高校2年生で両親に、女として生きていきたいことを告白したことがあります。
しかし全否定され、男として生きることを強要(治ると思っているらしい)されました。

以後、時々母親の方から「許さないからね」等と言われるようになりました。

私は、半年前に個人輸入でホルモン剤を服用し始めてから、女性に見られ、大学やプライベートも女性として生きていて、女子トイレ,女子更衣室を使っています。
バイトも女性として雇っていただけるようです。

洋服も中性的なものでレディースばかりを着ています。
Bカップ弱あるのでブラジャーなんかもしています。

GIDにご理解のある精神科に通っていて、診療段階はファーストです。
自分史は提出し次回、血液検査や性別に対する違和感の聴取をします。

再び、今度は真剣に親にカミングアウトをしようと思うのですが、どんなことを説明したらわかってもらえるのでしょうか...

文章にまとめていて、GIDは一次性と二次性があることや、身体の性に戻ることは望めないことを説明しています。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もうあなたは一度カミングアウトしたにも関わらず親に強く否定されました。

そこまで親のことに心をさかなくてもいいと思います。むしろ早く完全に自立して自分の道を歩んだらいいと思います。性同一性障害に関する本を一冊渡すなり送るなりしてみたらいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですよね...
死んでも赦されないでしょうね...

お礼日時:2011/05/06 20:16

ご両親にわかってもらえる方法は無いです。


性同一性障害を理解することは無理だと思います。
女性として生活したいとか、スカートがはきたいとか、化粧をしたいとか、女性器にしたいとかを言えばどんな親でも引きます。
言ってはいけない言葉です。
親は怒って当然です。
そんな息子に育てた覚えはない、根性を入れ直せ、男ならしっかりしろ。等といわれるのが落ちです。

ただ、自分の子供の苦しむ姿を見るのはどの親でも好むところのものではありません。
なので、親の気持ちを察して貴女の行動を決めた方が得策ではないでしょうか?
姑息な手段とお思いでしょうが、ここから始めるべきです。

まず、自分が精神的に真剣に悩んでいることを伝えるべきです。
命を絶つことくらいのレベルである事を伝えてください。
心と体の性があっていないことに対して非常に苦しんでいることや、
そう言う障害が現実に存在していて、医学的にも認知されていること。
また、家族にも心配かけたくないので専門のクリニックに診断を仰ぎたいことを、
切実に訴えましょう。

まずは「あなたの子供がこんなにまで悩み、精神的にも病んでいるので助けてほしい」と、
懇願されてはいかがでしょうか。
そして医師の診断がくだされあと、体や名前、姓等肉体的社会的に女性として、
適応する以外に治療の道が無いことを、知ってもらった方が、いいと思いますし、
ご両親や兄弟に対しての思いやりもこわさずに済むと思います。

しかし、何度も言いますが、ご両親はどこまで治療が進んでも、理解することは無いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

自殺未遂もうつ病の経験もありますが
親はへでもないような顔をします。

理解できる家庭に産まれたかったです...

お礼日時:2011/05/06 20:19

ご両親の年代では、余程気合入れて、気長に説得するしかありませんね



もしくは、医者について来てもらい
「性同一性障害」とお医者さんが言ったなら
基本、治るとか治らないじゃなく
「そういう心を持っているヒトで、性別を変えたほうが良い」
と言って貰うかですね

医者の言う事なら、まだ素直に…と言ってもかなり悩まれるでしょうが
受け止めてくれますよ

難しく貴女が言っても、ご両親は納得しないでしょう
ただ、貴女の心はどうしようもなく女だから
と事実だけを伝えて、何なら医者に着いて来てくれと言いましょう
「医者は治すもの」という考えがおありなら
きっと着いて来てくれます


貴女は、本来女性なんでしょうね
僕は個人的には「貴女」と呼ばせていただきますよ

僕の叔父は亡くなるまで心はレディでしたよ
なので、僕と家族は全員偏見無しです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
間隔が開いてしまいました、すみません。

先日、喧嘩がきっかけで話し合ったのですが
女として生きていくことに容認してくれました。

「女の子に産んであげなくてごめんね...」
と言われ、抱き合い泣いてました。

お礼日時:2011/05/09 19:28

>GIDは一次性と二次性があることや、



これは、とても当てにならない説だとわたしは思いますよ。
確かに結果として遅くにトランスをした人たちはいます。
家族が居てもトランスをした人もいますからね。

ただそれを二次性として分けているのは、未婚でトランスの当事者との分類わけをただしたいだけであり 遅くにトランスをした
人たちの要因 理由をみてないからではないかとわたしは思います。

性同一性障害というものは 90年代も終わり98年あたりから世間にその症例を知られるようになりました。

しかしながらそれ以前は 性を変えることを日本ではタブー視してました。

性を変えること自体やつていけないこと 言葉に出してもいけないという風潮が当時当たり前とされてました。

ゆえに性同一性障害当事者だろう方々は、苦しみ抜いても生きた人たちは、婚姻したら身体の性として生きられるかもとか バイセクシャルや同性愛に嫌悪感を抱かないタイプならありえたはずです。

しかし どう頑張っても身体の性の嫌悪感が消えないとき 性同一性障害の手術が行われた治療が合法的に行われたと知ったら 絶対迷いがでるでしょう。
出来るものなら自分らしく生きたいと・・・・

そういう人たちが存在したのは 当時致し方なかった時代であり それをその時点で未婚の当事者の人たちと便宜上分けようとした頭の固い医療者 関係者などが 勝手に二次性とか一次性といっただけだと思います。

わたし性同一性障害は 生まれながらに持ってしまった先天性のみだと考えます。

ただ発症というより 個人差 環境ですぐ 周りに表明できる人 出来ない人もいます。

二次性などありえるなど広めるから 思春期の単なる性の揺らぎで突然 性同一性障害だといいだし 治療し後悔してしまうFtMに多い事例を作ってしまう原因にもなっているのではないかと思います。

>身体の性に戻ることは望めないことを説明しています。

これはいつかハッキリと伝える必要はあるでしょうね。
ただ もう薬を服用されているなら すでに戻ることはできないですけどね。

わたしが思うに 嫌悪感を示す方には、どう説明してもなかなか嫌悪感を取り去ることはできません。
性に関しての問題で嫌悪感を持つ場合 なかなか難しいのです。

例えば 同性愛者を嫌う人は結構いますよね。
同性愛も普通の愛と同じだと嫌悪感を持つ方に認めさせるのは、すごく厳しいと思いませんか?

GIDだって 昔は、性を変えることはタブーという意識を当たり前に持っていたのですから 近年世間も考え方が緩やかになってきて認められるようにだんだんとなってきたとしても まだまだ嫌悪感を感じる人はいるんです。

親の場合あまりにも身近な子供が当事者だと知れば ショックを受けるのは当然です。
そして出来れば否定したいのも当然でしょう。

本人がずっとこらえて隠して生きてきたとしたら 余計そんな子ではなかったという気持ちもあると思います。

親へのカミングアウトは、一番難しいと思います。
説明をするなら まずこれは 誰の責任でもないこと。
親は自分の育て方が悪かったのかとか なにがいけなかったのかとか 自分を責めてしまうでしょう それを防ぐ意味もこめて 性同一性障害は、胎児の過程でホルモンシャワーの時期がずれて起きるMtFなら3万人に1人の割合で発生する疾病だと説明するのが一番でしょう。
一次性とか二次性なんて 説明しても 後天性がありえるなら その気持ちを努力で変えられるはずだとになりかねませんよ。
そんな説明はしない方がいいと思います。
わたしが子供からそういわれたら 二次性がありえるなら治る見込みもありえるはずだと突っ込みいれてますよ。

親にカミングアウトをするなら 悲しませてごめんという気持ちを忘れずに 言われる側の気持ち・・相手を気遣いつつ行うべきでしょうね。
そして 下手に突っ込まれない言い方をすべきです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
間隔が開いてしまい、申し訳ございません。

最近、喧嘩したときに
女で生きていくことを承認する旨を伝えられました。

よかったです...

お礼日時:2011/05/09 22:30

親の立場からすればこんな親不孝な息子はいない!これが本音でしよう。

これは永遠に分かり合えません。そこまで貴方の決意が固いのなら医師と相談して女性になる方向へと勧められてはいかがですか?そしてやがては戸籍も変えて担当の医師から両親に説明してもらう形が良いと私は思います。こんなとは失礼ですが、身体になっても社会で力強く生きていくそういう人になって下さい。それが親孝行です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼の間隔が開いてしまい、申し訳ございません。

喧嘩をしたときに女として見てくれる旨を聞かされました。

今は女の子らしい洋服を着て過ごしています。

お礼日時:2011/05/09 22:33

初めまして。





経験者ではないので、あくまでも一意見として……。





まず、性同一性障害についての知識が、恐らくご両親にはあまりないと思われます。



理解を求めたいのであれば、やはりかかっている病院の医師に説明して貰うのが良いと思います。



ただ、残念ながら性同一性障害そのものへの理解と、あなたがそうである事を受け入れる事とはまた別だと思います。



他人であれば生き方の一つと捉える事が出来ても、我が子だと思うと中々難しいと思います。



親の勝手ではありますが、やっぱり孫の顔は見たいと思ってしまいますし、失礼ですが一般的に「普通」ではない人生を選択する事で、自分の子供が苦労するのを見たくはないのです。



自分のありのままの気持ちで生きられない方が、ご本人にとっては辛いと思いますが、ご両親もあなたが可愛いと思うからこそ、反対している部分も、少なからずあるかと思います。





分かって貰えると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

家族と話し合って
女として生きることを承諾してくれました。

今はレディースの服を着たりしています。

お礼日時:2011/05/12 15:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング