかの機器では0.65に統一しています.
あとは有効電力(P)か皮相電力(VI)のどちらかがわかれば未知数がなくなるので
メーカーに問い合わせをしたことはほとんどないですね.

あと,以外と忘れがちな点としてテーブルタップにも流せる電流に上限(普通は15[A])があります.
配線の際にはご注意ください.

No.3で回答した者です.

>「アダプタに記載されているINPUT(交流)側の消費電力値をUPSの計算に使います.」
>ということは、AC-DCアダプタのINPUT側の消費電力値を、メーカに問合せしないといけないということですね。
INPUTとOUTPUTの値はACアダプタ本体に書いてあると思いますが.
私は自社サーバ室の管理をやっていますが今まで記載されていないアダプタは見たことがありません.
それとも現物確認の困難な環境なのでしょうか.

>もしかすると、これまで、とんでもない失敗を犯し続けてきたのでしょうか・・...続きを読む

Q電力不足対策50ヘルツ地域に60ヘルツを流せないか

50ヘルツ地域での電力不足に対して懸命の対策が行われていますが打開策がなく東日本の方は大変な生活になっているようです。
素人考えですが 今の電気製品の大半は50ヘルツでも60ヘルツでも作動できるようになっているように思います。(確かに能力変わるものもありそうですが)
それほど準備がなくでき、あまり問題がなければ、できる可能性があれば東日本の惨状からして 検討してみてもいいのではと考えます。
うまくすれば 西日本、中部の電気を順に融通しいき、境目の静岡、長野、新潟辺りの電力をまかなえれば 東日本の電力の調整が楽になるのではと思いますが。

Aベストアンサー

これまでの回答では、60→50の変換をして供給しいるが、容量が足りないのでできない、としている。
質問者は、たぶん、それは百も承知で60で50地域に供給できないのかと質問している。だから、50地域で60で消費できないのかということです。時間や回転が関係するものは多少は狂うのがあるかもしれないが、今の機器はたいてい50/60共通で使えるからそれで当面しのげるのではないかということでしょう。それは、多少の不具合は承知で使うのであれば、理論的にはできない相談でもなさそうですが、現在、残念なことに60地域と50地域では、大容量のケーブルで接続されていないことは、変換で供給するのと同じ容量の問題になります。その工事が必要で、短期間での実現はできないでしょう。将来的にも60Hzにするというなら別ですが、電力会社間の調整もあるので実際的ではないのでしょう。

QWとVAについて教えてください

消費電力が14Wの電化製品を75VAまで使える変圧器で使用することは可能でしょうか?

無知な質問で申し訳ないのですがお分かりの方がいらしたら教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

使えます。
その製品は100V/14Wの定格と思います。
そして、変圧器の75VAとは「許容容量」です。
VA(ボルトアンペア)の意味は電圧と電流の積ですから、100Vで0.75Aの電流を取り出せます。
一方、電気製品の100V/14Wの定格は、単純な電熱負荷なら0.14Aの電流負荷ですから、0.75Aの変圧器容量より小さいので使えるのです。

Q50ヘルツの発電所モーターを60ヘルツで回す。

東電の長野の揚水発電所に60ヘルツの送電線引いてきて、中部電力の電気で東電の揚水発電所の水をくみ上げできないものでしょうか?

50ヘルツのモーターを60ヘルツでまわすとどうなるでしょうか?
単純には回転数が高くなって余計に負荷がかかるような気がするのですが。

Aベストアンサー

揚水発電は深夜の電気を使うので東京電力でも少し余裕があるから東京電力の50Hzでも可能では?
いくら福島の原発がだめでも新潟は動いているし火力もあるから深夜ならOKでは?


余談ですが中部電力では一部発電所を50Hzに変更して東京電力に送っているみたいですね。
http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pub_release/press/3152621_6926.html
2 泰阜水力発電所の切替作業実施に伴う電力融通
泰阜水力発電所の発電機を50Hzで送電できるよう切替作業を実施しました。昨日(3月22日)より、電力融通を実施しています。融通電力は2万~4万kWです。

3 電源開発(株)佐久間水力発電所等を利用した支援
当社は電源開発(株)と佐久間水力発電所の電力を受給する契約を交わしていますが、この発電機を50Hz運転へ切り替えることで、支援を行っています。

さらに、佐久間発電所に接続する154kV送電線につながる電源開発(株)秋葉系水力発電所についても、50Hz運転へ切り替えることで、支援を行っています。

両方合わせた融通電力は、最大で23.1万kWとなります。

4 電源開発(株)新豊根水力発電所を利用した支援
新豊根水力発電所(揚水)は、当社および東京電力が電源開発(株)との間で電力を受給する契約を交わしており、当社と東京電力がダムを共同で使用しています。

このたび、東京電力が必要に応じて発電できるよう、当社の電力を用いて揚水いたしました。

揚水発電は深夜の電気を使うので東京電力でも少し余裕があるから東京電力の50Hzでも可能では?
いくら福島の原発がだめでも新潟は動いているし火力もあるから深夜ならOKでは?


余談ですが中部電力では一部発電所を50Hzに変更して東京電力に送っているみたいですね。
http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/pub_release/press/3152621_6926.html
2 泰阜水力発電所の切替作業実施に伴う電力融通
泰阜水力発電所の発電機を50Hzで送電できるよう切替作業を実施しました。昨日(3月22日)より、電...続きを読む

Q高圧電力は6600Vが電柱から流れて来て、変圧器が300kVA以下の場合に高圧カットアウトのPCが使

高圧電力は6600Vが電柱から流れて来て、変圧器が300kVA以下の場合に高圧カットアウトのPCが使えますってどういうことですか?

300kVAは30万VAで6600Vより上ですよね?

遮断出来なくないですか?

定格容量30万VAに6600V以上の電圧が来てもへっちゃらでビクともしない気がします。

どういうことですか?

Aベストアンサー

6600Vは電圧で、300kVAは皮相電力です。
意味が違うので、大小比較はありません(できません)。

「変圧器が300kVA以下の場合」とは、
変圧器の一次側(6000V側)電流が次の値以下、と言うことです。
一次側電流=300,000[VA]÷6,000[V]=50[A]

Q電力周波数(50Hと60H)統一の問題点

関東と関西の周波数を統一する場合、数十兆円の費用が必要と言われていますが本当でしょうか。

・ 60Hに統一する場合、発電機は回転数を20%上げる。変圧器は問題なく使えると思います。
・ 発電機の回転数を20%上げると機械的に問題がある場合は、50Hに統一すればいい。
・ 変圧器や開閉器等の変電設備は周波数に影響されないのでは。
専門的な回答をお願い致します。

Aベストアンサー

受電側で直接的に即困るのは力率改善コンデンサを使ってる設備が思い浮かびます。
力率改善コンデンサの容量設定は周波数にも依存してるのでそのままじゃ使えなくなります。

周波数の統合の手間とコストかけるなら直流送電のほうがいいんじゃないでしょうか?
直流送電なら系統連動なんてしなくていいし。

私が個人的に思うのはインバータがなかった時代の変圧に交流が都合がよかっただけで、
今となっては末端負荷機器にPFC回路が必要な交流送電は不都合のほうが多くなってます。
我が家は現在DC電源に統一してしまおうとしています。
自立太陽光発電とバックアップバッテリーを導入し始めていて、
LED照明機器はDC10.5Vを要求します。(最大効率を目指すとDC12V給電は都合が悪い)
我が家の既存のスイッチング型ACアダプタやインバータモーター使用機器はほとんどDC140Vで動作します。
小さな自立発電では正弦波インバータの電力変換ロス、
PFC搭載・非搭載機器の混在は大変都合が悪い状態です。
一部のトランス使用機器や誘導モーターのために交流給電はどうしても残ってしまいますが、
それらの機器が寿命を迎えたらインバータモーターやDCモーター、スイッチング電源に置き換えていくつもりです。

周波数統合という半端なことするならDC送電含む送電網の抜本見直しのほうがいいと思います。
大型大電力機器ならACでもDCでもな部分はありますが、
末端小型機器はDC電源のほうが都合がよいことが多くなってきており、
上流と下流で使い分けるというのもアリかもしれないので、
周波数の統合がそもそも意味のあることなのかどうなのかも問題です。

受電側で直接的に即困るのは力率改善コンデンサを使ってる設備が思い浮かびます。
力率改善コンデンサの容量設定は周波数にも依存してるのでそのままじゃ使えなくなります。

周波数の統合の手間とコストかけるなら直流送電のほうがいいんじゃないでしょうか?
直流送電なら系統連動なんてしなくていいし。

私が個人的に思うのはインバータがなかった時代の変圧に交流が都合がよかっただけで、
今となっては末端負荷機器にPFC回路が必要な交流送電は不都合のほうが多くなってます。
我が家は現在DC電源に統一して...続きを読む

Q【電気】300kWと300kVAは何が違うんですか? W=P=VAなので同じだと思ったんですけど違う

【電気】300kWと300kVAは何が違うんですか?

W=P=VAなので同じだと思ったんですけど違うっぽいです。

Aベストアンサー

Wは有効電力で電圧×電流×力率
VAは皮相電力で電圧×電流
です。

Qどうして東日本と西日本で電気の周波数が違うのか

東日本の電気の周波数は60Hz
西日本の電気の周波数は50Hz
なぜ国内で周波数が違うのでしょうか?
統一すればいいと思うのですが

Aベストアンサー

http://zatuzatugaga.blog91.fc2.com/blog-entry-261.html

ええかげん ここで聞く前に ググらんかね

Q現在従量電灯C,15KVAの契約をしています。東京電力に契約診断をお願

現在従量電灯C,15KVAの契約をしています。東京電力に契約診断をお願いしたところ、10KVAか余裕を見て12KVAに変更可能と診断されました。将来のオ-ル電化の事も考え12KVAに変更を
考えています。工事は近くの電気工務店で可能とのことでした。現在、分伝版には75Aが付いているのを60Aに取り替える工事費の相場を教えてください。

Aベストアンサー

工事に相場は有りません
電気工事店の規模で、経費、損害保険その他で作業に加算される金額は違います
1番さんの金額で出来れば安い
75Aブレーカーが欠相保護付きの場合その前に60AのNFB付ける方法も有りますが
追加部材&こうちん追加で変わらない
¥3^4万円が妥当金額です、
安いは損害が有った場合保証無いですよ?

Q西日本と東日本の周波数を統一するのは無理?

西日本からの電力融通 周波数異なり支援に限界と 今回の地震で初めて知った無知なものです。

いろいろネットとかでみると 各地で電力会社ができた明治時代からの 輸入した発電機の

問題らしいが、無知を承知で 政府が電力会社を バックアップして 

周波数を統一する方向に持っていくことは 現実的では ないんでしょうね?

たぶん どうでしょうか?

また 無理だとすると どのくらいの段階 過去に それを統一しようとしたら、可能だったのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

費用対効果の面でも現実的でないゆえに一度も統一しようとはしていませんね。
発電機側の工期の問題が解決しても負荷側(各戸の回転関係の電気製品とか)の数の対応が膨大ですね、最近はインバーター(交流→直流→交流)機器が増えてきて50Hzでも60HzでもOKという機器も増えましたが利害関係者の数が増えれば多数決でも決まらないのはこの国の歴史。

輸入、設置、実際の送電時期が明確じゃないのですが大阪電燈がGE製の60Hz発電機を購入した1893年頃が最後の統一のチャンスだったのではないかと思われます。
同一国異周波数は珍しく一部の意見として日本の科学力の発展を後押ししたという戯言もありますが大きなロスであったことが今回明白になりましたね。

他にもお役人の大きな判断ミスで大損害を出した例として蒸気機関車の線路の幅とか携帯電話認可時のアナログ方式とかお上の判断で右往左往した例は山ほどあります。
公務員のための公務員国家を変革せねばならん時期は近いようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報