一週間、風邪で病院に行ってないで自分の自然治癒を信じてる(インフルも昔は自然に治してた)んですが、黄色い鼻水が止まりません…

細菌性の風邪でも自然治癒はしますよね?

抗生物質飲まないと、治るのにどのくらいかかるのでしょうか?

月曜日、病院に行こうか迷っています。

ただ、行くたびに大量の薬が処方されるんですよね…

A 回答 (1件)

普通は直ります。


が、副鼻腔炎などは抗生剤を飲まないとなかなか直らないこともあります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の体にいる同定された細菌

人間の体にいる発見された細菌の内、同定が決定され、国際細菌命名規約によって正式な学名が付けられている細菌というのは何%程度いるのでしょうか?また、人間の体にいるまだ未知の細菌というのはあとどのくらいいるのでしょうか?

Aベストアンサー

東大の研究で13人の日本人の糞便の細菌を調べたところ約1000種類以上の細菌がみつかり、そのうちの800種類の細菌は未知の種類だったそうです。
しかも同じ家で暮らす親子ですら腸内細菌のバリエーションはかなり異なっており、個人差がかなり大きいようです。

同じような生活習慣であろう親子ですら違いが大きいとなると、恐らく普段の食事内容や生活地域、生活の形態でも相当変わってくると考えられますので別の地域や国の人間だと全く細菌群が違う可能性が高いのではないかと思います。細菌にも地域性はありますし、よく食べる穀物の種類や魚介、肉の種類が違うと全く別の種類の腸内細菌が増えることも分かっています。
しかもこれは糞便に含まれる消化管内(大半は大腸内の細菌)だけですので、皮膚や鼻などの常在細菌を加えればさらに種類は増えることでしょう。

世界レベルで考えれば人間の常在細菌の種類は1000どころか万や億単位は存在するかもしれませんね。
しかもその大半は未知の可能性が高そうです。

Q唾を飲むと痛い喉風邪は自然治癒しますか?

熱の咳もなく(花粉症で水鼻を噛み続けていますが)、唾を飲み込んだり、ゴクンとした時だけ、
片側の喉の入り口と耳の奥が痛みます。
耳もじっとしている時は痛くないので、扁桃腺のように思いますが。

食事は熱いものや酸味のある物だと痛いですが
おかずも御飯も、苦痛なくできています。

日曜日の夜から痛みだし(その前日もヒリヒリ感はありましたが)
飲み込んだ時以外は痛みがないので、
お茶やうがい薬で、こまめにうがいをし、
漢方ののど飴やビックスを舐めたりしていますが、一向に改善しません。

ヒリヒリする時はこの方法でよくなりますが、こういう場合は
診察してもらって、抗生物質を処方してもらわないとよくならないのでしょうか?

Aベストアンサー

風邪ならばどんな風邪も自然治癒以外の治癒方法はありません。ウイルス疾患だからです。抗生物質は細菌性感染症にしか効きません。
風邪の受診で抗生物質が処方されるのは、もしかして細菌性の場合があるかも知れないので、その未確定対策の為です。検査で確定してからの処方でないのは、風邪ならば検査結果が出る前に治るからです。
こういった抗生物質の乱用が抗生物質の耐性菌を生む土壌でもあります。熱が出ないのであれば、感染症の可能性は低いです。
耳鼻咽喉科へ受診下さい。

Q人間の細菌の同定について

人間の体にいる未知や既知など全てを含めた全細菌の種の内、同定が決定され国際細菌命名規約に沿った正式な学名が付けられている種の細菌というのは全体の何%程度いるのでしょうか?

Aベストアンサー

 >人間の体にいる未知や既知など全てを含めた全細菌の種の内、同定が決定され国際細菌命名規約に沿った正式な学名が付けられている種の細菌というのは全体の何%程度いるのでしょうか?

 不明。

 これは質問文がおかしい。
 未知の細菌を含めれば全体数が不明なため、学名がつけられている細菌の種の数は%で表すことができない。

Q風邪で抗生物質は飲まないべき?

一週間前に風邪を引いたらしく、いまでもダルさが取れません…

熱はなく、咳と鼻づまりです。

受診はしてません。
ただの風邪には、抗生物質と総合風邪薬は飲まない方がいいと思ったので、咳止めと痰を排出する薬を飲んでます。

抗生物質飲んだ方が、ダルさが取れると質問で見かけるのですが実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

風邪で抗生物質服用したってしょうがないですよ。
風邪はウィルスです。
抗生物質は菌を消滅はできますが、
ウィルスは殺せません。

だから飲むだけ無駄です。
風邪をひいたらだるくなるのは当たり前です。
それが防御本能ですから。

Q宇宙空間で細菌が突然変異

私たちが宇宙に出ると人間の中にいる細菌が全て突然変異してしまうことが解りました。これでは人間が宇宙に出ることができません。
将来人間が宇宙に出る為にどういった対応がなされると思いますか?
人間の中にいる細菌を全て無くしてしまい、宇宙の環境に対応するということもありえますか?

Aベストアンサー

>宇宙に出ると人間の中にいる細菌が全て突然変異してしまうことが解りました

そんな事はありません。

全ての細菌の変異確立が跳ね上がるが正解で、体内の細菌が変異する程の宇宙線を(量と時間)浴びれば、人間の方が先にお陀仏です。

最悪神経(それ以外も)が焼かれる程浴びれば、良くて全身癌、悪くて廃人、最悪即死です。(生きてる方が最悪かな?)

宇宙空間では地上にいるよりも大量の荷電粒子の刺激を受け続けますので、突然変異の確立が格段に跳ね上がるのです。

そしてそれは人間の細胞内の遺伝子も同じ洗礼を受け続けています。

体内の細菌が変異をするほどの「宇宙線」を受け続ければ、先に「人間が被爆」で死にます。

何より人間の体は細胞の集合体ですので、考えようによってはバクテリアの塊なのです。

この問題のポイントは、人間だけを宇宙線から守っても、宇宙船内にいる細菌その他(栽培している食料等)の好ましくない突然変異が閉鎖環境で起きる事が問題なのです。

宇宙船全体を荷電粒子から保護する事はコスト的に現状は不可能です。


大体、宇宙に出ただけで体内の細菌が全て突然変異を起こしていたら、今までに帰還している宇宙飛行士は何なんだと言う事になりますよ。

国際宇宙ステーションは未知の病原菌まみれなのでしょうか?


宇宙環境に対応するには如何に宇宙線から「環境」(人間とそれを取り巻く細菌その他を含めた全部)を守るかが大切なテーマの一つです。

>宇宙に出ると人間の中にいる細菌が全て突然変異してしまうことが解りました

そんな事はありません。

全ての細菌の変異確立が跳ね上がるが正解で、体内の細菌が変異する程の宇宙線を(量と時間)浴びれば、人間の方が先にお陀仏です。

最悪神経(それ以外も)が焼かれる程浴びれば、良くて全身癌、悪くて廃人、最悪即死です。(生きてる方が最悪かな?)

宇宙空間では地上にいるよりも大量の荷電粒子の刺激を受け続けますので、突然変異の確立が格段に跳ね上がるのです。

そしてそれは人間の細胞内の遺伝子...続きを読む

Q風邪で抗生物質

3日ほど激しい乾いた咳が続いて

そのあとはそれほど激しい咳ではないんですが、咳が10日ほど続いていて

その他喉の痛みや発熱など風邪の症状はなかったんですけど

市販の風邪薬で咳がよくならなかったので

気になったので病院に行ったところ

検査とかはしなかったんですけどやっぱり風邪と診断されました

そして処方された薬が

抗生物質のクラビット錠100㎎と

胃を守るためのムコスタというお薬でした

風邪に抗生物質は効かないと聞いた事があるんですけど

今回なぜ風邪に対して抗生物質だけを処方されたのでしょうか?

風邪で抗生物質だけを処方されるのはよくある事なんでしょうか?

Aベストアンサー

風邪は、ウィルス性なので抗生物質は効きません。

しかし、乾いた咳が続き・・・咳だけが残ってる。
元は風邪だが、合併症として
「気管支炎」への処方だと思います。

Q細菌の生存環境について

細菌の生存環境について質問です。
細菌は例えば、どんなところに生存しているのでしょうか?人間でいえば、頭髪の間、腕の皮膚、手のひら・・・などでしょうか?

ちなみにステンレス製品には生存環境に適していないのでしょうか?

又、壁やモノに付着した細菌って空中浮遊などしたりしないのでしょうか?

質問攻めで大変恐縮ですが、どなたかお詳しい方、ご回答お待ち申し上げております。

Aベストアンサー

人間の体に共生している細菌は、体の外側には勿論ですが、消化器官などの腸内にも数億個もの細菌が生存しています。
それらの有効な細菌の力で、人も健康が維持出来ています。

勿論、人間以外の物質やステンレスなどの磨き上げられた表面にも付着していますが、細菌も生き物である以上湿度や栄養も必要で、それらを完全に排除すれば死滅します。
さらに、空気中にも浮遊して、人間が呼吸する空気にも多くの細菌が含まれていますので、呼吸のたびに多くの細菌を吸い込むことに成ります。
ただし、人間には免疫システムによって血液や細胞内に入り込むことを防いでいますので、健康で元気な人間が細菌に負ける事は少ないようです。

なお、細菌よりもっと小さなウイルスも空気中を漂っており、免疫力が落ちた人は、インフルエンザやノロウイルスなどに負けて、発病する事も多くあります。
それに負けない体力を日ごろから作るように心がけましょう。

Q風邪の時の抗生物質

~風邪(特に高熱?)のときに効く抗生物質って何でしょう?~
ふと疑問に思ったことなので「困り度1」にさせて頂きました。

近頃周辺では高熱の風邪が流行っています。それで友達から来たメールに「抗生物質をもらえないから下がらない」とか「熱が高いから抗生物質もらってこないと」とか書いてありました。別々の友人です。

私の主治医の先生は詳しく説明してくださる方で、基本的に風邪はウイルスだから抗生物質で治らないと言って、抗生物質が出るのはマイコプラズマの可能性があるときか、長引いて抵抗力が弱ったりすると「念のため入れておくね」と言って出してくださいます。風邪をひいてすぐに高熱だからそれを下げるためにという理由だけで抗生物質が出記憶はないのですが(記憶なので定かではありません)、風邪の高熱にも抗生物質が効くものなのでしょうか。どんな抗生物質なのでしょうか。一応の知識として知っておきたいので回答いただけると嬉しいです。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

日本の医療が薬の儲けが必要な仕組みになっているのも問題かと思います.
海外では先ず抗生物質は出ないと聞きます.耐性菌の問題があるからです.

確かに二次感染予防と言われれば誰にも止め難いでしょう.
本来熱だってやたら下げるべきでないのです.体の防衛反応で熱を出しているわけです.ただ余りの高熱や続く場合は体力の問題があるので,解熱鎮痛薬を出すのが普通です.
だから病院の周りのゴミ箱は薬だらけだと以前TVでやっていました.患者の方がよく知っているのですね.

Q体の中の細菌

人間の口、胃、腸などにいる良い細菌、悪い細菌は
炭酸飲料や熱い飲み物・スープ、氷などを食べたとき死滅、繁殖したりしないのですか?

Aベストアンサー

細菌によって、繁殖しやすい条件や死滅しやすい条件が異なります。炭酸飲料の炭酸に弱い菌もあり、熱に弱い菌もあり、また炭酸飲料の糖分で繁殖が助けられたり、糖分の種類によって繁殖しやすかったり、など様々です。熱い飲み物に関しては、「我慢して飲める」程度の温度であれば、口の中で殺菌されることを期待するのは難しいかもしれません。また、氷で死滅することはまず無いと思われます。

口の唾液で分解されない細菌も多く、多くの細菌が口の中で生存しています。口の中に砂糖分などがあれば、虫歯菌が繁殖する好条件となりえます。

胃の中は強い酸(胃酸)がありますから、口の中で死なない細菌でも胃で多くが死滅しますが、大量に水分を摂るなどして胃酸が薄まれば、その分だけ細菌が死滅しにくくなる事もあり得ます。

腸の中にも、それらの関門をくぐりぬけた細菌類がおり、一部は安定して繁殖しています(大腸菌や乳酸菌など)。そこまで行くと、すでに食物の温度などはあまり関係がなくなっていますが、乳酸菌はオリゴ糖で繁殖しやすくなったりといった性質はあります。

Q風邪のとき、子供に投与する抗生物質

2歳の男の子の母です。
1歳半くらいから時々風邪をひくようになり、この半年で3、4回ほど風邪で同じ医者にかかっているのですが、そのときいつも「ワイドシリン」という抗生物質を処方されます。
あまり深く考えずに飲ませていたのですが、抗生物質はふつうの風邪には効かないし、それどころか耐性菌を増殖させてしまうとネットで読んでちょっと青ざめてしまいました。
しかも、1、2歳が一番免疫をつけていく時なのに、そこに抗生物質を与えることで耐性菌もピークになってしまうとか……。
今後は抗生物質が出ても飲ませるのは怖いなと思っています。
そして、今まで何度か飲ませてしまっているので、今子供の体に耐性菌がたくさんいるのではないか、いざというときに効かないのではないかと不安になっています。

これまでの「おくすり手帳」を見ると、
ワイドシリンはだいたい1日分で1.5~2グラム、5日分ほど処方されています。
風邪の症状はいずれも、それほど高熱ではない熱と、鼻水、咳です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前は小児科では2次感染予防で風邪のとき抗生剤を処方するのが一般的でした。ところが数年前の福岡であった日本小児科学会のシンポジウムで風邪には抗生剤を使用しない方がいいと討論がありまして、それ以来抗生剤を処方する小児科医は減ったと思います。

その時の討論では風邪に細菌感染が合併している可能性があるときは耐性菌の問題からセフェム系でなくペニシリン系の一般名アモキシシリンの投与を勧められました。ワイドシリンは明治製菓がだしているアモキシシリンで一番おいしいといわれている薬で飲みやすいです。私は、その医師の抗生剤の使い方は問題ないと思います。ワイドシリンを出しているということはちゃんとそのことを頭に入れて処方していると思います。ただ、細菌感染を合併しているかどうかは診察だけでは判断に難しいので、抗生剤を出す医師と出さない医師に分かれるのは現実です。ちなみに小児科でない科に行くとセフェム系の抗生剤を出すところも多いですね。

抗生剤の処方を希望しなければ熱がない軽い風邪症状のときは市販薬ですませたらいかがでしょうか。あるいは抗生剤を出さない医院を受診されてもいいと思います。

以前は小児科では2次感染予防で風邪のとき抗生剤を処方するのが一般的でした。ところが数年前の福岡であった日本小児科学会のシンポジウムで風邪には抗生剤を使用しない方がいいと討論がありまして、それ以来抗生剤を処方する小児科医は減ったと思います。

その時の討論では風邪に細菌感染が合併している可能性があるときは耐性菌の問題からセフェム系でなくペニシリン系の一般名アモキシシリンの投与を勧められました。ワイドシリンは明治製菓がだしているアモキシシリンで一番おいしいといわれている薬で飲み...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報