中古の着物を探しております。
普通の着物ではなくて色合いが派手で、できれば花魁が身に着けているような派手さがあるような着物を探しております。
予算に限りがあるのですが、5000円以内で買うのを希望しており店舗、ネット問わず和菓子ております。

使用用途は撮影に一度だけ着用するので、多少の汚れは気にしておりません。
何か情報がございましたら、お知らせください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

既に店舗での購入経路は示されておりましたので、私はネットの方を。



http://cerebmarket.com/SHOP/230414/254525/list.h …
ものにもよりますが、5000円~10,000円くらいで
派手派手なお衣装が色々置いてあります。
いわゆる「なんちゃって着物」なので、着付けも簡単です。

普通の着物ではない、というのがどの範囲までの事なのかが分かりかねるのですが
もし一般着物の範疇で、派手な柄のみを希望という事でしたら
上記URLのものはちょっと違うかもしれません。

因みに着物といえば、一般的には留袖の事ですが、留袖で派手なものというのは中々ありません。
しかし花魁風とのことで、振袖の事なのかとも思うのですが
振袖は、中古でも数万円はします(派手で華美なものほど高いです)
レンタルでも、地味目のものですら最低10,000円以上は必要です^^;

それを踏まえて、中古着物屋さんを載せておきます。
http://www.kimonodoraku.jp/

少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございます!
そして、私の知識不足もご指摘いただき大変に助かりました^^;
着物ではなく「振袖」と言うべきでした。お恥ずかしいです><

参考に掲載させていただいたネット販売のお店は、どちらも参考になりました。
特に最初のURLに載っていたようなものを希望しておりました!
また、中古の着物屋さんでも1万円程度で買えるものが分かりましたので、こちらも検討させていただこうと思います。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2011/04/27 12:03

貸衣装処分市などの催事が時々行われているかと思いますが、


そういったところですと、
結婚式用の引き振袖や内掛けのような派手な着物が格安で販売されていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
デパートなどで開催されている貸衣装処分市が、そのような内容だとは知りませんでした。
とてもためになる情報をありがとうございます!近場で開催されるかを調べてみて、足を運んでみようと思います。

お礼日時:2011/04/27 11:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花魁に興味のある女子ってどう思いますか?

私は小学生のころから花魁に興味を持っています。

ノートに花魁や、禿の絵をたくさん描いていました。

花魁といっても、
大正時代の花魁にものすごく興味があります。

こんな女子はどう思いますか?

こんな方はいますか?

Aベストアンサー

いいとおもいますよ
日本古来の伝統がありますし
着ているものつけているものは一級品です
伝統工芸ですよ

歩く芸術品ですよね

Q銀糸が使われている着物(和服)

長年にわたって着る(使う)着物について。
銀は錆びる(くすむ)といいますが、銀糸の入った布で作られる着物や帯などは、何か特別なケアが必要なのでしょうか?
それとも、何もしなくても、くすんだりせず、もつのでしょうか?
宜しくお願いします

Aベストアンサー

え~、また聞いてみました。
以下、そのまま書いてみます。

「(着物の)問屋がそう言ってたの。私は着物屋で科学者じゃないからそこまで判らないよ。自分で図書館に行って調べなさいって言っときなさい!」

・・・(-_-;)言ってみました。

息子が考えるに、ゴムにはゴムの木の樹液から作る天然ゴムと、石油を原料にした合成ゴムがありますが、どちらもいろんな薬品を混ぜて製品化しています(天然ゴムであっても)。
それらの薬品が銀に悪影響を与えるのではないでしょうか。

科学的な根拠についてはうまく説明できないが、長年の経験から得た知恵、という事にしてください。

Q井原西鶴と花魁

 学生のころ授業できいたのですが出典がわかりません。
 
 井原西鶴が源氏物語についてある花魁に質問をしたところ、その花魁からは質問の答えはなくただ湖月抄の版本が渡されてきました。
 それで西鶴は近頃の花魁は情けない、花魁ともあろうものならちゃんとした名のある公家の手による源氏物語の写本をもっていて、質問に
すらすら答えられて当然なのに、と憤慨したそうです。

 おもしろいエピソードなので出典をちゃんと確認したいと思いました。ご存じの方お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

まず、井原西鶴が「花魁」などという単語を使うわけはないと思いますが。
「花魁」という単語は現代だと遊女の名称として一般的かも知れませんが、西鶴の時代には「遊女」が基本。もし西鶴が会えるとしたら「太夫」で精一杯じゃないでしょうか。
なので「花魁」なんて単語が出てくる時点でかなり眉唾なお話です。
面白いエピソードにきこえるかもしれませんが、出典を見つけてもおおかた嘘くさいと思いますよ。

大体井原西鶴については史実でほとんど判っていません。作家のエピソードが詳細に残されるようになるのは実録が盛んになって以降です。

ちなみに、源氏物語と西鶴の関係も、「湖月抄すら読んでいたか怪しい。」という説が有力です。ちゃんと読んでいたと言っている学者は少数です。
そんな西鶴が質問者様のおっしゃるような発言をしていたとしたら…とても残念な人ですね。

Qアンティーク着物を売っている店

カジュアルな普段使いの着物やリメイクに使えるような安いアンティーク(古着?)着物を扱っているお店
(気軽に入れるような店)を知りたいです。

都内でオススメのお店があれば教えてください。

Aベストアンサー

http://www.tokyo135.com/
http://www.kururi.net/
はどうでしょ?

Q花魁道中について

どうしても分からないものがあります。


(1)花魁道中ができるのは高級遊女屋のお職だけでしょうか?つまり一軒の遊女屋で一人だけだったのでしょうか?2番遊女、3番遊女くらいまでなら道中してたのでしょうか?

(2)花魁道中にはその花魁の禿や新造も一緒に参列するみたいですが必ず妹分だったのでしょうか?姉女郎ではない花魁の道中に妹分ではない新造は参列しなかったでしょうか?

(3)花魁は馴染み客が毎日来れば道中も毎日してたのでしょうか?
それとも何か特別な時だけ?


(4)高級遊女は引手を通さなければ遊べなかったそうで、馴染み客を迎えに行くことを花魁道中と言ったそうですが、迎えに行ってそのまま引手茶屋で宴会&床入りをしたんですか?遊女屋では遊ばないのですか?
映画の「さくらん」や「吉原炎上」は遊女屋で遊んでいますよね?
もし、迎えに行って遊女屋へ帰って遊ぶようであったなら帰りは道中したんですか?客も一緒に・・・・?


この4つがどうしても分かりません。是非教えてください。

Aベストアンサー

江戸時代でも、初期と中、後期、京阪と江戸でもかなり遊郭の様子は違うのですが、
まず、「揚屋」というものが江戸後期にはなくなっていたようです。大阪には何件か残っていたようです。
「揚屋」というのは最高ランクの遊女である「太夫」を呼ぶだけのための場所ですが、後期にはこれがなくなって、ただの「茶屋」で遊ぶようになります。
というか、「太夫」という位そのものがなくなります。
「端店女郎」みたいな下級遊女は別として、「太夫」「天神」のようなクラス分けそのものがなくなります。デフレです(笑)。だいたい、どの遊女も同じような値段で遊べるようになります。
「お職」というのは、単に人気ナンバー1の遊女を指す言葉で、江戸前半期の遊女のランク付けとは関係ないと思います。
「揚屋」と「太夫」あっての「花魁道中」ですから、江戸中期以降には、やらなかったはずです。

「花魁道中」は、「太夫」が、使う布団や着替えの衣装など一式を持って、お供を引き連れてお客のところに向かう行列、とワタクシは理解しています。
「太夫」以下のクラスの遊女は布団を持っていかず、また、お供の人数も少ないので、「道中」というほど華やかなものではなかったでしょう。
「花魁道中」というイベントがあったわけではなく、「太夫」クラスの遊女が大人数、大荷物で客のところに向かうときのおおげさな様子を「道中」と呼んだのだと思います。
後にこれを「イベント」として客寄せに使ったかもしれませんが、元の意味合いは失われているかと。
少なくとも江戸ではワタクシの知る限りありません。
お芝居に出てくるのは絵的にきれいだからで、当時のシステムをリアルに映しているわけではありません。

字数の問題で細かいご質問の分まで書けません(分割投稿ダメらしい)。必要ならまた書きます。

江戸時代でも、初期と中、後期、京阪と江戸でもかなり遊郭の様子は違うのですが、
まず、「揚屋」というものが江戸後期にはなくなっていたようです。大阪には何件か残っていたようです。
「揚屋」というのは最高ランクの遊女である「太夫」を呼ぶだけのための場所ですが、後期にはこれがなくなって、ただの「茶屋」で遊ぶようになります。
というか、「太夫」という位そのものがなくなります。
「端店女郎」みたいな下級遊女は別として、「太夫」「天神」のようなクラス分けそのものがなくなります。デフレで...続きを読む

Q着物を売りたい(東京都内)

20~30年前位に作った着物が10枚ほどあります。
痛みも無く、未使用のものもあります。
できれば納得できる値段で売りたいのですが。

実際買い取りをされた方でお勧めのお店があったら教えてください。

また、買取の査定をしてもらう時に高く買い取ってくれ
るコツなどありましたら教えてください。

紋付の留袖もあるのですが買取ってくれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

あるリサイクル着物の専門店で着物を物色していた時に、買い取り相談の電話の店側の応対が聞こえたことがあります。
「ものすごく安くなる」「高くは買い取れない」「期待するな」なんて言葉が聞こえていました。
つまり、当然のことですが、安く買って高く売らないことには商売になりませんから。

着物ではないのですが、リサイクルって本当に安くしか引き取ってもらえないようです。

たんす屋さんで古着を見たことがありますが、買い取り後にクリーニングをしたりした上で値段をつけるので、買い取り価格にはあまり期待できないのではないかと思います。

納得できる値段で売却したいなら、オークションの方がまだ期待できると思います。希望価格を開始価格にするとか、開始価格を安くしておいて最低落札価格を設定するとか、色々方法があります。

紋付の留袖、色留袖なら私が欲しい・・・。(サイズが合えば、ですけど)(^^;

Q花魁の身受け代の行方

花魁の身受けには莫大なお金が動いたそうですが、身受け代が本人の借金より多かった場合、残金は花魁のものになるのでしょうか。
それとも、雇い主のものになるのでしょうか。
どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

遊女の階級としては:
、「花魁」そして「格子」、「散茶」、「梅茶」、「五寸局(つぼね)」、「三寸局」、「なみ局」、「次(つぎ)」の8階級です。

史料として残るのは、元禄年間(1688~1704)で「梅茶」あたりで40~50両(約1千万円余り)。「梅茶」の借金が30両位で後は忘八の取り分。「花魁」になると借金は500~600両で、身請け金額としては、それまで世話になった人々への「ご祝儀」も含めて、1,000両(約7,500万円位)かかったと言われています。

花魁の借金の返済とご祝儀、残った銭は楼主の取り分となりました。

身請けの日には、妓楼(ぎろう)では、「赤飯」を炊き、豪勢な食事を用意し、一通りの「祝いの膳」を終えてから(全て、身請け人の銭で)、大門の前に用意された「籠」で廓(くるわ)を去った。

天明年間(1781~)に入ると、松葉屋半左衛門という楼主は、これまでの26年間に渡り、2代目花魁の瀬川から5代目瀬川までの4人を身請けさせ、5,000両という大金をせしめたと言われている。そこで幕府も、余りにも高額過ぎる、と判断をし、以後は「500両以内とする」と言う通達まで出している。

身請けするには、まず、客から楼主に「だれだれを身請けしたい」との相談があり、楼主は、一応は花魁の親元に確認をとり、異存のないことを確かめたうえで、客に身請け証文を入れさせ、さらには、身代金と本人の借金を支払わせました。

天明13年(1793)に身請けされた薄雲太夫の身請け証文は以下のように書かれてあります。

「証文之事 一 其方抱之薄雲と申す傾城 未年季之内に御座候へ共 我等妻に致度 色々申候所に無相違妻に被下 其上衣類夜着蒲団手道具長持迄相添被下忝存候 則為樽代金子三百五拾両其方え進申候 自今已後 御公儀様より御法度被為仰付候 江戸御町中 ばいた遊女出合御座舗者不乃申道中茶屋はたごやへ 左様成遊女がましき所に指置申間敷候 若左様之遊女所に指置申候と申すもの御座候はば 御公儀様え被上仰 何様とも御懸り可被成候 其時一言之義申間敷候 右之薄雲若離別致し候はば 金子百両に家屋舗相添へ 隙出し可申候 為後日証文如件 元禄十三年辰の七月三日 貰主源六 請人平右衛門 同半四郎 四郎左右衛門殿」

要約すると、

「薄雲という太夫(または、花魁)はまだ年季の途中であるが、私の妻にいたしたく、色々な所へ相談し許可を得ました。また、衣類や夜着、蒲団、手荷物、長持ちなども一緒に引き取ることといたしました。酒宴のための酒樽代金350両をあなたに差し上げます。私は今後、御公儀より御法度とされている町中(の女郎)やばいた、旅の途中の茶屋やはたごの遊女がましき所へは出入りをいたしません。もし、そのようなことをして薄雲と離別するようなことがあれば、金子100両に家屋敷を添えてひまを出します。後日の証文といたします。元禄13年辰7月3日 貰主源六、証人平右衛門、同じく半四郎。四郎左右衛門殿」

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

遊女の階級としては:
、「花魁」そして「格子」、「散茶」、「梅茶」、「五寸局(つぼね)」、「三寸局」、「なみ局」、「次(つぎ)」の8階級です。

史料として残るのは、元禄年間(1688~1704)で「梅茶」あたりで40~50両(約1千万円余り)。「梅茶」の借金が30両位で後は忘八の取り分。「花魁」になると借金は500~600両で、身請け金額としては、それまで世話になった人々への「ご祝儀」も含めて、1,000両(約7,500万円位)かかっ...続きを読む

Q着物の柄の花の名前を忘れてしまいました。

着物の柄の花の名前を忘れてしまいました。
5枚花弁の桔梗の花のようなに思うのですが、花の名前を忘れてしまいました。
お分かりになる方いらっしゃいますでしょうか?

着物の柄画像です↓
http://pds.exblog.jp/pds/1/200801/15/73/a0028973_10205962.jpg

Aベストアンサー

花びらの雰囲気と地面から生えている具合やつぼみの様子は芍薬(シャクヤク)のように見えますが、いかがでしょうか。


http://www.hana300.com/syakuy.html
真ん中にある写真集の中の一重の芍薬に似ていると思います。

Q花魁はなぜ大きなぽっくりを履いていたのか?

江戸時代、高位の花魁は、花魁道中で高さのある大きなぽっくりを履いていますよね。
これはなぜですか?どう言った意味があるのでしょうか?
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは

三枚歯下駄というようです
http://www014.upp.so-net.ne.jp/g-masuda/
見た目がかっこいいからですかね
江戸時代3枚歯が人気が出たそうです
それで取り入れた可能性が

髪型とかも独特じゃないですか
太夫ですよ。と権威を示すためだと思います

Q着物に詳しい方、着物・小物・帯について教えてください

最近着付け教室に通いだして、色々買ってみたいのですが、知識がないため、わかりません。

まずは、着物を買いたいのですが、小紋という着物を買わなければなりません。

20代前半なのですが、歳相応の着物ってどんな感じでしょうか??

裏地のついているもの、ついていないものがあるみたいで、どちらを買えばいいのか解りません。

先生には、透ける素材のものは、買わないように言われました。

また、身長が162cmなのですが、身丈とか着丈とかの表示がいまいちわかりません。

仕立上がりのものを買う予定です。

帯は、名古屋帯を買います。

あと、合わせて帯上げも買う予定です。

帯締めは、先生にいただいた、薄いオレンジとピンクの中間くらいのくすんだ色のものを持っています。

購入のアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
ですので、着物を買うときには、私は丈よりも
裄の合うものを購入してみます。
(くわしいサイズがわからなくても、実際に羽織れば
長いか短いかはわかります)
丈は、腰のあたりでいったんヒモで結んだ後、
おはしょりを取りますので、腰の部分が重なる分
長さが必要です。
つまり、自分の身長よりも短ければ、腰の部分を
二重に折ると、膝丈のスカートのようになってしまいます。
ですので、通常は自分の身長よりもかなり長いです。
(羽織っただけでは裾をひきずってしまいます)
ただし、人間の体のバランス的に、
裄(手の長さ)が合えば、丈も大抵はあいますし
おはしょり部分は、腰ヒモを止める位置をずらしたり
重なる部分を多く取ったり少なく取ったりすることで
かなり調整できますので、羽織った時に
丈は床に引きずる位のものなら、裄が合えば大丈夫
だと思います。
ちなみにリサイクル着物の場合、昔の人は
今の人よりも手足が短く、また作業がしやすいように
裄を短めに作っていたので
裄が長い着物は(今の162cmの女性なら
かなり裄が長めの着物になると思います)丈も
ものすごく長いです。
身幅も、太っている人用と痩せている人用では
違うのですが、タオルなどで補正しますので
あまりにもだぶだぶでなければそれほど気にされる
必要はないと思います。
ちなみに私の場合は、仕立て上がりのリサイクル着物を
買うときは、裄の長さは見ますが(きちんとしたお店なら、サイズが表示されています。なければ、その場で
測っていただくことも可能です)
丈の長さは床についてひきずっていれば大丈夫だと
思って、みていません。
なので、丈の長さはわからないまま着ていますが
特に問題はありません。
ただし、試着は必ずさせてもらいます。
子供用のものであったり、どこかを切ってしまって
いたりした場合は、(裾の方を切ってバッグなんかを
作ってしまっている場合など)
広げて着てみないとわからないからです。

洋服のように厳密にはサイズを測らなくてもいいのですが
どれくらいあれば調整できる範囲なのかは
基準がないと判断は難しいと思いますので
着付け教室のお友達や先生などで、自分と同じくらいの
体型の方に、着物を借りてみて、羽織ってみたかんじを
覚えておかれれば、よりわかりやすいと思います。
また、仕立て上がりの場合は、お店でヒモを使って
着せてもらえますので、お店の人にサイズを測ってもらって
とりあえずサイズの合うものを着せてもらって
確かめてみることもできます。

参考にしていただけましたら幸いです。

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
です...続きを読む


人気Q&Aランキング