外務員一種の勉強をしているのですが、先物取引の分野が全く分かりません。

オプション取引はコールとプットそれぞれの権利にプレミアを付けて売買しているということで
何となしに理解しているのですが、先物はまず概念からして理解できていません。

特に反対売買云々の件が1行も分かりません。
買方は転売により先物契約を解消するとのことですが、
民事上の契約を単に消滅させるだけなら金銭の移動は発生しないですよね?
現物が移転していないことは勿論、オプションの様に
何らかの独立した権利が発生しているわけでもない様ですし、
転売とはどこの何を誰に売っているのですか?
そもそも金銭の移転はいつ発生するのでしょう?
売方の買い戻しは更に意味不明です。
売建てから入るとはどういうことでしょう?
現物も権利もないものをどこの誰に、そもそも何を売っているのですか?
その上買戻しと言われても最早見当も付かないです。

結局、先物の説明は先物の起源の話
(大坂商人が来年収穫される米の値段を先に決めて、現物価格が上がったので利益を得た)
以外何も分かりませんでした。
どこかに分かり易い解説は無いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先物っていっても、わからない人に文章で説明するのは難しいいです。


下のURLは商品先物の説明が載っているものですが、基本はわかると思いますのでもしよかったら見てください。
あともう少し専門的なことは、証券会社のホームページを探してみてみれば、一応一般の方向けのものなのでわかりやすいのではないかと思います。

参考URL:http://www.comtex.co.jp/www/?module=Default&acti …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報