出勤時間時間を”A列”に
退勤時間を”B列”にした時
”C列”に実務時間(退勤時間から出勤時間を引いて、一時間分の休憩を引いたもの)
”D列”に超過勤務(実務時間が9:00以上の勤務時間)

A1=10:30、 B1=23:30 
C1==IF(OR(B1="",A1="",AND(B1="",A1="")),"",B1-A1-(1/24))
※=12:00

(※B1-A1-(1/24)は一時間休憩のため)

D1の数式はどのようにしたらいいでしょうか?

※勤務時間が9:00に満たない場合、また=0のとき
VALUE!、0:00を出さず、空欄表示にしたいのですが・・・

お願いいたします

A 回答 (2件)

例えば通常の勤務で12:00から13:00までが休憩時間となっている場合の計算について示します。


C1セルには次の式を入力します。

=IF(COUNT(A1:B1)<>2,"",IF(A1<"12:00"*1,MIN(B1,"12:00")-A1,0)+B1-MAX(A1,"13:00"))

また、D1セルには次の式を入力します。ここでは昼休みの休憩時間を除いた実務時間が8時間以上になる場合にはそれを超過勤務時間にしています。

=IF(C1<="8:00"*1,"",C1-"8:00")

通常時間の計算式では見た目にも分かり易いように"12:00"のように使っています。ただし<,>など以下や以上の場合には*1を使って数値化した値を使います。
また、MINやMAXの関数を使うこともしばしばです。
    • good
    • 0

式を =C1-9/24


書式を h:mm;;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング