英英辞典での『cite』の意味として、

・to mention in support , proof , confirmation ; refer to as an example : He cited many instances of abuse of power.

というのが載っておりました。
http://dictionary.reference.com/browse/cite

私は『in』を「中で」「途中で」などのニュアンスで理解しているのですが、
ここでの『in』がどのような意味で使われているのかがよく分かりません。
意味もよく取れません。
むしろ『as』などの方が適当なのではないかと思うのですが。

「in support」「in proof」「in confirmation」になぜ『in』を用いるのかを
暗記ではなく、何とか説明・理解する方法などないでしょうか?

よろしくお願い致します。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

英英辞典 (Merriam-Webster) を引くと


in = used as a function word to indicate purpose <said in reply>
とあります。後に続く名詞の内容を「目的」としてという言い回しです。

in support of ~を支持[支援・援助・擁護]して、~に賛成して
In proof of [=as (a) proof of] 証拠として
in confirmation of ~の確認として、~を確認して
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れましてすみません。
ご回答どうもありがとうございます。

「in」に目的の意味があるとは知りませんでした。
いくつかの英和辞典に当たってみたのですが、「Wisdom」と「o-lex」には載ってなく、
「ジーニアス」には18個の意味中16番目に載っておりました。

一方「Merriam Webster」では5個中4個目、「American-Heritage」でも9個中7個目に
載っていたのには驚きました。

やはり英英辞典じゃないとダメなんだなぁ、改めて思いました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 11:08

こんにちは。

不思議なことに、IEで回答を書いていたら、途中でフリーズをしてしまい、いつまでたってもそれがとけないので、グーグルクロームを起動して回答することにしました。

書きかけの回答を思い出して、かなり簡略化して述べます。

1.前置詞はもともと副詞でした。時空の関係を述べるための語が、その使用頻度の多さのために、独立した分野を築くほどに発達したためです。結果的にほぼ10語ぐらいの前置詞で時空関係を表すようになりました。しかし、時空関係のさまざまなものは、何の時空関係を述べるかによって千差万別ですから、本来は無数の前置詞が必要なのです。しかし、悲しいかな人間は有限の存在であり、無限の能力のある存在ではないので、使える前置詞10個ほどに、いろいろな時空関係を仕方なく割り振るしかないのです。ある場合は、典型的な誰でもが分かり易い用法として、ある場合は、ぴったりとは来ないがこれが比較的近いのでこの用法で、と言うように。

2. in support も、それと同じで、典型的な用法である、 in the box とはことなり、その発展形です。

3.この時、例えば、in the box の代わりに、on the box, とか、 at the box とすることはできません。それぞれ、表す意味が異なるからです。では、in support の代わりに、 on support, at support ではどうか、それを考えると、なぜ、in support が使われるのか、分かるはずです。

4.at, on, in の違いはなんでしょうか? at work:「仕事中」 と言い、 on the duty:「当番中」というのはなぜでしょうか? at と言うのは一種の「集中」を表すと思います。集中するから対象が小さく感じられるのです。だから、at seven:「7時に」のように瞬間的な時刻を表すのでしょう。「仕事中」は仕事に集中をするのであって、集中しなければ職務専念義務違反に問われるかもしれません。on は「集中」ではなくて「いくつかある中からの選択」だと思います。もともと選択肢が幾つかあって、その一つを示すのがon です。「当番中」というのは、一種仕方なさのような感覚があります。「今はスケジュールで当番にあたっているので、仕方なく、留守番をしているんだ」のような言い方によく表れているはずです。同様に、 on Sunday と言う言い方も、常に、ウィークディではなくて日曜日にという比較対象の感覚があるのです。

5.では、in の基本的な感覚はなんでしょうか?in the box は「箱の中」という意味ですが、この時、箱は大きさのある空間を意味しています。大きさがあると言うことは、中で動けると言う意味です。「中身がある」と言う言い方がありますが、「中」とか「内側」という時、そこにいろいろなものが揃っていたり、いろいろな変化があることを暗示します。こういう感覚が、 in English とか、in ink のような言い方になるわけです。

6.同時に、空間があると言うことは当然中で動くことが出来るわけです。in support と言う時、これは、何かsupport をするために行動をしていると言う意味合いがあるのです。In crossing the street he was run over. と言う時、in crossing は、「横断」という動作をしているときに、という意味です。「横断している」というシーンが大写しにされ、その中で彼が車にひかれると言うイメージです。

7.もし、at crossing, on crossing としたらどうでしょうか?atを使うと、何か「横断しているときだけ」のような感覚が出てしまうように思います。また、on を使うと、「横断した途端」のような感覚です。in の持つそのシーンを大写しにすると言う感覚にはならないのは確かです。

楽器で何かの曲を弾くというとき、on the piano のようにonを使うと言うことです。これも、ピアノとかギターとかいろいろある楽器の中である楽器という感覚と、もう一つは、曲と楽器の関係がonで表される上にちょこっと乗った感覚があるはずです。

以上、以前、数年前、自分が同じような質問に回答を差し上げた時のことを思い出しながら書きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れましてすみません。
長文のご回答どうもありがとうございます。
それもわざわざ2度書きして下さったみたいで、恐縮です…。

>in support と言う時、これは、何かsupport をするために行動をしていると言う意味合いがあるのです。

なるほど。「サポート中」から「サポートをするために行動する」という目的の意味合いが
でてきたのですね。

勉強になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/05/03 11:21

>「in support」「in proof」「in confirmation」になぜ『in』を用いるのかを、、、、



「支持として」「証拠として」「確認で」という意味ですね。
「in」は「状態」を表現しています。

以上、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れましてすみません。
ご回答どうもありがとうございます。

私も「状況」の意味は考えたのですが、「in proof」の部分がどうも納得できなかったのですが・・・。

お礼日時:2011/05/03 10:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の前置詞Even if you have lots of experience in read

英語の前置詞
Even if you have lots of experience in reading books,you will still.......

なぜここで前置詞のinが使われるのでしょうか?
似たような例文も一緒に教えてくれると有り難いです。

Aベストアンサー

日本語の助詞のように英語学習者にとっては前置詞はとてもやっかいで一緒に使われる動詞や名詞と組で覚えていくのが最善と思います。英文に慣れ親しむにつれ自然と分かってきます。

なお補足にある independence in language learning に納得がいかないということですがこの意味は『言語学習の独立』であり independence of (from) language learningは『言語学習からの独立』であり両者の意味は違います。

Q英英辞典のLONGMANの前置詞”in"の説明がわからなくて困っていま

英英辞典のLONGMANの前置詞”in"の説明がわからなくて困っています。この辞書によると
”used to name the book,document,film,etc where thing or someone appear(物事やだれかが現れるような本・ドキュメント・映画などを名づけるために使われる)”と書かれてあり、例として
You shouldn't believe everything you read in the newspapers.”
"Which actress starred in the film 'Cleopatra'?"
"There are a few mistakes in your essay."
"In his speech Professor Leary praised the work of the volunteers”とあります。
この”in”の定義で、なぜnamed(名づける)という表現を使っているのがわかりません。私の辞書の解釈が間違っているのだと思うのですが、正しい解釈を知りたいのでよろしくお願いします。

英英辞典のLONGMANの前置詞”in"の説明がわからなくて困っています。この辞書によると
”used to name the book,document,film,etc where thing or someone appear(物事やだれかが現れるような本・ドキュメント・映画などを名づけるために使われる)”と書かれてあり、例として
You shouldn't believe everything you read in the newspapers.”
"Which actress starred in the film 'Cleopatra'?"
"There are a few mistakes in your essay."
"In his speech Professor Leary praised the work of the volunt...続きを読む

Aベストアンサー

この他動詞nameを「特定する、指定する」と解釈されれば、
理解が早いのではないでしょうか。

http://eow.alc.co.jp/name/UTF-8/

「新聞」「映画クレオパトラ」「君のエッセイ」「彼のスピーチ」
等と、事象を特定しているのが、inであろうと思われます。

Q前置詞ofでこんがらがってきました。 例えば apple juice mushroom soup 上

前置詞ofでこんがらがってきました。
例えば
apple juice
mushroom soup
上記が普通だと思いますが…

juice of apple
soup of mushroom
のような使い方もアリですか?

また、ニュアンスの違いなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

例えばジュースが欲しい、と言ったとします。漠然と。そして何のジュース?、と問われる。その心は?
of apple。スープも同様。of mashroomで解決します。

多少特殊ですが、「あり」です。

Q『to do it』か『to do』か『it』か?

例えば
"Will you do that thing tomorrow?"
における答えとして、

(1)"Yes.Because I promised her to do it."
(2)"Yes.Because I promised her it."

または答えの部分のitを省略して
(3)"Yes.Because I promised her to do."
(4)"Yes. Because I promised her." 
(5)"Yes. Because I promised to her."

この中で適切な表現とそうでない表現、あるいはどれが一番良い表現かなど
分かる範囲で教えて頂きたいのですが。

日本語では、しばしば分かりきっている時主語や目的語をよく省略しますが、
英語においても目的語の省略というのはよく行われることなのでしょうか?
それとも文の成分の省略は滅多に行わないのでしょうか?

あともう一つ、
現在に影響を与えている(現在と密接に関わっている)過去の出来事は
現在完了を使うように習った記憶があるのですが、
この場合も過去形の『promised』ではなく『have promised』の方がよいでしょうか?

参考になることなら何でもよいので、よろしくお願い致します。

例えば
"Will you do that thing tomorrow?"
における答えとして、

(1)"Yes.Because I promised her to do it."
(2)"Yes.Because I promised her it."

または答えの部分のitを省略して
(3)"Yes.Because I promised her to do."
(4)"Yes. Because I promised her." 
(5)"Yes. Because I promised to her."

この中で適切な表現とそうでない表現、あるいはどれが一番良い表現かなど
分かる範囲で教えて頂きたいのですが。

日本語では、しばしば分かりきっている時主語や目的語をよく省略しますが、
英語にお...続きを読む

Aベストアンサー

 お礼、ありがとうございます。#3です。

>英語は主語を省略することは命令文になってしまうからあまりないと思うのですが、

 通常の文では、そうですね。会話などではDo youを略すことがしばしばあります。イントネーションが尻上がりですので、間違いません。メールやチャットでも?で分かります。

>代不定詞のtoを使い、(6)Yes.Because I promised her to."とした方がよいでしょうか?

 代動詞には代不定詞(toで終わらせ、to doにしない)、などといいますが、私は会話主体なせいか、ほとんどそうしません。上の例だと特にそうだと思うのですが、会話ではtooと間違うことがあるのです。

Q前置詞の使い方 of とforの使い分け

いつもofを使うべきかforを使うべきか迷います。
次のような場合はどちらが適切でしょうか。あるいはそのほかに、より適切な前置詞があれば、その理由も含めて教えてください。
a theme song for/of "Armageddon" 「映画アルマゲドンのテーマソング」
negative reaction for/of before and after picture  「使用前後の写真に対する否定的な反応」

Aベストアンサー

はじめまして。

1.a theme song for/of "Armageddon" :

(1)文法的にはfor・ofどちらも可能です。

(2)文脈によってどちらも使えます。

(3)ここでのforは「~のための」「~のために」という、「捧げられる対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンのために」作られる・作られた歌、という文脈で使いたい場合は、forが適切となります。

(4)ここでのofは「~の」「~の所有する」という、「所有する対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンが所有する」「映画アルマゲドンに所属する」歌、という文脈で使いたい場合は、ofが適切となります。

(5)ただ、通常に「映画アルマゲドンのテーマソング」ということであれば、ofでいいでしょう。


2.negative reaction for/of before and after picture:

(1)この英文は文法的に間違いです。

For/ofは前置詞、before/afterも前置詞で、前置詞がこのように連続して使われることはありません。

また、before and after pictureで「使用前後」にはなりません。「使用」にあたるuse、usingなどの語が必要です。

(2)「~への反応」の「~への」にあたる前置詞は、通常toが使われます。これは、反応がポジティブ・ネガティブどちらか未定の時に、一般に使われます。

反応が「否定的」と予めわかった上で使用する場合は、againstがいいでしょう。

(3)以上を踏まえて訂正例は
a negative reaction against the picture before and after use
「使用前後の写真に対する否定的な反応」
となります。このuseは名詞なので発音は「ユース」となり、濁音ではありません。

以上ご参考までに。

はじめまして。

1.a theme song for/of "Armageddon" :

(1)文法的にはfor・ofどちらも可能です。

(2)文脈によってどちらも使えます。

(3)ここでのforは「~のための」「~のために」という、「捧げられる対象」を表す前置詞として使われています。

つまり、このテーマソングは、「映画アルマゲドンのために」作られる・作られた歌、という文脈で使いたい場合は、forが適切となります。

(4)ここでのofは「~の」「~の所有する」という、「所有する対象」を表す前置詞として使わ...続きを読む

Qスラングが豊富な英英辞典、もしくはwebサイトでの辞典ありますか?

お世話になります。
英語の学習にはロングマンやコウビルド、もしくはケンブリッジのweb辞典等を使っています。口語表現も充実しているのですが、やはりスラング的な表現になると載っていないことが多く困っています。web上やドラマ、映画等のスクリプトから意味を調べようとしてそれらの辞書に載ってなければ、今はweb上で検索またはフレーズ検索をかけてヒットした文から意味を類推するような事をしたり、スラング辞典を用いたりしているですが、英語のみの辞典、もしくはスラングを扱ったサイトがあれば知りたいです(おすすめなものがあれば日本語でも)。自分でもスラングのサイトは検索していくつかは見つけたのですが、どれも今ひとつなのです。用例や使用頻度、国別、地域別などの説明が豊富でup-to-dateなものでお勧めがあれば是非教えてください。

Aベストアンサー

私は「英辞郎」という辞典のwebサービスしか知らないんですが(汗)、
海外に在住している人が実際の生活の中で集めた100万語だかの言葉が載っているらしいです。
用例も結構載っていると思うんですが、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Qobedience to X、observance of X の前置詞の使い分け

obey X
⇒ obedience to X

observe X
⇒ observance of X

上記のように、似たような表現でも異なる前置詞が使われるようですが、
こういう時の前置詞の違いに、覚えやすい方則のようなものはあるのでしょうか?
それとも慣れるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

多少の理屈はありますが実体は覚えるしかないに近いと思います。慣れれば辞書は要らないことが多いわけですが...

"The BBI Combinatory Dictionary of English" (約3千円) という名前の辞書にもなっています。

例えば
obedience n. 1. to demand, exact ~ from 2. to instill ~ in 3. to pledge, swear ~ to 4. blind, strict, unquestioning ~ 5. ~ to
observance n. 1. a religious ~ 2. solemn, strict ~ (of the rules) 3. in ~ (of a holiday)
というような説明がされています。obedience to, in observance of が普通の良い方であることが分かります。

Qhardlyの英英辞典での意味

hardlyの英英辞典での意味
英英辞典でhardlyの意味を引いてみた所、
『often used ironically or politely to mean "not quite," or "not at all"
[hardly the person to ask]』という記述がありました。

分からないのは最後の
[hardly the person to ask]の部分です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文にはなっていませんが,例文,使用例ですね。
I'm hardly the person to ask.
「私はほとんんど尋ねるべき人ではない」
「私に尋ねてもほとんど無駄だよ」
こんな例文でもいいのでしょうが,コンパクトにまとめています。
こういう一部だとわかりにくいですね。

ネイティブのための英英辞典ならではだと思います。

Q英文タイトルに使うofなどの前置詞の多用回避

仮に次のような論文のタイトルを英訳するとします。

「横浜港の競争力の復活」
'Restoration of Competitive Power of Port of Yokohama'

これでは、ofが多用されすぎて、変ですよね。
ofのどれかを他の前置詞に変えるか他の構文にしたいけれど、何かいい表現はありますか? 真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?
但し、最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。

或いは次のような構文へ変更することも選択肢の一つとして考えられると思いますが、ご意見をお願いします。

'How to Regain Competitive Power to Port of Yokohama'

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?>

ご質問文にある英文では、「復活」に主眼が置かれています。これを、「競争力」にスポットライトをあてると、to不定詞を以下のように使うことができます。
例:
Competitive Power to be Restored in Port of Yokohama
「横浜港において、復活されるべき、競争力」


ご質問2:
<最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。>

Yokohama Portという表記では定冠詞は必要ありませんが、Port of Yokohamaと地名をofで限定する場合は、通常The Port of Yokohamaと定冠詞が必要です。
例:
Tokyo Bay
=The Bay of Tokyo
「東京湾」


ご質問3:
<ofのどれかを他の前置詞に変えるか他の構文にしたいけれど、何かいい表現はありますか?>

1.「横浜港の」:

ここでは、「横浜港における」ということですから、前置詞はofではなくinが適切だと思われます。
例:
in the Port of Yokohama

2.「競争力」:

No.2の方が指摘されているように、Competitive PowerのPowerの使い方はここでは不自然に感じます。Powerの変わりに「可能性」を示すAbilityなども使えますが、ここでは、「潜在的な可能性」「潜在能力」のニュアンスを持つ、Potentialityなどが適切だと思われます。
例:
Competitive Potentiality

3.「復活」:

「再興、復建、再構築」という意味合いでの「復活」ならば、Reconstruction、「以前繁栄していたものが一度廃れ、再び甦る」というニュアンスならば、Revival「復活」なども使えるでしょう。

4.以上を踏まえて訂正例は

Reconstruction of Competitive Potentiality in the Port of Yokohama
(直訳)「横浜港における、競争能力の、再構築」
→(意訳)「横浜港における、競争力の、再興」

Competitive Potentiality to be revived in the Port of Yokohama
(直訳)「横浜港において、復興させるべき、競争能力」
→(意訳)「横浜港における、競争力の、復活」

ぐらいになります。
以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<真ん中のofをtoに代替させることは可能ですか?>

ご質問文にある英文では、「復活」に主眼が置かれています。これを、「競争力」にスポットライトをあてると、to不定詞を以下のように使うことができます。
例:
Competitive Power to be Restored in Port of Yokohama
「横浜港において、復活されるべき、競争力」


ご質問2:
<最後のPort of Yokohamaは固有名詞として、Yokohama Portなどへの変更は不可とします。>

Yokohama Portという表記では定冠詞は必要...続きを読む

Q英英辞典の読み方に関して

先日英英辞典を購入した者です。辞書に記載されている単語の説明文で不明な点がありますので力をお貸しください。

動詞に多い表現なのですが、例えば

scan
→ to look at every part of something carefully, especially because you are looking for a particular thing or person.

こういった説明の中で、よく文頭に to不定詞 が使われていますが、これを日本語的で表現するとどういった意味になるのでしょうか?(上の文の場合、「見るために?」あるいは「見ること?」あたりの意味になるのでしょうか?)

それとも、英英辞典において文頭に用いられる to不定詞 は、その前に何かが省略された形になっているのでしょうか?

下手な質問で申し訳ございませんが、時間があれば回答お願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

これは、単にscanは(この意味で使われるときには)動詞だよ、と言っているのです。

日本で言う、~を見ると言うこと、と言う風に動詞であると言うことを示す事がありますね。 これとまったく同じ事なのです。

用法で言えば、~すること、と言う事ですので名詞用法となるわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報