濃度未知のH2SO4溶液を100.00mlとり、0.1N NaOH(f=1.012)で滴定したところ、滴定量は98.4mlであった。このH2SO4溶液の規定度(N)と力価(ファクター、f)を求めなさい。また、このH2SO4溶液の250.0mlに存在する純H2SO4の質量(g)はいくらになるか求めなさい。
という問題について、解答手順と計算式、解答をよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

分析 化学」に関するQ&A: 分析化学 溶解度積

A 回答 (1件)

A×100.00=0.1×1.012×98.4


A=0.0996
規定度(N)を0.1とすれば、力価(ファクター、f)は0.996となります。

mol濃度は2価なので
0.0996/2=0.0498mol/Lです。

0.0498×98×250/1000(g)となります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おそくなりましたが、ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/05 03:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勝率とプロフィットファクター

下記の指標AとBではどちらの指標の方が収益が出せるのでしょうか?

指標A
平均損益1337.5
回数11
勝ち数7
負け数4
勝率63.6%
最大勝ち4719
最大負け-2609
総利益16207
総損益-2838
利益平均2,315.3
損益平均-709.5
損益レシオ3.26
Profit Factor5.71
___________________________
指標B
平均損益1,114.1
回数12
勝ち数9
負け数3
勝率75.0%
最大勝ち5220
最大負け-3439
総利益17446
総損益-4077
利益平均1,938.4
損益平均-1,359.0
損益レシオ0.70
Profit Factor1.43

Aベストアンサー

データの中で不明な部分がありますので、確認したいのですけど、
・「総損益」は、「総損失」のことですか?平均損益がプラスなのに、総損益がマイナスなのはありえないので。
・指標BのProfit Factor は、1.43で合ってますか?もし「総損益」が「総損失」だったとすると、指標BのProfit Factorは17446/4077=4.28くらいになります。

上の確認が両方とも正しかった場合の結論ですけど、Profit Factor を比べても、Adjusted Profit Factor を比べても、指標Aの方が優秀です。
ですが、#1さんの指摘されているとおり、回数が10数回ではバックテストの検証回数には少なすぎると思います。

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/systemstar/diary/200508150000/

Q化学の問題について 1mol/lのH2SO4溶液の規定濃度は何Nか? どうやったらNが出ますか?

化学の問題について

1mol/lのH2SO4溶液の規定濃度は何Nか?

どうやったらNが出ますか?

Aベストアンサー

H2SO4は2価の強酸です。
1mol/Lの硫酸なので、2N(規定)ということになります。

ただ、規定度やグラム当量という単位は、現在、使用が推奨されていませんね。

Qファクターって??

今度実験で中和滴定をすることになりました。

そのとき、0.1Mの水酸化ナトリウム溶液のファクターを求めよとあります。


ファクターについて調べてみたのですが、あまりピンときません…(-_-;)


ファクターとは何なのでしょうか??


また、求め方はどうするのでしょうか??


わかる方教えてください…

Aベストアンサー

標準物質は、高純度で、吸湿がなく、秤量調製が容易に出来る物質です。
 水酸化ナトリウムは、粒状で吸湿性がある等で正確な目的濃度の調製が
 困難です。このため、高純度で調整しやすいシュウ酸は標準物質としに
 することができます。これと水酸化ナトリウムを比較し、水酸化ナトリウム  
 の純度をファクターと言う係数で補正します。
 シュウ酸のほかにK2Cr2O7も代表的な標準物質です。
 

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Qみずほファクター口座振替手続き、悪いのは私ですか?

みずほファクターの口座振替手続き(3枚つづり)を金融機関に依頼しました。
私の元に戻ってきたのは3枚目の「お客様控え」のみ。
その日の夜、2枚目の「委託者控え」も必要なことに気づきました。
2枚目は私から引き落としをかける会社へ渡す書類です。
すぐに金融機関へ連絡すると、すでにもうみずほファクターへ送付済みとのこと。
普通は1,2枚目共に金融機関からみずほファクターへ送るものだから、
2枚目が欲しいならば前もって言ってくれればよかった、とのニュアンス。
本当にそうなのでしょうか?
みずほファクターのHPを見ると返却するようにみえますが。
この場合は2枚目はどうなるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

みずほファクターに直接聞いて下さい。問い合わせ先です。
http://www.mizuho-factor.co.jp/request/

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Qトランスファーファクター(トランスファー因子)について

はじめまして。私は32才、女性です。
私は元来あまり丈夫な方ではではなく、ここ一ヶ月の間で、一週間おきに風邪をひいている状態です。

そこで、今日、免疫力について調べていたら、「トランスファーファクター」のことを初めて知りました。
調べているうちに、免疫力を高めてくれたり、調整してくれたり、とてもすごいものだと思いました。

是非続けて飲んでみたいのですが、「トランスファーファクター」のことは世間的にもあまり知られてなく、私の周りでも、誰一人知りません。
また、「トランスファーファクター」は”副作用はない”とされていますが、あまり出回っていないだけに、本当なのでしょうか?

「トランスファーファクター」を知っている方及び飲用されている方がいらっしゃいましたら、何でも結構ですので、副作用の心配のことなど情報を教えてもらえませんか?

厚かましいお願いですみませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

インフルエンザ様の症状というのは、発熱やだるさなどです。

トランスファーファクターは、免疫担当白血球のT細胞が、他の免疫細胞に対して、活性化するために出します。

免疫細胞が活性化すると、色々な伝達物質を出します。これは、お互いの連絡物質ですが、脳の中枢神経を刺激して、発熱やだるさ食欲不振などの症状が起きます。

インフルエンザで高熱が出るのは、免疫細胞がフルに活動していることを意味します。

免疫を高めると、花粉症などが緩和されることがあります、反対に花粉症が起こりやすくなることもあります。

適度に、免疫を高めるには、マルチビタミンミネラルを摂り、食卓にきのこ、にんにく、ヨーグルトなどを増やすと良いと思います。

Q化学の問題について NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、

化学の問題について

NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、規定濃度はいくらか?

解き方を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

まず間違いがあるので指摘を。NaOH(水酸化ナトリウム)は分子を形成する物質ではないので、「分子量」と言わずに「式量」と言います。

次に、モル濃度ですが、いま質量が50 gあるので、水酸化ナトリウムの物質量は
50 g / (40.0 g/mol) = 1.25 mol
で、溶液の体積が1000 mLなので、モル濃度は
1.25 mol / 1 L = 1.25 mol/L
です。

また、規定濃度(規定度)は、水酸化ナトリウムが1価の塩基なので、モル濃度と数値が等しく、
1規定(1 N)
となります。

Qファクターの問題

こんばんは。
化学のファクターに関する問題と闘っているのですが、さっぱりわかりません。
答えもないので路頭に迷っています・・・
よければ解説お願いします。

「正確に秤取した亜鉛0.8gを塩酸12mLで溶かし、水をくわえて正確に200mLとした。この溶液20mLを正確に量り、調整したエチレンジアミン四酢酸液で滴定し、ファクターを計算する。0.05mol/L エチレンジアミン四酢酸1mL=3.2690mg Zn」

この標定で亜鉛の秤取量が0.8000g、滴定に要した0.05mol/Lのエチレンジアミン四酢酸が24.00mLであったとすると、ファクターはいくらになるか?

本気で悩んでます。助けてください・・・!!

Aベストアンサー

例で数値入れたのに、答えを入れてなかった…

>>理論上は9mlで中和出来た物が実際には10ml必要だった。
この場合は、ファクター:F=0.9 になります。

質問者様の問題では、亜鉛とEDTA(エチレンジアミン四酢酸)がモル比1:1で反応するので、
それぞれのモル数を出して、亜鉛0.8gと等モルのEDTAを入れるには何mlのEDTA溶液を入れる必要があるか、
を考えてください。(これが中和に必要なEDTAの「理論値」になります。)

Qある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na

ある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)溶液の20mlと当量であって、かつ、ある濃度の亜ヒ酸ナトリウム(NaAsO2)溶液の80mlと当量である。この亜ヒ酸ナトリウム溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。という問題に関して質問です。

解説には、I2(1mol)=Na2S2O3(2mol)というところはわかるのですが、
亜ヒ酸ナトリウムのモル濃度をx(mol/L)とすると、
x*80=0.1*10の意味がわかりません。
これって単位が合わないので計算がかわるのではないのですか?

これは何を意味しているのでしょう?

Aベストアンサー

No.1ですが間違えてました

ヨウ素のモル濃度が不明でチオ硫酸ナトリウムのモル濃度が0.1mol/Lですね。
なので
誤:ヨウ素のモル濃度が0.1mol/Lであり、この溶液10mLとあるモル濃度のチオ硫酸ナトリウムが~

正:ある濃度のヨウ素10mLとモル濃度0.1mol/Lのチオ硫酸ナトリウムが~

です。
申し訳ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報