ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

PAでのドラムのイコライジング

こんにちは、PA超初心者なんですが。
小さい箱で 音響をやるよていなのですが
箱の大きさ 10m×7m×高さ4mくらいの場所なんですが、ドラムの音作りに頑張ってます。
説明も なにもかもが ざっくりで申し訳ないのですが。
ドラムの基本的な ミキサーでのイコライジングとか あったら教えてほしいのですが。
基本的に ロックバンドてきな バンドさんが 使用する予定なのですが。
ドラムはパールのドラムです スネア キック 2タム 1フロアです
サウンドクラフトの卓でコンプレッサーとかは 数チャンネルあります(6chくらい分)
やっぱり コンプとかも かけたほうがいいのですか?
コンプとかの 基本設定とかも あれば 教えてください
そこから いろいろ やってみたいので・・
スネアに リバーブとか・・・・ わからないのですが やってみたいことだらけで もうしわけ ありません(笑)

スピーカーは エレボイの350wくらいのやつです
パワーアンプは アムクロンの500wくらいです。
マイクはpg56(タム)スネアはSM57 ベードラはAKGの品番わからないですがキック専用のやつです
ざっくりで すいませんがよろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び iBook-2001 です♪



お礼をくださりありがとうございます。
さて、マイクの件ですが、現状のマイク入力部でゲインが不足する場合、より高度なマイクプリを活用する事は有効でしょう。

全体のゲイン配分を工夫すれば、他を抑えてボーカルを相対的に強くし、メインフェーダー等でゲインを稼ぐ等の手法はもう通用しないなら、マイクプリや新規ミキサーと言う考え方と成るでしょう。

マイクの種類ですが、現在お使いの物は、ステージボーカル用として世界的に定番機種ですね。 ハンドノイズやハウリングに強く、丈夫で長持ち、音質的にもその特徴が世界的に標準機として認識されています。
同時に、ハウリングやハンドノイズに強い事と引き換えに、若干感度が低いので、一般的なカラオケ機材等ではゲイン不足に成りかねないのも事実です。

コンデンサーマイクは電源が必要な事と、基本的に壊れやすいので取り扱いに注意が必要となります。
手持ちボーカル用と言っても、感度が高いのでハンドノイズやその他衝撃音、スピーカーからの回り込みによるハウリングのリスクも、他楽器の音の入り込みなど、上手に扱わないとメリットが得られないばかりかデメリットの方が目立ってしまう可能性もあります。

有る意味で、マイクも楽器のようにそれぞれの個性が有ります。その個性を引き出すのはミキサー等の能力と操作する人の感性でしょう。

創意工夫して、がんばってください♪
    • good
    • 0

はじめまして♪



空間サイズとスピーカーの関係から、録音じゃ無くPAと言う限定で、ドラムはマイク無しが良さそうに思います。

音加工が欲しい場合は また違ってきますので、そのような場合は効果音用のパーツ(スネアやトップシンバル等)だけにマイクをセットし、演奏に合わせてエフェクト音をスピーカーから出すようにする程度でしょう。

SX80BEだとしますと、生ドラムの音を全て大きな音で再現する事は難しいので(聴衆者近く側に多数個配置ならまた違うかもしれませんが)割り切ったPA環境を構築する方が良いでしょう。

がんばってください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。。 ちなみに ヴォーカルの出音が弱い場合 マイクプリアンプがあるのですが 使用した場合 違いはあるのですか? マイクは ダイナミックマイクのSM58なんですが。
コンデンサーでないと 意味はないんですか?直で つないでみたり インサートでやってみたりしたら 違いはあるのですか? 面倒でなければ よろしくおねがいします。。
できたら アコースティックギターのマイク撮りでも 使いたいのですが。。

お礼日時:2011/04/26 06:29

ドラムは難しいですね。

満足な音にとれたことはありません。
録音ならマイク数を減らしてオフマイクで録る(これが一番生音に近い感じになります)という逃げ道があるんですが、PAはハウリングの問題がありますので余程条件の良い箱でないとオフセッティングは難しいです。

ドラムマイキングは、マイク同士が近接するし、楽器の中では最大のダイナミックレンジを使うので、マイクの位置・距離・角度で取音が変わるし隣接する太鼓からのカブリが半端でなくMIXした時の位相干渉によるフィルタ効果で音色が変わります。更に、とりたい太鼓自体も共鳴しますし。
従ってカブリを極力少なくセッティングして、過不足の生じる音域をイコライジングするのがセオリーだと思っています。

コンプは弱音を補強しますので掛けるとカブリや共鳴も強調する事になります。また、掛けるにしてもドラムマイク全てに同じ設定で掛けないと楽器バランスを崩してしまいます。掛けるならサブミキサーでMIXしてからコンプを通すのは有りだと思います。

10m×7m×高さ4mなら、生で充分に通ってしまいますので、聴衆向けに音を作るというよりモニター向けにエキスパンダーを入れてモヤモヤを晴らす使い方をした事は有ります。コンプからコンプを外して(妙な言い方ですがコンプを持ってる人には理解できるでしょう)使います。ケースバイケースです。

使える使えないはあっても、基本的にこれは駄目という音作りは無いと思って、余裕のある時にやってみて経験値を積んで、その場に相応しいセッティングを採用されれば良いと思います。使えなかったものも、積極的に音作りする時やトラブル時の迅速な解決に役立つと思います。無駄に見える経験も取り直しや後処理の効かないPAという仕事にとって必要だと思います。
Let's Try!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。頑張ってやってみます。

お礼日時:2011/04/25 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステージモニターどーすりゃいいの?

皆様こんにちは、色々検索していたら、ここにたどり着きました。ステージのモニターについて教えてください。
素人バンドの専属素人PAをやっているのですが、ステージのモニターって、どんなバランスで出したらよいのでしょうか、
1.プリフェーダーで出すか、ポストフェーダーで出すか?
2.今のところ、機材の関係でモニターの送りは2回線で、ドラム以外の 音を適当にミックスして送っています。これで良いのでしようか?
3.このモニターの環境ですと、プレーヤーの要求に答えて行くと、どん どんモニターの全体の音がおおきくなり、ハウリング・・・そして音 量を下げる、聞こえないの繰り返しです。やはり各プレーヤーごとに 別々にモニターの回線が必要なのでしょうか?
4.仮に各プレーヤーごとにモニター回線が取れたとして、個別のモニタ ーにはどのようなバランスの音を送れば良いのでしょうか、是非教え  てください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
まぁ、余計なお節介な面も多々あるんですが…

素人バンドステージを素人PAでやる時は、PA担当としてとにかくなんとかしたいのは
『いかにステージ上の楽器音を減らすか』
です。

素人バンドが例えば「モニターのボーカル上げてくれ」と言う時に、モニターのボーカルの音が本当に小さくて聞こえないことは、8割方はありません。
モニターのボーカル音が小さいのではなくて、ステージ上の他の音が被さるので相対的に聞こえないだけの事…の場合がほとんどです。
なので、特にギターやキーボードのアンプの音を以下に下げさせるか…が、モニタースピーカの調整より遙かに重要です。

ただ、特にギタリストには、演奏のそのものの技術自体はプロ並みでも、てめえのギターアンプの音に異常かつ不必要なこだわりのある奴が非常に多く、自分のステージアンプの音が気持ちよく聞こえることが、観客席用も最優先という困った奴が多いのが辛いとこ(そういう奴は、いくら言い聞かせても自分のアンプだけ爆音にしたがる)ですけどね。

PA&観客席的には、別途音を録るライン(マイク含む)さえ確保で来てれば、ステージ上にはギターアンプなんか有っても無くても全く関係ないのですが、そう言って納得するアマチュアギタリストは絶対に居ませんので、とにかくなんとかしてギター/キーボードの楽器アンプを音量を少しでも下げさせる工夫が必要です。これも永遠の命題ですけどね。

また、モニタースピーカについては、特に素人PAでは、可能な限り
×「モニターをどこに置いてどう向ければプレイヤーによく聞こえるか」
ではなく
○「モニターをどこに置いてどう向けるのが、最もハウリングに強くモニターからの音量を上げられるか」
の方に主眼を置いた配置計画を立てるべきです。

で、もっとも音量が稼げるモニター位置/方向に合わせて、演奏者のステージ上での立ち位置を決める…くらいの心構えの方が良いのです。

とはいっても、ステージの演出やビジュアル面、物理的な機材位置の関係等もあって、PA側で都合の良いモニター位置/方向を変更せざるを得ないことは多々あるわけですが、それでも、「最も安全」を一度確認しておけば、「配置をどう変えたらどの程度危険が増すか」という感覚はわかります。これは結構大きい情報ですよ。

とにかく、なかなかそうもいかない場合は当然ありますが、「少なくともモニタースピーカ配置は、あんまり演奏者の都合に迎合せず、必要最低限しか要求を飲まないつもりで」…くらいが正解ではあります。

ドラムやベースには、「リズム隊が曲の構成を把握しておくのに最低限のギター/ボーカル等の音だけ」を与えておけば十分です。
上手いドラマー/ベーシストからは、実際そのことしか要求は出ないはず。まぁドラマーは「ベースは絶対に欲しい」と言う人は多いですけど、これはドラマーの座り位置がベースアンプの音から死角になってるのが普通なので、やむなしです。

ギターやボーカルについては
・他パートの音を欲しがる前に、自分のアンプの音を下げろ…と言いたい(^^ゞ
・実際は、ヘタほどドラムやベースは聞いてないので、最初から流さなくてもよいかもしれないくらい。
・ただ、ボーカルは素人なら大抵はモニターが無いとまともに歌う技量もないので、そういう奴にはボーカルをモニター返すしか無しから
・ギターは、どうしてもアンプの音を十分下げないなら、いっそモニターからは一切出さなくても良いかも。そういうヘタギターなら、ドラム/ベースもそんなにアテにしないので、ボーカルから聞こえなくても影響ないのが普通

なんてとこですかね。

No.3です。
まぁ、余計なお節介な面も多々あるんですが…

素人バンドステージを素人PAでやる時は、PA担当としてとにかくなんとかしたいのは
『いかにステージ上の楽器音を減らすか』
です。

素人バンドが例えば「モニターのボーカル上げてくれ」と言う時に、モニターのボーカルの音が本当に小さくて聞こえないことは、8割方はありません。
モニターのボーカル音が小さいのではなくて、ステージ上の他の音が被さるので相対的に聞こえないだけの事…の場合がほとんどです。
なので、特にギターやキー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報