お稲荷様は、よく狐と思われがちですよね
でも実際は狐ではない、と。
 そして、アヌビス神も犬やジャッカルとも言われますが
本当のところはなんの動物か分かっていないようです。

 ここからが本題でして;
お稲荷様の大元を調べていくと、アヌビス神にたどり着きました。
 これはお稲荷様=アヌビス神 と思ってもいいのでしょうか?

そして、お稲荷様とアヌビス神 どちらとも
狐とは全くの無縁なのでしょうか?
 
ただ本性が分からない いろんな動物説がある 
という共通点なのですが、どうしても気になってしまいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これですよね



http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA …



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E8%8D%B7% …
これを見ると「白い狐」が神の使いとされたようで、白い鳩も神の使い、白い蛇も神の使い とか、アリビノは大変珍しいので、超越した力が宿っているに違いないということにされたのではないかと。

稲荷は漢字のとおり 稲がたわわに実ることを祈願したものだと思います。
それで狐が秋のたわわに実った稲穂のような色なので、信仰されたのだと思えるのですが、時代とともに付加価値がつけられて、概念が地域によっては変化し、その中の力がある勢力が自分たちのつけた価値観を全体の価値観にしていったんじゃないかと。


稲荷神社は秦氏系の守り神でもあり、秦氏はヘブライ人という説もある。
ヘブライ人はエジプトのアテン教団だと考えたら、力技で稲荷神社がエジプトの信仰とリンクできる。

稲荷をINRI として イエスの罪状と同じだとして、稲荷信仰はイエス信仰で、古代にイエス信仰が日本に持ち込まれたと考えた人もいる。

民間信仰なので、自分の心情に合うように概念を変化させるのも自由。
例えばキリスト教だって、2000年前は今とは比べ物にならないくらいたくさんの解釈があり、たくさんの派閥があったそうです。

自分たちの解釈が正しいとバトルしあっていたそうです。
その中のひとつが4世紀に自分たちの考えと合致する古文書の文章をピックアップして編集したんです。
できたのが 新約聖書。
本にして「これが教科書」ってしたので、いわば国語字典ができたように、いっせいにそれを柱として考えるようになり、それ以外の派閥は退けられる形になった。

正しかったから残ったのではない。
力技で「これが正解」ってしたので、正解ってことになっただけ。




お稲荷さんは届出を出さず、自分の家に庭に神社を建てたり、狐の銅像だけ居間に飾ったり、玄関に飾ったり、庭に飾って拝んでもいい。

どこも規定を設けることはしなかったので、個人がそれぞれ付加価値がつけられる。

稲荷神社や伏見神社が個人の自宅にいって「それはうちの考えとは違いますから、変えてください。さもなくば狐の銅像を飾らないでください」とは取り締まりませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

秦氏がヘブライ人説は初めて聞きました。もしその説が少しでも有力なものであれば、本当にお稲荷様とエジプト神の繋がりは有得そうですね。

人の信仰もかなり多いものですね;
色々と混ざり合って今の宗教があるならば、どこかで繋がっていてもおかしくはないのかもしれません
 
確かに、お稲荷様の信仰の仕方だけでも様々でした
考えを一つに絞りすぎたようです 助かりました。

お礼日時:2011/04/30 01:33

>これはお稲荷様=アヌビス神 と思ってもいいのでしょうか?



信じる者は、救われる。
宗教観は、個人毎に変わります。

>お稲荷様とアヌビス神 どちらとも狐とは全くの無縁なのでしょうか?

信じる者は、救われる。
宗教観は、個人毎に変わります。

ただ・・・。
動物(狐・蛇・猿・鳥・ワニ・猫・犬など)は、多くの古代宗教で「神又は神の使い」となっています。
単純に、狐が神として祀られていても民族・地域によって内容が異なります。
日本の狐が、それら他国の狐と同じ様に祀られている事はありません。
狐にしても、農耕民族にとっては「豊作の神」です。
狐にしても、商人にとっては「商売の神」です。
狐にしても、占星術にとっては「未来を司る神」です。
伏見稲荷等は神道ですが、最上稲荷等は仏教で祀られています。
酷い現実としては「狐憑き」と差別を受ける人達も存在します。
この思想を、このまま他民族に充てる事は意味がありませんよね。

>ただ本性が分からない いろんな動物説があるという共通点なのですが、

その通りです。
動物を神とする思想・自然を神とする思想は、根っ子が全く別物です。
決して、系統化する事は出来ません。
国内でも、京都伏見稲荷と最上稲荷は別物ですし、陰陽道の稲荷神も別物です。
四谷怪談で有名な、田宮稲荷神も別物です。

>どうしても気になってしまいます。

無理に系統化しなくても、個々の狐神を理解するだけで良いですよ。
信教の自由を否定(宗教を否定する)中国・旧ソ連・北朝鮮など独裁国家では、宗教も政府が統制する必要性から系統化する必要がありますがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

信じる者は、救われる。 心強い言葉です

お寺や神社にでも稲荷様の見方(?)が違うのですね。
ふむ、すごいです^^;

なんだか、自分の価値観を少しでも信用しても良いような気持ちになりました
自分の信じるものを、もっと信じてみようと思います

お礼日時:2011/04/30 01:38

お稲荷様は狐ではありません。


お稲荷様を狐だと思っている人もいるようですが、
狐はお稲荷様のお使わし、眷属です。
ひらたくいえば、狐はお稲荷様の子分です。
猟師にとって猟犬が最良のパートナーだとしても、猟師は犬ではありません。
こう言う関係はお稲荷様に限ったものではなく、
たとえば八幡様のお使わしは鳩です。
お稲荷様の眷属である狐は本当は狐ではなく狼や山犬だという説は聞いた事はありますが、それはお稲荷様自体が狼とかという説ではないとおもいます。

稲荷様=アヌビス神とする根拠を示されていないのでなんともいえませんが、
動物神は世界中にありますし、お稲荷様は動物神ではありませんので、
個人的には、アヌビス神とお稲荷様を短絡的に結びつけるのは否定的ではあります。

稲荷信仰は渡来人が持ち込んだとする説が有力ではありますので、アヌビス神との関連は間接的にも絶対にないとはいいきれません。
頑張って立証してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

そうですね、自分は無理やりにでも直接的に関係を探ろうとしていたようです。
 渡来人持込説を教えていただいてありがとうございます 自力に間接的にでも関係を見つけられるようがんばってみます

お礼日時:2011/04/30 01:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「神」という苗字の由来

こんにちは。
友人に「神(じん)」という苗字がいます。
出身が青森で、その地域に多いようなのですが、
神様の「かみ」と書くので昔ではそう簡単に付けられる苗字ではないと思うのですが、どなたか由来をご存知の方いらっしゃらないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「神」という苗字は全国で一万六千人前後が名乗っているとかで意外に多いのですが、仰るように現在では青森県津軽地方に最も多く広まっています。
建御名方命(諏訪大社の祭神)を祖とし出雲大社の神官の流れとも言われますが、よく知られるところでは長野にある諏訪大社の大祝の一族が「神」を名乗っていたとされています。
「神」が付く苗字は「神保」「神山」「神崎」「神戸」「神田」など結構沢山ありますが、例えば「神田」「神戸」であれば神領に因んだだけかもしれませんが、「神」と名乗っている家は元をただせば神官の流れを汲む家系である可能性も高いかと思われます。

Q園芸の神様

日本には八百万の神様がいるといわれています。
その中には農耕の神、田の神など農業にまつわる神様はいますが、
園芸、いわゆるガーデニングの神様は日本にいないのでしょうか。

どなたかご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

確かに日本には八百万の神がいると考えられてきた訳ですが、それでも何の分野にでも担当の神様がいるというものでもありません。
何しろ神様達より新しく生まれたものが溢れている世の中ですからね。
しかし人々の生活スタイルなどの変化に伴ってその管轄を広げていく神様もいます。
もっともこれは神様の都合ではなく、人間の都合で一方的に解釈が広げられ当初存在しなかったようなものにも当てはめられていくという図式ですね。
例えばお公家さん達が「蹴鞠」の上達を願って拝んでいた神様を現代のサッカー関係者達が拝んでいたりします。
「○○にご利益があるということは○○にもと考えて良いのでは」という具合に広がっていくという寸法です。
挙げた例は随分ストレートですが、中には何故それらが結びつくのか説明を受けないとわからないようなものやこじつけとしか思えないようなものもあります。
そのようにして昔は無かったようなものにでも「○○の神様」というものがいるようなことがある訳ですが、だからと言って何にでもそのようなことが起こる訳ではありません。
例えば「商売」の神様であれば何の商売でもご利益があるという風にも捉えられますから、特にそれ以上細分化しないようなこともあったりする訳なのです(例え話なので非常に大雑把ですが)。
結局は人々がどのようなご利益を求めてきたかということに尽きてしまいますね。
そこで「園芸」ということを考えてみた場合その分野に専門の神様がいるようなことは聞いたことがありませんが、「植物の生育を司る神様」ならイソタケル(五十猛)とその妹達などがその代表格でしょう。
記紀神話によればイソタケルは天降る父スサノオに同行する際樹木などの種を沢山持ってきましたが、それを最初に訪れた新羅には植えずに日本に着いてから植えたとされます。
更に妹のオオヤツヒメ・ツマツヒメらと共に国中に木を植えてまわり(詳細は伝えるものによって多少差異がありますが)そのことによって日本はこのように緑豊かな土地となったと伝わっているのです。
実際イソタケルや妹達は林業従事者などには厚い崇敬を受けてきました。
また父神であるスサノオ自体も抜いた体毛などから沢山の植物が生じたと伝えられている為、一緒に信仰の対象となっていることもあります。
「園芸」の歴史にはあまり知識がないので細かいことはわかりませんが、「植物の生育」にスポットを当てた場合信仰対象とするに相応しい神様と言えるのではないでしょうか。

こんにちは。

確かに日本には八百万の神がいると考えられてきた訳ですが、それでも何の分野にでも担当の神様がいるというものでもありません。
何しろ神様達より新しく生まれたものが溢れている世の中ですからね。
しかし人々の生活スタイルなどの変化に伴ってその管轄を広げていく神様もいます。
もっともこれは神様の都合ではなく、人間の都合で一方的に解釈が広げられ当初存在しなかったようなものにも当てはめられていくという図式ですね。
例えばお公家さん達が「蹴鞠」の上達を願って拝んでいた神様...続きを読む

Q苗字って必要?

■「夫婦別姓の禁止」は合憲と最高裁判断 女性裁判官3人は違憲
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151216-00000375-fnn-soci

こんなにどっちで悩むなら、天皇家を見習って、苗字禁止がいいんじゃないの?

もしくは、みんな生まれた子供は統一苗字の神倭(かむやまと)。
これで良いのでは?
どうせ社会で面倒見させるのでしょう?

マイナンバーで管理してるし、みんなハンドルネームで良いのでは?

Aベストアンサー

No.7です。

>高橋、佐藤が結婚したら
高橋佐藤○○みたいな。
ミドルネームに母方、、、

なるほど、、。

それは、面白い!!

私は、海外の姓のことはよく知らないのですが、

この○○さんが、女の子を産んその女の子が鈴木さんと結婚したら

この女の赤ちゃん、アイ子ちゃんは、

高橋佐藤鈴木アイ子、、になるのですかね?

そして、このアイ子ちゃんが、結婚式して、女の子マサ子ちゃんを

産んで、このマサ子ちゃんが山田さんと結婚したら

高橋佐藤鈴木山田マサ子になるのですかね???

そんなややこしいことになるのなら、

それだったら、今のまま、夫の姓、あるいは妻側の姓 一本に

しておいたままでもいいのでは?

それに、日本は、キリスト教はそんなに浸透してませんから

ミドルネームというキリスト教の名前も馴染まないような、、、。

今のままでも、何の不都合も無いように思えますが?

女性が、今まで育ってきた姓を、結婚によって捨てたくない、、

ということであれば、婚約者の男性が妻の姓になれば

いいだけのことですから。

家族で、バラバラの姓は「家族」という一体感を失い兼ねません。

それでなくても、既にもう、親と子と結婚したら、バラバラに

なってきているのですから、、。

私も、結婚したら、親元から独立しましょう、、、という

考えを持ってますが、名前までバラバラにするのは

どうなんでしょうね、、、、。

家族間で、名前までバラバラにしてしまったら、

右手も、左手も、右足も、左足も、、

ちっともまとまらないで、皆が、それぞれにやりたい方にやって、

行きたい方に行って、家族でまとまりがなくなってしまうのでは?

日本国の一単位が家族ですからね、、、。

辺野古がいい例です。

推し進めたい派、反対派、見て見ないふりする派、、、と、バラバラ、、。

これが、家族までこのようになるのは、、、、ね。

日本国家をまとめて、外国と戦うためには、

国家の一単位である「家族」が、バラバラの名前では

まとまりがつかなくなり、それが国家の存亡にも繋がるような、、、

そんな気が私はしますが、、、。

No.7です。

>高橋、佐藤が結婚したら
高橋佐藤○○みたいな。
ミドルネームに母方、、、

なるほど、、。

それは、面白い!!

私は、海外の姓のことはよく知らないのですが、

この○○さんが、女の子を産んその女の子が鈴木さんと結婚したら

この女の赤ちゃん、アイ子ちゃんは、

高橋佐藤鈴木アイ子、、になるのですかね?

そして、このアイ子ちゃんが、結婚式して、女の子マサ子ちゃんを

産んで、このマサ子ちゃんが山田さんと結婚したら

高橋佐藤鈴木山田マサ子になるのですかね???

そんなやや...続きを読む

Q日本の神様

日本の神(神道や民俗信仰)の中で命の誕生をつかさどる神様は何でしょうか?
死の神はイザナミ、生の神はイザナギと思うのですが、イザナギ以外に生や誕生をつかさどる神がいるのかどうか知りたいです。

Aベストアンサー

産神(うぶがみ)さまでは?
http://www.tabiken.com/history/doc/B/B336C300.HTM

Q自分の苗字が存在していませんでした。 名前由来netというサイトで自分の苗字を入力したのですが調査中

自分の苗字が存在していませんでした。
名前由来netというサイトで自分の苗字を入力したのですが調査中としか出ませんでした。そのサイトは日本人の98パーセントの苗字を掲載しているサイトなのですが出ないのはおかしいですよね?そこまで珍しい苗字ではないと思いますが...
ちなみに自分の苗字は神咲と言います。

Aベストアンサー

日本人の名字は30万ほどあるといわれています。
98%でも16000以上ほどフォローできていません。

なまえさあちでの神咲さんの結果
https://name.sijisuru.com/Area/map/%E7%A5%9E%E5%92%B2
まあ人口1%以下の珍しい姓です。
神崎とかから変名した家柄なのでしょうね。

そこまで珍しい名前と感じないのは、芸名や源氏名に神の字がよく使われるから。実際は神の字のつく姓って少ないのです。
神咲の上位検索結果
神咲詩織(AV女優)
神咲 りおな(キャバ嬢)
神咲ありす(ダンサー)
神咲 英稔(美容師)
神咲めぐみ(漫画家)

Qロマンチックの神様を教えてください

神話にロマンチックの神様っているのでしょうか?

どんな神話でも宗教でも構いません。

ロマンチック(のような)の神様を教えてください!

Aベストアンサー

神様じゃあないけれど、神様からの使者

キューピット、あるいはエロス

愛をもたらすいたずらもの。

これはローマ神話かなあ。

Q苗字

私の苗字は、清野「きよの」と言います。私は自分のが嫌いです。苗字のせいで、仕事場の人にからかわれたり 、とばっちりの標的が、いつも自分です。「きよの」って言いにくいし、変だし、私は、佐藤とか、田中とか、鈴木とか、普通の苗字になりたかったです。 普通の苗字の人がうらやましいです。 結局、普通の苗字の人は、変な苗字の人を、苗字だけで、差別するんですか?

Aベストアンサー

> 普通の苗字の人は、変な苗字の人を、苗字だけで、差別するんですか?

 むしろ差別されていたのは『普通の苗字』の方じゃないですか。昔から『田中・鈴木は馬の糞』って(今じゃ馬の糞なんて見かけなくなりましたが)言われてました。

Q大日如来とはどんな神様なのですか?

大日如来とはどんな神様なのですか?

Aベストアンサー

大日如来は真言宗の最高の仏様です。
大日如来は全てのものを生み出す本源である宇宙、あるいは不生不滅である宇宙の真理を表します。
真言宗に阿字観という瞑想がありますが、阿字というのは大日如来のことです。
阿字観では大日如来(宇宙)と自分が一体となるように観想します。
そして阿字観を熱心に行うことで悟りが開け、自己の本性は不生不滅の宇宙であったと理解します。
仏教では諸法無我といって、私という存在を認めません。つまり宇宙から分離している個人としての私は幻想なのです。
自他を分別する心が私という幻想を生んでいたのです。

Q離婚した場合の子供の苗字について

タイトルどおりですが、離婚した場合の子供の苗字についてはどのように決まるのでしょうか?

普通に考えて、引取りをする親の苗字になると思うのですが、子供にとっては突然苗字が変わることになります。

母親が引き取って、苗字は父親苗字のままにすることはできますか?

Aベストアンサー

・普通に考えて、引取りをする親の苗字になると思うのですが、子供にとっては突然苗字が変わることになります。

いいえ、なにもしなければ、今のままです。
離婚は、親の問題で、子供の戸籍は変わらないからです。

・母親が引き取って、苗字は父親苗字のままにすることはできますか?

できます。というか、子供を、現在の戸籍から、母親と同じ戸籍に移すよう
届出しなければ、そうです。
親権養育権と戸籍は別問題です

Q天津神と国津神について

某掲示板への投稿と重複になってしまいますが、ご教授願いたいです。

神道において、もともと我々庶民が崇拝していた神々は、国津神であり、
それが、ヤマト政権において皇祖である天津神に支配・抑圧される対象になされたと聞きました。
ということは、我々庶民が参るべき神社は国津神が祭られている神社であって、天津神などは反旗を翻す対象ではあっても、
畏敬の念を払うべき対象ではないと考えたのですが、国津神はお怒りではないのでしょうか?

それと、神道に関する初歩的な質問で恐縮なのですが、
神道では、死者は家族の守り神になると聞きます。
守り神と言えば聞こえがいいですが、用は死後も霊を働かせているわけです。
仏教やキリスト教のように、死者は幸福に過ごせるという考えはないのでしょうか。
また、本人が家族を守ることを望んでいなくとも家族を守らねばならないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は神道には詳しくないので一般論ですけど、日本の場合「鎮魂」という概念があります。
政変などで恨みを呑んで死んでいった死者をそのままにしておくとこの世に悪霊として残り、恨んだ相手やその子孫に仇をなすという思想です。
そうならないためには、その霊魂を祭り、恨みを鎮めるということをしなければいけません。
国津神の王、大国主も葦原中国平定によれば、平和裏に天津神に国を譲ったことになっていますけど、実際には大和の勢力に国を奪われ、失意のうちに死んだということでしょう。
当然恨みは残りますから、その霊を鎮めるために出雲大社を建てて祭った。
そういうことではないかなと思います。
大和が日本を統一する過程で、各地の多くの部族を滅ぼして組み入れて行きます。
そうやって滅ぼされたり組み入れられた部族の神が国津神であり、我々庶民も既にそれに組み入れられてしまったのですから、どちらも同じことではないかと思います。


人気Q&Aランキング