クルマで普通の一般公道を制限速度程度で走っている時って普通のドライバーとレースなどやってるプロのドライバー、あるいは自分はうまいんだと自惚れてるクルマオタクの運転とでは何か違うのですか。

同じですか。
もし、違うのなら何が違うのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

運転する車の走る・曲がる・止まるの性能を把握してる。

周囲の状況を常に把握してる。むやみにアクセルのオン・オフをしない。やたらとブレーキを踏まない。極力車群に加わらない。運転意識・判断力が高い。譲合いの気持ち等マナーが良い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的でとても良いです。

お礼日時:2011/04/25 22:28

スピード競技のような運転と一般の道路の運転は全く別のものです。


プロドライバーだから上手いと言うものでもありません。
通常の走行では上手いか下手かではなく安全運転が絶対です。
私の経験では運転が上手いと思っている方ほどかなり自分勝手で危険な運転をしているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。
運転が上手いと思っている方ほどかなり自惚れてるクルマオタクなんじゃないのですかね。

お礼日時:2011/04/25 22:30

自分もブレーキランプの発光回数で判断します。


やたらに踏む運転手は速度制御ができてない。
急加速や急停止がやたらに多いドライバーは下手くそです。

ただ、知り合いのラリードライバー(超一流)のように
某輸入車を半年でお釈迦にしちゃうような御大もおられますが…。
たしかに腕は凄いけど、怖くて隣には乗れないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。

過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

お礼日時:2011/04/25 22:32

経験


意識
認識
度胸
判断
思いやり
譲り合い
マナー
エチケット




ま、この質問するんだから失礼ながらアナタではない。

この回答への補足

自分は上手いだなんて思っていない。

補足日時:2011/04/25 22:27
    • good
    • 0

〉普通のドライバーと上手いドライバーの違い



私は、高三で運転免許証を取得してから、43年近く経つオジサンドライバーです。
自動車運転歴が長いから上手いとは思ってませんが、20歳代の頃は、運転が面白くて暇さえあれば地元の「日光イロハ坂」や「筑波スカイライン」などのワインディングロードで遊んでました。
また、自宅近くに明治時代に足尾鉱毒問題で廃村になった広大な「渡良瀬遊水池」があり、そこの砂利道走行はカウンターステアやドリフト走行には格好の練習場になりました。
交通規制が事実上されてない砂利道を時速160から180kmぐらいでカッ飛んでましたが、一歩間違えると草むらや河川に車ごとダイビングする事を承知でしたから、常に「危険を予知」する習慣が身に付きました。
そして、車は速度を出す事より、減速や停止させる難しさを悟ったので、根拠のない無茶運転はしなくなりました。
このような実践経験が豊富なので、車の運転は普通の人達より上手いと自惚れる時期もありましたが、運転が上手いドライバーは「危険予知が出来る」こと「己の運転技量を知ってる」から、普通のドライバーから見ると危ないと思うような走行をしても余裕で運転をしてるのだと思います。

〉何が違うのですか。
運転操作を「知り尽くしてる」ので危険回避が余裕で出来るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/25 22:33

友人がフォーミュラニッポンのドライバーをやっていました。


彼は普段、軽トラに乗っています。
高価な車も持っているのですが、普段の足は軽を使っています。

彼曰く「公道ほど怖いものは無い!」そうです。

この回答への補足

公道ほど怖いものは無いのはわかりましたが、そのようなフォーミュラニッポンのドライバーと一般のドライバーでは運転中に何が違うのかという質問でした。

補足日時:2011/04/25 18:50
    • good
    • 0

上手いドライバーとは常に周りの状況を判断できるドライバーですね。


たとえば交差点などで自分の車が先頭で待機している際に少しインに寄れば
後車が直進でき渋滞が少しでも緩和できるようにするとかの気配り
当たり前のことですが雨の日の歩行者への配慮
こんなこともなかなか出来ないドライバーが多いですよね。
勿論、ドライブテクニックとかも重要なことだと思いますが
やはり状況判断が的確に出来るドライバーが上手いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
一見同じに見えても周りに対する気配りや配慮が違うということですね。

お礼日時:2011/04/25 14:39

一流レースドライバーでも公道は怖いと聞いたことがります。


レースはコースが決まっていて、コースには同レベルのドライバーだけが走っています。
公道はいろいろな車が走っていますし、駐停車の影から人が飛び出してくるかしれないし、車と車の脇をバイクがすり抜けていくかもしれません。前を走っているトラックから荷物が落ちてくるかもしれません。ですので公道とレース場は違うということです。まして自惚れオタクは論外です。普通のドライバーと上手なドライバーの違いはどこまで不測の事態に即座に対応できるか、どこまで見えないものを想定できるかではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。
一見同じに見えても不測の事態に対する認識度が違うということですね。

お礼日時:2011/04/25 14:36

それでも廻りの車の流れを読み、



いざという時の安全度が違うのでしょう。

F1ドライバーの中島悟氏が言ってましたが、
自分の車と周囲の車を外から俯瞰的に
見えるようなイメージを作って運転しているのだそうです。


JAFの会報なんかに出てくる、危険予知などのように、
これから起こりうるかもしれない状況を
読む能力は優れていると思います。


自惚れたオタクの運転は、この際、除外しますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。
一見同じに見えても認識が違うということですね。

お礼日時:2011/04/25 14:33

うまいドライバーなら この質問掲示板でIDを何度も変えて釣り質問を連発しないでしょうね。

この回答への補足

上手い回答者ならこのようなマトモな回答になっていない糞書き込みはしないでしょうね。

補足日時:2011/04/25 14:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車は何万キロまで乗れますか?

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方...続きを読む

Aベストアンサー

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報