私は妻子ある年上男性と7年不倫関係にありました。
はじめは妻子があるとは知らずつきあっていて、つきあいから3年後、私の妊娠が発覚しはじめて妻子があることを打ち明けられました。私はバツイチで子供を育てながら昼夜と働いていました。
心労から流産してしまいました。
それから別れようと思いましたが、別れられずに4年ほど付き合ってきました。
実は3年後の流産した後、私は彼とビジネスをすることとなりました。業績はうまくいかず、会社は本社と統合になりました。もともと会社に長年努めているかれは周りにきづかれることを恐れだんだん私を避けるようになりました。(女子社員からは崇拝されてます)
そしてビジネスのことを考えたら男女ではないほうがいいと思うといわれ、その言葉にだんだん私の彼に対する嫉妬がかさなり会社が統合して5ヶ月であっという間に別れる関係になってしまいました。
もちろん統合の際には彼の家族もお会いすることになりました。
奥様は全く私のことは知らず、とても幸せそうでした。もともと彼はいいとこの方で、お子様もとても優秀でよい学校にいってます。その際に私も「この人たちは家族なんだ」と胸が痛みました。
今は、別れを選んでよかったのだと思うようにしています。ただ今があるのも彼がいてくれたから夜の仕事もせずお昼だけで生計をたてることができ感謝しています。
今は別れた当初は執着していましたが、彼からの別れの態度にだんだんその気持ちもなくなっています。仕事ではごく普通に接しています。ただ心の中には流産したことはとてもつらい現実となっていますが・・。
執着がなくなったのも、このままではいけないという気持ちが、心の開放となったのでしょうか。
皆様もこのような気持ちになられた方おられますか。

A 回答 (1件)

それは、あなたの解釈だと思います。


人それぞれ、時間が解決したのだと思います。

ある意味、修羅場にならなかったから、今があると言う事ではないでしょうか?

傷つける他人がいなかった。その事に感謝すれば宜しいのではないですか?

人生は何度も足場を踏み外す事があります。いつも、上手くいくとは限りませんから
自分で踏み外すのは仕方ありませんが、人から押されて踏み外すと中々、戻せません。
そうならない様に、そうさせない様に生きて行くしかないのではないですか?
僕は、人を押したり、押されたりした・・・・結果、そう感じています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング