はい、はい! 質問です、先生!
地球を真っ二つにした図解とかよく見ますよね。それだと地球の真中に行くにつれて熱いじゃないですか。どろどろの溶岩みたいな。…え?なんでいつまでも熱いんですか?地球って出来てからすごい時間たってますよね。そろそろ乾いてもいい頃合ですよね(何を根拠に…)。なんでいつまでも乾いて固まらないんでしょう?それとも実はちょっとづつは乾いていってるんでしょうか?土の部分が年々増えていってるとか。う~む。いや、待ってくださいそもそもなんで星が出来る時は熱いんでしょうか。集まって固形になるなら凍るようにカチコチになるのが普通っぽいでしょう?なに熱々になってるんですか。私の頭の中じゃ温度が上がると形が崩れていき固体→液体→気体となると思ってます。気体って…住めないじゃないですか。出来る時ってなんだか熱そうですけど、そのあたりの宇宙空間の温度より低くなって初めて見れる液体とか固体になっていいんじゃないかと。

まず、なんでいつまでも熱くて固まらないんだよ、地球!という疑問が一点(これがメインです)。なんで星が出来る時って熱くなければならないのか、という事と最後にもうひとつ、月も真っ二つにすると中は熱いのか、ということを教えてください。お願いいたします。

私、そんなに(かなり)頭よろしくないんで(ひらたく言えば馬鹿)、解り易い言葉で教えてくださると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

固まる土」に関するQ&A: 固まる土と砂利

A 回答 (4件)

私も専門化じゃないので、多分なんですけど・・・


ホントの中心は固体だそうです。中心(核)も2層に分かれていて、外側は液体ですが、内側は固体なんですね。
圧力が加わって、固まっています。少し違うかもしれませんが、おにぎりを作るとき、手で力を加えてかためますよね。あんな感じですかね。
で、圧力が高くなると、温度も上昇します。
圧力鍋ってありますよね。あれは、なべの中を高圧にすることによって、普通のなべで煮るより温度が高くなるので、おいしくできるんですね。
でも、外側は内側よりも少しだけ圧力が低くなるので、液状になるし、温度も下がる。おにぎりをにぎる力が弱いと、お米がバラバラになりますよね。あんな状態かしら。
核のそのまた外側にマントル層があります。これも2層になっていて、内側は固体、外側は液体(マグマ)です。これが火山が噴火した時に噴出すやつですね。
同じような理由で固体、液体になってます。
なぜ、温度が下がらないか。
それは、マントルに保温効果があるからだそうです。ちょうどいいサイトがありましたので、参考URLに載せておきます。

参考URL:http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/news/text/20 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

なんと、固まっているところもあるんですね。知りませんでした。
マントルに保温効果があったんですね~。それでいつまでも熱い野郎だったんですね。参考URLもとてもわかりやすかったです。

勉強になりました。

お礼日時:2003/10/03 18:54

#2さまおっしゃる通り,地球内部の放射性同位体の


核分裂による熱の発生で熱いままになってます.

惑星の場合,チリがぶつかって段々大きくなって微惑星と
なり,微惑星同士がぶつかって段々大きくなる訳ですが,
大きな運動エネルギーを持ったものが,衝突でいきなり
そのエネルギーを解放するのですから,温度があがります.
それで段々と融けて,真っ赤なマグマの固まりとして
宇宙空間中に重力で集まっている状態となります.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

ぶつかって、ぶつかって、大きくなるんですね。確かにそれはすごいエネルギーでしょうから、温度が上がるのも解るような気がします。なるほど~、です。

勉強になりました。

お礼日時:2003/10/03 21:03

放射性元素を大量に含んでいるから、


しかも、ウランのような元素はやたら寿命が長いから、
じゃなかったかな?

>星が出来る時って熱くなければならない

物質が集まる
→圧力が高くなる
→温度も高くなる
→星誕生
惑星でも恒星でもこの理屈は変わらないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

寿命が長いということは気が遠くなるような未来には冷えて固まるということなんでしょうか。

星誕生にはそんな理屈があったんですね。

勉強になりました。

お礼日時:2003/10/03 20:58

続きです。


月も同じような構造ですが、温度が下がってしまっているので、全部固体だそうです。

高圧だと温度が上昇するのに固体で、温度が下がっても固体ですね。
これは、熱の発散に関係してるのかな。
たとえば、人がぎゅうぎゅうにいると、暑いですよね。
人ひとりひとりが物質の分子だと考えると、たくさんの人が一箇所に小さく集まってるのに、熱が外に逃げないので、暑い。この状態が高圧の高温(固体)。
これは自論なので、定かではないです。

なんだか、いろいろ考えたら、訳が分からなくなりました(w
星の誕生については、調べたり考えたりする力がもうありません。
私が調べたことも、合ってるかどうか自信はないです。

どなたか、もっと分かりやすく、正確に説明できる方が回答してくれる事を祈りつつ、寝ます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

2回もありがとうございます。

月はもう固まってしまっているんですね~。
…え?同じ構造なのにですか。ということはいつかは地球も固まる日が来るんですか。ム~。難しい問題なのですね。

お疲れのところ2回も回答してくださって、ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/03 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の中心の高温のマグマのエネルギー源は?

地球の中心って鉄やニッケルがドロドロに溶けた非常に高温な状態にあると聞きました。
1)これが一部地上に噴出したのが火山噴火、マグマですか?

2)是非質問したいのは、なぜ鉄が溶けるほどの高温になっているのでしょうか?エネルギー源はなにでしょうか?
 
2a)とても高圧なので温度が上昇しているのでしょうか?でも熱は逃げていくわけですから、なにかしらエネルギー源が必要ですね?

2b)重力で地球が縮んで重力エネルギーが解放されて熱になっているのですか? そうすると何億年後には地球は今よりも小さくなってしまうのでしょうか?

当方は地学は専門外ですが、大学程度の物理学の知識はあると思います。

Aベストアンサー

1) マグマが生成されるのは、核ではなくマントルです(実際には、核とマントルの境界部分にあるマグマだまりで生成される、と考えられている)。
http://www.ailab7.com/magma.html
http://page.freett.com/kiguro/zzz/z-kagaku/maguma.html

2) もともと地球が形成される段階で高温だったのが、表面付近から冷え始めて現在の様な状態になった、と考えられています。
 しかし、外側が冷えて固まったため、ほぼ密閉されるような形となり、中心部分は当時の熱をまだ持っていると思われます。

2a) 中心核の熱は少しずつ外側に逃げています。それが火山活動などの現象で現れているのです。
 ただ、もともと持っていた熱量が大きいので、まだ保持し続けている、ということのようです。別に外部からエネルギーが与えられている、というわけではないようです。
 又、核自体を構成する物質が熱を下げない性質があると考えられています。

2b) 重力の影響も考えられるでしょうが、上記のように直接的なものではないようです。

http://www1.tecnet.or.jp/earth/3Mecha/3_17.html
http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/news/text/2000/e000601.html

1) マグマが生成されるのは、核ではなくマントルです(実際には、核とマントルの境界部分にあるマグマだまりで生成される、と考えられている)。
http://www.ailab7.com/magma.html
http://page.freett.com/kiguro/zzz/z-kagaku/maguma.html

2) もともと地球が形成される段階で高温だったのが、表面付近から冷え始めて現在の様な状態になった、と考えられています。
 しかし、外側が冷えて固まったため、ほぼ密閉されるような形となり、中心部分は当時の熱をまだ持っていると思われます。

2a) 中心核の...続きを読む

Q地球の真ん中には何があるんですか?

私たちは地球の表面に住んでるんですよね。
じゃあ、地球の中身は一体なにが詰まってるんですか??
つまり、家の庭の土を鬼のように掘っていくと、地球の裏側に到達するまでにどんなものがあるんでしょうか??また、そこに生物は存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

地球内部のことを知るほとんど唯一の手がかりが地震波です。
地震波がどの場所でどれくらいの時間で伝わるか、地震波の中で直達P波でも直達S波でもない波があるかなどを念入りに探していきます。
そうすると、地球内部で地震波が反射したり屈折したりする場所が分かります。
外核と呼ばれる部分では、S波が透過しないことも分かったため、これは液体状であることが明らかになります(弾性体力学と呼ばれる物理学を用いて証明される)。
また、地表の重力や天体力学から地球の質量が分かりますから、これに合うように地球内部の密度を推定していきます。
このとき、宇宙化学の知識と、地球上で得られる数少ないマントル起源物質から、地球内部の化学組成を推定していきます。
このように、地球科学、物理学、化学の知識を総動員して地球内部を推定していくのです。

なお、人類はまだ地下9kmまでしか達しておらず、マントル内を直接覗いたこともありません。
昨年就航した日本の大型掘削船「ちきゅう」は、マントルまで穴を掘りマントル物質を直接採取できるため、研究の発展が期待されています。

No.5の方へ
地震波のうちP波は内部コアも伝播し、この波は実際に観測されています。もし内部コアが固体ならば、理論的にはS波も伝播するはずですが、PS変換率・エネルギーの散逸・S波の特性などの問題から、内部コアをS波で伝播した地震波は振幅が非常に小さいとされ、まだ観測されていません。

No.1の方の補足
マントル:半流動体だが、一見固体。数百年~数億年単位で見ると、液体のように循環している。近年では「プリュームテクトニクス」という学説が有名になっているが、これによるとマントルは沸騰した水のように底の方から急激に(と言っても数万~数百万年)湧き上がっている。主要なマントル物質はカンラン岩(ペリドットという宝石の原石)。
外核:ほとんど液体。磁場は外核によって作られる。鉄などから構成されている。
内核:固体、または半流動体。鉄などから構成される。
生卵でなくゆで卵というたとえもよく使われます。

地球内部のことを知るほとんど唯一の手がかりが地震波です。
地震波がどの場所でどれくらいの時間で伝わるか、地震波の中で直達P波でも直達S波でもない波があるかなどを念入りに探していきます。
そうすると、地球内部で地震波が反射したり屈折したりする場所が分かります。
外核と呼ばれる部分では、S波が透過しないことも分かったため、これは液体状であることが明らかになります(弾性体力学と呼ばれる物理学を用いて証明される)。
また、地表の重力や天体力学から地球の質量が分かりますから、これに...続きを読む

Qなぜ地球の内部は熱いのですか?

当たり前のように思ってますが、地球の内部には

マグマがあって地熱で温泉などなにもしてないのに

エネルギーが溢れてますけど、なぜ熱があるんでしょうか?

また、これは無限なのでしょうか?もし有限でしたらあと何年ぐらい
なのでしょうか?

他の惑星も内部は熱いのでしょうか?

Aベストアンサー

地球クラスの天体では、中心部の流動性が高い部分は、重力によって外側から圧縮されます。

物質は、圧縮すると熱を持ちます。と言うか、熱を放出します。

物体を圧縮、つまり、分子同士をある距離まで近づけると、分子が振動します。この振動が「熱」の正体です。

2つの物体を接触させて激しく擦り合わせると、接触面で分子同士が「ある距離まで近づく」ので、分子が振動し、熱が発生します。これが「摩擦熱」です。

>また、これは無限なのでしょうか?もし有限でしたらあと何年ぐらい
なのでしょうか?

有限です。最初は全体が高温で溶けていても、だんだんと外側から冷えて固まって来ます。

冷えて固まってしまった部分がある程度まで厚くなると、お互いを支え合い、下、つまり、中心部に向かって落ちなくなります。

すると、冷えて固まってしまった部分は中心部を圧縮しなくなりますから、中心部が発する熱が減っていきます。

中心部が発する熱が減っていけば、外側の冷えて固まった部分がどんどん厚くなっていきます。そして、最後には、中心部も冷えて固まってしまいます。

地球の場合は、全部が冷えて固まる前に、巨星化した太陽に飲み込まれるのが先でしょう。

>他の惑星も内部は熱いのでしょうか?

ある程度の大きさがあれば「中心部が重力で圧縮されて熱を持つ」ので、惑星が出来た時は熱い筈です。

地球のようにある程度の大きさがあって、太陽にある程度近いなら、なかなか中心部まで固まりません。しかし、小さい場合は太陽に近くてもすぐに中心部まで冷えてしまいますし、ある程度大きくても太陽から遠い場合、既に中心部まで冷えて固まっているかも知れません。

地球クラスの天体では、中心部の流動性が高い部分は、重力によって外側から圧縮されます。

物質は、圧縮すると熱を持ちます。と言うか、熱を放出します。

物体を圧縮、つまり、分子同士をある距離まで近づけると、分子が振動します。この振動が「熱」の正体です。

2つの物体を接触させて激しく擦り合わせると、接触面で分子同士が「ある距離まで近づく」ので、分子が振動し、熱が発生します。これが「摩擦熱」です。

>また、これは無限なのでしょうか?もし有限でしたらあと何年ぐらい
なのでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報