祖母の遺品で単衣の小紋をいくらかいただきました。

和服は、夏冬物一式と塩瀬の帯はありますが、単衣は初めてです。
ネットで調べたら、夏に向うときは単衣の帯を合わせると。

単衣の帯とは、いったいどんなものですか?素材は?
ちゃんとした記述がどこにもなくて・・・。

絽の帯は持ってますが、それでもよいのでしょうか?

これからの季節のものですし、普段にカジュアルに着たいと思います。初心者ですが・・・。(*^_^*)
あとは、履物はシザールでいいのでしょうか?

季節を先取り・・・と記載があったので。
(^o^;

どなたか和服に詳しい方、教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大阪在住で遊びに着物を着ています。


お祖母さまからのお着物、いいですね。私は他人より縦に育ったもので、帯はともかく長着や羽織物は、まったく役に立ちません。質問者さまがうらやましいです。
特に資格等があるわけではありませんが、本を読んだり、着付けを教えている方に教わったレベルの内容です。ご参考までに。

単の着物は、初夏に着る時と、秋に着る時で、帯や小物の合わせ方が変わります。ちなみに一般的に言われる単の時期は6月と9月ですが、透け感によって多少ずらしても良いようです。私などはゴールデンウィーク位から透けにくい単にしています。
初夏に着る時は、暑くなることでもあり、季節を先取りして夏物を合わせます。と言っても、あまりフライングをし過ぎても変なので、半月から1カ月程度の先取りだそうです。
秋に着る時は、季節の先取りはしません。まだまだ残暑厳しい時期ですから、先取りして冬物を身につけていると暑苦しいからです。

具体的な帯ですが、
6月中旬になれば絽の帯で構わないと思います。
夏物の帯を合わせる時は、半襟や帯締め、帯揚げも比較的透け感が少ない夏物にするのが定番です。小物から順に先取りするのが原則なので、帯が先取りをしているのに小物が冬物だとおかしいからです。
履物も、この時にはシザールが素敵だと思いますよ。

では、5月から6月初旬と秋はどうするのか、と言いますと、一番良いのは八寸帯です。博多織や綴れで芯を入れずに、あるいは太鼓部分だけに入れて、かがってあるタイプですね。たぶん「単帯」と呼ばれるのは、このあたりだと思います。
櫛織りと言って、夏物ではないけれど透ける部分がある帯も重宝します。
楮布や科布、紙布なども大丈夫ですが、このあたりは着物を選んでしまいますし、価格的にも結構なお値段ですので、お持ちでなければ勧められません。
八寸帯や櫛織りなら、真夏真冬以外は使えますから、袷にもお使いになれます。本当は、博多の献上柄なんかは真夏もOKだそうですが、実際のところは暑くて使えません。
塩瀬の帯も質感や柄が初夏や初秋に不釣り合いでなければ、大丈夫だと思います。
この時は、小物類は透け感のない薄手のものを使用します。帯締めは丸組を避けます。なんとなく温かい感じがするものを避けるわけです。履物は冬物の方が素敵だと思います。
初夏と初秋の使い分けは「色」と「柄」がポイントになりますね。寒色系や淡い色、海や波など涼しげな柄は初夏に、暖色系や深みのある色、月や秋草などは初秋に使います。

本当に、「普段にカジュアル」であれば、半幅帯と小町下駄という組み合わせもあります。
もっとも、小紋は素材と柄付けでかなり雰囲気が違いますから、許容できるかどうかは文章だけでは判断できません。
私は、遊び柄の江戸小紋に半幅帯と小町下駄を使いますが、夏物でも、落ち着いた上品な飛び柄小紋には使えませんから。なんとなく、合わせると違和感があります。

遊びでお召しになる場合は、一番大事なのは着ている人が納得するか、だと思います。
まず、着物の上に帯や小物を置いて、1,2メートル離れて見てください。何か違和感、と思うようならアウトです。いいな、と思うようなら大丈夫です。結構、人間の感性って正しいですよ。

せっかくのお着物、ぜひ楽しんでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっごく具体的で分かりやすくて嬉しいです。(^O^)
ありがとうございます!
単衣の時期は分かっていても、さらに“その間”が私には分からなくて、すっごく悩みました。

いくら調べても同じことばっかりで、正直『それ以外のことが知りたいの。』って。(笑)

あわせ方も分かりやすかったです。本当にありがとうございます。

これで今年はキモノを着る機会も増えました。
上品なものは名古屋帯しめます。
着てると暑いですけど、涼しげに見れるように着付も頑張ります。

お礼日時:2011/04/25 02:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング