現在、30歳、男、妻、子なしです。
SBI証券でインデックス投資信託を始めようと思っています。
すでに、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)を時価700万分持っているので、
それを取り崩しながら徐々にインデックス投信にシフトしようと考えています。
今のところ、1年でシフトしようと考えているので、約60万/月ずつワールドリート
を解約⇒インデックス購入を考えています。

その上で、以下の通りにポートフォリオを組んでみましたので、
有識者の方のご意見を頂ければと思っています。

投資スタンスとしては、割とリスクはとってもよいと思っていますし、
日本の右肩成長はあまり期待していないです。
投資金額は直近(ここ数年)すぐに使うお金ではありません。

よろしくお願いいたします。

【700万円の配分】
カテゴリ割合  配分金額(万円)
---------- -----
国内株式 5%35
海外株式 20%140
新興国株式 20%140
国内債券 0%0※預貯金でカバー
海外債券 15%105
新興国債券 15%105
国内REIT 5%35
海外REIT 10%70
コモディティ 10%70
---------- -----
合計100%700

【月々60万円積立の配分】
国内株式ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド:3万
海外株式中央三井-CMAM外国株式インデックスe:12万
新興国株式三菱UFJ-eMAXIS新興国株式インデックス:12万
海外債券中央三井-CMAM外国債券インデックスe:9万
新興国債券住信-STAM新興国債券インデックス・オープン:9万
国内REIT三菱UFJ-eMAXIS国内リートインデックス:3万
海外REIT野村-野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i):6万
コモディティパインブリッジ-パインブリッジ・コモディティファンド1年決算型 ネイチャーメイド:6万

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 インデックス投信だけではありませんが実際に資産運用しているものです。



> すでに、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)を時価700万分持っているので、それを取り崩しながら徐々にインデックス投信にシフトしようと考えています。
 信託報酬を考えると一括で売却しても良い気がします。海外REITが値上がりするなどの予想をされているのであれば突っ込むところではないのでしょうが。

>ご意見を頂ければと思っています。
 あまり偉そうに意見できる立場でもないですし、質問者様の思いもあると思うので…そんな見方もあるのか程度に。

 新興国の比率が35%なので運用資産のブレが大きそうです。そのリスクが許容できるのであれば問題ありませんがいかがでしょうか。また今回挙げられている資産以外に安全資産があるなら気にする必要は無いかもしれません。

 あと新興国債券ですが為替・カントリーリスクが高い割にリターンが小さい印象があります。新興国債券のインデックス投信はおおむね設定されて明確な下落場面がないので下落傾向になった時にどのような動きをするのかやや心配です。

 なお新興国債券で意識するのは金利になるかと思います。ただ高金利の国の通貨価値は下落しやすいので、長期運用での最終リターンは低金利通貨の先進国と思ったほど変わらない可能性があります。なのであえてリスクを取るのであれば株式に投資したほうが良いと見ています。

 ただあくまで個人的に気になったところです。ご納得の上であれば結構なのだとお思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ただ高金利の国の通貨価値は下落しやすいので、長期運用での最終リターンは低金利通貨の先進国と思
>ったほど変わらない可能性があります。なのであえてリスクを取るのであれば株式に投資したほうが良
>いと見ています。

なるほど。よいアドバイスありがとうございます。先進国株式(日本以外)にポートフォリオの比重を大きくしてもう一度再考してみたいと思います。

お礼日時:2011/04/26 16:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正弦波駆動用のモータと、矩形波駆動用のモータ

同期型モータ(SPMSM/IPMSM)とBLDCモータはモータ自体が違うのでしょうか。あるいはモータは同じで制御方法(ソフト)の差ですか。
正弦波駆動用のモータと、矩形波駆動用のモータは、制御方法だけ異なるのか、モータ自体が異なるのかどちらなのでしょう。

Aベストアンサー

>同期型モータ(SPMSM/IPMSM)とBLDCモータはモータ自体が違うのでしょうか。あるいはモータは同じで制御方法(ソフト)の差ですか。

同じです
ソフトではなく、電源の違いです。

http://www.nidec.com/ja-JP/technology/motor/basic/00004/

>正弦波駆動用のモータと、矩形波駆動用のモータは、制御方法だけ異なるのか、モータ自体が異なるのかどちらなのでしょう。


同じです
http://japan.renesas.com/applications/key_technology/motor_control/motor_algorithms/child/bldc.jsp

Q投資信託ポートフォリオ目標利回りとのバランス

投資信託をはじめようとしてます。 毎月積立の中長期運用を考えてます。
そこで、ポートフォリオを考えてるのですが、
目標利回り率との関係が分からなく困ってます。
例えば、
国内株式20%
先進国株式30%
新興国株式10%
国内債権10%
先進国債権30%
と組んだ場合の利回率(目標)は
どのようになるのでしょうか?

目標利回4%ぐらいを目指してます。

Aベストアンサー

こんにちわ。二回目です。

手数料は確認しましたか?貴方が毎月1,500円を入れようとしている年金積立インデックスF海外新興国債券の手数料は以下の通りです。目論見書に書いてあります。
http://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/940992/file/940992moku.pdf

3.24% 購入時手数料 (入口で発生)
0.56% 信託報酬 (毎年発生)
0.10% 諸経費 (毎年発生)
0.54% 売買手数料 (利益の度)
0.20% 留保額 (出口で発生)
3.89% 過去5年の利益率(単年度換算)。基準値が5年で10,000から12,104に育っているので、(12,104-10,000)の1/5乗=3.89%です。10年で1.46倍になる計算です(1.0389の10乗)

この数字を見て、可と思うか不可と思うか、それは貴方次第です。参考までに、小生お気に入りの投信をご紹介しましょう。ちなみに情報源はココ↓
https://personal.vanguard.com/us/funds/snapshot?FundId=0585&FundIntExt=INT#tab=3

0.00% 購入時手数料
0.05% 信託報酬
0.00% 諸経費
0.00% 売買手数料
0.00% 留保額
8.05% 過去10年の単年度利益率。10年で2.17倍になった(1.0805の10乗)。

イキナリ3.24%が差し引かれるのは、小生的にはムリです。あと、投信7個は随分と多いですね。小生は手数料激安の4個。債権もリートもゼロ、全力で株が良いと思いますよ。アメリカ株に50~70%くらい、その他を非アメリカ株。日本は一桁後半くらい。健闘を祈ります。

こんにちわ。二回目です。

手数料は確認しましたか?貴方が毎月1,500円を入れようとしている年金積立インデックスF海外新興国債券の手数料は以下の通りです。目論見書に書いてあります。
http://www.nikkoam.com/files/fund_pdf/940992/file/940992moku.pdf

3.24% 購入時手数料 (入口で発生)
0.56% 信託報酬 (毎年発生)
0.10% 諸経費 (毎年発生)
0.54% 売買手数料 (利益の度)
0.20% 留保額 (出口で発生)
3.89% 過去5年の利益率(単年度換算)。基準値が5年で10,000から12,104に育っ...続きを読む

Qスターデルタ起動でモータ焼損

お世話になります。
モータ端子台がZXY/UVWのモータにR-U-Z、S-V-X、T-W-Yで接続してスターデルタ起動していました。
モータ端子台がYZX/UVWのモータに交換する際、上記ZXY端子をモータ端子台に記号どおりに繋ぐとモータ壊れますか。
ZXY/UVW=赤白黒/赤白黒を、YZX/UVW=黒赤白/赤白黒に繋いだらと言う意味です。
スターでは問題ないことはわかります。
デルタで逆転なんてことになるとモータ損傷するのでしょうか。
モータ単体は共にU-X、Y-V、Z-Wが導通ありです。
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

 No.2です。失礼致しました。「交換時にこうすると焼損するか」ではなく「交換時にこうしたら焼損した」と云うことだったのですね。

 添付画像を見て戴きたいのですが、保安協会さん方の仰る通り

モータ口出し線の【Y】端子に起動制御盤からの【Z】線
モータ口出し線の【Z】端子に起動制御盤からの【X】線
モータ口出し線の【X】端子に起動制御盤からの【Y】線

へ接続しても回転方向は変化しません。相違点は
ZXY並び
デルタ時に、第一相R-Sの電圧がモータコイルU-Xに掛かる。
デルタ時に、第二相S-Tの電圧がモータコイルV-Yに掛かる。
デルタ時に、第三相T-Rの電圧がモータコイルW-Zに掛かる。

YZX並び
デルタ時に、第一相R-Sの電圧がモータコイルV-Yに掛かる。
デルタ時に、第二相S-Tの電圧がモータコイルW-Zに掛かる。
デルタ時に、第三相T-Rの電圧がモータコイルU-Xに掛かる。

ですので回転方向の変化はありません。

 焼損原因は、デルタ時への突入電流も然りですが、各モータコイルへかかる電圧も
スター時;電源電圧/√3
デルタ時;電源電圧
と大きくなる為、デルタ切り替え時が低下していたコイル間絶縁への「最後のトドメ」になったものと推測します。


>この場合でもスター時のロータイナーシャに勝てないものでしょうか。

 勝てません。静止時からの(デルタ結線での)直入れ始動ができない物を、逆回転中に直入れ始動しようとするなら、モータ自身が焼けて当然の起動トルク(=起動電流)を要求してきますから。
 デルタ切り替え時に逆相になったとすれば、火花レベルでなく、ゴッツイ機械的衝撃を伴い、状況により回転子が軸方向へ射出されたりもするようです。私は見たことありませんが。

 いかがでしょうか。

 No.2です。失礼致しました。「交換時にこうすると焼損するか」ではなく「交換時にこうしたら焼損した」と云うことだったのですね。

 添付画像を見て戴きたいのですが、保安協会さん方の仰る通り

モータ口出し線の【Y】端子に起動制御盤からの【Z】線
モータ口出し線の【Z】端子に起動制御盤からの【X】線
モータ口出し線の【X】端子に起動制御盤からの【Y】線

へ接続しても回転方向は変化しません。相違点は
ZXY並び
デルタ時に、第一相R-Sの電圧がモータコイルU-Xに掛かる。
デルタ...続きを読む

Q投資信託のポートフォリオなどについての質問です。

「みんなの投資」http://ginzajin.michikusa.jp/book/index.html
上記の本を読み、現在、投資信託を積立中です。

日本株(カブドットコムでトピックスオープン。貯まったらETFの1306をマネックスで購入し、貸し株)
外国株(はじめはカブドットコムでステートストリートでした。今は投信スーパーセンターで年金積立インデックスヘッジ無し)
外国債(はじめはソニー銀行で、今は投信スーパーセンターの年金積立ヘッジ無し)
MMF(オーストラリアドルとユーロ)

上記を毎月10万円ずつ積み立てています。
しかしいろいろ調べると、必ずしもこの方法がいいとはいえないと目にしたりして、不安です。(自分でも、購入前にはずいぶん勉強しました)
そこで、10万円のポートフォリオならどういったものがいいか、アドバイスが欲しいです。
30歳・独身・会社員です。

Aベストアンサー

1. 海外ETF

私も投信から海外ETFへのリレー投資を検討しています。
しかし以下の2つの理由から今は様子見の最中です。

(1) これから1年で(もしくは数年で)日本のおける海外ETFへの投資環境が大幅に改善されそうだから。
(2) 現時点では MSCI KOKUSAI もしくは MSCI AC KOKUSAI に連動するETFが買えない。

現在では楽天証券とイー・トレード証券で IVV+EFA+EEM をセットで買えます。
しかしカナダが投資先から抜け落ちてしまう点も気になるし、
三種のETFを買わないといけないので手数料がかさんでしまいます。
楽天証券とイー・トレードの双方に複数の利点と欠点があります。
マネックス証券も海外ETFの販売に参入するようです。

あと特定口座に入れられないので将来色々面倒な思いをしなければいけないかもしれない。
東証にも海外ETFが上場されつつあります。
個人的には少々コストが上がっても面倒がない特定口座で買いたいと思っています。

あれやこれやで動きが激しい分野なので私はしばらく様子を見ます。
しかし投信と比較するとETFの信託報酬はかなり低いので
長期的にはETFにリレー投資する予定でいます。

http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-275.html
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-200.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-539.html
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-592.html

2. 貸し株

リスクを承知でマネックス証券の経営状況を確認しながら
貸し株制度を利用するのは悪くないと思います。
しかしリスクを知らずにマネックス証券の経営状況も
確認せずに利用するのはおかしいと思います。
手間が増えて面倒なら利用しない方が良いでしょう。

1. 海外ETF

私も投信から海外ETFへのリレー投資を検討しています。
しかし以下の2つの理由から今は様子見の最中です。

(1) これから1年で(もしくは数年で)日本のおける海外ETFへの投資環境が大幅に改善されそうだから。
(2) 現時点では MSCI KOKUSAI もしくは MSCI AC KOKUSAI に連動するETFが買えない。

現在では楽天証券とイー・トレード証券で IVV+EFA+EEM をセットで買えます。
しかしカナダが投資先から抜け落ちてしまう点も気になるし、
三種のETFを買わないといけないので手数料がかさんで...続きを読む

Qモータの並列使用について

現在、車両型ロボットを製作している高専生です。
初めて質問させて頂きます。

モータを配置可能な場所の制約から、タイヤ1つに付き、2つのモータを並列にして速度制御したいと考えています。

調べてみると、片方のモータに負荷が偏ると異常発熱などのトラブルが起きてしまうことが分かりました。
しかし、下のURLの「モータの並列接続」での記述から、2つのモータを並列に使っている例もあることを知りました(ロボットアームなので私の用途とは違いますが)。
http://www37.atwiki.jp/kisarazu_maicon/pages/76.html

そこで質問なのですが、同じモータ2つにピニオンギアを付け、平歯車を固定したタイヤを回転させたとき、モータはすぐに壊れてしまうのでしょうか。
(モータが100時間壊れないで動いてくれたら今回は良いのですが)

モータはコアレスモーターでドライバICを使ってマイコンからPWM制御します。
タイヤとモータの回転数は分かりますが、モータを流れる電流は分かりません。

単純にモータドライバからの出力を2つのモータにつなごうと思っていたのですが、同じモータでも回転数に違いが出て片方に耐えられない負荷がかかるのではと心配しております。

浅学の身で恐縮ですが、ご教授をお願いします。

現在、車両型ロボットを製作している高専生です。
初めて質問させて頂きます。

モータを配置可能な場所の制約から、タイヤ1つに付き、2つのモータを並列にして速度制御したいと考えています。

調べてみると、片方のモータに負荷が偏ると異常発熱などのトラブルが起きてしまうことが分かりました。
しかし、下のURLの「モータの並列接続」での記述から、2つのモータを並列に使っている例もあることを知りました(ロボットアームなので私の用途とは違いますが)。
http://www37.atwiki.jp/kisarazu_maicon/pages/76....続きを読む

Aベストアンサー

まず、

>モータを配置可能な場所の制約から、タイヤ1つに付き、2つのモータを並列にして速度制御したいと考えています。

この駆動の構造は文章からこちら(http://yahoo.jp/box/t8cbdE)の図のa)に示したような駆動構造ですね?

 それを前提にして、まず2台のモータは構造から回転数はギアが外れない限り常に2台ともに同じ回転数で回転します。

 ここで2台のモータの回転数-負荷特性(図b)で太い線で表示)、電流-負荷特性(図b)で細い線で表示)を見てください。
 今2台のモータ1,2は同じ回転数Xで回転しているとき特性グラフからそれぞれのモータの電流は図のモータ電流1とモータ電流2のように求められます。
 2台のモータの特性が揃っていればモータ電流1とモータ電流2は同じになります。しかし、実際にはモータにはバラツキがありますので図のように電流値は相互に異なります。

 実際の使用で100時間程度と短時間なので、モータが壊れる心配はそれほどする必要は無いでしょう。また、モータのバラツキは同じ型番のモータならバラツキは大きくても15%程度と考えて差し支えありませんので選別する必要はないでしょう。もし、気になるようであれば、モータを同じ電圧で無負荷で回転させた時の無負荷回転数で相互に15%以内の回転数差のものを選べばいいと思います。

まず、

>モータを配置可能な場所の制約から、タイヤ1つに付き、2つのモータを並列にして速度制御したいと考えています。

この駆動の構造は文章からこちら(http://yahoo.jp/box/t8cbdE)の図のa)に示したような駆動構造ですね?

 それを前提にして、まず2台のモータは構造から回転数はギアが外れない限り常に2台ともに同じ回転数で回転します。

 ここで2台のモータの回転数-負荷特性(図b)で太い線で表示)、電流-負荷特性(図b)で細い線で表示)を見てください。
 今2台のモータ1,2は同じ...続きを読む

Qドルコスト:インデックス長期投資信託の終り方について

ドルコスト:インデックス長期投資信託
の終わり方について


現在33歳で
今年から毎月4万円
E-maxisの先進国株式、新興国株式、日本株式、海外債券を積立

65歳まで一喜一憂する事無く、コツコツ積立ていこうと思っています。

波はあるだろうが、長いスパンで見た時は、
上がるだろうと思っています。

ただ・・・、終り方をどうするのかが見えていません。

例えば65歳時に一気に終了するなら、ちょうどその年が去年みたいな
株価低迷期なら、非常に損になると思います。

例えば、50歳か55歳か60歳ぐらいに世界的に好景気でかなり株価上がっていたら、
1度部分的でも利益を決定確保しておいたほうが良いのかなぁと。。。

複利効果や手数料や税金のことを加味したら、中途半端に途中で終了させるような
ことはしないほうがよいのか??


そのあたりのこと、アドバイスを頂戴できれば有り難く存じます。

Aベストアンサー

一気に清算したら利益が出ていた場合、税金でかなりとられるでしょうから、
老後の生活資金として、少しずつ取り崩していけばいいのではないでしょうか。
積立がコツコツなら、取り崩しもコツコツで。

それに老後に変動の大きい株式の割合が多いと、精神安定上よくないので、
若いうちはリスクとった組み方にするでしょうけど、
50越えたら少しずつ安全性の高いものの割合を増やしていくことになるでしょうね。

それは、株式を売って利益を出すのではなく、
株式にかける割合を減らすことで調整すると思います。

インデックスをやるなら、一時的な株価の変動には左右されないほうがいいかと思います。
ある時点の株価がかなりあがったとして、それがピークかまだまだ上がるかは分かりません。
そんなんに左右されているとコツコツの積立ができなくなってしまいます。

おっしゃるとおり、中途半端なことはしないほうがいいと思います。

Q同期モータと誘導モータの違い

こんにちは、
同期モータと誘導モータの違いは何でしょうか?
誘導モータはうず電流、同期モータは磁石による吸引力の違いらしいのですが、同じではないでしょうか?また、誘導モータは、中に磁石がなし、同期モータは磁石ありと思っていましたが、同期モータにも、リラクタンス型(鉄心のみ)もあります。

Aベストアンサー

回転数と電源周波数が正しく対応している(同期機)
誘導電流でトルクが発生している(誘導機)
と、名前の付け方からして異なっていると思います。

トルク発生の原理という点では、どちらも同じといってよいでしょう。
たとえば、界磁を電磁石にした同期機で、界磁に交流電源をつないだ可変速同期機と、巻き線型誘導機の二次巻き線に交流電源をつないだ超同期セルビウス運転では、同じものになります。

磁石を持たない同期機には、リラクタンス型以外にヒステリシスモータもありますね。

Q現在保有してる投資信託、株について助言ください。

3年ほど前から預蓄目的資産運用を始めましたが、現在 野村のマイスト-リ-、グロ-バルソブリン3ヶ月を1000万位とトヨタなど安定株1000万ほど持ってるのですが、これは基準価格は下落しているもの配当もそこそこなので預金と考えてるのですが、大和のインデックス225が-40万DAオフイス投資法人の株が-15万位ずつ購入額に対して評価額が下がっていますが・・他にもあるのですが基準価格はまだ購入時より高いのです。今後の運用方法をご教授いただきたいのですが宜しくお願いいたします。尚、余剰資金なので長期的に考えたいと思ってます。

Aベストアンサー

長期投資のつもりなら以下の順番で投資方針を考え直すのが良いと思います。

1. 投資先の資産クラスの配分の仕方(アセットアロケーション)について考え直す。

長期投資の定跡は国内外の債券と株式への分散投資です。
国内外の債券と株式の割合をどうするかが最も重要な問題になります。
yoshi7さんの資産配分は日本株式にあまりにも偏り過ぎていると思いました。
国内債券(個人向け国債など)や海外株式には投資していないのでしょうか?

国内株式、海外株式、国内債券、海外債券に均等分散投資すると、
長期的には年間リターンの期待値は5%程度になり、
リスク(リターンの期待値からのずれ幅)は10%程度になります。
年間のリターンは-15%~25%のあいだに95%程度の確率で収まるはずです。

さらに、ハイリスク・ハイリターンを目指すならば株式の割合を債券より多くし、
リスクを下げたければ債券の割合(特に国内債券の割合)を増やします。
為替リスクよりも日本株式の不安定性の方が怖ければ海外株式の割合を増やします。

2. 各資産クラスごとに効率の良い投資先を選ぶ

たとえばグロソブは主に海外先進国債券に投資するための投資信託です。
(日本国債も数パーセント含まれていますが。)
しかし、グロソブは海外先進国債券クラスに属する投資信託の中では信託報酬が高く、
さらに3ヶ月決算型は分配金をたくさん出すので、
長期的にはものすごく効率の悪い投資先になっています。
長期的には分配金を一切出さないタイプの投信が優れています。
長期投資を計画しているなら、できるだけ分配金を出さない投信を選ぶべきでした。
さらにグロソブは数パーセントではありますが日本国債を含んでいます。
毎年信託報酬を1.3%強も払って、
金利が1.5%しかない日本国債10年に投資したいでしょうか?
3年前なら選択肢が少なかったので仕方がないのですが、
現在ではグロソブは買わない方が良い投資信託の代名詞になっております。
より効率が良いのはシティグループ世界国債インデックス(除く日本)に
連動するインデックスファンドです。リストが次のリンク先にあります。
http://www.fund-initiative.co.jp/

よくある投資の仕方は
国内債券→個人向け国債変動10年
海外先進国債券→シティグループ世界国債インデックス(除く日本)連動インデックスファンド
国内株式→TOPIX連動インデックスファンド(もしくはETFの1306)
海外先進国株式→MSCI KOKUSAI 連動インデックスファンド(もしくは対応する米国ETF)
という組み合わせです。

3. もっと詳しいことを知りたければ本を読んで勉強する

個人的におすすめできるのは次の2冊の本です。
投資信託を主な道具として長期分散投資をどのように行なえば良いかが
分かり易く説明されています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4478000247
投資信託にだまされるな! 本当に正しい投信の使い方 (単行本)
竹川 美奈子 (著)

http://www.amazon.co.jp/dp/4478003238
投資信託にだまされるな! Q&A―投信の疑問・解決編 (単行本)
竹川 美奈子 (著)

付録. グロソブを3年前に1000万分買った人はどれだけ損をしているか

仮に3年まえにグロソブを販売手数料1.575%で1000万円出して購入したとします。
まず販売手数料の分の15万7500円が取られます。
http://www.morningstar.co.jp/webasp/yahoo/total_return/yh_trt_1131297C.html
を見るとグロソブのここ3年間のリターンは年率6.4%です。
シティグループ世界国債インデックス(除く日本)に連動するインデックスファンドの一例である
PRU海外債券マーケット・パフォーマーの3年間のリターンは
http://www.morningstar.co.jp/webasp/yahoo/total_return/yh_trt_54314013.html
を見ると年率で7.4%であり、グロソブより1%も高いです。
おそらくグロソブの信託報酬が高いことと、
日本国債を含んでいることが祟っているのでしょう。
毎年10万円もリターンに差が出てしまいます。
グロソブを買った人は3年で45万円も損をしています。
実はさらに解約時にグロソブでは信託財産留保額0.5%を取られます。
PRUの側は0.1%なので差額は4万円程度になるでしょうか。
すべてを合わせると50万円程度も損をしていることになります。
インターネットを使えないような人であれば投資信託の購入先が
限られてしまうのでグロソブを選択せざるを得ない場合もありますが、
金額的な損が大きいのでできる限り避ける方が良いと思います。
同じように海外先進国の債券に投資していても、
投資手段によって効率には大きな差が出てしまいます。

長期投資のつもりなら以下の順番で投資方針を考え直すのが良いと思います。

1. 投資先の資産クラスの配分の仕方(アセットアロケーション)について考え直す。

長期投資の定跡は国内外の債券と株式への分散投資です。
国内外の債券と株式の割合をどうするかが最も重要な問題になります。
yoshi7さんの資産配分は日本株式にあまりにも偏り過ぎていると思いました。
国内債券(個人向け国債など)や海外株式には投資していないのでしょうか?

国内株式、海外株式、国内債券、海外債券に均等分散投資すると、...続きを読む

Qモータの電気特性について

インバータを介してのモータ駆動の場合です。
200V・3φ・3.7kWのモータを動かす場合で、定格負荷運転をしているとします。

力率・効率・電力の関係は下記で合っているでしょうか?

(1)モータ消費電力=モータ入力電力=3.7kW/モータ効率=3.7kW+モータ熱損失
(2)インバータ入力電力=モータ消費電力/インバーター効率
(3)モータ消費電力=インバータ2次側電圧×インバータ2次側電流×√3×力率(インバータ~モータ間)
(4)インバータ入力電力=インバータ1次側電圧×インバータ1次側電流×√3×力率(電源~インバータ間)

Aベストアンサー

「負荷が一定であれば、周波数に比例して消費電力は下がる」
の意味が良く理解できませんので、解答が違うかも知れませんが。

一般的にモータの回転速度N[r/min]は周波数に比例しますので、
周波数に増加しますと、モータの軸動力P(W)も比例して増加する
と考えます。

「負荷」の用語をモータに加わる負荷として考えますと、モータの
出力(W)と同等として考えます。
モータの出力(W)の大きさは、回転速度とトルクにより計算でき、
次の式で表すことができます。
なお、トルク[N・m]=力[N]×半径[m]です。

P(W)=ω×T=2×π×N[r/s]×T[N・m]
P(W)=2×π×N/60[r/min]×T[N・m]
P(W)=(2π/60)×N[r/min]×T[N・m]

この式からP(W)が一定で、モータに加わる周波数を上げますと
比例して回転速度が上昇しますので、回転速度が上昇してもモータ
の出力を一定にするには、モータに加わるトルクを逆比例して小さ
くする必要があります。

このような負荷特性を持つ機械装置の代表的な例としては、巻取り
機や巻き出し機などがあります。

このように「負荷が一定でも・・・・消費電力が下がる」との質問
の意味がどのようなことを言いたいのかにより、解答が難しいもの
になります。
いずれにしてもモータやインバータを考える場合、モータの回転速
度とトルクの関係を考える必要があります。

この回転速度とトルクの関係を「回転速度-トルク特性」とか「負荷
特性」と言います。
機械装置の代表的な「回転速度-トルク特性」には次のようなもの
があります。

1)定出力特性 ----------- 巻取り機や巻き出し機など
2)定トルク特性 ---------- コンベアなど
3)二乗低減トルク特性 ---- 一般的なファン・ポンプ

また、モータの効率は回転速度にある程度関係しますが、ある回転
速度の時のモータに加えた電圧(インバータ出力電圧)に関係すると
考えた方が良いでしょう。

モータに電圧を加えますと電流が流れトルクが発生します。
この時必要以上に高い電圧を加えますと、より大きな電流が流れる
ため余分な損失(熱)が発生します。
この損失によりモータの効率が低下します。

逆に電圧が低くしますとモータが発生するトルクが小さくなり、負荷
の必要とするトルクにより回転速度が遅くなります。
モータの特性上大きな電流が流れます。この電流により損失が
大きくなり、モータの効率が低下します。

(負荷とはモータの回転軸を押さえて回転させないように働いている
と考えます。「モータから見れば反抗トルクと言う考え方をします」
モータはこの押さえる力より大きな力を発生して回転を継続してい
ます。
この回転を継続するために電気エネルギーを消費しています。)

これらの結果からモータ効率を良くしたい場合は各周波数に於ける
電圧(インバータの出力電圧)を最適になるよう調整します。

なお、本来は低速でも大きなトルクを発生させる機能として「トルク
ブースト」の調整がありますが、最近の機種では必要なトルク(電流)
を演算して自動制御するような機能や省エネルギー運転することに
より損失が最小になるように最適な電圧に自動調整する機能が
追加されています。
より詳しくはインバータメーカが講習会を開催していますので、
受講して質問されると良いと思います。

「負荷が一定であれば、周波数に比例して消費電力は下がる」
の意味が良く理解できませんので、解答が違うかも知れませんが。

一般的にモータの回転速度N[r/min]は周波数に比例しますので、
周波数に増加しますと、モータの軸動力P(W)も比例して増加する
と考えます。

「負荷」の用語をモータに加わる負荷として考えますと、モータの
出力(W)と同等として考えます。
モータの出力(W)の大きさは、回転速度とトルクにより計算でき、
次の式で表すことができます。
なお、トルク[N・m]=力[N]×半径[m]です。

P(W)...続きを読む

Q現在投資信託等に1500万円を保有しております。

リーマンショックにより大分ダメージを受けたのですが、その後の回復で損失もなくなりました。その時はいろいろな証券会社にいろいろな分野に分散投資するのがいいだろうと思い実行いたしました。その時の教訓として急落時等に速やかに対処すべきであった。という思いがあります。しかし、分散していたがために、判断まで分散してしまい、痛い目にあいました。リーマンショックの影響が持ち直した一番の理由はその時に始めていた、毎月の積立による資産三分散による投資が大きく貢献しております。私は仕事もあり、毎日株価等を細かくチェックする方ではありません。出来たら5%ぐらいのリターンは欲しいと思いますが、リスクのなるべく少ない方法をあれば教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

5%は国内株の配当利回りでは厳しい。
案外グロソブに投資して1年後に基準価格が戻った所で売却するのが無難な線かと思います。現在豪州の相場が円高に振れて来ています。この為にグロソブの基準価格は下がり気味。案外買い時かも知れません。とにかくグロソブは購入価格を控えておき「元値に戻れば売って配当利回りを確保」が鉄則です。蛸配当と此処のサイトでは指弾されてますが、きちんと理解すれば案外リターンも確保しやすいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報