4年前に実母の再婚に伴い養子縁組した養父が、縁組後間もなく死亡してしまいました。
税金を滞納していたようで、養父の死後4ヵ月ほどして税務署から督促状が届きました。
養父から 私や母も聞いていなかったので大変驚きました。

総額1300万もあり、母は病気で働けず私の給与で生活しておりましたので払えずにおりましたら
給与を差し押さえられてしまいました。

私の給与を差し押さえられては生活ができませんので、
銀行から融資を受け全額払う事ができホットしておりました所
罰則金?の加算税があったらしく、後日60万程の支払いを求められました。

14万ほどの給与から、融資金返済5万円を払い 残りの金額で生活しておりましたので
加算税を払える状況ではなく、
税務署の担当者と電話や面会で相談し、分納の話も伺ったのですが、期間が1年との事。
とても収めていける金額ではなかったので現在まで1円も納付できておりません。

当時、養父名義の預金が600万円と、今も住んでいるマンションを母が相続しましたが
預金の600万円は、税金以外にも借金がありましたので
その返済と、葬儀でほとんど残りませんでした。

現在は、結婚して(相手の姓を名乗り)仕事は続けております。

単純相続なので、加算税支払いの義務は存続していて
これから養子離縁をしても、必ず払わなければいけないのでしょうか?

このような法律には疎いのでお教えくださいましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

求める回答ではありませんが、


一度、下記へご相談なさってみてはいかがでしょうか?

http://www.houterasu.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この様な所があるのを知りませんでした。
相談してみます。
教えて下さって本当に有難うございました。

お礼日時:2011/04/25 23:05

養父死亡時において養子縁組をしていますので、これから解消しても支払義務は残ります。

    • good
    • 0

相続をしていますから、養子縁組をしても無くなりません。


しかし、税金といえど払えない場合は分納でも1年ではありません。
記憶では、2年の期間で分納した例がありました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税延滞金の免除についての疑問

旦那が独身だった頃の住民税と延滞金の請求が急にきたので、区役所に問い合わせし延滞金免除できないのか聞いた所、今月中に税金を全額納付すれば延滞金は全額免除してくれるとの事でした。

延滞金免除と口約束をし、税金を完納したにも関わらず、延滞金の請求がきて口約束では効力がないので払わざるおえなかったという話はネットでもよく見かける話なので、効力のある文書が欲しいと言ったら出せないと言われました。延滞金減免通知書を出しても許可通知書等は出せなく、私が住んでる区は申請を出し許可された人全員にそういった許可通知書は出してないとの事でした。
心配ならば私の上司、他にも本件を知ってる者が役所には居て対応するので役所まで支払いしに来て下さいといわれました。
何だか信用できないし、シックリきません。
このような事は電話での口約束で成立するものなのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経験者。

公式な通知書は出せません。
徴収できないより本税だけでも払って貰いたい。
延滞金は、最終的には時効を待って徴収不能欠損として事務処理します。

Q普通養子縁組と特別養子縁組の違いについて

3月1日に再婚するのですが、子どもの籍は私個人の籍に入っており、彼も養子縁組をしたいと言っています。
調べていくうちに普通養子縁組と特別養子縁組があることを知り、その定義の違いについてよくわからないので、どなたか教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 回答者が違いますが,#4の補足質問について
 試験養育期間は民法817条の8第2項で,審判の申立時から起算して6ケ月以上で,ただし,申立前の監護状況が明らかなときは,実際に監護が始まったときから起算する旨が記載されています。
 あなた方のケースでは半年同棲ということですから実際の監護はあるのですが,裁判所には状況が明らかとは言えません。原則では,家裁調査官が調査することになっているので,公的機関の監護記録がなければこの期間はカウントされないと考えられます。

 普通養子縁組後の特別養子縁組は,一般的にいって特別養子にすることで子の監護状況が向上するものではないとされ,疑問視されています。

 因みに大前提である特別養子の年齢要件をクリアしてますか?
 あなた方の年齢が25歳以上(片方がクリアしていれば一方は20歳以上)
 子が8歳未満(原則は6歳未満)
 
 なお,審判官(裁判官のこと)の考え方で試験期間や普通養子から特別養子にすることの判断が変わる可能性がありますので,申立予定の家裁へ実際に相談することをお勧めします(申立前に結論は教えてもらえないのは当然ですが,傾向等について書記官や調査官がアドバイスしてくれることもあります)。

 回答者が違いますが,#4の補足質問について
 試験養育期間は民法817条の8第2項で,審判の申立時から起算して6ケ月以上で,ただし,申立前の監護状況が明らかなときは,実際に監護が始まったときから起算する旨が記載されています。
 あなた方のケースでは半年同棲ということですから実際の監護はあるのですが,裁判所には状況が明らかとは言えません。原則では,家裁調査官が調査することになっているので,公的機関の監護記録がなければこの期間はカウントされないと考えられます。

 普通養子...続きを読む

Q破産法・会社更生法上における租税債権の延滞金免除規定

 地方税法上、法第15条に納税の猶予期間における延滞金の免除規定があるのは分かりました。
 それでは、破産法上の延滞金の免除規定があるのか?(あるのなら免除される期間と割合)
 また、会社更生法上の延滞金の免除規定があるのか?(あるのなら免除される期間と割合)
 ※会社更生法上、法第169条に納税・換価の猶予を定める場合は徴収権限がある者の同意を要する…みたいなことが記載されているのは把握できました。
 徴収権の消滅時効の停止事由に該当し、停止している期間と延滞金免除との絡みもよく分かりません。
 どういう場合に延滞金が免除されるのかを勉強しております。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

回答になりませんが、
ご質問の内容がかなり専門的かつ一般に馴染みのない分野です。
国税通則法、国税徴収法等をお調べになっては如何でしょうか。
下記URLをご参照。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/chosyu/001030/02.htm

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/tsusoku/mokuji.htm

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO147.html

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO066.html

Q養父と孫の養子縁組について

私は実父の弟に育てられましたが戸籍は養父の元へ入らないまま実父の二女のまま嫁ぎました。
養父は私の養母と離婚した後、後妻さんを迎え(共に実子はありません)今に至っております。
高齢になり私の二男(成人)と後妻さん共に養子縁組する予定です。
私の住む町(県外)の施設へ入所する予定の最中に養父が緊急入院をしてしまいました。
後妻さんは早くからアルツハイマー病を患っており、今は後妻さんのご兄弟宅へ預かってもらいデイサービスも受けております。
そこで養子縁組を急ぎたいのですが、後妻さんの財産問題もあります。ご兄弟には私達の養子縁組に関して法律的に介入出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問、およびご回答へのお礼から、下記の事情が推測されます。

●「kagome21」さんは、叔父上(質問文中の"養父")とも、そのご前妻
(同"養母")とも養子縁組していない。
●「kagome21」さんは現在、夫の氏を名乗る婚姻をしている
●夫の氏を変更することは難しい
●叔父上、および叔父上のご配偶者(同"後妻さん")の直系尊属
(ご父母・ご祖父母…)は既に全員他界している
●叔父上のご配偶者は、意思を表示することができない
●ご二男に配偶者はいない

この前提で(異なる場合はご補足願います)、法律的な範囲に限って回答いたします。

まず、叔父上がご配偶者と共に養子縁組を行うことは、
当事者が意思表示を行うことができない限り、
ご配偶者のご兄弟云々以前の問題として、不可能です。
→当事者に縁組意思がなければ、無効とされます。(民法第802条第1号)
→仮に成年後見人を置いたとしても、養子縁組は、婚姻、離婚、遺言、認知、
臓器提供などともに、一身専属権といわれる、本人だけしか決めること
のできない権利とされ、後見人の代理権に服しません。

一方、叔父上が単独で養子縁組を行おうとすると、
本来は配偶者の同意が必要になるのですが、
当該配偶者が意思表示ができない場合は同意不要です。(民法第796条但書)
また、ご二男は成人しているため、裁判所の許可も要りませんから、
叔父上とご二男の意思のみで養子縁組可能です。

ところで、叔父上が「kagome21」さん夫婦を養子とする場合は、
確かに夫婦で氏を変更せざるを得ませんが、夫さんの同意を得れば
「kagome21」さんとだけ縁組することも可能で、(民法第796条)
その場合は「kagome21」さんの氏は(もちろん夫さんの氏も)変わりません。
(民法第810条但書)

それぞれの場合の法定相続分は、
●叔父上を被相続人とする相続
・現状:ご配偶者4分の3、ご実父はじめ叔父上の兄弟姉妹合計4分の1
→ご実父が既に他界している場合は、「kagome21」さんと存命の兄弟姉妹全員が
法定相続人になります。
・ご二男と縁組:ご配偶者2分の1、養子(ご二男)2分の1
・「kagome21」さんと縁組:ご配偶者2分の1、養女(「kagome21」さん)2分の1

●叔父上のご配偶者を被相続人とする相続は、
・現状:叔父上4分の3、ご配偶者の兄弟姉妹合計4分の1
ですが、叔父上が単独で養子縁組をしても、その養子はご配偶者の法定相続人には
なりませんから、上記相続分に変更は生じません。

結論としては、「kagome21」さんが、夫さんの同意を得て、単独で叔父上だけの
養女となる方法をお勧めします。
何とならば、ご配偶者の相続人が変わるわけではないので、
ご配偶者の親族のプレッシャーもある程度軽減が期待できるでしょうし、
3人の意思だけで行うことができます。氏の変更もありません。
そして何よりも、「kagome21」さんご自身が、名実ともに娘になって
ご恩返しをされるのが、叔父上に報いる最良策と、勝手ながら思量する故です。

ご質問、およびご回答へのお礼から、下記の事情が推測されます。

●「kagome21」さんは、叔父上(質問文中の"養父")とも、そのご前妻
(同"養母")とも養子縁組していない。
●「kagome21」さんは現在、夫の氏を名乗る婚姻をしている
●夫の氏を変更することは難しい
●叔父上、および叔父上のご配偶者(同"後妻さん")の直系尊属
(ご父母・ご祖父母…)は既に全員他界している
●叔父上のご配偶者は、意思を表示することができない
●ご二男に配偶者はいない

この前提で(異なる場合はご補足願います)、法律的な範...続きを読む

Q税金の延滞金と還付加算金について

 市町村が課税する税金を、納期までに支払わなかった場合の延滞金、還付の際の還付加算金は、実際には決まりどおりに支払ってもらったり、加算金を加えて支払っているのでしょうか。税金を支払うことが出ない事情のある人に、さらに延滞金を上乗せしても支払えないと思うのですが、どうなのでしょう。

Aベストアンサー

 税法上は、納期限後の納付については延滞金を加算して納めてもらうことになっていますし、還付の場合も所定の計算により加算金を付けて還付することになっていますが、実際問題としては、ご質問のとおり税金収めることが出来ないのに、延滞金を上乗せすると益々納付は難しくなりますので、上乗せをしていないのが実態のようです。競売などで交付があった場合には、延滞金も加算している場合もあるようですが、まずは本体分の納付をお願いしているようです。

 還付については、納税者の不利益にならないように、法定どおり加算金をつけているようです。

Q父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟

父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。どのような法的手続きを行えばよいでしょうか?私(独身)の遺産の五分の一を見ず知らずの他人に渡るのが理解できないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。

 兄弟関係を解消する法的手続はありません。しかし、兄弟姉妹がご相談者の相続人になった場合において、その半血兄弟に相続をさせたくないと言うことでしたら、例えば、全財産を全血兄弟に相続させる旨の遺言をすればよいです。兄弟姉妹には遺留分がありませんから、その半血兄弟が相続をした全血兄弟に対して遺留分減殺請求をすることはできません。

Q税金滞納の延滞金について質問です。

税金滞納の延滞金について質問です。

事情があり、1年近く前から市民税、国民健康保険を滞納していました。
先日差し押さえ勧告と共に滞納税、延滞金を記した紙が届きました。

今では生活が落ち着いたのでその紙を持って全額をお支払いしに市役所に行きました。
ですが、何故か延滞金を取られなかったのです。
聞けば良かったのですが、もしかしたら払わなくてもいいのかも と思い聞くのをやめました。
(聞いたことによって延滞金も払えると思われて払うことになったら嫌だったので。。)もちろん滞納したこちらが悪いので、延滞金を払うべきなのは重々承知しております。

そこで質問なのですが、税金さえ払えば延滞金は勘弁して貰えるのでしょうか?
それとも役所の方が延滞金を請求し忘れたのでしょうか?(延滞金が記してある紙を持って行きましたが。。)
忘れていたとしたら今後延滞金だけ再度請求されたりするのでしょうか?
更には延滞金に延滞金が追加されたりするのでしょうか?

教えて下さい!

Aベストアンサー

延滞利息は納付までの期間に関して加算されます
貴方が納付に行った日は 計算日を既に過ぎていた可能性があります
納付日までの計算がされて再度自宅に通知が来る可能性はあります
ただあるとだけ回答致します

※延滞利息だけが納付用紙に記載された納付用紙は無視しても結構です
※よっぽどの事がない限り差し押さえには来ません
※税には国税と地方税の二種類がありますが 貴方の場合は地方税の御質問です

Q元養父の犯罪と、養子縁組解消後の親子関係について教えて下さい。

元養父の犯罪と、養子縁組解消後の親子関係について教えて下さい。

三人の子供が居ます。上の二人は未婚で出産し、認知もして貰ってません。
それを承知で、元旦那と結婚しました。(2002年に結婚)と同時に養子縁組もしました。
三人目も産まれ、これから(2005年)。って時に、窃盗で捕まり、執行猶予3年でもう刑期も終わりました。
これが原因ではないのですが、2008年に離婚しました。
同時に、上の2人の養子縁組も解消しました。

解消したら、親子関係は無い物。と考えていましたが、
解消しても親子関係は続く。だから、犯罪者の子供のままだ。将来、公務員になるのも公務員と結婚も、厳しい家柄や親なら結婚も無理。
と言われました。戸籍には、養子縁組も解消も載っていますが
言葉は悪いですが、今は私生児に戻っています。
 
本当にそうなのか知りたく、質問しました。
毎日の様に、この様な事を言われまいっています。

Aベストアンサー

実子(生物学上の親子)であれば法律的に縁を切ることは日本ではできません。
しかし、養子縁組のような法律的に親子関係は養子離縁すれば法律的な関係は一切ありません。

公務員になるのに親は基本的には関係ありません。
ただし、警察などの職種の場合にはそのようなことがあるかもしれません。

家柄云々は相手方の価値観なのでそういう人もいるかと思いますが・・・・本人の犯罪ならともかく親兄弟の犯罪を理由にするのはろくでもない人間です。

Q税金の延滞金の徴収について

税金の延滞金の徴収について伺います。

(1)税金を、市役所等の役場が徴収する代わりに金融機関(銀行)が窓口で徴収を代行していることがあります。
そこで質問なのですが、
滞納者の延滞金まで金融機関の窓口で、
行員が計算をして徴収する「義務」はあるのでしょうか?
それは法律の中で規定されていますか?
あるとしたらどの法に当てはまるでしょうか?

そして2点目

(2)金融機関が延滞金の徴収を怠っている場合、
延滞金の徴収をするよう命じるのは、
市長なのか、それとも収入役なのでしょうか。
収入役の責務は地方自治法により、
納付された後の公金の保管管理運用であると
規定されますが、税の延滞金の徴収についても
金融機関に命ずる責務はあるのでしょうか…。

以上、2点について伺いたいのですが、お分かりになる方、教えてください!!

Aベストアンサー

(2)の説から市町村税と解します

1・2とも銀行に対して地方自治体(国)の強制力や義務ははありません

納期限が経過していることは金融機関窓口に持参した用紙によりわかる場合もありますが、そうでないこともあります

延滞金を徴収するのは課税権者が当該者に行うべき行為ですので、金融機関が徴収しないからといって窓口(金融機関の担当)が責めをおうことではないことです
(本税と延滞金(確定延滞金)は科目上違うものです)

納付していなかった方(滞納者)が窓口に提出した納付書(納税通知書や督促状などの場合もあります)で収納することは金融機関の業務として行いますが、延滞金が発生(不足)しているかどうかはその結果でありますので課税権者が金融機関に対してどうして全額徴収しないのか疑義を申し出ることは通常行いません

自動車税(都道府県税)などは納期限と税額が確定しておりますのでその当該年度の早見表を作成して各金融機関窓口に配布している場合があります
(納税通知書に納税証明書が付属しているため延滞金を含めた全額徴収した領収印を金融機関が押印するためです)
そのため窓口においては慎重を期すため確認の電話をいたします
※上記理由によりこのときだけは、納税証明書に金融機関が押印しながら未納がある場合解決に困難いたします

その延長として金融機関の窓口で課税者の現在延滞金額を照会して完納収納する場合もありますが、あくまでも窓口の裁量です

すべての税(国・都道府県・市町村)の用紙は備え付けるよういわれますが、基本的には持参した用紙を変更することができません(OCR(自動読取)化)ので実質できない場合もありますから

回答としてよろしいでしょうか
参考まで

(2)の説から市町村税と解します

1・2とも銀行に対して地方自治体(国)の強制力や義務ははありません

納期限が経過していることは金融機関窓口に持参した用紙によりわかる場合もありますが、そうでないこともあります

延滞金を徴収するのは課税権者が当該者に行うべき行為ですので、金融機関が徴収しないからといって窓口(金融機関の担当)が責めをおうことではないことです
(本税と延滞金(確定延滞金)は科目上違うものです)

納付していなかった方(滞納者)が窓口に提出した納付書(納税...続きを読む

Q養子と養子縁組、普通と特別養子って?

私に弟が1人います。子供が出来ないので養子をとることになりました。
が両親と私の推薦状がほしいと手紙が届きました。
私としては養子のことは考えてなかったので勉強不足でわからないです、自分にも3人の子供がいて高三、高一、中二です。
相続とかの問題もあったりするので、里親制度などもあるとかと聞いているのですが。
自分のこどもに損が出ないようにしたいのですが、おしえてください、お願いします。
私47歳、妻42、両親父75歳、母71歳、弟39歳、妻36歳養子にする予定の子供4月で1歳

Aベストアンサー

特別養子とは、6歳未満子供が対象で、特に必要がある時に子供とその実の親との法律上の親族関係を消滅させ、実親子関係に準じる安定した養親子関係を家庭裁判所が成立させる縁組制度です。

養親となる者は配偶者があり25歳以上の者で、夫婦共同で養子縁組をする必要があります。また、離縁は禁止されています。

ですから弟さんに実の子どもができたときと同じ相続関係も成立します。

つまり、年齢の順番に亡くなった場合、相続では特に問題は発生しません。

ややこしくなるのは、弟さんがご両親より先に亡くなった場合です。

養子を取らなければ、相続分はすべてあなたか、あなたも亡くなっていればあなたのお子さんへ権利が移ります。

養子がいれば、その子供に代襲相続の権利が発生しますので、養子半分、あなたか、あなたも亡くなっていればお子さん3人に合計で半分と言うことになります。

でも、普通に考えればの子供が親より先に亡くなるということの方が可能性としては低いので、そんなに悩むこともないでしょう。

あなただけが親御さんより先に亡くなっても、お子さん3人と弟さんで相続するので養子がいるかどうかは関係ありません。

特別養子とは、6歳未満子供が対象で、特に必要がある時に子供とその実の親との法律上の親族関係を消滅させ、実親子関係に準じる安定した養親子関係を家庭裁判所が成立させる縁組制度です。

養親となる者は配偶者があり25歳以上の者で、夫婦共同で養子縁組をする必要があります。また、離縁は禁止されています。

ですから弟さんに実の子どもができたときと同じ相続関係も成立します。

つまり、年齢の順番に亡くなった場合、相続では特に問題は発生しません。

ややこしくなるのは、弟さんがご両親より...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報