ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

タイトルが変な風になってもうてすみません。

知りたいことは、タイトルどおり、自分の勝手な話で申し訳ないですが、インタかどっかで知ったことがあるんですが、昔、征夷大将軍に成るには、源氏の血を引いていなければ成れへんっちゅう事をどっかで聞いた事があるんです。ただ、其れはうろ覚え・聞いただけの事、なので確かではないんですけど・・・。

1192年(1185年?)に源頼朝によって初めて、鎌倉に幕府が開府された。せやから征夷大将軍は源氏の血を引いてへんと成れへん、そういうイメージが強いんです。

けんどもっと昔に遡れば、元々は今の北海道、即ち蝦夷を討伐っちゅうか、征伐?する為に設けらたもので、その最初の征夷大将軍には「坂上田村麻呂」が選ばれた。

つまり、別に源氏の血を引いてへんでも、なれたんちゃうかなぁ~・・・と、勝手な思い込みなんですが・・・

実際はどうやったんでしょうかね?

ホンマにそう言う決まり事があったんでしょうか?

是非、知ってる方、居られれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そういう俗説が以前は、まことしやかに信じられていた時代もあったようです。


実際はそんなことはないようです。
恐らく幕府としての将軍は鎌倉の源氏、室町の足利氏が将軍になったため、そういう誤解がいつの頃か流布したのでしょう。徳川家が当時そう主張していたかどうかは知りませんが、源氏の血を引いているという系図をねつ造したとも言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

という事は、悪まで逸れは昔に流れていた噂で実際はそんな事あらへんと言う事ですかね。

自分はその噂を聞いてずっとそうやと思っっとったんで、今聞いて成る程っちゅう感じです。

お礼日時:2011/04/26 11:12

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91% …
 坂上田村麻呂は源氏でしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

坂上田村麻呂に関しては、大体皆さんが解るとおり、自分はそういう噂、又は話をどっかで聞きました。最初に幕府を開いたのは源頼朝。だから征夷大将軍は源氏の血を引いてなければなれへん。
けんど、翌々考えれば最初の征夷大将軍は別に源氏の祖でもなければ血縁関係でもなんでもない全くの他人の坂上田村麻呂と言う人が選ばれた。だから別に源氏の血を引いてなくても成れたんちゃうかと言う個人的な考えです。

お礼日時:2011/04/26 11:19

>昔、征夷大将軍は源氏の血を引いてないとなれない?



これは、鎌倉幕府・室町幕府と続いた将軍家の正統性を得たい為に、後世の各実力者が考えた政治的ショーなんですわ。

百姓でも、先祖は源氏すなわち鎌倉将軍家・室町将軍家と先祖が繋がっている。
だから、ワシでも将軍になっても良いやんか!
秀吉の考えですね。足利義昭と養子縁組までして源氏の血筋に拘っていました。
足利義昭から、拒否されましたがね。

家康にしても、先祖は乞食坊主ですが松平郷の有力者と婚姻関係を結んで松平家を乗っ取り。
家康の代になって、色々と公家・神官・僧侶の伝を頼って「源氏系統が絶えた徳川家」を発見!
徳川家康の誕生です。
が、家康は余程源氏に拘りがあったようですね。
足利尊氏の傍系である喜連川(古河公方)家に対しては、幕客として「国勝手」を認めています。
他の藩が、幕府から領地安堵の朱印状を貰う事で幕府配下になっています。
が、この喜連川藩には領地安殿朱印状はありません。あくまで、幕府の客分扱いです。
江戸屋敷も、各藩は幕府から与えられますが、喜連川藩は幕府の臣下でないので「自分で購入する必要」がありました。
歴代藩主を「御所さま」と、徳川幕府が呼んでいます。^^;
足利尊氏直系子孫である阿波公方家と、大きな違いですね。
こちらは、阿波蜂須賀家の家臣扱いでした。

では、信長は?
この時代、源氏も平家も同様な思想がありました。
平家と源氏が、交代で世を治めるという思想ですね。
「足利(源氏)家の次は、平家が収める番だ」との事で、信長は「僕ちゃんは、平家だ」と公言しています。
    • good
    • 0

おっと, #4 の「征荻」は大間違い. 草冠のない「征狄」です.

    • good
    • 1

本題については他の回答者の通りで, 特に #2 で言われるように鎌倉時代には藤原氏や皇族の「征夷大将軍」がいました. ただ, その時代にはすでに北条氏が執権・連署として実権を握っており, 征夷大将軍はその北条氏の実権の裏書にすぎず, 「長じて北条氏に対抗するようになると京に送り返す」というのがパターンとなっています.



余談ですが「征夷大将軍」は本来「(今でいう) 東北の太平洋側を制圧する」ための職です. 同じ東北でも日本海側は「征荻大将軍」.
    • good
    • 0

源氏しか将軍になれないというのは俗説です。


実際には鎌倉時代、藤原家や皇族が将軍になっています。
豊臣秀吉が百姓の子だったからなれなかったというのも違います。
秀吉は将軍よりも上の地位である関白を目指し、実現しただけです。
    • good
    • 0

天皇の血を引いてないとなれないのではないでしょうか。


秀吉は足軽だったためなれなかった。
家康は家系図を誤魔化した。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴族や騎士・兵士は何人ぐらいが妥当でしょうか?

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件で、本当におおまかな数(“少なくとも○人は居て、○人以上だと多い”程度)で良いので妥当な数をお考え頂けないでしょうか。
ちなみに騎士はほぼ騎兵で、歩兵は傭兵を雇うのが一般的ということでお願いします。
■A国
絶対王政
国土面積:約2100万平方キロメートル(現在のロシアと中国の間くらいです)
人口:約5000万人
爵位:公爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、準男爵、士爵
10以上の国を併呑し、統一して誕生した大国。
貴族は文官と武官に別れ、文官は領地を持たず武官は領地を持っている。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる一代限りの爵位。
軍は国の軍(王の常備軍?)のみ。ただ、全員が王都にいるわけではなく、王族を守る近衛兵と、王都を守る兵、国境を守っている兵(全て騎士)に別れる。王都と国境以外の街は、領主が雇った警備兵(庶民)が常駐する。稀に警備兵から騎士に取り立てられる者がいる。戦時中のみ傭兵を雇う。
海洋貿易が盛んで、海軍がある。海軍は貿易航路と海岸沿いを守っている。
同程度の規模の敵国と国境(山と川)を接していて、現在は冷戦中。

■B国
絶対王政
国土面積:約100万平方キロメートル(現在のエジプトくらい)
人口:約255万人
爵位:公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、士爵、名誉士爵
軍事的に強い国ではない。隣国の二国(東西の国)と三国軍事同盟を結んでいる。
あまり裕福ではなく、極端に貧乏でもない。海が無い。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる爵位。世襲制。名誉士爵は伯爵以上の位を持つ者が、何かしら国に貢献した者に与えられる一代限りの位。免税と、街に入る際の優先権が与えられる。
軍の形は海軍が無いこと以外はA国と同じ。
同盟のため東西の守りは薄く、南の国境を重点的に固めている。北は砂漠で、国が無い。

以上です。
そもそも上記の条件の時点で無理があるという場合は、そちらもご指摘いただけたらと思います。


それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。
ちょっと人口が少なすぎるかなと思うのですが、いかがでしょうか……。もしわかるなら、合わせて答えていただけると嬉しいです。

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件...続きを読む

Aベストアンサー

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊は約35万人。
ロシア・・・・人口約1700万人。軍隊は約22万人。
プロイセン・人口約200万人。 軍隊は約3万9千人。
スペイン・・・人口約600万人。 軍隊は約3万人。

○なおヨーロッパの人口は1600年(16世紀)でも約1億人程度だったそうです。
ちなみにその頃のヨーロッパの人口の約四分の一は、ハプスブルク家の領地に住んでいたと推定されています。

○軍隊における兵士の数は、当然、その国のおかれた周辺の状況にもよってくるでしょう。
戦争状態にあったり、敵対国家が隣接していれば大きな軍が必要になりますし、周辺全てが友好国ならば、軍の大きさも抑え目になる場合もあるでしょう。
前述した1700年頃の人口と軍隊規模からは、人口の約0.5%~約2%程度が兵士であった事がわかります。
ただし、これも絶対というわけではなく色々なケースがあります。
特に傭兵を雇う場合、資金があればかなりの軍を維持できます。
16世紀、「北方の獅子」と呼ばれたスウェーデンのグスタフ2世王は、ドイツに進攻し軍事的成功をおさめ、15万人の軍隊を率いています。
しかし、そもそもこの頃のスウェーデンの人口は約100万人程度しかなく、15万人もの兵士のうちスウェーデン人はその約2割の3万人程度でしかなく、他は現地のドイツ人やイギリス人などの傭兵だったそうです。
ただ、傭兵を雇えばお金がかかります。
グスタフ2世王は現地ドイツの味方の貴族や都市から寄付金を募り、味方でないところの都市や、貴族からは、攻めない略奪しないと約束して、安全保障費を払わせ、軍を維持する資金を得ていたそうです。
ただし、傭兵を雇用し資金繰りに苦しみ失敗した例もあり、それがハプスブルク家です。
前述した16世紀におけるハプスブルク家の領地の人口は約2500万人ですが、この頃、ハプスブルク家の軍は、傭兵を主体に30万人を超えました。戦争も多く戦費も嵩みます。その結果、国の財政は殆ど破綻しています。

■そういうわけで、知恵を絞り、歴史に学び、工夫すれば、かなりの軍を作品内で動員する事が可能になるかと思います。
良い作品ができますようお祈りいたしております。

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊...続きを読む


人気Q&Aランキング