今後、SSDを導入しようとしています。

その前に、みなさんに意見を聞きたいと思います。

SSDをどう思いますか?
導入にあたってのメリット・デメリットは何ですか?

それでは宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

初期製品にあったプチフリはキャッシュ搭載でほとんど発生しなくなったため容量当たりの価格以外に問題はないです。


起動ドライブにするには丁度よいと思います。

メモリが潤沢ならば書き換え頻度が多いブラウザのキャッシュフォルダをRAMディスクに割り当てるとSSDに優しい上に高速化が図れて一石二鳥です。

---
余談ですがHDD並みに年々容量が増加して価格が安くなる事は今は期待できません。
容量を増やすために回路を微細化すると電気を貯める部分が小さくなります。
するとデータエラーが生じやすくなるのでそれを抑制するために記憶領域を冗長にする必要がでてきます。
CPUやメモリと違って微細化の恩恵を受けにくくなるのがフラッシュメモリの課題です。

参考
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semico …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

やはり、「価格」ですね。

確かに、起動ドライブにすれば、起動スピードが上がりそうですね!

実際にMacBook Proの新バージョンは、起動ドライブがSSDらしいですし・・・。

SSDの値段は安くならないのですね。

参考URLも勉強になりました。

本当に有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/25 19:49

さらに付け加えると


・静穏
HDDでは書込み音やモーター音がありますが、SSDでは音を発しません。

・振動に強い
振動に弱いHDDよりSSDの方がノートパソコンに向いているといえます

デメリットは他の方が述べているので省略しますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

やはり、デメリットは「高い」ということですね。

メリットとしては、静かなところですか。初めて知りました!

最近のファンは、非常に静かになっていて、特に私も気にしていませんが、やはり書き込み時には「ジューン」という音がしますよね。

振動に強くて静かな補助記憶装置・・・やはりSSDはいいですね。

有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/28 20:46

付け加えるのであれば、多少地震には強いといった所でしょうか。


私も手が出せるのは128GBまでですかね・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

地震に強いのはイイですね。

私も毎日「余震」に揺らされています。

テレビを観るのが怖いです(緊急地震速報が出るから・・・)。

128GBまで・・・やはり高いのはSSDの最大の欠点ですね。

お礼日時:2011/04/25 19:52

容量単価にして30倍以上というぶっ飛んだ価格以外に目立ったデメリットはありません。

予算が許すなら是非。
特別書き換えの多い用途だと寿命の問題が出る場合もありますが、普通のPC用途なら問題なし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

やはり、皆さんがご指摘下さっているとおり、「値段」は高いようですね。

SSDの寿命は、ほとんど考えなくていいのですね。

有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/24 19:58

起動が速い


書き込み回数に制限が有る
まだちょっと高額
容量が少ない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。

やはり、まだ色々と問題があるようですね。

でも先進的技術なのなら、すぐに改善されることでしょうね。

お礼日時:2011/04/24 19:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q靖国問題のデメリットとは?

靖国問題のデメリットを検索したのですが、これといって見つけることができませんでした。

一方メリットはいくつか見つけることができました。

なので、よければデメリットを教えていただきたいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

旧満州に行ったことがあるのですが、神社がありました。そこで、年輩の中国の方と話したのですが、お祈りをさせられたそうです。また、日本人と中国人で居住区が分けられていたそうです。日本人に対して好意を持っているようでしたが、その方の少年時代の心に深く刻まれていることは間違いないでしょう。詳しくは分かりませんが、そのような神社が1箇所(中国)だけとは思えません。靖国神社だけが問題なのではなく、外国人にとっては日本軍国主義の象徴的なものであることは間違いないでしょう。したがって、靖国神社というハードの問題として捉えるのではなく、外国人の心に刻まれた戦争の傷跡を象徴するものとして捉えるべきでしょう。私は南方の国々には行ったことがないのですが、同じようなものがあるのではないでしょうか?

QSSDのメリット、デメリット

今まで、SSDというものに興味がありませんでした。

これという導入するメリットが見当たらなかったのもありますが、
毎回聞くのが(調べたり)、早くなるというのは1番ですが、故障率が高いということでした。

でも、最近、さまざまなソフトを入れてると重く感じ、SSD導入を検討してます。

SSDに、OS入れると、通常のHDDよりも、劇的に高速になるものなのでしょうか?
OSはもちろん、iTunesや、adobeのソフトなど重いアプリも高速起動になるのでしょうか。

今まで、通常のHDDしか見てないので、そんなに劇的に変わるものでしょうか。

また、もし、導入となれば、最低限の容量と、「これはSSDにインストールすべき!」というのがあれば、教えてください。

メリット、デメリットもあればお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.8です。

"これを「復元、リストア」の書き込み回数が気になります。システムの復元のように、いい時の状態を普通はバックアップしますよね。不具合出たら・・・と、何度も復元、リストアするのはよくないでしょうか?"
→ 何度と言っても、1万回もリストアするわけではないので、全く問題になりません。一つのセルに対して。SLCで約10万回、MLCで約1万回、TLCで約3千回の書き込み回数の寿命ですが、それを回避するために、ウェアレベリングやTRIMと言った機能が実装されています。ですから、"復元、リストア" を何回か行うくらいは、どうと言うことはないはずです。
http://laineema.gger.jp/archives/3879589.html

現実には、システムに不具合が出た場合はリストアして復元していますが、それ程頻度が高くなく、全くリストアを行っていないシステムをあります。適性にシステムのメンテナンスを行っていれば、早々システムがおかしくなることはないはずです。Acronisをお使いなら(私も使っています)、システムをバックアップして、MBRのみのリストアができますので、これが便利です。起動できない場合は、大概がMBRの不調が原因ですので、これだけリストアすれば、簡単に復活します。

"RAID以前いやな思い出あり・・・"
→ 私も、HDDでRAID0を組んでいた頃に、いきなりシステムがクラッシュしてことがありました。RAID0とは、こんなにも不安定で脆いものかと、それ以来RAID0には手を出さなかったのですが、雑誌の記事でSSDなら簡単で安全に構築できると書いてあったので、やってみたところその通りだったので、それ以来運用しています。

SSDの内部構造が見てみると、読み出しは電気的ですので速いのですが、書き込みはブロック単位で書き込むため、そのままではかなり遅いです。下手をすると、今の高速タイプのHDDより遅いくらいです。これが、何故速いかと言うと、並列に10chや16chで書き込むようにしているからです。送られてきたデータを、並列に書き込めば、その並列度に応じて高速化します。容量の小さなSSDの書き込みが遅い理由がこれなのです。64GBあたりが最も低速で、128GBで標準、256GB~が最も高速になります。256GB以上は、並列に書き込みするブロック数が同じなのでしょう。これは、内部的にはRAID0を構成していると言うことだと思います。
http://www.dosv.jp/other/0910/02.htm

まあ、これはRAID0の基本的欠点を擁護するつもりで言っている訳ではないので、ご容赦下さい。ある意味、自己満足的な部分もありますので、別にお勧めしている訳でもありません(笑)。

ANo.8です。

"これを「復元、リストア」の書き込み回数が気になります。システムの復元のように、いい時の状態を普通はバックアップしますよね。不具合出たら・・・と、何度も復元、リストアするのはよくないでしょうか?"
→ 何度と言っても、1万回もリストアするわけではないので、全く問題になりません。一つのセルに対して。SLCで約10万回、MLCで約1万回、TLCで約3千回の書き込み回数の寿命ですが、それを回避するために、ウェアレベリングやTRIMと言った機能が実装されています。ですから、"復元、リストア"...続きを読む

Q社会保険と民間保険のメリット・デメリットとは何ですか?

社会保険と民間保険のメリット・デメリットについて
お伺いしたいのですが、

社会保険が強制加入、民間保険が任意加入という
一般的なことの他、

社会保険の健康保険ならば、半額を事業主が負担してくれたり、
傷病手当金という休業補償を受けることができる、とお得なようですが、民間保険に比べてデメリットってあるのでしょうか?
調べてみましたが、強制加入くらいしか分かりませんでした。

逆に民間保険はがん保険など社会保険に比べて、メニューが豊富だと思いますが、社会保険に比べてメリット・デメリットはあるのでしょうか?

やっぱりそれぞれの保険とも一長一短で
限界はあるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点数で定められており、疾病などの種類により適応できる治療内容が定められています。そしてそれぞれの治療行為に関する医療点数も定められています。
 社会保険を使わず自由診療ということも可能ですが、原則として(例外は幾つかあるようです)は社会保険の診療と自由診療を混合した形で治療を受けることはできません。

 国内においては社会保険の場合は基本的には傷病手当金等自分で申請して受給するもの以外には治療時に自動的に負担するようなシステムです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA

 社会保険と民間保険は相互に代替できるものではないためメリット/デメリットの比較は困難と思われます。

 参考URL等みれば理解できるのではと思います。

 私が理解している範囲では....
 医療機関にて治療行為を受けた場合、民間保険の多くは入院/通院期間や、治療内容の大まかな分類で保険金が支払われることが多いようですが、社会保険の場合、使った薬から検査内容、治療内容に基づき社会保険で一定の割合で治療費を負担し残りを医療機関で治療を受けた人自身が支払います。
 治療内容は医療点...続きを読む

QデスクトップPCで、後からのSSD導入について

ヒューレットパッカードのカスタマイズPCを買おうと思っていて、
その中で、HDDとSSDのどっちを選ぼうか悩んでいます。
今はまだやはりSSDが高いので、今とりあえずHDDで買っておいて、
後ほどSSDを買ってそのPCに入れることはできますか?
SSDをシステムドライブにしたいと思っています。

Aベストアンサー

Acerのネットブック(AspireOneD250)で実際交換して利用していました。ハードディスクインタフェースを2つ搭載している機種であれば、引越しツールなどを利用すれば、システムドライブと全く同じコピーを作ることができるので、入れ替えは後からでも簡単に行えます。ただ、思っていたほど速くはならなかったというのが実感です。例えば、OS(XP SP3)の起動時間も、HDDに比べ半分程度の時間を期待しましたが、実際は数秒程度の短縮しかできませんでした。あと、静かなことと、衝撃に強くなることがメリットでしょうか。ご参考までに。

Q借地権付きの土地のデメリットとは?

借地権付き土地を購入し住宅ローンを組み注文住宅をたてたいのですが、一般的に言われてるデメリットは50年後更地にして地主に返却となりますがその他にデメリットはありますか??ま

Aベストアンサー

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であれば、おのずと返却を迫られる。

30歳で借地権を買い、60歳で建替えを予定した方が、ローンを借りられないという問題にも遭遇しています。借地は土地に抵当権を設定できないからです。
大規模リフォームをしようともしましたが地主が承諾がとれません。その理由は建物の寿命が延びる事で借地権の更新を拒否できないためでしょう。新借地借家法は、建物の寿命が延びようが借地権の更新が出来ない契約ですと、いずれ土地は返却をしなくてはなりませんが、リフォームや増築での地主の承諾を得ると言う面倒な手続きが待っている事には変わりありません。
もちろんリフォーム程度ですと、承諾が無くても強引に行ってしまう方もいますが、増築などですと差し止めを起こされる事も稀にあります。

地主の承諾は、借地権や建物の売買時にも必要ですし、承諾料を支払う必要がある場合が多く、初期投資は安く済んでも、最終的には高くつくと言う事も無きにしも非ずです。

私の地域で、現在の土地価格が約1000万円の物件に、毎年50万円近い借地料を支払っている別荘地があります。土地価格が下がったためにバランスが悪くなっただけですが、その借地権を売って他に安い土地を買いたいと思っても、売る事がままならないため、借地料を滞納するか、まだ使える家を解体して無償にて借地契約を解約している家が相当数あります。

もちろん、これは最悪の例をあげているだけですが…。

宅建業者です。

他回答通り、住宅ローンを借りる金融機関の選択肢が無いのがまずは当面の問題ですね。土地に抵当権を設定できないので借入出来る額が少なく、金利も高い上に、多くの金融機関に承認されないという問題があります。

それをクリアしたとして、書かれている通りの更地返却の問題。
相談役である私のお客さんの中で、80歳にして更地返却を求められている方がいますが、その歳で家を失うのはいかがなものか。旧借地法に守られ契約は持続していますが、新借地借家法の元での契約ですから、更新不可であ...続きを読む

QSSDを導入した場合、どうすればいいでしょうか

新たにデスクトップ(Win8.1、64biti)の購入に際して、軌道をSSD、データをHDDにするのも一案かと考えております。しかしSSDは書き込み制限があるとよく聞きます。書き込み制限のことを考慮すると、データ以外にも何か(たとえば、Program Files、一時ファイル)をHDDに移行する設定をした方がいいのでしょうか。

SSDとHDDの両方を装着しているデスクトップを購入すると、購入後、、SSDの設定変更をする必要はないのでしょうか。

あるいは書き込み制限のあるSDDを導入しないで、HDDのみで使用した方が賢明でしょうか。

ご意見等、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OSの起動とアプリケーションのインストールをSSDに、マイドキュメントやデータ類をHDDと言うのは、最近のトレンドと言えるでしょう。OSの起動とアプリケーションの立ち上がりが飛躍的に早くなります。また、C:ドライブにアクセスする動作が俊敏になりますので、全体的にキビキビとした感じとなります。

その他にSSDを使う場合、やっておいた方がより寿命を保全する方法があります。
http://128bit.blog41.fc2.com/blog-entry-356.html

自分でも可能な限りこの内容に沿って対策しています。気休めではないと思いますが、最近のSSDでは、このような対策を取らずにそのまま使っても大丈夫のようですね。SSDは、SLCで約10万回、MLCで約1万回(殆どのSSDはこのMLCです)、TLCで約3000回(SamsungのEVOやCrucial MX110など)の書き込み回数の制限があります。書き込み回数が制限値に達すると、それ以上は書き込みが出来なくなります。場合によっては、SSDのコントローラにより読み書きが出来なくなってしまいます。

SSDを導入した場合、上記のような対策を取るかどうかは、質問者さん次第です。取らなくても恐らくパソコンとしての寿命が尽きるまで使えるとは思います。ただ、SSDとしての性能を維持する場合は、役に立つでしょう。

と言うわけで、"あるいは書き込み制限のあるSDDを導入しないで、HDDのみで使用した方が賢明でしょうか。"→ は、賢明ではありません。今すぐにでもSSD化すべきです。出来たらHDDの部分もSSD化したいところですが、容量対価格の面で今のところ折り合わないようです。
http://ascii.jp/elem/000/000/945/945145/
http://gigazine.net/news/20131206-easeus-todo-backup/ ← クローンの項目
http://surferonwww.info/BlogEngine2/post/2014/07/09/installation-of-crucial-mx100-series-ssd-on-vista.aspx

SSDを2台使った場合、RADI0のストライピングが可能です。下記は実際に自分のパソコンでRAID0を組んだときのスコアです。シーケンシャル・アクセスでは、ほぼ2倍の性能が出ています。HDDでも同様のことは出来ましたが、SSDになって機械的なトラブルの恐れがなくなりましたので、安定してRAID0が構築できるようになりました。中々の速度が楽しめます。

SSDはTOSHIBA製SSD CFD CSSD-S6T128NHG5Q×2

OSの起動とアプリケーションのインストールをSSDに、マイドキュメントやデータ類をHDDと言うのは、最近のトレンドと言えるでしょう。OSの起動とアプリケーションの立ち上がりが飛躍的に早くなります。また、C:ドライブにアクセスする動作が俊敏になりますので、全体的にキビキビとした感じとなります。

その他にSSDを使う場合、やっておいた方がより寿命を保全する方法があります。
http://128bit.blog41.fc2.com/blog-entry-356.html

自分でも可能な限りこの内容に沿って対策しています。気休めではないと思い...続きを読む

Q外来魚の販売禁止によって起こるデメリットとは?

外来魚の販売禁止をするか否か、という問題を最近よく耳にするのですが、私は外来魚は生態系を破壊する物だし元々日本に居なかったものなのだから販売禁止をしてもデメリットはないと思うのですが、
外来魚の販売禁止に反対している人々にとっては、外来魚の販売が禁止になるとどういうデメリットが起こるのでしょう?

Aベストアンサー

 「自分たちが楽しめなくなる」というデメリットでしょう。

 「反対活動」に「正当性」は必ずしも必要ではありませんから。

QmSATA SSDに「OSを」導入すると、ネット等の速度は速くなるのか?

mSATAにOSのみをインストール(他のアプリやデータはHDDに保存)すると、
起動およびシャットダウンが早くなるのは知っていますが、
インターネット速度はどうなのでしょうか?
つまり、複数のブラウザを立ち上げたり動画を見たりする際に、速くなるのでしょうか?
それともこれらには関係してこないのでしょうか?

Aベストアンサー

"mSATA SSDに「OS」を導入すると、ネット等の速度は速くなるのか?" (ネット=インターネットですね)
→ 難しいですが、基本的には速くなりません。質問者さんは、SSDによりOSの起動やシャットダウンが速くなったように、劇的な速度向上を期待してると思うのですが、そうはなりません。また、インターネット(回線)速度自体は、回線の太さによって決まります。

HDDの状態がよくない場合には、改善して速くなったように感じることはあるかも知れませんが、それは本来の速度がHDDの影響で遅くなっているのです。最適化されたHDDを使っている場合は、mSATA SSDにしてもインターネットの速度あまり変わりません。

ただ、パソコンの反応は、多少速くなるようには思います。OSとアプリケーションを収納するデバイスをSSDに換えた場合、インターネット・エクスプローラ(FireFoxやChromeも)の(パソコン内部に)キャッシュされる速度が上がるからです。これらをHDDに移しては、反応速度の向上は体感できないと思います。

ちなみに、SSDにはOSだけでなくアプリケーションも入れておくことをお薦めします。アプリケーションをSSDに置くことによって起動速度が向上しますし、動作中にもOS関連のファイルやアプリケーション自体のファイルにもアクセスするので、体感が速くなります。

"インターネットの速度が遅い" を改善するには。
http://www.pc-master.jp/trouble/net.html ← 6.パソコンのスペックの問題。
http://www.pc-master.jp/trouble/osoi.html ← パソコンの遅い、重いを改善する。

"mSATA SSDに「OS」を導入すると、ネット等の速度は速くなるのか?" (ネット=インターネットですね)
→ 難しいですが、基本的には速くなりません。質問者さんは、SSDによりOSの起動やシャットダウンが速くなったように、劇的な速度向上を期待してると思うのですが、そうはなりません。また、インターネット(回線)速度自体は、回線の太さによって決まります。

HDDの状態がよくない場合には、改善して速くなったように感じることはあるかも知れませんが、それは本来の速度がHDDの影響で遅くなっているのです。最...続きを読む

QODAのデメリットとは?

ODA(政府開発援助)に詳しい方、教えてください。

日本がアフリカへのODAの額を増やすことで、何かデメリットはあるでしょうか?

Aベストアンサー

ODAはドル建てで行うでしょうから、既に保有している外貨預金準備高から拠出すれば別にわざわざ新たな
借り入れを行う必要などないでしょうに。

デメリットがあるとすれば、折角支出したODAを戦争に使われる、とか本来の目的のために利用されず、支出
先の支配者の懐に大部分が入ってしまう、とか、昔あったみたいに、先方の教育をきちんと行わずに日本企
業が撤退して、ODAで開発されたものが無用の長物と化してしまう、とかそんなレベルじゃないですか?

QSSDの導入の際の注意点

まず現在所有しているPCの構成は下記の通りです。

OS→Windows XP Home Edition
M/B→FOXCONN A9DA
CPU→Phenom II X4 955 BOX
RAM→4GB
HDD→500GB

今回、PCのスペックの底上げとして、SSD導入を考えています。
(年内に別途Windows7で新たにPC組む予定です)
導入予定のSSDはCrucial m4 CT128M4SSD2です。

上記の構成の場合、M/BとOS的にSSDの本来の力を発揮できるものなのでしょうか。
A9DAのSATA端子で大丈夫なのか、XPの場合の不都合点などを詳しく教えてほしいです。

また、導入手順は、NTFSでフォーマット→ファームウェアのアップデート
→システムの移行(Acronis True Imageのクローンで行う予定です)
→http://nabew.blog113.fc2.com/blog-entry-20.htmlの[Windows XP向けSSDの設定]を行う
という手順で合っていますか?

長い間 自作していなかったので、SSDについては分からないことが多いのですが、お願いします。

まず現在所有しているPCの構成は下記の通りです。

OS→Windows XP Home Edition
M/B→FOXCONN A9DA
CPU→Phenom II X4 955 BOX
RAM→4GB
HDD→500GB

今回、PCのスペックの底上げとして、SSD導入を考えています。
(年内に別途Windows7で新たにPC組む予定です)
導入予定のSSDはCrucial m4 CT128M4SSD2です。

上記の構成の場合、M/BとOS的にSSDの本来の力を発揮できるものなのでしょうか。
A9DAのSATA端子で大丈夫なのか、XPの場合の不都合点などを詳しく教えてほしいです。

また、導入手順は、NTFSでフォーマット→フ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1 です。

> IDE モードのままだと全くパフォーマンスが発揮できず、
> HDDと大差ないレベルになってしまうのでしょうか?

いや、HDD とは比較にならないほど高速です。

SSD によって、そのファームアップは AHCI 接続でないとできない場合があります。
ファームアップをする都度、他の AHCI 環境下にあるパソコンへ SSD を取り付けて、
そのパソコンでファームアップをする手もあります。


人気Q&Aランキング