現在、コラテックのshapewaveに乗っています。
タイヤが32cのものがついているのですが、すり減ってきたので
25cほどの細いものに交換を考えています。

しかし、少しお小遣いに余裕が出来たのでホイールもWH-R500なんかの
お手ごろなものに一緒に変えてしまおうか悩んでいます。

現在、ホイールはリムにalex dc19と書いてあるものが付いているのですが
これと比べて、WH-R500ですと交換して大きな変化はあるものでしょうか?
あるいはタイヤ交換だけでも十分?

見た目はWH-R500の方が格好良いと思っているので悩ましいところです。
とはいえ、その値段で他のものを買ったほうが?とも考えてしまいますし…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一般的に、5~6万円クラスのクロスバイクの標準装備のホイールが、WH-R500より軽い物がついている、ということは、まずありえません。


これが安いクラスのロードであれば、あまり変わらない、ということもあります。
だいたいクロスバイクの標準ホイールは、前後セットで2100~2500g程度あるかと思います。
(こればっかりは車種にもよりますし、重量が公表されているわけではないので、自分で秤に乗せて計測してみてもらうしかないです)

それに対してR500は、一番安いロードホイールながら重量は前後で1900g弱です。
なので、少なくとも200g程度、へたすれば500g程度の軽量化が期待できます。
さらにタイヤをたとえば23Cの高い物(200g前後)にして、チューブも軽い物にしたとすると、32Cのタイヤは軽いものでも350g程度、重いものは500gを超えるので、間を取って400gちょっとだとしても、タイヤとチューブで500g程度は軽くなります。
ホイールで500g軽くなっていたとすれば、あわせて1kgの軽量化です。
タイヤとホイールで1kg軽くなれば、もう別の乗り物ですよ。
しかもタイヤが細くなって抵抗も減るわけですし。
フレームで1kg軽くなるのとは雲泥の差です。
まあ、25Cタイヤであれば、そこまでは軽くなりませんが、それでも元の32Cとはかなり変わるでしょう。

クロスバイクにR500を入れるのは、決して損にはならないと思います。
たとえば、将来的に別のクロスバイクに乗り換えた場合、そのままホイール&タイヤを流用できます。
ロードに乗り換えてしまった場合でも、だいたい20万円クラスのロードでも、ついてるホイールはR500だったり、それと同等クラスのホイールしかついていません。
なので、スプロケやタイヤをそれぞれ別なものをつけておいて、平地用と山用とか、通勤用と遠乗り用、みたいに使い分けるスペアホイールにするのもアリだと思います。
なので、ホイール交換もいいんじゃないかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後まで、ホイールの交換悩みましたが、
今回はタイヤだけの交換になりました。
(お小遣いの余裕が実はありませんでした)

足元の重量の概念、わかりやすく解説していただいて
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/28 19:43

DC-19はETRTO622X16規格のリムですので、


別に23cをそのまま履いても差し支えはありません。
23÷16=1.4735倍あります。
=JIS規格で16mm規格リムが履けるタイヤサイズは
1.4倍から2.4倍までです。
=23c~38cが履けるリムです。
(あんまり太いタイヤはフレームに当たりますが…)

そのままで、とりあえずタイヤチューブを23cにするのが一番良いでしょう。
ホイールは既に回答にあるとおり大きな違いは在りません。
=特に軽快性という意味ではドングリの背比べ。

その分、タイヤ・チューブを良いものにすると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後まで、ホイールの交換悩みましたが、
今回はタイヤだけの交換になりました。
(お小遣いの余裕が実はありませんでした)

タイヤもそれほど良いものではありませんが、
軽快に走れるようになって満足です。

お礼日時:2011/04/28 19:52

エンド幅130なので25Cタイヤとなればロードバイク用はどれでも使えます。

ただおそらくホイールよりタイヤの差の方が大きく感じます。この自転車のホイールは頑丈ですけどあんまり軽くはないです。DC19はリム単体の商品名でそれにスポークとハブを組んで売られていましてR500のほうが確かに性能面でも良いんですが、差が分かる程では無かったです。別にだめな商品ではないですので全くお好みでどうぞ。まずはタイヤを替えて次にホイールという手もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後まで、ホイールの交換悩みましたが、
今回はタイヤだけの交換になりました。
(お小遣いの余裕が実はありませんでした)

タイヤは23cに変えたのですけれども、確かに
軽くてビックリです。当分はこれで乗りたいと思います。

お礼日時:2011/04/28 19:50

WH-R500に換装して、タイヤを細く軽いものにすれば、走りの軽さを体感できると思います。

一部で、酷評もあるWH-R500ですが、安くて、丈夫で、そこそこ回るホイールです。クロスバイクに取り付けるなら、あまり繊細なホイールは考え物ですし、R500なら、多少の段差や歩道の走行に、あまり気を遣うこともないでしょう。
シマノだから、取扱い店舗も多いし、メンテナンスも楽だと思います。
見た目で気に入っていて、お小遣いの範囲であれば、ホイールは、WH-R500で決めちゃって、タイヤで悩むほうが、楽しいでしょうね。
それ以上の走りを求めるなら、ロードの購入になっちゃうでしょうね。
ちなみに、私のEscapeもWH-R500+23Cの安タイヤに換装してます。10キロ程度の距離なら、ロードより気楽かつ快適に乗れますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後まで、ホイールの交換悩みましたが、
今回はタイヤだけの交換になりました。
(お小遣いの余裕が実はありませんでした)

ロードは欲しいなとも思うのですが、
普段の足として使っていて頻繁に長時間停めたりするので
高価なバイクは躊躇しています。

お礼日時:2011/04/28 19:49

基本的にタイヤを細くすれば転がり抵抗が減るので早く走れます


そのかわり安定感は損なわれます
32→25に変えるだけでも乗り味は劇的に変化します。


クロスにロード用のホイールを・・・と考えるときに、まず注意すべき事はリア・エンド幅です
クロスバイクはリアエンドが135mmである事が多いです(MTB用ハブを使ったホイールがセットされている)

ロード用ホイールは130mmですから合いません
スペーサーを入れて調整する人も居ますがお勧めしません。

使えると仮定して
ロード用ホイールだと23cタイヤを選ぶ事になるでしょう
そうなると現在の32cタイヤとは別世界の乗り味となります
氷の上を滑るような・・・(直ぐ慣れちゃってその感覚もなくなりますが)

WH-R500ですが 剛性が低く捻れやすいです
前後で1万円という安さは魅力ですが、性能面で言うとそれなりでしか有りません

1万円くらいでマシな物を買おうと思ったら中古ショップやオークションなどで
フルクラム RACING 5中古とかマビック Aksium Race中古などを1万くらいで買う方がお勧めです
シマノだったらWH-RS10中古が1万円くらいで売ってます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最後まで、ホイールの交換悩みましたが、
今回はタイヤだけの交換になりました。
(お小遣いの余裕が実はありませんでした)

私の乗っている自転車は130mmなので
ロードのホイールは履けます。

いづれロードに乗るなり、今のをステップアップするなりのときに
教えていただいたホイールも参考にしたいと思います。

お礼日時:2011/04/28 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QクロスバイクのBB ホローテックIIにできる?

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたいですが、たとえば幅が同じ68mmの「SM-BB4600」とか「SM-BB51」とかはCross3に物理的に取り付け可能でしょうか?
エンド幅135mmのクロスバイクの改造を考えている友人がもう一人おり、純粋に着く着かないは二人して非常に興味を持っています。
はっきりすると嬉しいのは大体、以下の点です。

・「SM-BB4600」「SM-BB51」等のBBは普通に取り付け可能か
・着けれる場合、クランクはDeore M590みたいなので構わないか
・チェーンラインだとかCross3が7sであることに問題はでないか

別に7速で困ってないのでクランクセットの換装だけで安く済むならそれがベストですが、パーツ交換の兼ね合いで8s化以上が不可避なら、対応のホイールに関しては知人の中古パーツで都合つけて、コンポ周りは買い揃えても良いと考えています。
これだと海外通販とか使うと2万くらいで収まるので。

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたい...続きを読む

Aベストアンサー

ホローテック2のMTB用クランクには、必ずBBがオマケに付いてきます。
なので、クランクを買うだけで大丈夫です。
もちろん、スクエアBBのシステムと完全に互換性がありますので、取り付け可能です。
チェーンラインは何も問題ありません。
7sのスプロケットと、ホローテック2のクランクの互換性は保証されてませんが、実際には一切の問題がありません。
が、7sのボスフリーのシステムは構造的に耐久性が乏しいので、せっかくクランクを交換して長く乗ろうと考えてるのなら、8sか9sのシステムに交換が望ましいです。

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Qハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤専用の為、
取り敢えずメカ的には、ドノーマルのまま乗る事にしました。
ですがメカ的以外にアクセサリーなどで、R3をカッコ良くしたいんです。
今付けているアクセサリーは、LEDライト・サイコン・ボトルグリップ
携帯ポンプ・着脱式ワイヤーロック・サドルバック・テールライト
バックミラー(SPYミラー)・フロントバック・バルブキャップ等です。
今回バーエンドを購入しました。取り付けてみると何だかハンドルの幅が、
広く感じて不細工に見えるんです。実際には、取り付けの為、グリップ・
シフト・ブレーキレバーを内側に移動したので、従来よりは通常運転時の
グリップの位置は約4センチ内側になり実質的には有効幅が、狭くなってます。
ちなみにR3のハンドル長はノーマルで、54センチなので、未だカットは、
してませんんのでエンドバーからエンドバーまでの幅が54センチ、
グリップからグリップまでの幅が50センチです。ネットで、ハンドルバー
カットのレビューを色々検索しましたが、50・52・54センチと色々で、
中にはドロハンの長さ位まで、大丈夫と言うような極端な意見も有ります。
良く言われる肩幅プラス〇センチと言う数値はどうもピンと来ません。
通勤専用ですので、実際の運転は、グリップを握っての運転が主体ですが、
途中に3ヶ所あるアップダウンだけはエンドバーを握っての運転です。
安全を重視すれば見た目を考えずに今のままで良いと、重々承知してます。 
非常に答えにくい質問だと思いますが、安全とカッコ良さを考えた場合
何センチが適正だと思われますか?出来れば私は何センチにして、
成功だった、失敗だったと言う経験談がお聞きしたいです。
ちなみに私の身長は168センチ体型はガッチリタイプです。

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤...続きを読む

Aベストアンサー

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グリップ部の適正幅は肩幅+10cmになりますから10cm以上の違いになります。ですから一概にどの幅が適正ですとは言えません。例えばドロップに乗り慣れている人は上ハンドルでは30cm程度のハンドル幅で使用しています。ですからバーエンドを肩幅近くに合わせようとします。方やグリップが中心でバーエンドは風が強いときやスピードを出す場合のみに使用するならばずっと幅が広くなります。

ご質問者さんよりも少し体格が上ですが、R3を街乗り用に使用していますが、グリップエンドからグリップエンドまでが52cm強にカットしてあります。子供がバーエンドを付けるかも知れないといった親心で少し長めにカットしたのですがいらないと言われまして両側1cm程度私には長くシフト部を持って乗っています。ご質問者さんの場合にも現在の長さでグリップ部の違和感なくどこまで内側を持てるかでカット幅を決めたら如何かと思います。

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グ...続きを読む

Qクロスバイク(R-135mm)で使える完組ホイールはありますか

リアのエンド幅が135ミリのクロスバイクに乗っています。
現在はアラヤのAR-01を使っているのですが、交換しようと思っていますが、自分でスポークを買って組むところまで技術がないので、完組ホイールから探そうと思っています。
主に通勤と休日の50~150キロほどのサイクリングに使用しています。
どうぞ、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

クロス用の種類の少ない中から探さなくても、群馬は前橋のタキザワならリム、ハブ、スポークを同時に購入すれば組み立て無料でホイール作成してくれます。しかも通販なら1万円以上の購入で送料無料、ホイール前後ならほぼ1万円超ですので適応になるかと。カタログ無料ですのでアクセスしてカタログ請求してみては?

スポーツサイクル タキザワ:http://www.takizawa-web.com/

因みに最新(’09)カタログでは最安の組み合わせとして

・(F)  ハブ・・・・・デオーレ(リムブレーキ用)/1320円
      リム・・・・・KINLIN XR-240/2800円
      スポーク・・・星 #14or#15ストレート/45円x32本
________________________________
                        計  5560円

・(R)  ハブ・・・・・デオーレ(リムブレーキ用)/2760円
      リム・・・・・KINLIN XR-240/2800円
      スポーク・・・星 #14or#15ストレート/45円x32本
________________________________
                        計  7000円
________________________________
                       合計 12560円

前後ともリムテープサービスです。他にも色々選べますのでお好みで。

クロス用の種類の少ない中から探さなくても、群馬は前橋のタキザワならリム、ハブ、スポークを同時に購入すれば組み立て無料でホイール作成してくれます。しかも通販なら1万円以上の購入で送料無料、ホイール前後ならほぼ1万円超ですので適応になるかと。カタログ無料ですのでアクセスしてカタログ請求してみては?

スポーツサイクル タキザワ:http://www.takizawa-web.com/

因みに最新(’09)カタログでは最安の組み合わせとして

・(F)  ハブ・・・・・デオーレ(リムブレーキ用)/1320...続きを読む

Qリアエンド幅135のフレームにロード用ホイールは装着可能か?

先日、私のフラットバーロードのホイールを買い換えました。
で、それまで使っていたノーマルホイールを、会社の同僚がもし自分の自転車に使えるなら譲って欲しい、と言ってきました。
その同僚はクロスバイクに乗っていますが、そのクロスバイクは、リアエンド幅135mm(MTBと同じエンド幅)なんですね。
エンド幅130mmのロードのフレームに135mmのホイールを入れるのは無理があるのはわかりますが、逆に幅が広いフレームに狭いホイールを入れる分には、ハブの左右に厚さ2~2.5mmのワッシャーなどのスペーサーをかませば取り付け可能なんじゃないか、と思うのですが。
(ていうか、絶対に試した人っていると思うんですよ、これって)
ホイール脱着の度にワッシャーがちゃんとした場所に入っているか確認が必要になる、などの多少の欠点はあると思いますが、現実問題として、スペーサーかましてロード用ホイールを装着して、通勤等の日常使用に何か支障は出るのでしょうか。
やってみたけど問題があった、もしくは、やってみたがごく普通に使えるなど、経験談も大歓迎です。
よろしくお願いします。

先日、私のフラットバーロードのホイールを買い換えました。
で、それまで使っていたノーマルホイールを、会社の同僚がもし自分の自転車に使えるなら譲って欲しい、と言ってきました。
その同僚はクロスバイクに乗っていますが、そのクロスバイクは、リアエンド幅135mm(MTBと同じエンド幅)なんですね。
エンド幅130mmのロードのフレームに135mmのホイールを入れるのは無理があるのはわかりますが、逆に幅が広いフレームに狭いホイールを入れる分には、ハブの左右に厚さ2~2.5mmのワッシャーなどのスペーサー...続きを読む

Aベストアンサー

やってます。
フレームはアルミでして、実際にフレームのエンド幅は135mmきっかりでした。
5mmたわめると、結構力が必要です。

クロモリなんかのフレームならばあまり問題ないんですが、アルミの場合は
クラックが入りやすくなるかもしれませんので、
私はハブ軸の組み替えをしました。
シマノのハブでしたので、MTB用ハブ軸(シマノのスモールパーツばら売りで500円くらい)と
バイク用品店で5mmのアルミスペーサーを購入。

ロード用ホイール(WH-R500)のハブ軸をばらし、軸だけ組み替えて、
反フリー側に5mmのスペーサーをかまして組み付け。
その状態で、ハブ軸中心とリム中心が2.5mmずれますので、振れ取り台で修正。
(完組ホイールでしたが、リム引っ越しの要領で少しずつやれば問題なし)
いまのところ400kmくらい走りましたが、何の問題も出てないです。

ちなみに2.5mmずつスペーサーを入れると、チェーンライン(スプロケの幅の中央線)が内側に来てしまうので、
ディレイラーの調整が必須になります。(ディレイラーはフレームについてる為)
私はすぐに元のホイールに戻せるようにしたかったので、前述のようにしました。

参考にしたサイト↓
http://blogs.yahoo.co.jp/tecchisasari/33744703.html


軸が組み替えられないハブの場合は、無理矢理フレームをたわませてつけるしかないでしょうかねぇ・・・?
ただしその場合、ディレイラーの調整はあまり必要ないです。
(厳密には角度もチェーンラインも変わるので、ギヤ鳴りをおこすかも??可能性は低いですが)


軸をばらさずにスペーサーをハブとフレームの間に挟むだけだとちょっと怖いかも。
軸の飛び出し部分(フレームに引っかかる部分)が、私の実測で5mmくらいでした。
その5mmと側面の摩擦力でダンシングの全体重を支えるので、それがあまり少なくなると・・・?
スペーサーをフレームとの隙間に入れると、摩擦力も極端に小さくなりますし。
(ハブ軸の、フレームエンドと接触するところはギザギザの滑り止めがついていますよね。 あれがスペーサーで全く効かなくなります)

やってます。
フレームはアルミでして、実際にフレームのエンド幅は135mmきっかりでした。
5mmたわめると、結構力が必要です。

クロモリなんかのフレームならばあまり問題ないんですが、アルミの場合は
クラックが入りやすくなるかもしれませんので、
私はハブ軸の組み替えをしました。
シマノのハブでしたので、MTB用ハブ軸(シマノのスモールパーツばら売りで500円くらい)と
バイク用品店で5mmのアルミスペーサーを購入。

ロード用ホイール(WH-R500)のハブ軸をばらし、軸だけ組み替えて、
反フ...続きを読む

Qクロスバイク ホイール交換について

クロスバイクのホイール。
700Cというサイズ同士であれば、どのメーカーでもどの車種でも使用可能なのでしょうか?
私のクロスバイクのホイール(リム?)は、細いタイヤが取り付けできないので、細いのを取り付けられるものに交換しようかと思うのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

ジャイアント・クロスに、ロード用ホイールを取り付けることは、物理的には可能です。
確かにクロスはエンド幅135ですが、そこにロード用130を入れるとどうなるのか。
ようするに、ハブの幅が5mm足りないわけですよね。
なので、そのままだと、遊びが発生します。
これを回避する方法は2つ。
まずひとつは、クイックリリースで、その5mmをおもいっきり締め込んでつけてしまう、というもの。
やってみると、けっこうできちゃうんです、これ。
事実、5mmの幅の違いを知らず、クロスバイクにロード用ホイールを入れた会社の同僚は、「あ、そうだったの? 知らないでクイックでそのまま締めてた」と言ってました。
ただ、この方法は、あまりおすすめできません。
まず、左右2.5mmづつとはいえ、チェーンステー、シートステーを強引に内側に歪ませているわけです。
それだけ余計な金属疲労がたまります。
特に弾力の低いアルミだとなおさらです。
カーボンだと、へたすると割れます。
また、チェーンステーが左右均等にしなるとは限りません。
右が1.5mm、左が3.5mm曲がるかもしれません。
そうなれば、当然チェーンラインも狂ってきます。
また、わずかながらチェーンステーの角度も変わるということは、そこに取り付けたディレーラーの角度も変わります。
つまり、リアスプロケとキッチリ並行にならず、なおかつ調整位置も若干ずれます。
そのため、ワイヤーの微妙な再調整が必要で、なおかつ、それでも変速がスパッと決まらず、気持ちチャリチャリと干渉音が出たりすることもあります。

なわけで、135mmOLDのクロスバイクに130mmホイールをつける場合、左右にスペーサーをかませることをおすすめします。
クイックリリースを一度外して、ハブの左右に2mmづつスペーサーを入れます。
ワッシャーなどが使いやすいでしょう。
タイヤ交換やパンク修理、整備などの目的でリアホイールを外した場合、スペーサーがちゃんとハブとフレームの間に入るように注意したりという手間はありますが、クイックで強引に締めるよりは、はるかに現実的で、なおかつ弊害が少ない方法です。
まあ、もちろん、厳密に言えば弊害が皆無ではないんでしょうが、事実上問題ないです。
(シマノ・ネクサスの内装8段のリアハブなどは、130でも135でも使えるように、132mmなんてハンパなサイズを採用してたりするくらいですしね・・・)
実際、その同僚のクロスバイクは、ワッシャーかましの状態で、問題なく使えています。
ただ、ワッシャーは、あまり小さいものではなく、ある程度大きい物(できればハブのフレームと当たる面と同じくらいの直径の物)を使用したほうがいいでしょう。

さて、シマノWH-R500を入れたかったようですが、このR500に限らず、市販のロード用ホイールをクロスにつけるには、一つ問題があります。
それは、一般の「シマノ用」となっているロード用ホイールは、リアハブが「8~10段用」なことです。
(また、シマノ用とは別にカンパ用というのもありますが、これはカンパニョーロというメーカーの変速機用なので、シマノのスプロケは取り付けできません)
クロスはリア7段です。
7段のカセットスプロケは、8段用ハブに取り付けると、5mm弱余ってガチャガチャ遊んでしまいます。
(ちなみにクロスについてるスプロケはシマノではなくスラムですが、スラムのスプロケはシマノと互換性があるため、シマノ用のハブで入ります)
なので、これまたスペーサーが必要です。
http://www.cb-asahi.co.jp/item/01/00/item21503800001.html
ちゃんと、こういうのが出ています。
これを使用すれば、8~10段ハブに7段スプロケを取り付け可能です。
もしくは、いっそシフトレバーも8段用にしてしまって、8段スプロケも買ってくれば、リア8段にすることも可能です。
(さすがに9段にするには、ディレーラーやチェーンなども全て交換が必要なのでおすすめしません)
グリップシフトが好きということなので、スラムがシマノディレーラー用に出しているグリップシフトを使えば可能です。
http://www.giant-pa.jp/sram/items/shimano_mrx_comp_twister.html
7段用もあるので、7段のままでも今使ってるシフトレバーをやめて、これにすることも可能です。
(ただし、グリップシフトにする場合は、今ついているシフトレバーがブレーキレバー一体型なので、これを外すということは、ブレーキレバーも買わないとなりませんけどね)

さて、ここまでロード用ホイールの取り付けに話を振っておいてアレですが。
多分、今ついてるホイールに、28Cタイヤは取り付け可能ですよ。
一般にタイヤの幅は、リム内幅の1.4~2.4倍が推奨されます。
(ブレーキの当たる外側ではなく、タイヤをはめる内側の幅です)
で、28Cを入れるなら、20mm以下の内幅であればいいわけです。
はっきり言って、内幅が20mmを超えるリムって、あまり多くないです。
ママチャリ用でだいたい0.8インチ(20.3mm)が多く、クロスバイクやMTB用はほとんどが16~18mmくらいで、MTBでもダウンヒルなど、太いタイヤを入れる競技向けに23~25mmくらいの物が小数あるくらいです。
なので、かなり高い確率で、リム内幅は20mm以下だと思われます。
仮に20mmを超える、たとえばママチャリと同じ20.3mmだったとして、0.3mm程度であれば問題ありません。
もちろん、推奨範囲の1.4倍を割り込むので、あまり良くはありませんが、「じゃあ1.400倍は全く何も問題なくて、1.399倍は使い物にならないのか」と言えば、おそらく全く変わりません。
食べ物の賞味期限が、1秒でも超えたら腐って食べられなくなる、というわけではないのと同様、あくまでも目安です。
じゃ、どこまで越えても大丈夫か、というと、これまた賞味期限と同じで、カンと経験でしょうね。(笑)

しかし、今のホイールに28Cが入るとしても、R500などのロード用ホイールへの交換はメリットもあります。
それは、ホイールそのものが、今ついてるホイールより、大幅に軽いということです。
R500は市販ロード用ホイールでは一番安い、定番の「安物ロードホイール」です。
が、安物なんですが、そこは天下のシマノの製品ですからして、「安かろう悪かろう」じゃないのは日本の工業力の素晴らしいところです。
もちろん、ロード用ホイールとしての性能は最低限のレベルです。
が、4~5万円クラスのクロスバイクについているホイールは、このR500よりさらにコストかかってない安物ホイールがついています。
なので、R500より、はるかに重いです。
R500が前後セットで1900g弱ですが、一般的クロスバイクのホイールは前後で2200~2500g程度あります。
なので、R500に交換するだけで、ホイールだけで300~600g程度の軽量化が期待できます。
また、タイヤも38Cから28Cにした場合、つける銘柄にもよりますが、だいたい1本150g程度の軽量化は期待できます。
さらに、チューブも38C用の太いチューブを28C用のチューブにすると、数十グラム軽くできます。
軽量タイプのチューブなら、元のチューブから100gくらい軽くなります。
つまり、ホイール、タイヤ、チューブだけで、へたするとノーマルから約1kgの軽量化も可能、ということです。
これは大きいですよ。
フェンダーやスタンド外して車体を1kg軽くするより、ホイールとタイヤで1kgの軽量化は、数倍の効果があります。
おそらく、素人でも、走り始めて100mで違いがはっきりわかるくらいに軽くなりますよ。
圧倒的な加速の良さに驚くことでしょう。

そして、最後に、全てブチ壊しなことも言わせてもらうと。
「どんだけクロスをフルチューンしても、エスケープにはなれない」ということです。
あれこれ軽量化してタイヤも細くして、エスケープに近いとこまではいけるでしょう。
でも、エスケープも、さらにホイールを軽くしてタイヤを細くすれば、あっちはもっと速く出来ます。
さらに、基本的なフレームの設計が、クロスの方がのんびりサイクリング用です。
たとえ、クロスにロードバイクと同じ23Cタイヤを入れても、タイヤの性格とフレームの性格が合わず、チグハグな印章の自転車にしかなりません。
正直、ここでホイールとタイヤに1万も2万もかけるなら、いっそクロスは売り払って、エスケープに買い換えるという選択肢もアリだと思います。
クロスも、まだ今年モデルであれば、ネットオークション等に出せば1.5~2万程度では売れるかと思います。
さらに、ホイールとタイヤを買うつもりだった予算を合わせて、エスケープの中古でも探すというのもアリだと思いますよ。
エスケープも、中古ならネットオークションで2~3万で手に入ります。
とりあえず、タイヤやチェーン、ワイヤー類など新品に交換すればシャキッとするでしょう。
もしくは、そこまでやるなら、エスケープの新車でもいいかもしれません。
あくまでクロスにこだわらなくても、エスケープに買い換えるという手段もあるのをお忘れなく。

ジャイアント・クロスに、ロード用ホイールを取り付けることは、物理的には可能です。
確かにクロスはエンド幅135ですが、そこにロード用130を入れるとどうなるのか。
ようするに、ハブの幅が5mm足りないわけですよね。
なので、そのままだと、遊びが発生します。
これを回避する方法は2つ。
まずひとつは、クイックリリースで、その5mmをおもいっきり締め込んでつけてしまう、というもの。
やってみると、けっこうできちゃうんです、これ。
事実、5mmの幅の違いを知らず、クロスバイクにロード用ホイールを入れ...続きを読む

Qロードバイク推奨サイズより大きいサイズのポジション

こんにちは。
私の身長は163.8mm股下758mmです。
ロードバイク、GIANTのDEFY2、14年モデルに乗りたいのですが在庫がSサイズ(適正身長165-175cm)しかありません。しかし、私の推奨サイズはXSです。
どうにかして乗れないでしょうか。
試乗してみたところ腕が完全に、というほどではないですがやはり伸びてしまいました。
ステム(80mm)を短くしたりしてなんとかできないでしょうか。
買わないとステムやサドルの高さ、前後など調整はしてもらえないようなので。。
参考までに自転車のジオメトリーのURLを載せておきます。http://www.giant.co.jp/giant14/bike_datail.php?p_id=00000042#geometry

推奨モデルを買うのが一番なのはわかっているんですが、どうしてもこの自転車に乗りたくて、なんとかならないものかと思い質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私に近い身長ですね。確かに適正サイズはXSでしょう。

さて、結論から先に言えば、的確な対応をすれば、全く問題無く快適に乗れます。

時々、短いステムを装着すると操縦性がクイックになりすぎる、などと言う人がいますが、それは完全なデマです。私も、ある事情で60mm相当のステムとドロップハンドルを組み合わせた車両を持ってますが、一切の不具合は有りません。

それで、的確な対応とは、30度90mmくらいの深い角度の実質的ステム長の短い特殊な寸法のピスト用ステムか、MTB用ハイライズステムを逆付で交換する事です。
というのも、530mmの多少長めのトップチューブ長は大した問題ではありませんが、145mmというヘッドチューブ長が曲者で、乗り慣れてハンドルを低い位置にセットしたいと思えるようになった時、通常の6度のステムではハンドルが意図した高さまで下げられないからです。
恐らく、6度80mmのステムだと、ステム下のスペーサーを無しにして最大限ハンドルを下げたとしても、サドルとの落差は0だと思います。
慣れてくると、マイナス3~5cm程度が適当だと思いますので、急角度のステムを使用するしかなくなる訳です。
で、17度以上のステムは、いきなり選択肢が減りますし、見た目が多少不自然だと感じるかもしれませんので、それが些細なデメリットですが、これは捉え方次第でしょう。
可変ステムだとかなり安価に入手出来ますので、ポジションがそれなりに固まるまで、90mmくらいのサイズのモノを装着するのも良い方法です。
このジャイアントのDEFY2は、元々コンフォートモデルなので、ピッタリの適正サイズに拘るのも大した意味がありません。
気に入ってるのなら、買っちゃえばよろしいかと思います。
多少無理目の改造も、かえって愛着が湧くというものです。

私に近い身長ですね。確かに適正サイズはXSでしょう。

さて、結論から先に言えば、的確な対応をすれば、全く問題無く快適に乗れます。

時々、短いステムを装着すると操縦性がクイックになりすぎる、などと言う人がいますが、それは完全なデマです。私も、ある事情で60mm相当のステムとドロップハンドルを組み合わせた車両を持ってますが、一切の不具合は有りません。

それで、的確な対応とは、30度90mmくらいの深い角度の実質的ステム長の短い特殊な寸法のピスト用ステムか、MTB用ハイライズス...続きを読む

Qアートサイクルスタジオについて。

ただいま自転車選びに迷っている最中なのですが、クロモリフレームのものが細身で自分好みということがわかりましたのでネットで検索していたところアートサイクルスタジオというブランドのF500という機種がカラーの豊富さや外観で気に入ってしまいました。http://www.rakuten.co.jp/artcycle/669546/652938/
しかし、メーカーのサイトにはまだ詳しくない私にとってわからないパーツの名称が載っているだけでどのような自転車なのかわからないでいます。
これまでに基本的な事はだいたいわかるくらいにはなったつもりですが、パーツの名称だけでどのような性能なのか判明するレベルにまではいたっていませんので皆様のお力をお借りしたいと思っています。

そこで質問なのですが、この自転車は同じ価格帯(5万前後)のメーカーの自転車に比べどのような特徴を持っているのでしょうか。
また実際に所有されている方がいらっしゃいましたら使用感をお教え願います。

最後にリンク先のページに下の方にF500 NEW SORA+シマノWHR500アップチャージというオプションが記載されていますが、このパーツに変えるだけでどのくらいの機能の変化があるのでしょうか。
またとりあえずノーマルのまま購入してあとから別に購入してパーツを変更することも可能だとは思いますが、どちらを選択するべきか皆様のご意見を聞かせて下さい。

よろしくお願いします。

ただいま自転車選びに迷っている最中なのですが、クロモリフレームのものが細身で自分好みということがわかりましたのでネットで検索していたところアートサイクルスタジオというブランドのF500という機種がカラーの豊富さや外観で気に入ってしまいました。http://www.rakuten.co.jp/artcycle/669546/652938/
しかし、メーカーのサイトにはまだ詳しくない私にとってわからないパーツの名称が載っているだけでどのような自転車なのかわからないでいます。
これまでに基本的な事はだいたいわかるくらいにはなった...続きを読む

Aベストアンサー

基本スペックは、まあ値段相応です。
パーツメーカであるシマノのサイトでは、フラットハンドル自転車のパーツは3グレードに分けられています。そのなかで、どうやら一番下のグレードのようです。
(フロントディレーラをみて、そう判断しました)

だからといってダメダメではありません。
シマノ自体、自転車パーツのトップメーカーです。
レースでもしないかぎり、このグレードで充分です。

カタログに乗っていないグレードのパーツもあり、そういうのはママチャリなどに使われます。カタログに載っていると言うことは、充分な性能のある証です。

似たようなモデルとの比較ですが、他社(とくにネット通販)の場合はパーツがシマノ製ではない場合があります。フレームが中国製という点には目をつぶっても、できればパーツは国産がいいです。長年使っていればヘタって交換する部品もありますから、代替品が調達できない、ということは避けたいからです。

「F500 NEW SORA+シマノWHR500アップチャージ」について。
標準では後ろのギアが8段ですが、新型SORAという、入門クラスのグレード
http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/cycle/sic/jp/ja/2008newproducts/tiagra.html
にアップすると、9段のギアパーツを使うことができるようになります。
上級グレードには10段ギアが主流ですが、とても高いので、日常利用ではSORAの9段でも贅沢なくらいです。数年前の中級グレードのレベルと言ってもいいです。

また、WHR500というのは車輪(ホイール)の名称ですが、9段のギアを使うためには、9段に対応したホイール(ハブ)が必要になるので、必然的に標準のホイールと交換することになります。標準ホイールは8段に対応しています。

その差は、すぐに分かります。ギアが1段増えただけでも、加速中のストレスが少なくなります。
ホイールが軽量化されるので、トップスピードへの到達が早くなります。
自転車の性能は、各パーツが担っていますが、なかでも軽量ホイールだと、走行が安定し、疲れにくいです。

自転車はこのように、どこかを交換すると、それに連動してあっちも交換・・・ということが多いので、将来どのようなパーツ構成にするのかも考えておくとイイです、だいたいの予算も分かりますし。

「ノーマルのまま購入してあとから別に購入してパーツを変更する」についてですが、できないことは無いです。ただ、ワイヤー交換など微調整が必要な部分が多いので、できればノーマル状態でしばらく乗ってみて、メンテナンスを憶えてからアップグレードキットを購入する手もあります。その差を体感することもできますしね。

ただ、アップグレード込みの値段だと、7万円弱となりますが、例えばGIANTやルイガノ、TREKなどの製品との差が無くなってしまいそうです。
ただ、上述のメーカはクロモリが無いようなので、フレームに惚れ込むならご希望通りの製品がいいと思います。

私も(他人から見れば)安物自転車を買ったことがあります。これでメンテを憶えましたし、コツコツと改造して、結構自慢出来るような状態に仕上げました。今でも大活躍してくれています。

基本スペックは、まあ値段相応です。
パーツメーカであるシマノのサイトでは、フラットハンドル自転車のパーツは3グレードに分けられています。そのなかで、どうやら一番下のグレードのようです。
(フロントディレーラをみて、そう判断しました)

だからといってダメダメではありません。
シマノ自体、自転車パーツのトップメーカーです。
レースでもしないかぎり、このグレードで充分です。

カタログに乗っていないグレードのパーツもあり、そういうのはママチャリなどに使われます。カタログに載っ...続きを読む

Qクロスバイク→手が痛くて悩んでいます。

メタボ対策でクロスバイク(GIANT ESCAPE R1)に乗り始めて半年。51歳、週に1回70Km程度走ります。既製品なのでバイクに体を合わせなければならない事は覚悟していました。しかし、あまりにも掌に体重がかかるために、手が痛くて仕方ありません。そこでハンドルを上げて体重を他に分散させるべくステムブラケットを換えてみました。良くはなりましたがまだまだ厳しいです。ライディング中の掌のポジションはクロスバイクだと固定的でどうにもなりません。パッドが厚めのグローブも効果がありません。もはや楽しみが苦痛です。そこで質問です。

■何か解決方法がありますか?
■いっそ、ロードタイプのバイクに乗り換えてしまう→同じ?(見てると楽そう→甘い?)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

路面から伝わる振動で掌が痛いのであれば
グリップ交換による効果も期待できますが
体重が掛かりすぎるというのであれば
他の方が仰るように上半身を体幹で支える術を身につけないと
多少ハンドルを上げた程度ではなかなか解決しないのではと悩みます。

当座の対策として手っ取り速いのはハンドルをこの種に変えるというのがあるかも知れません。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/sanesu/beam/multibar.html
http://nagasaki.cool.ne.jp/malius/alpha.html
ブレーキやシフターはどうするの?は自転車屋さんとじっくり相談して下さい。

でも、根本的には上半身を体幹で支える乗り方を見につけないとダメかなと思います。
とりあえず暫くは正しいフォームを意識して
距離的にはあまり無理をせず体をつくっていくべきだと思います。
手が痛くなるのは通常、背中が反り腕が伸び切っているフォームになっています。
http://www.mujioutdoor.net/tech/activity/mtb/mtb_s2/mtb_s2_02/body.html#2
これを直すためには、ANo.4さんが仰っているように
へその裏側が後ろに引っ張られているように腰を丸め
へそより下に重心をぐっと下げます。
上手く出来るとペダルを踏む足と、サドルに乗せた尻だけで
バイクを保持できるようになります。
(その分、力は全てペダリングに回せるのでラクに漕げます。)
下半身だけでバイクを保持できるようになると
前傾姿勢のまま両手を離して漕ぎ進める筈です。
(プロが走ったままで着替えから食事まで全てやってしまうように。)
突然、手を離せと言われても出来ないでしょうし
下手すれば転んでしまいますが
両手放し気分で漕いでみるとフォームが見につきやすいかも知れません。
http://plaza.rakuten.co.jp/moontail/diary/200704070000/

さて、次なる問題として考えられそうなのは
正しい前傾姿勢が見についたとしても
今度は腹筋・背筋が痛くなっちゃう場合ですね。
腹筋・背筋を含む体幹は健康維持する上で最も重要な部分ですが
急激な運動で傷めちゃったら意味がありません。
要は基礎体力が問われてくると思うのですが
メタボ対策と仰っているところをみると
かなり「鈍って」ませんか・・・・?

無理すると結局、楽しみが苦痛になりかねません。
その場合は・・・
お金に余裕があればバイクのタイプを変えるのもアリかと思います。
http://www.tartaruga-ew.com/products_j_o_bike_S_text1.html
http://www.tartaruga-ew.com/products_j_o_f1.5_text1.html
ESCAPE Rはクロスバイクの中では結構、硬派な体育会系なんですよね。

路面から伝わる振動で掌が痛いのであれば
グリップ交換による効果も期待できますが
体重が掛かりすぎるというのであれば
他の方が仰るように上半身を体幹で支える術を身につけないと
多少ハンドルを上げた程度ではなかなか解決しないのではと悩みます。

当座の対策として手っ取り速いのはハンドルをこの種に変えるというのがあるかも知れません。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/sanesu/beam/multibar.html
http://nagasaki.cool.ne.jp/malius/alpha.html
ブレーキやシフターはどうするの?は...続きを読む

Q手組み用?ハブはなぜ32Hが多いのでしょう?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的のように思います。
(シマノの場合。 別のメーカーでは違うのかもしれませんが・・・)
リム単体も、32Hが多く販売されているように思います。

ところが、完組みは24H、20H、18Hなどが普通にありますよね。

スポークの空気抵抗だけを考えれば、本数はなるべく少ないほうがいいと思うのですが、
なぜ標準~低グレードのハブは32Hなのでしょう?

やはり手組みで20Hなどは技術的に熟練していないと難しいからなのでしょうか?
個人的に考えるに、
 ◎少スポークのメリット
  空気抵抗が小さく、重量が軽い
  横風の抵抗を受けにくい
  かっこいい(←個人的ですが)
 ◎32Hのメリット
  組みやすい(バランスが取りやすい)
  ショック吸収がいい
  強度がある
  バリエーションが多い(たくさん販売されている)
という感じなのですが、それ以外に32Hのメリットがあるのでしょうか?

自転車は空気抵抗との戦いですので、32Hだと少しもったいない気がします・・・
エアロスポークなら、そんなに気にならないものでしょうか?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的の...続きを読む

Aベストアンサー

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージがあるので売れるのではないか?スポークも若干ケチれるし」ということで、アップグレードホイールと称して売り出したそうです。
これは36Hに比べ、明らかに耐久性や剛性が劣っていましたが、一般の人が使うには十分な強度で、商業的には成功したそうです。
その後、28H, 24H, 20H, 16Hとスポーク数の少ないホイールがアップグレードホイールとして発売されました。しかしこれらは当時のプロメカニック達に好意的に受け入れられなかったそうです。その理由は
1)スポーク数を少なくするとリムを丈夫にしなければなりません。これはリムの重量が増えることを意味します。リムの重量が増えると運動性が悪くなります。この現象は同じ重さのおもりを背中に背負った場合と足首や靴に付けた場合で、同じ距離を同じ時間で歩いてみればすぐに分かります。後者の方が疲れを感じるはずです。
2)スポーク数が少なくなるとスポーク1本にかかる荷重が増え、異常に高いテンションを必要とします。またスポークが1本でも折れれば即、走れなくなります。
3)ハブからリムにトルクを伝えるためにはスポークをクロス組みする必要があります。36Hの場合、8本取り(4クロス)、6本取り(3クロス)、4本取り(2クロス)の3種類の組み方ができますが、32H, 28Hの場合、6本取り、4本取りの2種類になります。さらにスポーク数が少なくなると4本取りか2本取りのどちらか一方しかできなくなります。クロス数が少なくなると、ホイールのねじれ剛性が著しく下がり、加速の悪いホイールとなります。

このような流れで、レースイメージを持つ32Hがスポーツ系自転車に生き残り、それ以下のものは自然淘汰されたようです。ちなみに競輪は36H, 8本取りが標準だそうで、瞬発力でホイールがねじれるのを防ぐために理にかなっています。

完組の場合はホイールを総合的に専用設計できますので、少スポークでも十分な性能のホイールを作ることができます。今や高価な完組の性能を越える手組みホイールを作るのは事実上不可能です。コストパフォーマンスや絶対性能を取るなら迷わず完組です。
しかし手組みには手組みの良さがありまして、性能はともかくユーザーの好みや用途に幅広く対応できます。また、スポークが切れても少しは走れる余裕がありますし、街の小さな自転車屋でも応急処置が可能です。さらに自分でホイールがいろいろ組めるようになると、先人達の工夫が理解できるようになり、少スポークが必ずしもメリットが多いとは思えなくなると思います。私は別にプロのメカニックではないですが、ホイール組は自転車弄り上級者への登竜門です。最初はプロの自転車屋さんの助けが有った方が良いとは思いますが、機会があったらホイール組にも挑戦してみてください。

タイヤ幅を細くするとパフォーマンスアップしたように感じるのは主にホイール外周の軽量化と転がり抵抗の低減だと思います。これを説明していると長くなりますので今回は止めておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.html

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報